東方 小説を主が書きまくるスレ!

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧キーワード▼下へ
1:ちくわは至高◆fk6:2018/02/11(日) 08:47 ID:LMk

・荒らし、悪口は駄目。
・基本的に主が小説書きます。
 アドバイスなどは是非。
・オリキャラの主人公はチートにならない
 ように頑張ります。

2:ちくわは至高◆fk6:2018/02/11(日) 09:21 ID:LMk

「二魔女の憂鬱」
アリス「・・・ねぇ、パチュリー。」
パチュリー「・・・何かしら?」

この日、図書館には二人の魔女が集い、会議をしていた。
名は・・「霧雨魔理沙撲滅委員会。」委員じゃないけど。

アリス「貴女は魔理沙についてどう思う?」
パチュリー「正直邪魔ね。本は盗むしノンディレクショナルレーザーも盗むし。」

そういうと、二魔女はまた、ため息をついた。
そうして小悪魔の持ってきた紅茶とクッキーを
口に運びながら、パチュリーはこういう。

パチュリー「貴女こそどうなのよ。なにか魔理沙に恨みでもあるの?」
アリス「いや、実はね。」

そういって、七色の魔法使いは語り出した。
霧雨魔理沙に、強烈な恨みをもつ理由を。

回想

魔理沙「おーい、アリスさんよぉー!」
アリス「どうしたの魔理・・!」

酒臭い、かなり酔っている。
というかなんで私のところに来るんだ。
霊夢に介抱してもらえば良いのに。

アリス「いやなんでこんなに酔ってるのよ!」
魔理沙「いやぁ、ほら鬼ってあんまり怒らないだろ?だからちょっと「下戸」って言ってやったらな、じゃあ呑めやって・・」
アリス「帰って、霊夢に介抱して貰って、頼むから!」
魔理沙「どうしてそんな嫌がるんだよぉ魔理沙さん傷付いたー。」

いや、頼むから帰ってくれ。
実は今、博麗霊夢の誕生日プレゼントとして
人形を作っているのだ。
わりと手を込めて作ったので、壊されてはたまらない。

魔理沙「んー、なんだこれぇ?」
アリス「・・・っあ!?」

最悪だ。よりにもよってその人形を手に掛けられた。
不味い、今すぐ止めないと。

魔理沙「おーこれ面白いな!どーれ魔理沙さんにお貸しするんだ!」
アリス「やめなさ・・」

ボキッ
その瞬間、霊夢人形の首が折れたのだ。

魔理沙「あーあー、壊れちまったー。」
アリス「・・・は?」

壊したのは手前だろうがと言いそうになった。
見事に首が真っ二つ。直そうなんて無理だった。

魔理沙「それじゃ帰るぜ!また明日〜♪」
アリス「・・・・」

霊夢の誕生日パーティーの日には、人里で購入した
高級ハンカチを渡したが、それでも腹の想いは収まらなかった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

パチュリー「へぇ、そんなことがあったの。災難だったわね。」
アリス「そうよ、本当にあいつは・・」

その後、アリスは愚痴をずいぶん語り続け、パチュリーはあきれていた。
お,し,ま,い


新着レス 全部 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS