みんなでコメント繋げてお話作ろう

葉っぱ天国 > 匿名 > スレ一覧 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 801- 901-キーワード▼下へ
1:匿名:2018/06/11(月) 22:13

繋げてってなんかお話作って!

801:匿名:2018/09/29(土) 13:15

泣いた

802:匿名:2018/09/29(土) 13:16

笑った

803:匿名:2018/09/29(土) 13:16

叫んだ

804:匿名:2018/09/29(土) 13:18

いやあ

805:匿名:2018/09/29(土) 13:18

ぷぎゃあ

806:匿名:2018/09/29(土) 13:18

ぴぎゃあ

807:匿名:2018/09/29(土) 13:19

良治は大輔を丸吞みした

808:匿名:2018/09/29(土) 13:19

怖い

809:匿名:2018/09/29(土) 13:20

うふふ

810:匿名:2018/09/29(土) 13:20

そんな声が聞こえた気がした

811:匿名:2018/09/29(土) 13:20

完結。

812:匿名:2018/09/29(土) 13:20

今まで応援ありがとうございます

813:匿名:2018/09/29(土) 13:21

大輔は皆さんの胃で生き続けます

814:匿名:2018/09/29(土) 13:22

※彬さんはスタッフがおいしくいただきました。

815:匿名:2018/09/29(土) 13:25

「ふふふ…」
「嘘やろ…大輔が、飲み込まれた…?」
「金髪…あなたも邪魔よ…消えなさい!」
美菜子の産み出した黒い煙によって、彬さんが包まれようとしたその瞬間!

816:匿名:2018/09/29(土) 13:28

「待て!」
良治がそう叫び彬を突き飛ばした。
良治の体が黒い煙に包まれる。美菜子は慌てて煙を引っ込めた。
「兄様…どうして?どうしてその人を庇うの?」
信じられない、とでも言いたげな表情で美菜子は問いかける。
「彬さんは…俺を助けてくれたんだ…命をかけて。」

817:匿名:2018/09/29(土) 13:30

その口調から、良治が弱っているのが分かる。
「良治っ…あかん」
「だから…俺も…彬さんを全力で助けたいんだよ…」
そう言うと、良治は不敵な笑みを浮かべた。

818:匿名:2018/09/29(土) 13:31

「あはははは!」
彬さんが笑いだし雅になる
「もう騙されてるのよねぇ」

819:匿名:2018/09/29(土) 13:33

「…ふっ」
「なっ、何がおかしいのよぉ⁉」
「わかってたさ…」
良治が雅を指差し、大声で叫んだ。
「本物の彬さんは、どこかにいる!」
「きゃぁぁぁぁっ!」
雅は猫の姿に戻り、意識を失った。

820:匿名:2018/09/29(土) 13:35

「…そこか」
振り向くと、そこには倒れた彬と大輔が居た。
「よく分かりましたねぇ、兄様。」
後ろから美菜子の声が聞こえる。

821:匿名:2018/09/29(土) 13:36

「馬鹿ねぇ・・それもダミーよぉ」
雅は良治の背後にいた。
良治は糸の切れた操り人形のように倒れた

822:匿名:2018/09/29(土) 13:39

次に目覚めたときには、寺のような場所だった。
隣には修行僧のような服を身にまとった彬さんと大輔さんもいる。
「起きたか」
声のする方を向くと、大輔さんに似た坊主頭の男性が居た。
大輔さんよりも一回りほど年は上だろうか。

823:匿名:2018/09/29(土) 13:41

俺の心を見透かしたかのように、男性は言う。
「俺は奉輔。大輔の兄だ。」
ほうすけ…さん。大輔さんと同じ優しい目をしている。

824:匿名:2018/09/29(土) 13:47

「俺が霊媒の仕事から帰ってきたら大輔と彬くんと君が倒れているから驚いたよ。」
「あっ、紹介遅れてすみません。俺は…」
俺も自己紹介をしようとすると、奉輔さんは優しく微笑んで口を開いた。
「分かってるさ。石橋良治くんだろう?そして君は生き霊と化した妹さんに襲撃され倒れていた…違うかな?」
何もかもを見透かしたように口にする奉輔さんに対し、驚きと感激と少しの恐怖を抱いた。
「ごめんごめん、驚かせちゃったかな。俺はね、人に触れると記憶が見えるんだ。」
すごい…さすがは大輔さんのお兄さんだ。

825:匿名:2018/09/29(土) 13:52

「しかし…これはまずいことになったね」
優しい目を吊り上げ、悩む素振りをしている。
「妹さん、相当力を強めてるよ。早いところ決着付けちゃった方が良いかもね。」
「早いところ…とは?」
「そうだね…今夜とか、どうだい?」

826:匿名:2018/09/29(土) 16:27

え、えっ…?

827:匿名:2018/09/29(土) 18:08

「そ、そんな早々に除霊ってできるんですか?」
「まあね。ちょっと君にも無茶してもらうことになるけど。」
「…大丈夫です。」
あのときの美菜子が戻ってくるなら、俺は少しの無理ぐらいする。

828:匿名:2018/09/29(土) 19:10

つまんね

829:匿名:2018/09/29(土) 19:19

なんか、誰か一人のためだけにちょっとでも脱線したら無理矢理戻してる感じが苦しい

830:匿名:2018/09/29(土) 19:36

と、天から声がする。

831:匿名:2018/09/29(土) 19:38

それを聞いた人々は天に向かって拝み始めた。

832:匿名:2018/09/29(土) 19:41

良治は裸になって外へ飛び出した

833:匿名:2018/09/29(土) 20:02

そして美菜子に食べられました(いろんな意味で)

834:匿名:2018/09/29(土) 20:10

たらふく食って寝ている美菜子のはらから良治を助け出した猟師は代わりに大きな石をたらふく詰めておきました

835:匿名:2018/09/29(土) 20:13

美菜子が我に返り、泣く

836:匿名:2018/09/29(土) 20:15

雅は美菜子を狼にして井戸へ落とし、殺しました

837:匿名:2018/09/29(土) 23:39

良治のこの悪夢は、除霊に必要なのだ。苦しそうな良治の肩を奉輔は揺すった。
「良治くん、これからが勝負なんだよ!頑張れるかな?」
良治は息を切らして目を開けた。少し咳をして、
「…だ、大丈夫です……っ」
と笑う。

838:匿名:2018/09/29(土) 23:42

「…」
奉輔は少し悩んで息を吐いた。
「…やめとく?君、すごい辛そう。」
優しい目だ。

839:匿名:2018/09/30(日) 00:14

「…いや、これぐらい乗り越えて見せます。」
良治の決意は固かった。まっすぐな目をしている。
「そっか。じゃあ、続けるよ。歯食い縛って。」
言われた通り良治は歯を食い縛る。奉輔はまた呪文を唱え始めた。

840:匿名:2018/09/30(日) 00:45

ここは…俺の家だ。それも、5歳ごろの。
目の前には泣き叫ぶ美菜子と拳を振り上げる父親。反射的に体が動く。
ゴッ…
鈍い音と共に歪む視界。少し遅れて激しい痛みが広がる。
「…うっ…」
「飛び出して来るんじゃねぇクソガキ!顔殴ったらバレるじゃねぇかこのバカ野郎‼」
父親の罵声が飛ぶ。美菜子はすっかり怯えきっている。

841:匿名:2018/09/30(日) 01:09

間を開けずに1発、また1発と殴られる。その痛みと共に記憶が蘇っていく。
確かこの時は、腹痛がすると言って美菜子がご飯に手を付けなかったのが父親の逆鱗に触れたんだ。そして俺がここで美菜子をかばって、殴られる…俺はここであることに気が付いた。
『同じ行動を繰り返している』のだ。

842:匿名:2018/09/30(日) 01:10

父親である男の勤め先のオカマバーで、父が客にセクハラを受けた日は決まってその鬱憤を我が子で晴らすというのがこの家の通例であった。

843:匿名:2018/09/30(日) 01:13

それなら…そんな通例な壊してしまえばいいのではないか?
俺の頭に、ひとつの考えが浮かんだ。

844:匿名:2018/09/30(日) 06:33

俺もおかまバーに入ろう

845:匿名:2018/09/30(日) 09:48

まずはドレスを着てすねげを剃ってタイツを穿く

846:匿名:2018/09/30(日) 11:37

にあわねぇやめよ。

847:匿名:2018/09/30(日) 15:29

いや、やらねば。

848:匿名:2018/09/30(日) 15:44

良治は迷っていた。

849:匿名:2018/09/30(日) 15:50

しかし自分の気持ちには逆らえない。おかまバーは諦め、父親に反抗することにした。

850:匿名:2018/09/30(日) 17:12

とはいえここから逃げ出すのは難しい。俺が殴られている間に美菜子だけでも…とも思ったが外で美菜子に何かあったら、と思うととてもそんなことはさせられない。
それなら…俺が犠牲になるまで。
俺はうつ伏せにされながらも脚を振り上げた。
「うっ…」
父親の腹部に軽く当たったようだ。痛みでうずくまっている。
「美菜子!逃げるぞ!」
俺は美菜子の手を引きながら、家から飛び出した。

851:匿名:2018/09/30(日) 18:09

「兄様…」

852:匿名:2018/09/30(日) 18:20

後ろから父親が追いかけてくるのが分かったのか、美菜子は不穏な表情を見せる。
それでも俺は今いるこの時代を…俺の未来と過去を変えなきゃいけないんだ。
「…美菜子、みなとの家まで行くんだ。」
「本条さんのお家…?この前遊びに行ったところ?」
「ああ。これを持って行ってくれ。」
「…これは…鍵?」
俺はポケットにあったおもちゃの鍵を美菜子に差しだし小さな手に持たせた。
これは俺がみなとから友情の証にもらったもの。みなとに見せればすぐ、俺に何かがあったと分かるはずだ。
「さあ…早く行ってくれ!」
美菜子は決意のにじんだ表情をして頷き、駆け出した。
そうだ美菜子、そのまま行け。今だけは俺が代わりに苦しんでやるから、お前は早くこの連鎖から脱け出せ…!

853:匿名:2018/09/30(日) 18:20

逃げれたのはよかったが
これからどこへ向かえばいいんだ…。
良治は悩んだ。
美菜子は心配そうに、でも信頼しながら後をついていく。

854:匿名:2018/09/30(日) 18:23

ミスった

855:匿名:2018/09/30(日) 19:23

兄の言葉に従うべきじゃなかったんだ。
私は背中に流れる汗を感じながら小さく舌打ちをした。

856:匿名:2018/09/30(日) 19:41

目が覚め、起き上がった。俺の横には神妙な表情の奉輔さん。
ただ前に起きていた時と違うのは、その隣には彬さんと大輔さんもいるということだ。

857:匿名:2018/09/30(日) 20:35

「え…俺…」
良治が不安な表情を浮かべる。

858:匿名:2018/09/30(日) 21:15

そして、爆発した

859:匿名:2018/09/30(日) 21:16

そう、隕石の落下により火山の噴火が引き起こされてしまったのだ

860:匿名:2018/09/30(日) 21:21

良治の悪夢は続いていたのだ。

861:匿名:2018/09/30(日) 21:23

「そんな…俺はまだ6歳だってのか‼」

862:匿名:2018/09/30(日) 21:23

後ろから父親に追い付かれ、家に連れ戻される。

863:匿名:2018/09/30(日) 21:25

トランプ大統領がいた

864:匿名:2018/09/30(日) 21:26

巨乳の。

865:匿名:2018/09/30(日) 21:26

父親は良治に馬乗りになって殴った。

866:匿名:2018/09/30(日) 21:27

そこに溶岩がっ

867:匿名:2018/09/30(日) 21:27

良治はトランプ大統領をお姫様だっこして逃げた

868:匿名:2018/09/30(日) 21:27

父親はおいといた

869:匿名:2018/09/30(日) 21:28

いや、つれていこう

870:匿名:2018/09/30(日) 21:28

いや、おいておこう

871:匿名:2018/09/30(日) 21:28

父親は大統領の小脇に抱えられた

872:匿名:2018/09/30(日) 21:28

結局、溶岩に放りなげた

873:匿名:2018/09/30(日) 21:28

なんという悪夢だろうか

874:匿名:2018/09/30(日) 21:29

いやこれは夢じゃないっ

875:匿名:2018/09/30(日) 21:30

警察官が目の前で

876:匿名:2018/09/30(日) 21:30

夢だわ!

877:匿名:2018/09/30(日) 21:30

父親を虐待の罪で逮捕した

878:匿名:2018/09/30(日) 21:31

良治はよりイケメンに。

879:匿名:2018/09/30(日) 21:34

トラ大はより巨乳に。

880:匿名:2018/09/30(日) 21:35

父親は引いた

881:匿名:2018/09/30(日) 21:36

そこにヒカキンがあらわれた

882:匿名:2018/09/30(日) 21:36

すぐ消えた

883:匿名:2018/09/30(日) 21:37

そしてその怒り良治で発散されることになるのだ。
良治に父親の強い拳が降りかかる。

884:匿名:2018/09/30(日) 21:37

そこではじめんが来た

885:匿名:2018/09/30(日) 21:38

良治は受け止めた

886:匿名:2018/09/30(日) 21:38

口で

887:匿名:2018/09/30(日) 21:38

だいちぃ「はじめをみろー!!」

888:匿名:2018/09/30(日) 21:38

舞台はスライム風呂

889:匿名:2018/09/30(日) 21:39

側でたくさんのYouTuberに見届けられながら、良治は父親からの拳をかわし続けた。

890:匿名:2018/09/30(日) 21:39

そして良治はスライムに飲み込まれた

891:匿名:2018/09/30(日) 21:39

ざまあw

892:匿名:2018/09/30(日) 21:39

ざまあw

893:匿名:2018/09/30(日) 21:40

声の出所を探した

894:匿名:2018/09/30(日) 21:40

左、右、右、上、左…
良治の頭のよさなら、あの日のことを思い出しながら避けるのはそうむずかしいことではない。

895:匿名:2018/09/30(日) 21:40

ようへい先生がギャグを。

896:匿名:2018/09/30(日) 21:40

口がすべりましたわ!

897:匿名:2018/09/30(日) 21:41

みんなふっとんじゃえー

898:匿名:2018/09/30(日) 21:41

禿おやじは

899:匿名:2018/09/30(日) 21:41

寒いダジャレをいいはじめた

900:匿名:2018/09/30(日) 21:42

良治があまりにもかわし方が上手いのに驚き殴るのをやめた


全部 <前100 次100> 最新30 ▲上へ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS