とあるクリスマス(カノキド)

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧キーワード▼下へ
1:絢:2018/10/15(月) 00:07 ID:Ynw

カノキドの小説書いてみます。
コメントお願いします!
展開が早くて内容が迷子になると思いますがすみません。

2:絢:2018/10/15(月) 00:08 ID:Ynw

*これは、あるクリスマスのお話*

12月23日の夜 カノside

僕___鹿野修哉は、商店街に来ている。
何故なら...そう!プレゼントを買うため!
もちろん、キドの為に...ね?
商店街は、クリスマス前日だからか、
とても賑わっていた。
周りを見てみると、カップルばかりだ。
僕もキドとデートしてみたいなぁ。
そう思いながら歩いて行くと、
アクセサリーや雑貨が置いてある店を
見つけた。
キド、かわいいもの好きだもんな。
僕はここでプレゼントを買うことにした。
アクセサリーが売ってあるところの前で
悩んでいると、店員さんに
「彼女さんにプレゼントするんですか?」
と聞かれた時は、びっくりした。
三十分くらい考え、ようやく買ったのは
赤い宝石がついた指輪。
___そう、婚約指輪。
明日こそ絶対に告白する。
そう決めて、僕は店を出た。
上機嫌で商店街を歩いていると、
ジュエリーショップのショーウィンドウを
見つめて話している男女が目に入った。
って、あれ___
キドと...シンタロー君!?
その瞬間、僕の心臓がキュウっと痛んだ。
何で...?
何でキドとシンタロー君が一緒にいるの?
何でキドはあんなに嬉しそうな顔してるの?
何でキドは頬を赤らめてるのっ...
僕は泣き出しそうになり、走り出した。
「何でっ何でっ」
走りながら僕は我慢が出来なくなり、
泣き出してしまった。
落ち着いてアジトに帰ると、
僕は欺いて笑顔を貼り付け、
どうにかやり過ごした。
ベッドの中で僕は、
「キド...なんでよ...」
と、一人泣いていた。

3:ひよこ◆nk:2018/10/15(月) 20:41 ID:WbM

とてもいいおはなしだと思います!
読んでるとカノの気持ちが分かるというか、見ていると私がその立場にいるような感じでした。悪いところはありません!
楽しく読めました☺

4:ひよこ◆nk:2018/10/15(月) 20:42 ID:WbM

この続きが読みたいと思いました😆

5:絢:2018/10/15(月) 22:23 ID:Ynw

ひよこさん!?
前にお会いしたことありますよね...?
人違いだったらごめんなさい!
もしかして、「アップル」と
同一人物のひよこさんですか?

6:絢:2018/10/15(月) 22:29 ID:Ynw

コメントありがとうございます!
まだまだ続きますので、
よろしくお願いします!

7:絢:2018/10/15(月) 22:53 ID:Ynw

キドSide

俺___木戸つぼみは、商店街に来ている。
今年こそ、自分の想いを伝えたい。
もちろん...カノにな。
それで、プレゼントを買おうと思ったのだが...
何を買えば良いのかが全くもって
分からない。
そこで、暇そうだったシンタローを
連れて来たのだ。
セトでも良かった...と言うか、
セトの方が良かったのだが、
マリーとちょうど出かけていて
居なかった。(なんでもイルミネーションを
見に行くのだとか。)

シンタローと商店街を歩いていると、
チョコレートなどが売ってあるお店が
目に入った。
「チョコレートでも良いんじゃないか?
プロポーズするわけでも無いんだし。」
と、シンタローが言った。
「お、良いな。」
そう言って俺は、チョコレートを選び始めた。
ようやく買って店を出る。
すると、反対側にジュエリーショップがあった。
俺は思わずお店の方へと歩いて行った。
「綺麗だな...。」
...本音が口に出てしまった。
「いつかカノから貰えるんじゃないか?」
「.....///」
本当にそうだといいんだがな。
もし明日、告白して振られてしまったら、
俺は正直立ち直れないだろう。
「も...もう帰るぞ。」
「キド、お前何か妄想してなかったか?
顔赤くなってるぞ?」
「なっ...」
...バレてたか。
カノの笑顔を思い浮かべると、ついついほおが緩んでしまう。それに、顔が熱い。
ああ。俺、本当にあいつのことが好きなんだな。
そう思いながら、俺とシンタローは
寒い夜道を歩いていた。

8:彩乃:2018/10/17(水) 22:37 ID:Ynw

キドside

12月24日

カノが___変だ。
いつもなら、朝起きたら1番に俺に
駆け寄って来て抱きついて
吹っ飛ばされるのに、
今日は何もしてこない...と言うより、
俺のことを避けている、といった感じだろうか。
それに、珍しく欺いていない。
なんか、こう...ムスっとしている。
俺、何かしたか?
今日は...今日こそは伝えるって決めたのに...。
昼食を食べ終わり、
今、あいつは自分の部屋にいる。
...行ってみよう。

コンコン

「...何?」
「あ、えっと...俺だ。」
明らかに機嫌の悪い声に、俺は一瞬戸惑う。
すると、ガチャッと扉が開き、
「何の用?」
と、やはり機嫌の悪いカノが顔を出した。
「あ、えっと...ちょっと、聞きたいことが
あって...な...」
上手く喋れてねえじゃねえか。
心の中で自分に呆れていると、
「...僕も聞きたいことがある。」
と、部屋の中へと引きずり込まれた。
やっぱり、カノって几帳面だなあと、
整頓された部屋を見回しながら
のんきに考えていると、
ポスンとベッドに座らされた。
「で...聞きたいことって?」
と、ジト目で言われる。
「ええと...あの....」
俺は口ごもった。
何故なら、カノがいつになく真剣な表情を
していたから。
欺いてもいない。
「........」
カノは黙って、俺を見つめている。
ようやく、俺は口を開いた。
「俺...何かしたか?」
「............」
カノはまだ黙っている。
しばらくの沈黙。
なんだこの気まずい空間は。
「...キドは、」
やっとカノが口を開いた。
「キドはシンタロー君と付き合ってるの?」
弱々しい声だった。
「.....え?」
俺は聞き返した。
俺が付き合ってる?
それもあのヒキニートと?(すまんシンタロー。)
「いやいやいや、ないない。」
「本当に?」
カノが疑わしげに聞いてきた。
「逆に聞くが、どうしてそんな事思ったんだ?」
「...だって...」
カノが口ごもった。
「昨日の夜、シンタロー君とデートしてたでしょ?」
「.....は?」
俺の頭の中はクエスチョンマークで
埋め尽くされている。
昨日の夜...?
「あ、なんだあのことか。」
でも、ここで言ってしまったら
勿体無いな。
「あれはな、クリスマスのプレゼントを
買いに行ってたんだよ。団員のな。」
「って言うことは、僕にもくれるの?」
「ああ。」
そう言うと、カノは心底ホッとした顔をして、「良かった。」と呟いた。
そんなに嬉しいか?カノも子供だな。
「そういえば、カノはカノで
商店街に何しに行ってたんだ?
「え!?あ...えっとね...」
急に慌て出す。
「だああああもういい!!
キド!分かったから!出てって!!」
「うえええ!?」
...なんか追い出された。
「あ、それと、今日の夜僕の部屋来て!
10時くらい!」
「え、あ...分かった。」
一体何が起きたんだ。
でもまあ、なんかスッキリしたような...?
まあ、いいか。また夜会えるしな。
...その時にプレゼント渡そう。
そんな事を思っていると、
リビングから
「うわああああっ」
ガッシャーン
と言うキサラギの叫び声と
ガラスの割れる音が聞こえてきた。
ああ、マリーのやつ、またやりやがったな。
俺はため息をつくと、
リビングに向かって歩き出した。

9:彩乃:2018/10/18(木) 22:13 ID:Ynw

カノSide

キドを追い出して、
僕は深いため息をついた。
「危なかった...サプライズがバレたら
全て台無しになるところだった...」
こういう時だけ鈍感だからね、キドは。
さて、これからが本番だ。
キドがシンタロー君と付き合っていないことが分かったし。
「ん?待てよ...?」
もしかしたら、シンタロー君じゃなくても、
コノハやヒビヤ君、セトともあるかもしれない。
もしくは、僕の知らない男ともあり得る。
あああああダメダメ。
前向きにならなきゃ。
しかも冷静に考えてみると...

コノハ−エネ
ヒビヤ−ヒヨリ
セト−マリー

あ、そっか。^o^
皆リア充じゃねえかっ!
そんな事を考えていると、リビングから
「お〜いパーティー始めるぞ〜」
と言うキドの声と、
『わーいっ』
と、団員たちの声。
さて、そろそろ僕も行かないと。
キドに殴られたくないから(笑)
僕は、楽しげな声のするリビングへと
歩いて行った。

10:彩乃:2018/10/19(金) 21:59 ID:Ynw

キドSide

「メリークリスマス!!」
という団員たちの声がアジトに響く。
マ「わあぁぁすごい!
アジトがキラキラしてる!」
モ「おしるコーラありますよ〜」
シ「やめろ。っていうか、お前食べ過ぎじゃないか?太るぞ。」
モ「お兄ちゃんひどっ」
エ「妹さんの言う通りです!
ほんっとご主人にはデリカシーというものが...」
セ「まあまあ、たまにはいいじゃないっすか。」
コ「ねぎま...美味しい」
カ「ほらほらカノ子だよ〜」
ヒ「おじさんキモい」
カ「えぇ...」

___楽しそうにやってるな。
さて、そろそろ配るか。
「おーい、全員集合してくれ。」
「なになに?」
わらわらと団員たちが集まってくる。
そして俺は、たくさんの箱を出す。
「クリスマスプレゼントだ。」
『おぉーーーっ!!』
歓声が上がる。
喜んでもらえたか。良かった。
今夜は最高のクリスマスだ。

11:カエル&◆Jw:2018/10/19(金) 23:45 ID:.Fw

ええ話じゃ…とか思いながら読んでたら、うっかりおしるコーラ飲んじまったよ。
オロロロロ…

12:彩乃:2018/10/20(土) 00:40 ID:Ynw

読んで頂いてありがとうございます!
それにしても...
おしるコーラってどんな味するんですかね?

13:彩乃:2018/10/20(土) 00:41 ID:Ynw

さてさて、まだ続きます。
駄作ですが、
どうぞ最後までお付き合いください。

14:絢:2018/10/20(土) 01:02 ID:Ynw

すみません、12、13の彩乃は
私です。間違えました。


キドSide

とうとうこの時間がやって来てしまった...
今俺は、カノの部屋の前で
右往左往している。
扉をノックする勇気が出ない。
もうかれこれ20分は経った。
「...よし。」
俺は小さく呟くと、
震える手で〔コンコン〕とノックをした。
「いいよ」
と、カノの声。
俺は恐る恐る部屋に入った。
カノの隣に座ると、カノが
「いや〜今日は楽しかったね」
と、笑顔で言ってきた。
こいつ欺いてやがる。
声が裏返ってるぞ。
「ああ、そうだな。」
...................
しばらくの沈黙。
ああ、そろそろ渡さなきゃ。
思い切って声を出そうとすると、
「....キド。」
と、先に呼ばれてしまった。
「なんだ?」
そう返すと、不意に腕を掴まれた。
驚いてカノを見ると、すごく真剣な表情を
していた。
その途端、唇に何かが触れた。
一瞬、俺の思考回路が停止する。
俺...キスされてる...
驚いて突き飛ばすと、カノは酷く傷付いた顔をした。
「ごめんね、キド。
もうしないから。
嫌だったよね、ごめんね。」
「そ...そんなことない!」
気付いたら俺は叫んでいた。
カノは驚いた表情をしている。
「あの...嫌じゃ、ないけど...
恥ずかしくって...」
するとカノはフッと微笑み、
「良かった。」と呟いた。
「なら....」
と、カノはポケットから小さな箱を
取り出した。
すると、箱を開け、こう言った。
「キド。僕は昔からつぼみのことが
好きだった。もしよかったら...
僕と、付き合ってくれる?」
箱の中身は...指輪。恐らく婚約指輪だろう。
俺はその意味を理解するのに時間がかかった。
そしてようやく気付くと、
顔に熱が集まるのを感じた。
でも...嬉しかった。
そうして、俺は微笑み、
同じくポケットから箱を取り出した。
「実は俺からもプレゼントがあるんだ。」

15:カエル&◆Jw:2018/10/20(土) 14:01 ID:.Fw

カノオオオオ!!!!
木戸ちゃんは超絶かわいいから幸せにしなきゃダメだぞ!

16:絢:2018/10/20(土) 17:59 ID:Ynw

コメントありがとうございます!

17:絢:2018/10/20(土) 18:00 ID:Ynw

カノなら出来ると思いますよ。
カノキド最高!!

18:絢:2018/10/20(土) 18:09 ID:Ynw

カノSide

え?キドからプレゼント?
さっきもらったような...
キドがくれた箱の中身は...
綺麗に並べられた、高そうなチョコレートだった。
「指輪ほど高くないけどな。
今日はただ...好きって言おうとしてただけだから、軽いものにしたんだが...
間違ったな。」
そう言ってキドは、照れ臭そうに笑って
視線をそらせた。
...なんだこの可愛い生き物。
危うく理性が吹っ飛びそうになる。
「...ということは、さっきの返事は...」
「もちろん、『Yes』だな。」
「嬉しいけど...何で英語なの?」
「う、うるさい!
そこ突っ込むな!!」
ふふっ可愛い。
でも...やっと実ったんだ。
僕の、小さい頃からずっと変わらなかった
気持ち。
この『恋』が。

19:絢:2018/10/20(土) 18:20 ID:Ynw

*おまけ*

次の日...

メカクシ団の団員たちは、
朝起きてキドとカノを見るなり、
「カップル誕生おめでとう〜!」
と、一斉に叫んだ。
「な...なんでそのことを...」
キドはうろたえている。
しかし、カノはというと...
「なんで皆が知ってるか分かんないけど
ありがとう〜!
もうキドは僕の物だからね!
触っちゃダメだよ!!」
と、ニコニコしながら言った。
「いや〜すみませんね、
デリカシーの欠片もないご主人が、
パーティー終わってお二人がいなくなってから暴露したんですよ〜」
と、エネが説明。
「シンタローっ!!!」
「ごめんなさいいいいっ」
必死に逃げるシンタローと、
いろんな意味で
真っ赤になって追いかけるキド。
キドとカノにとって、
このクリスマスは思い出深いものとなった。

−End−

20:絢:2018/10/20(土) 18:29 ID:Ynw

無事に終わりました。
読んで下さった皆様、ありがとうございました。
コメント、またはリクエストがあれば、
どんどん書き込んで下さい!
出来る限りリクエストに
応えていこうと思います!

途中でコメントして下さった
ひよこさん、カエル&♦︎Jwさん、
ありがとうございます!


新着レス 全部 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS