【デレマス】しきフレで学パロ【百合】

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧キーワード▼下へ
1:Rika◆2c よろしゅーこ:2018/05/09(水) 23:00 ID:.VM

絶対ガチ百合にはならないけど軽いのはあるので百合苦手な方は閲覧注意。
年齢操作やら捏造やらあります。

2:Rika◆2c よろしゅーこ:2018/05/09(水) 23:25 ID:.VM

4月の初め、桜が舞う校舎で一ノ瀬志希は高校の入学式を迎えた。
普通の女子高生は、新しい環境などに胸を弾ませるこの季節だが……
「つまんなーい」
彼女は、入学式に対して関心は無いようだ。
高校を卒業しないと大学には入れない。だから、一人暮らしをしている自宅から徒歩数分で着くこの学校を選んだだけであって……
彼女は、友達を求めてはいなかった。
……はずだったが。
「ねえねえそこのキミ。つまらない顔してるね。アタシは宮本フレデリカ。よろしくシルブプレ〜」
何故か、志希より先輩のはずのフレデリカが絡んでくる。
だが、志希としてはぶっ飛んだ面白い人物は歓迎だったので、それに答えることにした。
「あたしは一ノ瀬志希……です。よろしく……お願いします」
フレデリカは一応先輩だったので、志希は敬語を使った。
使い慣れてないからか、少し詰まっているが。
「志希ちゃん、よろしく!
あ、タメ口でいいからね〜。アタシは気にしないよ〜」
志希が敬語を使い慣れてないことを察したのか、フレデリカはそう言う。
……察してなくてもタメ口はOKだったかもしれないが。
「それより志希ちゃん。お家帰らないの?」
現在午後の1時。志希は入学式を終えて暇つぶしに屋上に来ていた。おそらく、彼女は昼ご飯も食べてないのだろう。
そこに偶然居たフレデリカが志希に話しかけて、この状況になったが……
流石にそろそろ帰った方が良いのではとフレデリカは思っていた。
「んー、あたし、一人暮らしだし帰るのは後で良いと思ってね〜」
そう返した志希に、フレデリカは「ご飯は?」と尋ねる。
「あー、昼? 別に要らないんじゃないかにゃー。あたしお腹すいてないし」
フレデリカはそこまで聞いて、流石の彼女でも心配になった。
自分より年下の女の子がそんな不安定な生活をしていたのだから。
「流石にお家かえって、ご飯食べた方がいいんじゃないかなー」
フレデリカは、志希にやんわりとそう言った。
フレデリカのその言葉に、志希は「フレデリカちゃんにそう言われたら仕方ないなー」と言って、屋上の出口のドアに手をかける。
フレデリカはそんな志希の姿を、「フレちゃん、でいいよー」と言いながら見送った。
その言葉を聞いて、志希は「分かった。フレちゃん、バイバーイ」と言いながらドアを開けて立ち去る。
フレデリカは、そんな志希を見て、「困ったさんが来たなー」と思った。
その時のフレデリカの顔は、満更でも無かったようだった。

3:ハギワラ:2018/05/28(月) 02:39 ID:.EU

面白いです!続き待ってます。

4:Rika◆2c 一ノ瀬志希担当:2018/06/02(土) 22:22 ID:3zg

>>3
ありがとうございます!
ちょっと放置気味でしたが頑張って続き書きます〜

5:Rika◆2c 一ノ瀬志希担当:2018/06/02(土) 22:45 ID:3zg

入学式以来の登校日。
志希はつまらなさそうな顔で学校へ行き、教室に入る。
「おはよう!」
「あ、おはよ〜」
志希は、クラスメイトから挨拶されるのに、愛想笑いをしながら返す。
ここで邪険にするとこれからの学校生活が最悪になることは、流石の志希でも分かっていたのだ。
「今から、ホームルームを始めます」
志希は遅刻ギリギリに学校に来たため、鞄の中の教科書を出し終えた頃にはホームルームが始まろうとしていた。
「気を付け、礼!」
「お願いします」
学級委員も決まってなかったので、挨拶は担任の教師……田中がする。
「出席を取ります」
全員が椅子を引いて席に着いた後、田中は出席簿を持ちながらそう言う。
「一ノ瀬さん」
「はーい」
志希は出席番号一番なので、すぐに名前を呼ばれる。
彼女はそっぽを向きながら軽く返事をした。
「……内田さん」
「はい」
田中は志希の態度が良いものとは言えなかったので眉間に皺を寄せたが、特に何も言うことなく次の生徒の名前を呼んだ。
「はい、全員出席ですね」
田中はそう言って、出席簿を置いた。
「10分後、授業が始まります。授業に必要な物の準備、そして、休憩を済ませておいてください」
ホームルームが終わり、田中はそう言って教室から出る。
「ふぁーあ、疲れた」
志希はその背中が完全に見えなくなった時、脱力したようにしてうつ伏せになった。
彼女は睡眠を取り始めたのだ。
そんな志希の様子に、クラスメイト達は苦笑いをする。
その時、教室のドアが思いっきり開いた。
厳しそうな表情をしている教師……大田が入ってくる。
「……起きなさい!」
大田は、誰よりも先に寝ている志希に目を付けた。
「……なに?」
志希は仕方なさそうに起きて、顔を上げる。
「『なに?』ですって? 親の教育を疑いますね。放課後、生徒指導室に来なさい!」
「ええ……」
志希は突然の出来事に困惑したが、渋々受け入れることにした。いや、こちらには落ち度は無いはずだが。
「えー、皆さん、中学校で習ったと思いますが―――」
……めんどくさいことになったなあ。
教科書を開き、何事も無かったかのように授業を始める大田を見て、志希はそう思った。

6:Rika◆2c 一ノ瀬志希担当:2018/06/03(日) 20:59 ID:3zg

「生徒指導とかー……」
正直サボりたくて仕方が無かったが、ここでサボると大田がうるさくなりそうだったので、志希は渋々生徒指導室へと歩いて行く。
「おっ志希ちゃん〜」
「あ、フレちゃん」
その途中の道で、志希はフレデリカと出会った。
「あたし今から生徒指導」
志希はフレデリカに苦笑いしながらそう言い、「また後でね」と目で訴える。
「靴箱の前で待ってるね〜」
フレデリカは志希の訴えを理解したのか、そう言って靴箱のある方へと歩いていった。
「一ノ瀬さん」
志希が手を小さく振り返していると、そんな声が聞こえてくる。
「あ、先生」
「……入りますよ」
その声の主、大田は志希の腕を掴み、強引に生徒指導室に連れて行った。

「で、どうなってるんですか? あれは」
志希は大田にしつこく問いただされる。
「ただ眠かっただけですー」
志希はだるそうに返す。
「……はぁ。ご両親は? 連絡は一応したいのですが」
大田はそんな志希の生意気な態度に眉間に皺を寄せながら尋ねる。
「あたし今一人暮らしでーす。ダッ……父は海外、母はもういませーん。なので多分連絡は取れないと思いまーす。
……あたし、父の電話番号知りませんし」
志希は「ダッド」と呼びそうになるのを誤魔化しながら答える。
「……すみません」
志希の家庭環境がかなり複雑だったからか、大田は申し訳なさそうな顔をして謝罪をする。
「いや、別に」
志希はそう言ってそっぽを向いた。
「……まあ、これからは態度等気を付けるように。帰りなさい」
大田は居ずらくなったのか、志希にそれだけ言って部屋を出て行った。
「……あたしも帰ろ」
志希は、フレデリカが待っている靴箱へと歩き出した。


新着レス 全部 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS