マリオ「姫がまたいないんだが」クッパ「え、ワガハイじゃないけど」パート2

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧キーワード▼下へ
1:ピーナッツ:2018/02/15(木) 18:42 ID:R3c

レスが1000を超えたので、新しく立てました。ぼくさん、わたかずさん。続きはこちらでお願いします。コメントは↓でお願いします。

http://ha10.net/test/read.cgl/yy/1518686488

荒らしは受け付けてないので、他をあたってください。

2:匿名さん:2018/02/15(木) 18:47 ID:R3c

大変失礼致しました。正しくは、

http://ha10.net/yy/1518686488.html

です。申し訳ございませんでした。

3:Mr.M:2018/02/18(日) 08:51 ID:zBg

僕のかいた「マリオの小説です(笑)」もよろしくね(^_^)

4:鯛 [▼皿▼]:2018/02/20(火) 20:53 ID:fw2

>>3宣伝とか止めて下さい
このssを読みたい人に毒を与えるような
ことはしないで下さい(^_^)

5:鯛 [▼皿▼]:2018/02/20(火) 20:54 ID:fw2

>>3ポイズン!ポイズン!イェア!

6:鯛 [▼皿▼]:2018/02/20(火) 20:55 ID:fw2

>>3ここはお前のssを紹介する所じゃ
ねーんだよ

7:鯛 [▼皿▼]:2018/02/20(火) 20:56 ID:fw2

>>3わかった?はーいよくできました♪

8:ピーナッツ:2018/02/22(木) 21:13 ID:Hag

パート2まで行ったので、載せます。
http://ha10.net/yy/1519120118.html

9:Mr.M hoge:2018/02/23(金) 20:12 ID:X1Q

ぼくが悪いのは分かっています。でもそこまで言わないで下さい。傷つきました。
ただ、マリオ繋がりでナチュラルに言っただけなんです。
もう死のっかな

10:ピーナッツ:2018/02/23(金) 23:57 ID:Hag

>>9そこまで落ち込まないでください……私の心も痛みます……でも今日学びましたよね?勝手に宣伝すると、批判が来てしまうことを。だから、また繰り返さなければいいんです。これ以上責めないので、死のうとか言わないでください。私たちも困ります……鯛さんにも、注意するので、Mr.Mさんも気を付けてください。

11:Mr.M:2018/02/24(土) 19:30 ID:qfs

>>10そうですよね…すいません。
はい、勝手に宣伝してすいませんでした。
もうしないので許して下さい!はい。もう二度としません。
はい、おねがいします。鯛さんによろしく伝えて下さいね。
今後気をつけます!

12:ピーナッツ:2018/02/24(土) 22:10 ID:Hag

>>11OKです。大丈夫ですよ。これからも仲良くしましょう。(このスレに平和が戻ってよかった)

13:Mr.M:2018/02/25(日) 19:15 ID:qfs

>>12ありがとうございます!
これからもよろしく頼みます。

14:ぼく:2018/02/28(水) 20:42 ID:rec

前スレ1000行ったってまじすか…ぼく放置してだけなのに…(困惑)

とりあえず前スレのURLだけ載せておきますので、パート2て何なんや、パート1はどこやって方はこちらからGO。
http://ha10.net/ss/1410879760.html

そしてどうやら最後の方は雑談で埋まってしまったようなので(原因:サボってたぼく)、直前の話も掲載しときます。




マリオ「きのじーーーーー!!!!なんでこんなとこにいんだよ!?!?」

キノじい「それが…ゲホッゴホッ…うぃ…ウィザーパックンとやらが率いる者どもが突然ワタクシの所にやって来て…気が付いたらここに…」

クッパ「…ボスパックンのことか」

マリオ「マジかよあいつやっぱ最低だな会ったことないけど」

レッド「でもなんでボスパックンは、わざわざコイツをこんなになるまで痛めつけて、ここに放置したんでしょうね…?」





バブル「……アタシ達を陥れる、ワナ…だったりして?」


全員『!!!!!』


ブラック「た、確かにありうる…この老人に俺たちが気を取られているスキに、例えば背後から奇襲…なんてこともあるだろうな」

ノコノコ「だったらどうすんだこのじいさんは。このままほっとくのか?」


マリオ「…いや、とりま安全なとこまで連れてく。万一敵が現れたのにキノじいがそのままだったら危ないだろ」

キノじい「も…申し訳ありません…ワタクシのせいで……」

マリオ「こればっかりは仕方ねーよ、自分からやられたくてこうなった訳じゃねぇしな。ほい、手貸してやるから」スッ

キノじい「……本当に、お気の毒ですなあ……マリオ殿は……」

マリオ「そうだね気の毒だね、キノじいだけにねなーんつって」





マリオ「……『気の毒』…?」




ブルー「……!!マリオ!!!前見て!!!」


マリオ「」ハッ

!!!「もう遅いですよ」グイッ

マリオ「ぐあっ!!??!」ドクン


クッパ「マリオ!?!」

レッド「何かに引っ張られた!?誰だアイツ!!」



バブル「あ、アイツ……妖精だ……!!!」

ノコノコ「!!何だって…?!」



キノじい「そういう所なのですよ…何だかんだと文句を言ったり、ふざけてやる気の無いように見えても、本当にやる時はやる、仲間想いなマリオ殿のその性格…気の毒でごさりまする」

マリオ「ぬぐぐ……か…体が……動かねえぇ……っ…!!」ブルブル


キノじい「…その甘さが、時に邪魔な存在となる。




____そうだろう、我が忠実なる『妖精』よ」


!!!「……全くです」ゴゴゴゴゴ

15:ぼく:2018/02/28(水) 21:10 ID:rec

そしてここからぱーと2です。










バブル「マリオっ!!!!!!!!」ダッッ


マリオ「すとっぷ!!!!!!!!!」


バブル「?!」ピタッ

マリオ「ちょっとぐらい落ち着いて考えろ…今こっちに来たら……っうぐ……お前までこんな目に遭うぞ……!!」ブルブル

バブル「う……でも……!!」

クッパ「アイツの言う通りだ、今は動くな。こっちはまだ相手のこともよく分かっていないんだぞ」


キノじい「ほっほ……さすがに賢明ですなぁ。そのパーティの中でも最重要人物を『エサ』にしたつもりだったのじゃが、焦ってこっちに向かってくる馬鹿は1人もいなかったとは」ニタァ

マリオ「ほれみいあのキノコあんなこと言ってんだぞこのどあほ!!!!!!」

バブル「うぅ…」

ブルー(にしても緊張感無いなぁあのおっさん)



!!!「ふむ…どうやら随分警戒されているようですね……では、親睦の為にもここはひとつ自己紹介を」ユラ…


フィックス「私はフィックスと申します、どうぞよろしく…そして、お察しのとおり、私は妖精。そしてこちらにおられるが、我が領主__キノじい様にございます」

キノじい「これこれ、ワシのような老いぼれに様など付けんでよろしい」

フィックス「いえ、滅相もございません」

マリオ「そーだそーだ呼び捨てでいいわ呼び捨てで」

キノじい「ちょっと黙ってて頂けませぬかマリオ殿」

マリオ「ごめん」


フィックス「それから、もうひとつ。おそらく皆様が最も気にしておられるであろう……私の『能力』」スッ



フィックス「それは__こちらの通り、『動いているものを静止させる』ことでございます」

マリオ「ぐぅう…」ブルブル



レッド「う、動いているものを…!!」

ノコノコ「静止させる……」



フィックス「発動条件は対象に触れること。ワンタッチで可能です。


………と、ここまでが私の自己紹介でございました。皆様、これで私のことについてよく分かって頂けましたね?」


クッパ(……ああ、よく分かった…まさか自分から手の内を明かすとは………………しかし)





フィックス「では、どうぞ遠慮なく攻撃してください」ゴゴゴゴゴ





クッパ「手の内が分かっても……手の打ちようが無い……!!!」

16:胡蝶 おひさあああああ:2018/02/28(水) 23:22 ID:tpc

うわあああああ僕さん久しぶりそして初めましてぇぇぇぇぇぇぇぇ(?)
これからも暇になったらこっち来てください!忘れないで下さい!!

17:Mr.M:2018/03/03(土) 14:31 ID:hx6

僕さん、おかえりなさい!そして、久しぶりです!

18:鯛 ●←薄汚れた宝玉:2018/03/09(金) 23:50 ID:FlE

更新されてるか見に来たけど
やっぱり面白いですね

19:匿名さん &:2018/03/16(金) 17:51 ID:dxo

おもしろいです

20:くらげ:2018/03/31(土) 12:00 ID:CDI

初めまして。
パート1から陰ながら見させて頂いてました。
とても面白いのでこれからも無理せずゆっくりとでいいので毎秒更新し続けてください!

21:巫女:2018/04/11(水) 05:19 ID:puk

続きが気になるU(๑› ̫ ‹๑)Uワクワク

22:ny:2018/04/27(金) 22:00 ID:Uzo

ぼくさんおひさしぶりです!(^_^)
またがんばってください!

23:虹鱒 くらいたいっ!閃光玉!:2018/05/19(土) 14:43 ID:4rA

がんばってください!

24:巫女:2018/05/23(水) 05:15 ID:CWE

僕さんには虹鱒は
誰かわからないと思いますよ?元鯛さん

25:虹鱒:2018/06/09(土) 12:17 ID:Tds

あっそうか
元鯛です、名前変えました

26:総督:2018/07/07(土) 01:26 ID:POQ

かなりお話が進んでるみたいなので、wikiでも作りましょうか?この作品の。

27:ぼく:2018/07/29(日) 14:12 ID:K.o

ぼく「あ〜〜〜〜〜今日もあついな〜〜〜〜〜〜〜〜暇だな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」

ぼく「あれそういえばなんか忘れてるような・・・・・・」

ぼくの脳「ピコーーーン!!!!!!」

ぼく「!!!!!!!せや!!!!マリオSSずっと放置してた!!!!!!」



ぼく「よし続き書こ」

_人人人人人人人人人_
> 5ヶ月ぶりの更新 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄




=====================



クッパ(駄目だ・・・下手に動いても、マリオの二の舞になるだけ・・・当たり前ではあるが、誰も動こうともしない)


フィックス「・・・・・・」
キノじい「・・・・・・」

クッパ「・・・・・・」
ノコノコ「・・・・・・」
バブル「・・・・・・」
レッド「・・・・・・」
イエロー「・・・・・・」
グリーン「・・・・・・」
ブラック「・・・・・・」




マリオ「zzzzzz」

クッパ「寝るな!!!!!!」

マリオ「わりぃ」




キノじい「おやおや・・・誰も動こうとはしませんなあ。そこまでマリオ殿のことが大事、というわけでも・・・無さそうじゃなあ、ほっほっほ」

レッド「クソ・・・言わせておけば・・・!!!」グッ

イエロー「だ、駄目だよ・・・ここは我慢しないと・・・」

レッド「・・・・・・」





レッド「・・・・・・・・・・・・・・・アイツは」

イエロー「・・・?」


レッド「マリオは、俺達の・・・クッパ軍団の、敵だ。だから、助ける義理なんて、本来は・・・ない」

イエロー「・・・・・・そうかもねぇ」

レッド「・・・・・・だけど、俺達は、それでいいんだろうか?自分たちが傷ついてしまうのを恐れて、ほっとけばやられてしまうような者を見捨てて・・・

    ・・・そんな奴らが、『クッパ様親衛隊』なんか名乗れるのか・・・?」


クッパ「レッド・・・」

マリオ「・・・・・・」


レッド「俺は・・・俺はそんなのごめんだ!!己の身を捨ててでも、誰かを守れる!!そんなリーダーに俺はなる!!!!」ダッ

イエロー「れ・・・レッドっ!!!」


フィックス「ほう・・・この状況でもなお、向かってきましたか・・・」


フィックス「しかし無駄です。ほんの一瞬でも触れば、こちらのものだ」スッ・・・

28:ぼく:2018/07/29(日) 14:17 ID:K.o

>>26
まままままままじすか?!?!こんなハイパー過疎スレのまとめなんて・・・
いやでも、はい、作っていただけるならぜひご自由にどうぞ。







レッド「うおおおおおおおおおお!!!!!!」ダダダダダ


バブル「おい!アイツ、向かって来るぞ!!早く逃げろ!!」



レッド「ノコブロスをっ・・・・・・なめるな!!」バシュ

キノじい「・・・!」

ノコノコ「!!なるほど・・・コウラで滑る気か」



レッド「おおおおおおおおお!!!!!」シュルシュルシュル


フィックス「ふん・・・多少は素早くなったようですが・・・・・・その程度で避けるなど甘い!!」バン


レッド「!!!っぐ・・・!!」ピタ




ブラック「しまった!触られた・・・っ!!」

グリーン「お、終わりだ・・・」




レッド「っぐぐ・・・・・・」

フィックス「ふふふ、どうしました、もう終わりですか?先程の勢いはどこへやら・・・」

レッド「うぐぐ・・・そうか、俺、お前に触れられた、のか・・・っ」

フィックス「ええ、その通りです。結果、貴方はこの通り。動けなくなってしまいましたよ」










レッド「・・・ところで・・・お前今、何に触れた?」

フィックス「・・・は?・・・・・・貴方に決まっているでしょう」

レッド「具体的に、『どこ』にだ?」

フィックス「・・・・・・コウラに。・・・何か問題でも?」

レッド「・・・そうか・・・・・・コウラ、か・・・
    
    ああ、そうそう、言い忘れていたんだが」










レッド「カメ族はな。コウラ、脱げるんだ」スポ





バブル「え?」

マリオ「あ」



フィックス「」






フィックス「ば、馬鹿なあああああああああッ!!!!!!!!!」

29:ぼく:2018/07/30(月) 19:02 ID:K.o

レッド「どらぁッ!!!」ダッ

フィックス「!!!ま・・・待てッ!!」


イエロー「レッド・・・・・・そんな、自分のコウラを捨ててまで・・・」



レッド「そもそも・・・あの妖精野郎なんかハナから相手にするつもりは無かった・・・!俺のターゲットはアイツじゃない・・・・・・」ダダダダダ









レッド「お前だ・・・・・・キノじい!!!!」バッ

キノじい「ぬ・・・ぬう・・・・・・!!」ジリ

レッド(こいつはただのじいさんだ・・・俺の攻撃でも十分ぶっ倒せる!!)ググッ


レッド「食らえぇぇえ!!!!!!」シュッ


フィックス「はい、そこまで」ポン







レッド「な゙っ・・・・・・・・・!!!!」ピタ


マリオ「あ゙ーー!!!!!惜っし・・・あともうちょいだったのに・・・」ガーン

バブル「止められた・・・っ!」




フィックス「いやぁ・・・お見事お見事!さすがの私も冷や汗をかかされましたよ・・・あともう少し遅ければ、私の大切な領主様が大変な目に遭うところでした」

レッド「ぐ・・・・・・・・・う・・・・・・・・・!!」グググ

フィックス「でもこれで・・・今度こそ、貴方は終わりだ・・・。いやはや、本当に後少しでしたのにねえ・・・ふふふ」




フィックス「ふふふ・・・・・・はは・・・・・・ふははははははははは!!!!!!」



クッパ「うるさい」スッ・・・

フィックス「え」





クッパ「『メガトンドロップキック』!!!!!!!!」ドゴォ


フィックス「」メリィ


ドォォォォォォォォォォオオォォォォン!!!!!!




キノじい「な・・・ふぃ・・・・・・フィックス!!!?」


ノコノコ「おーおー・・・派手にぶっ飛んだな」




クッパ「フン・・・・・・キサマがレッドだけに集中していたおかげで、ここまで距離をつめることなど容易かったぞ」



レッド「ク・・・クッパ様・・・」ヨロ

クッパ「素晴らしい働きだったぞ、レッド。お前がいたから、ワガハイはアイツをぶっ飛ばせたのだ」ニィ

レッド「・・・・・・はい!ありがたきお言葉です!!」



フィックス「ぅぐ・・・・・・あの・・・・・・クソガメめぇえェェ・・・!!!」パラ・・・


フィックス「この程度の攻撃で・・・・・・私を・・・・・・倒せると・・・・・・思うなァ!!!」シュバァ


ブラック「!!!また来るぞ・・・!!」


クッパ「・・・レッド、どうだ?動けるか?」

レッド「え?・・・あ、そういえば・・・あの妖精がぶっ飛ばされてから、動けるようになりました」

クッパ「そうか・・・・・・なら」




フィックス「おぉっと・・・?何を話しているんですか・・・隙だらけなのは、そっちも同じのようですねぇ!!!!


      さぁ!!2人まとめて一生固まってしま___」バッ










クッパ「アイツもとっくに、動けるはずだろう」ニヤ












マリオ「お   ま   た   せ」ゴォ・・・


フィックス「・・・・・・え・・・・・・?」







マリオ「フゥレイムアッパァァァァアアアァァァアアァァァァアア!!!!!!!!!!!!」ドゴォォォォォォオ

フィックス「あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙!!!!!!」メギャア

30:ぼく:2018/07/30(月) 22:18 ID:K.o



キノじい「な・・・・・・なに・・・・・・・・・?!」





マリオ「ハッハァ!!!!今回の炎はいつもよりお得な3割増しだ良かったなバーーーーーカ!!!!!バァーーーーーーーーーーカ!!!!!」ドッッヤァ


バブル「20代がするような喜び方じゃねぇ・・・」

ノコノコ「まぁあのおっさん中身はガキだし」

ブルー(よっぽどあいつをぶちのめせたことが嬉しかったんだな、多分)



フィックス「」チーン


クッパ「さて・・・残るはキサマだけだ__キノじい」ギロ


キノじい「ぬうう・・・・・・・・・・・・!!」











キノじい「・・・・・・・・・・ふ」


クッパ「・・・・・・?」



キノじい「はははははははははははははははははははははははははは!!!!!」




バブル「な、何・・・?」

マリオ「!?な、なんだこのとてもおじいちゃんとは思えない肺活量は・・・!?」

バブル「驚くとこ微妙に違うぞアンタ」






キノじい「ふふふ・・・・・・有意義・・・じつに有意義でしたぞ、皆様・・・・・・やはり、無理を言ってここに来て正解だった」



キノじい「のう・・・・・・『伯爵』」ニタァ



ブルー「・・・伯爵?」








『ふん・・・・・・自分の妖精がやられているのに、なにが有意義でワ〜ルか・・・』


レッド「?!だ・・・誰だ?!」




!?!「現にヨがいなければ、危ない所だったではないか・・・くれぐれも危険なマネはしないで欲しいでワ〜ル」シュン



クッパ「!!!・・・な・・・キサマは・・・!!」

マリオ「この特徴的な語尾・・・・・・やっぱりお前かよ・・・!!」


キノじい「まぁまぁ・・・そう怒るでない。すべてお主がいるから、安心してできたことじゃ・・・・・・ノワール伯爵」


ノワール伯爵「まぁいい・・・・・・もっとも、有意義であったということには、ヨも同意見でワル・・・

       このなかで脅威となりうる存在は、マリオやクッパだけではない。それ以外の者もけして侮れないことが、今日分かったのはとても有益なことであったでワ〜ル」


レッド「・・・・・・」


キノじい「ホッホッホ・・・・・・では、そろそろ戻るとしますかな・・・よろしく頼みますぞ、伯爵」

ノワール伯爵「うむ・・・では諸君、さらばでワ〜ル!!」バッ



マリオ「!!!!待てテメェらなに勝手に帰ろうとしてんだ!!」ダッ

クッパ「我が城でやりたい放題してから立ち去ろうなど言語道断・・・逃がすかッ!!」ダッ



キノじい「若いのは元気で良いですな・・・じゃがのう、そんなに焦らなくとも大丈夫ですぞ、お二人よ」



マリオ「!!キノじいの周りに結界が・・・」



キノじい「なあに、心配は要らぬ・・・


     ・・・すぐにまた、会えますから」ニヤ



バシュン!!



クッパ「ぐ?!・・・・・・消えた・・・」

マリオ「あちゃ〜〜〜〜逃がしたか〜〜〜〜」

31:ぼく:2018/07/30(月) 22:58 ID:K.o

長いことサボってたぶん、怒涛の超更新ラッシュを見せていますがお気になさらずどうぞ。






クッパ「フン・・・・・・まあいい。ここにいる全員が無事だったので良しとするのだ」



ブルー「・・・でも。ちょっと気になることが」

グリーン「・・・?ど、どうしたの・・・?」


ブルー「あいつら、まるで僕たちのこと『様子見』でもしにきたみたいな口ぶりだった。
    もとから僕たちを倒そうとする気なんて、無かったみたいに」


バブル「・・・・・・!!てことは、あいつら・・・」


ブルー「うん。あのグループは、ボスパックン軍じゃないよ・・・多分。ボスパックンに命令されてここに配置されたんじゃなくて、あっちから勝手にこの城に上がりこんできた、って感じだと思う」


ノコノコ「・・・?じゃあ、本来はこの通路、ガラ空きだったってことか?いくらアホのパックン共でも、この道は確実に封鎖しようとするはず・・・」




ブラック「お、おい!なんだこれは・・・!」

イエロー「??」

レッド「どうした、ブラッ__」





レッド「___?!」ビク

マリオ「・・・気絶したパックンたちの山、だな」


クッパ「・・・なるほど、アイツらは本来ここに配置されていたパックンたちをボコボコにして、ここを陣取っていたわけか」

バブル「でもそれなら、ボスパックンは手下がボコされたことに気付くはずだよな?どうせ司令室からは見えるんだろ、この通路も。

    ・・・それでも何もせず、放置してたってこと?」

ノコノコ「さぁな・・・・・・ただ」



ノコノコ「そのボスさんが、司令室で『司令できない』ような状況になってるんなら、話は別だが」























<クッパ城 司令室>


ボスパックン「う・・・・・・うぐ・・・・・・・・・」

「う〜〜ん、なかなか鋭いわね〜あのカメ・・・ほら、アンタの状況バレてるわよほら」ゲシゲシ

ボスパックン「いで!!いで!!は、腹を蹴るな!」

手下パックン「ボ・・・ボス・・・・・・」オロオロ


「ん?なによあんたら、コイツのこと助けたいの?・・・んまあ別にいいけど、その場合返り討ちにするから」

手下パックン「ヒッ・・・・・・」ビク

ボスパックン「お・・・おのれ・・・何が・・・・・・狙いだ・・・・・・!!」


「・・・狙い、ねぇ。そんなの、ひとつしか・・・・・・いえ。『ひとり』しかいないわよ」カチ・・・



モニター『・・・・・・ザザ・・・・・・ザ・・・』




ルイージ『・・・カメック、こっちで合ってる?』

カメック『ええ。・・・大分敵も少なくなってきましたね』


ショーキー『まだちらほらいるにはいるけどなァ・・・オラもう一匹ィ!!』ビリリィ

パックン『アバババババ』バタッ

ユーロ『ルイージくん、大丈夫かいな?・・・まだあの時の傷、治りきってないんやろ?』

ルイージ『・・・うん・・・・・・でも、皆のために、頑張らなくちゃ』









「・・・はぁあぁ・・・♡『皆のために、頑張らなくちゃ』、だって・・・・・・かっこいい〜〜〜〜!!!」





デイジー「大丈夫、すぐに迎えにいくからね・・・・・・ルイージ♡」

32:ぼく:2018/07/31(火) 20:42 ID:K.o

=おまけ(?)=



クッパ「・・・ん?そういえばノコノコ、キサマ何でここにいるのだ」

ノコノコ「え、なんすかその『邪魔だから来んなよ』感」

クッパ「いや、そうではなく・・・ワガハイ、さっき城の前で待機しておけと言ったはずなのだが」

ノコノコ「へ」




〜前スレにて〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

464:ぼく:2017/10/17(火) 07:05 ID:3uU
クッパ「…という訳なのだ。おそらくボスパックンは我が城のいわばコア、中心となる『司令室』にいるだろう。従ってそこを叩くことを目標とし、これより闘える者全員で突っ込むぞ」

クッパ軍一同『イェッサー!!!!!!』

クッパ「そこでだが、司令室までのルートは大きく分けて2パターンあるのだ。ここから城まで真っ直ぐ伸びた大きな通路を突破するか、軍が使う連絡路を通り親玉と所へ向かうか、だ」

ノコノコ「そんな道のりあったっけ」

カメック「…君一応クッパ軍ですよね?」

クッパ「前者の中央突破の方がより素早く司令室まで行けるだろうが、おそらく奴の手下が待ち構えている。雑魚を蹴散らせるパワー・機動力がある者に任せるのが無難だろう」

マリオ「俺やな」ザッ

ノコブロス・レッド「クッパ様!!我々もいけます!!!!」

ブルー「えっやめてよ、やだよ僕激しい戦いみたいなの」

クッパ「うむ。では中央突破はマリオとバブル、ノコブロスに頼む。もちろんここにはワガハイも加わる。

それから後者、連絡路を通り迂回する方は残りの主力メンバーであるルイージとユーロ、ヨッシー、カメック、それからショーキーに任せる」

ショーキー「はァ!!?!?てめェ何勝手に俺を使おうとしてんだ!!行くわけねェーだろ!!!」

クッパ「行かないのか?」

ショーキー「だからそう言ったろ!!誰がわざわざ危険な目に逢いに行こうとすんだよォ?!」

クッパ「そうか…せっかく単1電池を箱ごと買ってきたんだがな…これはしまっとくか」ゴソッ

ショーキー「行く」

クッパ「よし」

ルイージ(物に釣られるタイプなんだな)

ユーロ(アイツ電池好きなんか…(ドン引き))





ノコノコ「ちなみに俺はどっちに行けば?」

クッパ「危ないから待機」

ノコノコ「優しい!!!!」



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ノコノコ「あっほんとだ、最後にちゃんと『危ないから待機』って言ってるッスね」

クッパ「ウム、だからなぜわざわざ命令を無視してまで付いて来たのだ」

ノコノコ「いや・・・うーん・・・正直俺もなにがなんだか・・・」



ぼく「では理由を教えてあげよう」ヌッ・・・

二人『!!?!!?!!?』

ぼく「じつはだね・・・」













ぼく「完全にそのくだり忘れてた」テヘペロ

クッパ「よし、やれ」

マリオ「そぉい!!!!!!!!!!!!!!」ドゴ

ぼく「すみませんでした以後気をつけまぷげらッッッッッッッッッ」メキャ

33:は:2018/07/31(火) 20:46 ID:.wg

34:巫女:2018/08/01(水) 21:22 ID:HvA

なんとも興味深い
もともとノワール伯爵(ルミエール)は、
エマを葬り去った自分の種族と
この世界のおきてに耐えられなかったから
世界を作り直すことに決めた
最後は、エマ(アンナ)に出会えたことで
復讐をやめることにし
二人で永遠の愛を誓い復讐を
防ぐ事に成功し消える
そこから何があったのか
気になるところですね
(もしかするとその前のストーリーかもしれませんけどね)


新着レス 全部 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS