アンテの二次創作のflowerfellがないって?作ればいいじゃん

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧キーワード▼下へ
1:みるくるみ◆y2:2018/10/19(金) 07:40 ID:smA

荒らしは呼んでません
誤字脱字は教えてください
入れるのはアンテとAU知ってる人です
ためOKです
このスレに対しての雑談、感想はどんどん書き込んで行ってください
不定期投稿です

2:カエル&◆Jw:2018/10/19(金) 23:24 ID:.Fw

フラワーフェルっていうのは、たしかフリスクが死ぬたび体に花が咲いていくっていうやつですよね?

3:カエル&◆Jw:2018/10/19(金) 23:25 ID:.Fw

動画作っている人もいるみたいですね。
ユーチューブにあった。

4:カエル&◆Jw:2018/10/19(金) 23:27 ID:.Fw

なんか画像で見た感じフリスクが最後花になって消えちゃってたような気が…

5:カエル&◆Jw:2018/10/19(金) 23:28 ID:.Fw

わからんことだらけなんで、知ってることあれば教えてほしいッスね

6:みるくるみ◆ro:2018/10/20(土) 07:06 ID:smA

>>2-5
あってます!そろそろFriskを地底世界に落とそうかと...
でも、曲に出てくるFriskはメアリーって呼ばれてるんですよね

7:カエル&◆Jw:2018/10/20(土) 13:57 ID:.Fw

なんと!あの子はメアリーというのか!

8:カエル&◆Jw:2018/10/20(土) 13:58 ID:.Fw

https://i.imgur.com/ptmxDTu.jpg

9:みるくるみ◆ro:2018/10/20(土) 20:11 ID:smA

>>7曲ではですけどネ
>>8うおー!フェルズだ!フリだ!上手い...上手すぎる!

10:カエル&◆Jw:2018/10/20(土) 21:09 ID:.Fw

じゃあ、フェルズとかフリスクって呼び方でいいのかな?

11:カエル&◆Jw:2018/10/20(土) 21:11 ID:.Fw

≪9ありがとう!

12:みるくるみ◆ro:2018/10/20(土) 21:15 ID:smA

プロローグ
遠い昔、地球は人間と魔物の二つの種族が治めていました。
ある時、二つの種族の間で戦争が起きました。
長い戦いの末、戦争はニンゲンが勝利し魔法の力でモンスターを地下に封印しました。
この話は、その後数十年が経った日のこと...
XXXX年、エボット山
その山は、登ったものは二度と戻って来れないと噂されていました。
しかし、その人間は、その山を登りました。
止めるものは一人もいません。なぜかというと、人間はすでに絶滅しているからです。
その人間は、最後の生き残り。「一人で生きていては、意味がない」そう思い、山を登り始めたのです。

13:みるくるみ◆ro:2018/10/20(土) 21:16 ID:smA

突然ですが、プロローグを書かせていただきました!

14:カエル&◆Jw:2018/10/21(日) 17:20 ID:.Fw

よさげ(`・ω・´)
他のキャラはフェルからもってくる感じかな?

15:みるくるみ◆ro:2018/10/21(日) 19:25 ID:smA

そういう感じですねフェルズとフリだけ設定変えます

16:みるくるみ◆ro:2018/10/21(日) 20:57 ID:smA

             〜続き〜
登った頂上には、大きな穴がありました。人間はその穴に飛び込みました。
その先にある、自分の結末を知らずに。

   〜人間について〜

 名前♢frisk
 性別♢女
 年齢♢ご想像にお任せします
見た目♢本家フリと同じ
     <これはあくまでスレ主の想像(妄想)です>
 性格♢他に人間がいないため、寂しがりやなのだが、対人恐怖症なので人に話しかけるのが
    怖い。甘いものが好き。最初は魔物のことを怖がるが、sansやpapyrusと会い、
    考えを改めていく。しかし、怖いものは怖い。

               〜物語 地底に落ちてから〜

frisk 「いてて...ここは?確か、自殺しようと思って穴から落ちたはず...これ、花?これがクッションに
   なって生きてるんだ...あはは...結局、市ねないじゃん。どうして私は悪運しか引かないんだろ?
   とりあえず、そこにある道を進んでみよう。どうせいつか...市ねるんだし...早いか遅いかの違い
   だ...」
friskは立ち上がり、前へ進む。一歩一歩、生きていることを確かめながら。しばらくすると、門が出てくる。frisk
は、それをくぐる。少しずつ歩くと、光に当たっている何かがいた。friskは、それに話かけようとする。しかし、
彼女の対人恐怖症が、それをさせまいとする。しかし、その何かが話しかけた。
??? 「お、おいそれ以上僕に近ずくな!ち、近ずいたらころすからな!」
その何かは、彼女が近ずくにつれ警戒する。しかしそれが人間と分かると、態度を急に変える。
??? 「ごめんね!君は人間だったね...僕はfloweyだよ...見ての通り、お花のfloweyさ...ね、ねぇ一つお願いして
     もいい?ど、どうか、どうか僕を殺さないで...お願い...」

17:みるくるみ◆ro:2018/10/21(日) 20:59 ID:smA

____
タヒねはNGなので、漢字が違います。お許しを

18:カエル&◆Jw:2018/10/21(日) 21:03 ID:.Fw

>>17ええよ!
>>16もちろんだよ!こっちのフラウィーはわりとかわいいからね!(Sの心)

19:flowey◆ro:2018/10/22(月) 06:15 ID:smA

fellの天使こと、floweyだよ!よろしくね!

20:みるくるみ◆ro:2018/10/22(月) 06:15 ID:smA

>>19 ふざけました

21:みるくるみ◆ro:2018/10/22(月) 19:02 ID:smA

                  〜続き〜
frisk「こ、ころすわけないでしょ、お願いされてもころさないよ!」
flowey「!...僕を生かしておくの?...」
frisk「う、うん」
flowey「ありがとう...と、ところで、君の名前は?」
frisk「私の...名前?...思い出せないよ...何年一人で生きたと思ってるの...?」
flowey「そっか...」
floweyは、困ったように下を向く。自分でも、名前を覚えていないなんて。人間に、何かあったのか?
その質問をしようとして、floweyが顔をあげると、floweyが思ってもいなかった光景が見えた。friskが
泣いているのである。泣かせてしまったのだろうか?floweyは、どうすればいいかわからなくなり、し
ばらく無言が続く。だが、friskが喋ったことにより、その沈黙が終わりを迎える。
frisk「frisk...(グスッ)」
flowey「え?」
frisk「私の...私の名前...frisk...」
flowey「思い...出したんだ...」
frisk「うん...」
floweyとfriskの見えない壁が、壊されたように感じた。floweyはfriskを警戒しなくなり、friskはfloweyも
floweyのことを警戒しなくなる

22:みるくるみ◆ro:2018/10/22(月) 19:28 ID:smA

お〜い

23:スノート◆wg hoge:2018/10/22(月) 19:32 ID:5cA

乱入失礼しますね

24:スノート◆wg hoge:2018/10/22(月) 19:34 ID:5cA

私もまだまだ未熟者で、少し上から目線になってしまいますが、アドバイスをお送りしたいかと思います。

・台詞の前の人物の名前は要らない
・「、」を消して繋げれる文が多々ある

後ももう少しありますが、ここら辺にしたいかと。私もこのような小説スレで書いている訳ではありませんので、至らぬ所も御座いますが。これからの素敵な小説、お待ちしております

25:みるくるみ◆ro:2018/10/22(月) 19:53 ID:smA

>>21 下から2番目の文のfloweyもはいりません間違えました。

26:桜餅◆6.:2018/10/22(月) 20:00 ID:5cA

来たけども

27:桜餅◆6.:2018/10/22(月) 20:00 ID:5cA

遅れてすまぬ

28:みるくるみ◆ro:2018/10/22(月) 20:01 ID:smA

>>23 と桜、同一でそ?

29:桜餅◆6.:2018/10/22(月) 20:23 ID:5cA

さぁね、少なくともわたしはさくらもちだq

30:桜餅◆6.:2018/10/22(月) 20:23 ID:5cA

へええんかあああん

31:みるくるみ◆ro:2018/10/23(火) 07:12 ID:smA

交流番のあれは何???

32:桜餅◆6. hoge:2018/10/23(火) 20:13 ID:BMY

さぁ

33:みるくるみ◆ro:2018/10/24(水) 07:28 ID:smA

おそ(笑)

34:カエル&◆Jw:2018/10/27(土) 01:47 ID:.Fw

うおっ、なんか人増えとる!

35:カエル&◆Jw:2018/10/27(土) 01:47 ID:.Fw

よろしく(^^)/

36:みるくるみ◆UI:2018/10/27(土) 14:35 ID:smA

暇...書き込も...

37:みるくるみ◆72:2018/10/27(土) 22:04 ID:smA

           〜続き〜
floweyが先に喋り出したことにより、自然となっていた無言が終わる。
「ね、ねぇfrisk?ここ、ルインズって言うんだ...僕が案内してあげるよ!だから...今後一緒に行動しても良い?」
friskは少し考えてから答える。
「良いよ、flowey。私も誰かと一緒に行動したかったからさ」
「...!... 良いの ...?」
floweyは意外そうにfriskを見つめる。friskはfloweyにそっと手を差し伸べる。
floweyはその手を取り、friskの肩に捕まる。
「じゃ、案内するね...僕の言うとうりに進んでね...」

38:みるくるみ◆ro:2018/10/27(土) 22:06 ID:smA

短いですが続きです!flowey...どうやって肩に捕まってるんだ!?

39:カエル&◆Jw:2018/10/30(火) 21:03 ID:.Fw

わしもフラウィーのっけたい…

40:みるくるみ◆12:2018/11/04(日) 08:26 ID:a6M

         〜続き〜
friskは立ち上がり、近くの門をくぐる。門をくぐった後にはパズルと言えるものがある。
「それがパズルだよ、frisk。僕の指示通り進んでね?」
「...わかった。」
「じゃ、行くよ?まず、手前の2つのボタンを左、右っていう順番で押してね...。
 OK!じゃ、1個飛ばして奥の2個を右、左の順番で押して...そうそう!これでパズルが解けた!次に進もう!」
「意外と...かんたんだね...。」
パズルを解いた2人は、次へと進む。次部屋にはボタンがある。
「そこのボタンあるでしょ?ちょっと押してくれる?」
「わかった。これ、パズルなの?見た所パズルには見えないけど...。」
「ま、まあ...これはパズルじゃないよ...でも解かなきゃ進めないんだ...ボタン、押してくれる?」
「あ、ごめん...」
friskはボタンを押すと、近くで物音がする。floweyはfriskに指示を出し、次のボタンを押させる。
「これで...最後だね。さ、frisk。このボタン押してくれる?」
friskは最後のボタンを押す。すぐそこで音がし、針山が落ちる。
「近くでしてた物音ってこれが降りる音だったのね...」
friskはflowyと先に行くが、小さな疑問を抱いていた。その疑問は...。
「ねぇ、flowey。さっきから思ってたけど...なんでパズルの答え知ってるのにここから出ないの?」
「ぐっ...それ、聞いちゃう?」
friskは0.1秒の間も開けずに即答する。
「聞いちゃう。」
「そ、そう。そんなに聞きたいのか...じゃ、教えるけど...本当に聞きたい?」
「しつこい。早く言ってよ。」
「なんか冷たくない?まぁ...いいや。進みながら話すからさ...そこの部屋入ってくれる?」
friskは部屋に入ると、キャンディーの山から4つキャンディーをとると、床に座り込む。
【続きです。不定期更新なので長かったり短かったり...次回も頑張って書きますね】

41:みるくるみ◆12:2018/11/10(土) 20:29 ID:a6M

      〜続き〜
「ねぇ?なんで4つもキャンディーとったの?」
「え?」
突然の問いかけにfriskは驚くが、少し間をあけて答える
「これから会う人に...仲良くなったらあげようかな...ってさ」
「...優しいねfriskは...その優しさを忘れないで...」
「...うん」
少し休憩した後、立ち上がり次の部屋へ進む
【ルインズは長いのでスノーディンまで飛ばします...すみません】
「...toriel...ごめんなさい」
「いいんだ...殺.してないんだし...君も、よく殺さなかったね」
「できるものなら、私は誰も殺.したくないんだ」
「そっか...じゃ、今後も気をつけようね...くれぐれも殺気を出さないように」
「もちろん」

42:カエル&◆Jw:2018/11/16(金) 22:28 ID:1e2

やさしみ…


新着レス 全部 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS