怪盗レッドのオリジナル小説書いてみます!(9)

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧キーワード▼下へ
1:星月夜 杏里◆gg (=゚ω゚)ノ ―===≡≡≡ dice2:2018/09/08(土) 00:36 ID:CrI

題名の通り、怪盗レッドの二次小説を書くところです。
荒らしや暴言、許可なく他人のパクりなどといったことはやめましょう。
皆さんで楽しく仲良く小説を書いていきましょう!

16:hellwalker BFG:2018/09/18(火) 17:48 ID:SOo

[予告]

彼らは獰猛、残忍、容赦なく。
……しかし、それ以上の悪になれ。
切り裂け、全てが終わるまで……。

△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△

Origin
___id Software「DOOM」(1993-2016)
___秋木真「怪盗レッド」(2010-2017)


怪盗レッド×DOOM(2016)クロス二次創作
火星からの贈り物☆の巻

▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽

お邪魔します。
by 作者hellwalker

17:ユユ:2018/09/18(火) 19:02 ID:Mi2

ふーた、小説面白い!
続きがどうなるのか気になる!沖音さんがなんか面白い(笑)。
>>11
いっちーさん久しぶりだね❗新しいスレでもよろしく!

18:ユユ:2018/09/18(火) 19:44 ID:Mi2

久しぶりに続き書きます。

アスカ視点 朝6:00
・・・・うーん・・。昨日遅くまでテスト勉強してたからまだ眠いよお・・・ん?
てす・・・と?・・・あぁ!!
アスカ「今日テスト当日だぁーーー!!」
私の脳が一気に覚醒する。・・・まだ朝だけど緊張する・・。私はベットからくるりと一回転して着地。体育の成績なら、いいのになぁ。って、いつもなら寝てるはずのケイがいない。
ケイ「起きたか。アスカ。話がある。」
アスカ「どぇぇっ!!?」
後ろを振り返ると、ケイがいた。
びっくりして変な声出しちゃったじゃん!!
緊張してんのにびっくりさせないでよっ。
ケイ「アスカでも緊張なんてするんだな。」アスカ「心の中を読むなっ」
全くもう・・・。
アスカ「で?話って?」
ケイ「タキオンからの情報だ。」
アスカ「え!タキオン!?」
私は慌てて気を引き締める。
ケイ「試験後に行く祭り・・・。そこでタキオンから、祭りには気をつけろ、だそうだ。」
・・・・・へ?し、しかもタキオンから?
アスカ「タキオンが何かするんじゃないの?」
ケイ「いや、今回はタキオンが祭りに何かをする訳ではなさそうだ。この事は真凛にも伝えてある。」
アスカ「椿たちは?」
ケイ「僕たちがいけないと言っても、兄弟で行く可能性もある。タキオンの事を説明する訳にはいかない。」
アスカ「そっか・・・。とりあえず、注意はしておかないとね。」
ケイ「そうだな。」
アレ?そういえばケイはどこでこの情報を手に入れたんだろ?聞こうとしたけど、ケイはすぐパソコンの作業に移ってしまって聞けなかった。

一旦切ります!

19:ふーた:2018/09/18(火) 21:06 ID:Fjc

>>17ありがとう^_^
ユユの小説も面白いよ!
アスカの反応が面白い(笑)

20:ユユ:2018/09/18(火) 21:57 ID:Mi2

続き

アスカ視点
いよいよ、試験が始まった。
タキオンの事とか、祭りの事とか、いろいろ気になるけど、今はこっちに集中しないと!

〜〜二時間後 試験、終了〜〜
アスカ「やったぁぁ!試験オワッタァ!」
翼留「テスト勉強の甲斐があったね!いつもより埋められたよ!」
シンタ「オレも初めて解答欄全部埋まった!」
美咲「これで、今日のお祭り、心置きなくいけるね!アスカ!」
アスカ「え、あっあ、うん。そうだねっ(汗)」
急にお祭りの話題になったから、しどろもどろになっちゃったけど、とくに気にした様子もないみたい。とりあえずホッとする。
シンタもお祭りという話題を聞いて、少し表情を固くする。
アスカ「ユ、ユキメも楽しみだね!お祭り!」
・・・・・。あれ?反応がない。ユキメはどこか厳しい顔で何かを見ていた。見ている先は・・・晃芽?
アスカ「ユ、ユキメ・・・?」
ユキメ「・・・あっ、えーと・・・。お祭りだよね!楽しみだね!」
アスカ「う、うん。」
なんか引っかかったけど・・まぁいいか。

放課後、祭り。
椿「うわぁすごい!」
た、確かに凄い・・・!夜に光るいっぱいのランタンに、いろんな屋台、1日で回るのが大変なぐらいだ。真ん中には・・・なんていうのか忘れたけど、高いところに太鼓が置いてある。お祭りっぽい音楽が耳に心地よい。
すると、真凛が私の肩を叩く。
アスカ「何?真凛。」
真凛「ちょっとこっちに来て。シンタとケイも。」
ちょっとトイレ行くね、と言って、とりあえずその場を離れる。
真凛「あれ・・・見た事ない?」
真凛が指をさしたのは、太鼓の周りについてる金と銀の鳥の形をしているもの。よく見たらけっこう大きいやつ見える。・・・あれ?どこかで見たような・・・。
真凛「気づいた?あれは一年半年前にどこかから盗まれたものよ。」
シンタ「・・・あ!ほんとだ!なんか見た事ある。ニュースでやってた。」
ん?でも、どこかからって?盗まれたところ
は?
ケイ「それも分からなかったらしい。道端で放り出されてたそうだ。それに、何かに見つかって慌てて放り出したような乱暴な出され方らしくてな。」
真凛「で、持ち主も盗んだ方もわからずじまい。それで、警察署に保管されてるはずだったんだけど・・・。」
シンタ「え?じゃあなんでこんな所にあるんだ?」
ケイ「それがまだ分かっていない。なるべく問題が起こる前に片付けられればいいが・・・。」
真凛「とにかく、私とケイでまだ調べてるから、シンタ達もなんか気付いた事があったら言って。」
アスカ・シンタ「「分かった」」

終わりです!次は新キャラが登場するかもしれません(多分)!

21:ユユ:2018/09/18(火) 22:02 ID:Mi2

>>19
ふーた、ありがとう^_^
多分新キャラ割と強烈なの来るかも(笑笑)
もしかしたら晃芽並・・・?

22:ふーた:2018/09/20(木) 23:35 ID:Fjc

「私の恋は超大変!?」
なっ………なんで……⁉…アスカが……!
僕はもう放心状態だった。
ア「何してるの?ケイ、早く来なよ!」
アスカが声をかけてくる。
ケ「あ、ああ……」
戸惑いつつも、教室の中に入った。
アスカは、いつもの、氷室さん、春川さん、隣のクラスの瀬上さんといた。
……なにか違和感を感じる。
男子A「お〜い、斉藤〜」
来&ア「何?」
……???…え???
なんで、アスカまで返事をしたんだ?
…どうして、斉藤と言っていたはずなのに、アスカも返事をしたんだ?
…それは、アスカが、自身を斉藤だと思っているから…じゃあ、アスカは《斉藤飛鳥》になったのか?あの洗脳の機械で?
紅月ではなく、斉藤になったのか?
……どういうことだ?
今、斉藤に僕の居場所を盗られた気がして、ココロがモヤモヤと黒い霧に包まれるような感覚があった。……アイツ……くっ……。
ア「ケイ!ケイ!」
アスカが、何を思いついたのか、僕のところにやってくる。
ケ「なんだ?」
そう聞くと、
ア「今日も3人で帰ろう!ねっ?」
と、返ってきた。
ん?2人は、僕とアスカなのはわかるけど、もう1人は?
ケ「3人?」
ア「え?何言ってるの?私とケイと来太と、3人でいつも一緒に帰ってるでしょ?」
アスカが怪訝な顔をする。
ケ「……分かった。」
…一体、僕たちの関係は今、どうなっているんだ?

アスカside
さっきから、ケイの反応がおかしいんだけど……。なんかあったのかな?
ア「ね〜ケイ〜」
ケ「なんだ?」
またさっきと同じ答えが返ってきた。
ア「次にデートするの、いつにする?」
ケ「!?!?!?」
あれ?ケイの顔が、一瞬めっちゃびっくりしたような感じになったんだけど…気のせいかな?
私、変なこと言っただろうか…?
ケ「っデート?」
なんか、動揺してる?
ほんとに、今日のケイはなんか変だ。
ア「え、前にも一緒におっきい遊園地行ったじゃん!」
ケ「え?」
ア「え、覚えてないの?ケイ、今日ほんとに大丈夫?」
ケ「行った記憶が全く無いんだが……」
ア「え???なんで?あんなに楽しそうだったのに!?」
ケ「⁇…みんなの記憶が、一気に変えられている……?アスカだけじゃなくて……?」
ケイ、何ぶつぶつ言ってるんだろう?
ア「ケイ、なんか言った?」
ケ「アスカ…本当に何も覚えてないのか?」
ケイが、真剣な顔をして言ってきた。
ア「え?何を?」
なんのこと?私、何か忘れてるの?
ケ「アスカ、自分の名前を言ってみて。」
ア「え??《斉藤飛鳥》だけど…?」
ケ「……やっぱり……記憶を変えられている……紅月じゃ、無い…」
え???記憶を変えられている?なんの事?
それに、紅月って、ケイの名字であって、私は斉藤なんだけど…?
ア「きおく?え?紅月?なんで、私が?」
ケ「ちょっと、教えなきゃいけないことがある。放課後、校舎裏に来てくれ。」
ア「うん……」
一体、どうしちゃったんだろう、ケイ…?

23:ふーた:2018/09/20(木) 23:39 ID:Fjc

>>21
おおっ晃芽並のオリキャラ…
どんなキャラかたのしみっ!

24:ふーた:2018/09/21(金) 00:00 ID:Fjc

続きでーす!
[放課後]
ケ「本当に、覚えてないのか?」
ア「だから、何を?」
私はケイに呼ばれて、色々と話している。
ケ「アスカは覚えてないかもしれないが、、、」
ア「うん…」
ケ「一気に話す。僕とアスカは、いとこ同士で、斉藤とアスカは、恋人同士。それで、僕とアスカで、父さんたちから引き継いだ怪盗レッドとして、活動して来た。そして一週間ぐらい前、斉藤とアスカは遊園地に行った。その後に2人は斉藤の家に行って、くつろいでいた。そこに僕が電話をして、斉藤がタキオンだということ、そいつが企んでいる計画に、アスカを利用しようとしていることを伝えた。そして斉藤から受け取ったジュースに、麻酔が仕込んであって、アスカはゲストルームと嘘をつかれて、機械のたくさんある部屋に連れていかれた。その後、沖音弥生の手によって、アスカは、今アスカが思い込んでいるように洗脳されてしまったんだ。」
ア「え、ケイと私がいとこ同士?来太と私が恋人同士?それ、反対じゃん。それに、怪盗レッドって何?とうとう頭おかしくなったの、ケイ?」
情報が多すぎて、よくわからないし、言ってることおかしいよ?
ケ「……斉藤に聞けばわかるか……⁇…ありがとう。言いたいことは言い切った。それじゃあまた後で。」
また1人でぶつぶつ言って、どっか言ってしまった。
…一体、何なの?

ケイside
僕は斉藤に会うために、急いで廊下を歩いている。
あのことは、アスカは、分かってなかった。
それは当たり前だよな。
今までの記憶が、全く無いんだから……。
……それにしても、レッドの存在がない…?
どういうことなんだ?
そう考えているうちに、斉藤のあるところについた。
ケ「斉藤、話したいことがある。」
来「何だ?」
ケ「…お前は、全部覚えてるんだろ?アスカの記憶を変える前のことを。」

切りまーす!
えーっと、話を整理すると、アスカが洗脳されて、記憶が変わり、アスカの中では、ケイとは恋人同士、来太とはいとこ同士っていう感じになっています。
そして、他の周りの人たちにも、アスカの記憶を変えた影響が出て、ケイ以外はみんな、記憶がおかしくなっています。
そして、来太の記憶は、どうなのか…が、次回の展開です!

25:ユユ:2018/09/21(金) 22:47 ID:g/2

アスカ怪盗レッドの事まで忘れてるんだ・・・。続きが気になる!

26:ふーた 前は24です!:2018/09/25(火) 00:35 ID:Fjc

続き書きまーす!
「私の恋は超大変!?」
ケ「…覚えてるんだろ?」
僕は斉藤に問う。
来「……さあな、どうだと思う?」
…普通だったら、何のことだ?とかいうような反応になると思うんだが…
ケ「その反応は、覚えてるんだな?」
来「ああ、覚えてるさ。これからの計画に支障がでる。」
やっぱりな。それに、計画はまだ続行しているということか。
ケ「なるほどな。……レッドのことは、この世界にはないのか…?」
来「ああ、ないさ。そんなスーパーヒーローみたいな奴なんて、この世界にはいない。」
レッドは、いない……?
ケ「……覚えてる人間は?」
せめてもと思って、聞いてみる。
来「お前らの親だ。アスカの記憶では、父が死んで母に育ててもらっているということになっている。」
……親…父さんたちのことか…。
アスカの中では、父が死んで母がいる…?
まさか、その母は……!
ケ「沖音弥生が母の役か?」
来「ああ、そうさ。まあ、それぐらいしか人間がいないんだがな。」
あいつがか……不安でしかないな…(・・;)
あいつは、料理も運動も、何から何までダメな奴だ。
せめてもの救いは、頭脳と言ったところか?
ケ「…これが一番聞きたい。アスカは、タキオンのことを知っているのか?」
来「さあ、どうだろうな?自分で調べておけ。俺は言わない。」
ケ「……そうか。」
ア「ぉ~ぃ!」
遠くから、アスカの声が聞こえる。
ケ「……来たか…。」
来「話はここまでだな。」
ケ「……ああ。」
ア「2人とも、なんか話してたんでしょ?なに話してたの?」
アスカが聞いてくる。
ケ「アスカには、言えない。僕たちの重要なことだから。」
僕は斉藤をちらりとみる。
…うん、教える気はなさそうだ。
僕は少しほっとした。
ア「じゃあ、帰ろっか♪」
ケ&来「ああ。」
それから何事もなく帰って来た。
僕が家の方面に行くときにアスカが来なかったのは、いつもと違って驚いてしまたまたけれど、この世界では普通のことだった。
ケ「ただいま……。」
翼「お、ケイ君、おかえり。あれ、アスカは、、、そうか、いないんだったな。」
ケ「このことについて、話したい事があります。…父さんは…?」
今日のことについて、会議を開きたかった。
翼「ああ、俺の部屋にいるぞ。」
ケ「ありがとうございます。」
僕は父さんを呼んで、今日わかったことを伝えた。
翼「…なるほど、アスカは、学校に来ていたんだな?」
ケ「はい。アスカは、斉藤といとこ同士だと言っていました。…僕とは、恋人同士だと……僕と斉藤の立場が、反対になっている状況です。」
圭「……ふむ。レッドの存在も、ないのか…。」
ケ「レッドは、ここにいる僕たちと、斉藤のみが覚えてる。」
翼「そうか…う〜ん、ややこしいな…」
圭「一回まとめてみようか。まず、アスカちゃんは洗脳されて、斉藤飛鳥になったわけだ。そして、斉藤とケイの立場が、逆になった…そして、兄さんが死んだということになっている。…いや、兄さんではない誰かが、死んでいるという設定か?」
ケ「そこがまだわからない……おじさんなのか、全く違う人間なのか……」
翼「アスカに連絡は?」
ケ「さっき携帯を確認しました。アスカの電話番号は変わっていたけれど、しっかりと連絡できます。」
翼「そうか、よかった……。」
おじさんは安心した顔をする。
それは当たり前だよな。大切な娘と連絡が取れるのがわかったんだし。
圭「話を進めようか。……………………」

切ります!

27:ふーた:2018/09/25(火) 00:36 ID:Fjc

あ、続きは、24と23でした!!

28:ふーた 前は26です!:2018/09/30(日) 01:10 ID:Fjc

「私の恋は超大変!?」
アスカside
私はケイと別れて来太と家を目指していた。
…なんでケイ、別れるときに、私がついて行かなくて驚いてたんだろう……?
いつもあそこで別れてるはずなんだけど…
今日のケイ、本当に大丈夫なのかな?
怪盗なんとかって言ってたし…
怪盗なんて、いるわけないのに。
あの白里響って言うすっごーい探偵がいるけど、そんな悪そうなやつなんていないよ…?
ほんとにいるなら、一回会ってみたいぐらいだよっ!
でも、ケイのあの言い方だと、私とケイが2人で活動してるって言ってたし…
…死んだはずのお父さんから、受け継げるわけないし……
そう思っているうちに、家に着いた。
…みんな、この家が大きいって言うけど、なんでだろう?
これぐらいがちょうどいいと思うけどなぁ。
ア&来「ただいまー」
母(弥生)「おっ!おかえり、2人とも♪今日はね、美味しいケーキを買って来たから、みんなで食べよう♪」
お母さんが、ケーキの箱をソファの近くのテーブルに置いた。
ア「え、ほんと!?やったー!」
ケーキ、ケーキ〜♪早く食べたぁ〜い!
私は急いで洗面所に行って、パシャパシャと手を洗って戻ってくる。
いや〜、うちの廊下は走れるから、いい運動になるんだよな〜♪
ア「お母さん!早くケーキ食べよう!」
私はお母さんを急かした。
弥生「もう、アスカはせっかちなんだから!ちゃんと手は洗った?」
え、私ってそんなにせっかち?ん〜これはスルーでいいか♪
ア「うん!洗ったよ」
私は手を見せる。
弥生「じゃあいいでしょう!どうぞ♪好きなのを選んでね。」
お母さんが箱を開ける。
そこには、ザ・イチゴ味って言うぐらい紅い色のケーキと、抹茶みたいなケーキ、モンブランもあった。
ア「わあっ美味しそ〜!これって、◇▽のショッピングモールにある、☆♡って所のケーキ屋さんの1万円ぐらいの安くて超美味しいって噂のパックだよね!前から食べたかったんだぁ♪」
すっごい美味しいやつなのに、どうしてあんなに安い価格で販売できるんだろう?
弥生「なら、よかった♪早く食べましょ♪」
ア「うん!」
私は、イチゴのケーキを取って、フォークで一口分切り取る。
口の中に入れた瞬間、顔がほころんだ。
あぁ、美味しすぎる…!
ア「シアワセ〜……」
弥生「ほんとね!すっごく美味しいわ♪」
お母さんはモンブランを食べていた。
あ、そういえば居るの忘れてたけど、来太はどうしてるんだろ?
…と思ったら、私の隣で抹茶のケーキを黙々と食べていた。
わあっ抹茶も美味しそう…!
ア「一口ちょうだい♪」
私はそう言って来太のケーキを一口ぬs…もらう。
来「あっ!お前、俺の大事な抹茶ケーキを…!」ゴゴゴゴゴ……
来太の周りに怒りのオーラがくっきり見えたような気がした。
ア「あっやばっ……」
そういえば来太、ケーキを取られると(盗られると)めっちゃ怖くなるんだった…
弥生「こらこら、怒らないのっ!私のモンブラン一口あげるから!もう…」
お母さんが止めに入ってくれた。
ふぅ、よかった……
あのままにしてたら、私が今生きてるかどうかわからないぐらいやばいからな…
お母さんに、感謝しなくちゃね。
来「マッチャケーキ………。あれ、そういえば、母さんは?」
来太がまだなんか行ってた気がするけど、
それはスルーで^^;
…確かに、さっきから叔母さんの姿が見当たらない。
弥生「ああ、麗なら、部屋で仮眠をとってるわよ。なんか仕事が大変らしくて(´^_^`;)」
お母さんが苦笑する。
ア「そんなに大変なんだ?」
弥生「うん。色々と仕事を放置してて、溜めすぎて怒られたらしくてね。」
来「全く…母さんは…はぁ…」
呆れたような顔で、来太がため息をついた。
あとで叔母さんを見に行ってみようっと。

きりまーす。
え〜っと、一応キャラ紹介!
斉藤麗華(さいとうれいか)
・来太の嘘じゃ無いマジの母親
・タキオン所属
・表の仕事は普通のOL
・めんどくさがり屋な性格
・来太が似て居るところは…顔ぐらい…?
(顔なんて分からないけどね♪)

29:ペンダン:2018/09/30(日) 12:40 ID:k/k

見つけたZE

30:ふーた 前は28です!:2018/10/07(日) 01:00 ID:st2

>>29 おお!ペンダンも来た♪

続き書きます!
「私の恋は超大変!?」
私は階段を上がって叔母さんの部屋の前に来た。
ガチャっとドアを開ける。…………。
……また寝てるし……。
それなら、、、
ア「麗華さん起きてください!麗華…お・ば・さ・ん!!!起きt」
麗「…今、なんて行った?叔母さんは、言わないでって約束したよね?」(^言^)ゴゴゴ…
あ〜…やっぱり怖いや……
叔母さんは…じゃなくて、麗華さんは、自分のことを叔母さんって言われるのが、この世で一番嫌いだもんな〜。
ア「わかってますよちゃんと。こうやって言わないと、起きてくれないと思ったので。」
麗「なるほどね、それなら礼を言っとくわ♪今度は言わないように気をつけてね?」
ふぅ、納得してくれた。
ア「わかったって言ってますって!………ところで、例の[あの計画]は、うまく進んでますか?」
私は声を潜めて言う。
麗「ええ、いい感じに進んでるわ♪特に、アスカのおかげで結構助かってるのよ。」
ああ、良かった♪いい感じに進んでるんだ♪
ア「それならよかったです♪じゃあ、今度はもう寝ないように気をつけてくださいよ?」
私は少しジト目で注意すると、
麗「分かってるわよ、気をつけるから。」
って、軽〜く言ってきた。
あ〜…これ絶対反省してないやつだ…
学校の宿題済ませたらまた見にこなくちゃ…
〈アスカの部屋〉
ア「あー!疲れた!」
私は、明日の準備とか宿題の前に、運動用具の手入れと、部屋の片付けをしていた。
はあ、少し散らかしっぱなしにしてたから、疲れたや。
…コンコンッ
誰かがドアをノックする。
ん?誰だろう。
ア「はーい。」
返事をすると、宿題のプリントを持った来太が入ってきた。
来「アスカ、ここの問題わからないんだ。教えてくれないか?」
ア「え〜…私疲れてるんだけど…」
これから少し寝ようと思ったのに…。
来「お願いだから…頼む!」
すると来太は、私の前で土下座をした。
えっ…そんなことされたら、教えるしかなくなるじゃん…
ア「わ、分かったから、土下座はやめてよ!」
来「お、おう。」
来太が嬉しそうな、だけどちょっと困ったような顔をする。
ア「んで、どれ?」
私は、部屋の真ん中にある折りたたみ式の机の前に、来太を座らせる。
来「ここがわからないんだ。
(3x+2)−(4x−6)のところ。」
来太がプリントを机に置きながら答える。
え、ここわからないの?
全く、頭が悪いにも程があるよ…
ア「ここはまず、それぞれの()を開くために繋いでるマイナスをプラスに変えるの。そしたら、右側の()の中の項の符号を変えて、()をとって、項だけの式にする。そのあと…………」

来「なるほど!そう言うことか。さすが、あの天才の紅月と争うほど頭がいいよな!」
全部教え終わると、来太に褒めまくられる。
ア「そんなことないってば!ただ、来太の頭が悪いだけでしょ?もうちょっと漫画とか読まずに、ちゃんと勉強したらどうなのよ?」
と、来太に一喝する。
確かに、私は成績表がオール5だったときあるけどさ!
それは、ちゃんと勉強してたからだよ?
ケイは勉強なんてしてないのに、ラクラクとオール5を取ってるんだよ?
あんな正真正銘の天才と、私を比べないでっ!
すると、来太に ふ〜ん? と言われた。
なんなのよ、こいつ…
来「……ところで、あの計画は?」
さっきとは正反対の、真面目な顔で来太が言う。
ア「麗華さんが、順調って言ってたよ。」
来「そうか、良かった。」
と、安心そうな顔で言う。
ああ、早く実行日が来ないかな。
今考えただけでも、ワクワクする!

31:ふーた 続きです!:2018/10/07(日) 01:00 ID:st2

ケイside
あのあと、3人で話し合った結果、僕とおじさんで動いて、父さんに指示を出してもらうことにした。
え、なんのことかって?
それは、アスカを洗脳の機械で直せることがわかったから、それを実行する時の、それぞれの配役。
実行日は、明日。
明日の放課後のタイミングで、アスカたちの家に遊びに行く。そのときおじさんには、外であらかじめ待機していてもらう。
そのあとは、まあ、流れに任せるしかない。
そして、僕とおじさんの耳には、いつもアスカがつけているような小型のインカムがつけてある。
そのインカムで、父さんからの指示を聞けると言うことだ。
さらにそのインカムは、カメラ機能付きだ。父さんはパソコンで、僕とおじさんの映像を一気に見れるように、画面を分割させているから、両方に、同時に指示を出せる。
作戦はこれだけ。
これをうまく行かせれるかどうかは、僕にかかっている。
一番アスカに近い僕が、一番責任重大だ。
………絶対に、この作戦をうまく行かせてやる………
………絶対にアスカを、取り戻してみせる。

きりまーす!

32:ペンダン:2018/10/11(木) 20:53 ID:15Q

ふーためっちゃ上手いやん

33:星月夜 杏里◆gg (ノ>_<)ノ ≡dice5:2018/10/12(金) 22:21 ID:nEk

>>32
同感です。
ふーたさん、小説書くの上手いですよねー。
テスト期間中ですけど、最近すごい小説が書きたくなったので、書きます!
前回は...8のどっかですw




玄関を開けると、既にお父さん達が真面目な顔をして立っていた。
すると最初の挨拶が...

「お久しぶりね。初代怪盗レッドさん、と言えばいいのかしら?」

「ああ。お前は随分と大人っぽくなったな」

えぇ?!お久しぶりって……
お父さん達、知り合い?!
いや、初代怪盗レッド、って言ってるってことは、お父さん達が活動してた頃に、ブラッドはあった事があるってことになるよね。

ケイもやっぱり驚いていたようで、ほんの少しだけど、目を見開いていた。

で、私達は今、リビングでテーブルを囲っている。

「ええと、二人は何かブラッドに質問はあるかい?もちろん、本名とかそういうのはこちらも情報を出さないから、こちら側が出さない情報は聞いちゃダメだけどね」

まず最初に叔父さんが発言。

んー。
そう言われるとあんまり無いかなー。
あっ、そう言えば……

「ブラッドって組織に所属してるって言ってたよね?なんて組織?」

「ハルシオンという組織よ」

ハルシオン?

「ラテン語で幻を意味する言葉だ。確かに、そんな名前の犯罪組織があったな。幻のように消えてしまい、証拠なんて何一つ掴ませない。だから捕まえることなど不可能だ、という意味を込めているらしい」

ケイがサラッと説明してくれる。

何それ?!
タキオンに続いてふざけた名前じゃない?!
どうしてこう、犯罪組織ってみんなふざけた名前にするのかなあ。

「父さん」

ケイが不意に口を開いた。

「初代レッドとブラッドの関係を教えて欲しいんだけど」

あ、確かに!

「ああ、簡単な話だよ。レッドの仕事中に兄さんが彼女に会って、戦ったって話だよ」

答えたのは叔父さん。

それで?どうなったの?!

「そんなの、決まってるだろう?」

だよね!
だけどお父さん、あんまりドヤ顔しないで欲しいんですけど……。
だって、相手は当時小学生以下の女の子だったわけでしょ。

「兄さん、あれは勝てたとは言わないよ」

叔父さんが言う。

え?どういうこと?

「私が途中で逃げたのよ。勝ち目がないと分かったから。それを捕まえることが出来なかった、って話」

なるほど…。
確かに、それは完全勝利とは言えないかも。

「でも、私が負けたのは事実。あれは屈辱だわ」

やっぱりお父さん達は強かったんだねえ……。

「仕事を失敗させられたのなんて、滅多になかったから、また会えるのを楽しみにしてたんだけど、まさか代替わりしてるとはね」

そんなことがあったんだ……。

〈続く〉

34:ユユ:2018/10/12(金) 23:31 ID:ke.

>>31
ケイはアスカを取り戻せるのかな?続きが気になる❗

35:ユユ:2018/10/13(土) 00:59 ID:ke.

続きです。
アスカ視点
とりあえず、ケイと真凛の判断で、そのまま美咲たちと一緒に行動する事になった。もちろん、周りになんか怪しいものがないか確認しながらだけどね。
ケイ「・・・不自然にならないようにな。アスカは顔に出るから。」
真凛「シンタもね。」
わ、わかってるよ!ちゃんと気をつけるから!・・・それにしても、今日はユキメがやけにだんまりしてるような・・・?
「あれ?紅月さん?」
振り返ると、詩織先輩がいた。後ろには、見た事ない先輩がいる。誰だろうって思ったけど、とりあえず挨拶しとくか。
アスカ「お久しぶりです!詩織会・・・じゃなかった。先輩!」
美咲「こんばんは。折原先輩。」
ユキメ「?この人は?」
翼留「何?知り合い?」
そっか。ユキメたちは転校してきたから知らないっけ。
アスカ「詩織先輩は美咲の前の生徒会長だよ!・・・私も何度怒られたことか・・。」
優月「アスカちゃんは廊下とか走っていっつも怒られてたもんねぇ。」
アスカ「あはは・・・。所で、そちらの先輩は?」
私は、さっきから気になってたことをきく。
なんていうか……すごく美人な先輩だ。黄緑色の長い髪に、青色の目の人だった。・・・でもなんか、ウズウズして私を見ているような・・。
詩織「もういいよ。琴乃。」
詩織先輩がそう言った途端、その人は一気に満面の笑みで距離を詰めてきた!!
?「あなたがべにつきとびとりさん!!?
詩織から聞いてたよ!!たくさんなんかやっ たんだよね!!どんな事やったの!?」
べ・・・べにつき・・とびとり?私そんな名前じゃないんだけど・・・?美咲たちも驚いたのかぽかーんとしてる。
詩織「琴乃、みんなびっくりしてるでしょ。
自己紹介して。あとべにつきとびとりじゃなくて紅月飛鳥ね。」
?「あ、そうだった!ごめんねアスカちゃん。私は満愛琴乃!今年高等部にきて、詩織ちゃんと一緒のクラスになったんだ!」
そ、そうなんですか。
アスカ「琴乃先輩、これからよろしくお願いします!」
琴乃「うん!よろしく〜!」
すると、椿がパンッと手を叩いて、
椿「そうだ!折原先輩と満愛先輩、一緒に祭り回りませんか?」
ユキメ「おっ、それいいね。」
すると、琴乃先輩は目をキラキラさせて、すぐに行く!と言った。
詩織「まぁ・・琴乃がそれでいいならそうするわ。」
琴乃「ホント!?ヤッタァ!」
詩織(琴乃だけなら、どこか心配だしね・・・。)
琴乃「よし、じゃあ行こっか!とびどりちゃん!」
アスカ(あれ?なんか私の呼び方戻ってない?)


終わりです!ちなみに新キャラは琴乃のことです。

36:ユユ:2018/10/13(土) 01:06 ID:ke.

満愛琴乃 (みあいことの)

高等部に入学した先輩。最近詩織先輩と仲良くなっている。かなり元気な性格で、普段の声も割と大きい。アスカをとびどりと呼ぶのは確信犯ではない(たぶん)。なんか奏に似てる。

37:ふーた:2018/10/13(土) 09:41 ID:st2

>>32>>33
え、そっそうかな…?
なんか嬉しい!ありがとう!(^^)
>>35
ついに新キャラ出てきた!
面白いキャラだね(笑)

38:いっちー:2018/10/19(金) 16:00 ID:5lk

お久しぶりです(๑>◡<๑)

39:いっちー:2018/10/19(金) 16:00 ID:5lk

ふーたって誰?

40:ふーた:2018/10/20(土) 06:56 ID:st2

>>39
ふたばたーだよ〜
名前変えたの。

41:いっちー:2018/10/25(木) 16:37 ID:5lk

あっそっか!なんかゴメンね!

42:ふーた:2018/10/26(金) 21:47 ID:st2

ううん!平気だよ〜

43:ふーた:2018/12/22(土) 00:25 ID:izU

超久しぶりに続き書きます!前は>>31です!
「私の恋は超大変!?」
ケイside 〜放課後〜
あの計画を立てて、もう何ヶ月もたった。
つまり、まだ実行していない。
どうして実行していないのかって?
それは_____
==================================
ケ「なあ、アスカ。今日、暇か?」
ア「ごめん、最近忙しくて、全然暇じゃないの。本当にごめんね!」
ケ「あ、いや、大丈夫だ。」
==================================
こんなことがずっと続いている。
そのため、計画を実行に移せていないのだ。
そして、今日も同じように断られた。
……はぁ……。
…あっ……。
…また「あいつ」が来た…。
美波「ねぇねぇ紅月く〜ん!今日、一緒に遊ぼ?遊園地とか!」
た、高峯……。
********************
高峯美波(たかねみなみ)
結構前に出て来た、アスカのライバルです!
久しぶりに出してみました(笑)
性格とかは………本編を読みながら理解していただけると嬉しいです 笑
********************
ケ「うっ……。今日は用事があるから、、、」
とっさに誤魔化そうとするが、高峯は、さっきの会話を覚えていたらしい。
美波「えぇ〜?さっきアスカさんのこと誘ってたのに?私がアスカさんの代わりをしてあげようとしたんだけどなぁ…?」
ぐうの音も出ないとはまさにこのことだな…
ケ「いや、その用事とアスカが関連してるから…それじゃあまた明日…。」
と言い、自然な感じに見えるように、教室から出て来た。
はぁ………。
アスカには断られ、さらに高峯の誘惑か…。
…最近ため息が多い気がする。
……この計画はいつ実行できるのだろうか……?
早くアスカを…アスカたちを、元に戻して、僕の知っている毎日を取り戻したい。
…この世界で楽しいことといえば、アスカとカップルになっているということだな…。
……それは、ほんの少しだけ、斎藤に感謝でもしておこう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〜家〜
ケ「ただいま…。」
翼「おう!おかえり、ケイくん。」
圭「おかえり、ケイ。」
あれ、父さんもいたのか。
そういえば、当分会社は休むって、言ってたっけ。
僕は自分達の部屋に入って、制服を着替えると、パパッと宿題や次の日の準備などを終わらせた。
…アスカがいたら、こんなに早く終わることはなかった。
いつもだったら、今の6倍ぐらいかかっていただろう。
…………はぁ……アスカのことが、必ず頭に入って来てしまう。
何を考えても、アスカと関連付けて、物事を考えてしまう。
…アスカは、大切ないとこであり、相棒。
…そして、僕の初めてできた好きな人でもある……。
今までは、あまり友達もいなかったし、ほとんど感情なんて考えずに生きて来た。
でも、アスカと住むようになって、僕は変わっていった。
アスカは僕と正反対の性格で、明るくて、ポジティブで、表情が豊か。
その性格のおかげなのかもしれない。
中学でも、友達ができず、ひとりぼっちだと考えていたのに、今ではたくさんの友達がいる。初めて、こんなに友達ができた。
嬉しかった。毎日が楽しかった。
アスカのおかげで、こんなふうに、僕も、少しずつ変わっていくことができた。
その気持ちが、だんだんと恋心になっていった。 僕の初恋だった。
…初めてこんな気持ちを知った。
いつもと変わらないことでも、全然違って見えるようになった。
アスカと目があったとき、離してはいけないと思ってはいたけれど、限界で、目をそらしてしまう。
そんなときアスカは、「なに?どうしたの?」と、僕を心配してくれる。それで、さらに僕は、ドキドキしてしまって、うまく舌が回らなくなってしまう。
恋も、色々と大変だ。
はあ…………アスカは、本当に斎藤のことが好きなのだろうか?
アスカなら、「…本当に、敵のことがまだ好きなの……?」というふうに、葛藤をしていると思う。
…それで、僕のことを好きになってくれたら、嬉しいな………。
…例の計画を実行するのは、もう、います手段じゃ無理だ。
他の策を考えなくてはいけないと思う。
3人で、また話し合いを開こう。

きります!
今回は、系の気持ちがよくわかりましたね〜
ケ「ぅ、うるさいっ……」
照れてる…珍しい…
ケ「うるさい」
あ、はい、ごめんなさい… 笑

44:ふーた:2018/12/23(日) 18:45 ID:izU

あ、誤字が多い…!
います手段→今の手段
系の気持ちが…→ケイの気持ちが…
です! すみません!

45:いっちー◆oNc:2018/12/31(月) 13:00 ID:TeA

ヤッホーお久しぶり!でもみんないないね、、、
このままだとスレ潰れちゃう、、、

46:ふーた:2019/01/03(木) 00:08 ID:V4E

>>45
いっちー!私もいるよ!
だから大丈夫!(多分…笑)

47:いっちー◆5a.:2019/01/04(金) 11:31 ID:1J.

どうしよう、、、

48:アオッチ:2019/01/19(土) 09:53 ID:Tgw

ア「わーん宿題わかんなーい!」
ケ「こんなの基礎だし...っていうかまだ3問しか解いてないじゃん」
ア「ねぇー、ちょっと休憩しない?」
ア「ババ抜きでもやろうよ」
ケ「ババ抜きって...そもそもトランプなんて...」
ア「あるよ、ここに」
ケ(準備良すぎだろ...)
ケ「トランプ常備してるとか絶対宿題やる気な...」
ア「あんまりうるさいとトランプ口にぶち込むよ?」
ケ「...」
ケ「分かったよ、その代わり僕がトランプに勝ったら毎日予習復習欠かさずやるって約束してくれ」
ア「ケイの鬼畜ぅ!」
ケ「宿題が分からないのは予習復習がなってないからだろ?そのせいで僕が苦労してるんだからな?」
ア「そっちがそう来るならこっちにも考えがある」
ア「私が勝ったら女装してよね、ケイ」
ケ(僕より鬼畜じゃないか、それは)
翼「おっ、トランプ出してなぁにやってんだー?」ガチャ
ケ(2人とも帰ってきたか)
ア「今からババ抜きやるところだよ」
ア「私が勝ったらケイが女装してくれるんだって」
翼「ほぉ」ニタニタ
圭一郎「それは面白そうだね」
ケ(なんでみんな期待してんの...)
翼「んじゃ、俺らも観戦するとしますかー」
ケ「悪いけど2人は出てってくれないかな」
ケ(絶対アスカの味方するだろ、コレ)
翼「ちぇー」
圭一郎(やっぱ読まれてたかぁ)
翼「じゃあ終わるまであっちで待ってるわ」
翼(カメラ仕掛けてあるから別にいいけど...)
ケ「じゃ、始めるか」
ケ(カメラ仕掛けてあったりなんてしないだろ、流石に)

49:ユユ:2019/01/19(土) 19:01 ID:E.g

久しぶりです!最近投稿してないけど近いうちにしようかなぁ・・・

50:一花◆w.ceUwOoWVKP2:2019/01/21(月) 18:08 ID:1J.

あ、ハンネ変えたけどいっちーです!ユユさんお久しぶりです!

51:ユユ:2019/01/21(月) 21:27 ID:8J2

>>50
いっちーさん久しぶり!一花さんって呼んだ方がいい?

52:一花◆w.ceUwOoWVKP2:2019/01/21(月) 21:44 ID:1J.

うん!

53:ふーた:2019/01/22(火) 09:15 ID:V4E

一花…可愛い名前だね!

54:一花◆w.ceUwOoWVKP2:2019/01/22(火) 09:50 ID:1J.

ありがと!

55:ふーた:2019/01/23(水) 14:29 ID:V4E

ケイの誕生日だ!
おめでと〜〜!!!🎉🎉

56:一花◆w.ceUwOoWVKP2:2019/01/23(水) 18:33 ID:1J.

そうなんだ!

57:ふーた:2019/01/25(金) 02:14 ID:V4E

>>56
怪盗レッドの4巻ぐらいにケイのいろいろが書いてある付録が付いてて、そこの誕生日見たら、23日だったの。
(ケイの誕生日はメモってます 笑)

58:一花◆..9.AIghQ2W.g:2019/01/26(土) 16:48 ID:1J.

>>57
へー

59:ふーた 前は43です:2019/05/02(木) 13:17 ID:MPY

めっちゃお久しぶりです!続きでーす!
多分めっちゃ省略したりするかもしれないです。でも、その分の説明は出来るだけ入れるつもりです!
(誰も見てないかもしれないけど…笑)
「私の恋は超大変!?」
ケイside ケイの部屋 (日曜日)
3人で色々話し合った結果、この家に何とかしてアスカを遊びに来させる作戦に変更した。
…っていうか、このベッドも、机も、あったらおかしいよな…。
アスカの中では、僕たちはいとこではない。
だから、ここには住んでいないことになる。
……これが記憶を思い出すタネになるといいが……。

〜次の日〜学校
ア「あっケイ、おはよっ!」
ケ「おはよう…。」
昇降口でアスカに挨拶され、僕も挨拶を返す。
いつも通り。……………ではないか。
僕とアスカは、教室まで一緒に歩くことにした。
ア「ねえねえ、ケイ。今日って暇?」
え??
ケ「そうだけど。」
そっけなく返す。
まさか、とは思うが…。

ア「今日、ケイの家に遊びに行ってもいいかな?」

アスカは少し頬を赤らめて言う。
予感が的中した。
キタコレ!!!
ケ「あ、ああ。」
喜んでいるのを出来るだけ隠して、返事をする。
ア「やった!!」
アスカは嬉しそうに小さくガッツポーズをした。
……これは…大チャンスだぞ……!!

〜放課後〜
「さよーならー」
帰りのホームルームが終わって、生徒たちが続々教室から出て行く。
アスカが家に来るのは、3時半ぐらい。
僕はアスカと別々に帰った。
ケ「た、ただいま…ハァハァ……。」
走って帰ってきたから、かなり疲れた。
翼「お、ケイくん。おかえり。そんなに慌てて、なにかあったのか?」
ケ「それが…ハァハァ…アスカが……今日……ハァハァ……来ることに…なりました……。」
翼「ふーん、そうか……。……えええええ!?!?」
おじさんの反応、アスカに似てるな……。
翼「圭一郎、チャンスだ!大チャンスだぞーーー!!」
この声で、父さんが部屋から出てきた。
圭「ほう、そうか。…どうやってその流れにしたんだ?」
え?それ今重要か?
ケ「朝、昇降口で、アスカの方から、誘ってきた。」
一応答えておく。
圭「ほう……。あちらの方にも、何か魂胆がありそうだな……。」
ん?父さん、なんて言ったんだ?
腕を組んで何かを考えているようだけど…。
まあ、今はアスカの方が重要だ。
一応部屋は片付けておこう。

ア「お邪魔しまーす。」
3時半ぴったりに、アスカは家のチャイムを鳴らした。
ケ「…こっち。」
ア「あっうん。」
翼「あとでお菓子と飲み物持って行くからな〜」
おじさんは、アスカに対する態度を色々変えている。
まあ、そっちの方が怪しまれなくて済むからな。
ガチャ
ア「ケイの部屋、初めてきたかも。」
なるほど、そういう設定か。
ケ「ここ、座って。」
僕は折りたたみ式の机のところに座らせた。
ア「うん。……ねえ、その机、誰の?」
ギクッ…
ケ「ああ、それは、独立したいとこのやつ。」
事前に決めておいたことを話す。
ア「ふ〜ん。…なんか女の子って感じのやつだね。」
ケ「まあ、女の子だったから。」
ア「へ〜、女の子だったんだ〜」
アスカはニヤニヤしながら言う。
ケ「部屋がなかったんだから、同じ部屋にするしかなかったんだよ。」
僕は少々ヤケクソ気味にいう。
ア「ふふっ…ねえねえ、このベッドの上も、その子の?」
アスカは二段ベッドの上を指差す。
ケ「ああ。」
内心、いちいちめんどくさいな。と思いつつ、アスカの質問に答える。
コンコン ガチャ
翼「お菓子と飲み物持ってきたぞ〜。」
ア「ありがとうございます!………ぇ⁇」
今一瞬、アスカの顔が驚いたような顔になった気がする。
翼「そ、それじゃあ。」
ガチャ バタン
ケ「どうしたんだ?」
僕は聞いてみる。
ア「え?な、何が?」
アスカは出来るだけ冷静に、と考えているのか、表情が、笑顔だけど、少し引きつっている。
ケ「おじさんがきた時、驚いてただろ。」
ア「そそっそんなことないよ。」

60:ふーた 続きです!:2019/05/02(木) 14:09 ID:MPY

(補足:ケイは自分の机の椅子に座って、アスカの方を振り向いて、ひじをついています。)
アスカはなぜか、隠している。
これは怪しい。
………よし、と、覚悟を決めた。
ケ「…恋人同士なんだから、気になったこととか、悩んでることとか、なんでも言って。…もしかして、信用してない?…付き合ってるんじゃなかった?」
僕はアスカから目をそらして、少しキザなセリフを言った。
多分顔が赤くなってると思う。
(恥ずかしいから、声は小さめにして、父さんたちに聞こえないようにした)
ア「っ!!??」
アスカは顔を真っ赤にして、こちらを見て目を見開いている。
まあ、僕は絶対こういうことは言わないから、驚くのには無理もない。
実際、こんな言葉を言った自分自身にも、内心驚いている。
ア「えっと…あ、あのね……。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私のお父さんはね、何年か前に、交通事故で死んじゃったの。
…でもね。
本当は、交通事故なんかじゃない。
とある悪の組織に絡まれて、殺されてしまった。
そうやって、少し前に、お母さんから聞いたんだ。
私はなんとかして調べて、つい最近、その組織の名前を知ったの。
…そしたらね………。

『タキオン』と『ラドロ』

この2つの組織の名前が出てきた。
絶対にどちらかの組織がお父さんを殺したんだって、確信した。
それからずっとお父さんのことを考えててね。
気がつくと、お父さんの顔が頭に浮かぶの。
…さっき、ケイのいとこさんのお父さんの顔を見た時、なぜか私のお父さんと顔がほとんど一致したの。
びっくりしちゃった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なるほど。そういう設定だったのか。
にしても、アスカの口から、タキオンとラドロの名が出てくるとは……。
ケ「なるほど、そういうことだったのか。」
納得したようにいう。
ア「うん…。…なんでだろうね。」
あはは、と笑っているアスカ。
苦しんでいたんだな、と思った。
……あ。
…もしかしたら、あのとき言ったことを、もう一度言ったら……!!!
ケ「アスカ。僕があの時言った事、覚えてる?」
ア「え?あのとき?…あっ怪盗なんたらとかの話をしてた時の?」
よかった、覚えてた。
ケ「ああ。…もしも、おじさんが本当にアスカの父親だったら?」
ア「え??」
ケ「そしたら、僕たちがいとこ同士っていうのも、つじつまが合う。……だろ?」
僕は畳み掛けるように言った。
ア「そ、それだったら、そうかもしれないけど……。」
アスカの顔に、戸惑いの色が見える。
ケ「もしそうだったら、アスカはどうする?」
ア「え?ど、どうするって……。」
アスカはそこで少し考えて、顔を赤くして言った。
ア「……た……たとえそうだったとしても…ケイとは、付き合って…いたい……(//~//)」
ケ「え」
顔が熱くなった。
今の僕の表情に擬音語をつけるとしたら、「ぽか〜ん」が正しいだろう。
って、そういうことを聞いているんじゃないんだが…。
…なぜか、嬉しいと思ってしまう。

アスカside
恥ずかしい。
なんでこんなことを言ったんだろう。
ケイの方をちらりと見ると、開いた口が塞がってなくて、顔が真っ赤。
いつものケイだったら、絶対にしない表情だった。
ア・ケ「「…………。」」
沈黙が続く。
ア「…そっそうだ!ここっこれからうちに遊びに来ない?」
なんとか沈黙を破った。
ケ「えっ…?あ、ああ…。」
ケイは少し戸惑ってたけど、返事はしてくれた。
私たちは立って、部屋のドアを開けると、一旦リビングの方に行った。
ケ「ちょっと、出掛けてくる。」
そう言ったケイの目が真剣な表情になってるように見えた。
一方、ケイのお父さんたちは……。
…!?
翼「おう、行ってらっしゃい。」
圭「気をつけてね。」
…2人とも、ニヤニヤしてるんだけど……。
あっ!!
まっまさか…あの会話…聞こえてた……??
私とケイは、また、顔が赤くなった。

ーあとがき(?)ー
いや〜2人とも熱々ですね〜(ニヤニヤ)
実は、ケイとアスカの“あの”セリフ、ニヤニヤしながらかいてました笑

61:明日香◆4dZTKQI:2019/05/11(土) 12:23 ID:jY6


  ふーた、久しぶり!
  いっちーだよ!ハンネ変えすぎよね 笑
  
  ちなみに空白も開けました 笑

62:匿名さん:2019/05/16(木) 05:56 ID:SdY

初めまして……ここってまだやっているのですか?

63:ふーた:2019/05/19(日) 01:54 ID:MPY

>>61
いっちー!久しぶり!
明日香って呼べばいいかな?
>>62
初めまして!ふーたです。
多分まだやってると思います。
(すっごい人数少ないと思うけど…)

64:  一華  ◆tw:2019/05/19(日) 08:00 ID:jY6


  ごめん!言った直後にハンネ変えた!

65:つー:2019/05/20(月) 19:50 ID:SdY

よかった〜やってましたか。
みなさん小説書くのうまいですね!


新着レス 全部 <前 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新シェアする?RSS