みんなでコメント繋げてお話作ろう【2】

葉っぱ天国 > 匿名 > スレ一覧キーワード▼下へ
1:匿名:2018/07/06(金) 22:50

https://ha10.net/toku/1528722784.html
の主様に許可取って新しく作りました。

本家に付いていけていない人向けのスレなので本家に出てくる登場人物は使わないように。

2:匿名:2018/07/06(金) 23:07

時は平成。

3:匿名:2018/07/06(金) 23:10

六月のどんよりした空の下、気だるげに歩く一人の少年がいた。

4:匿名:2018/07/06(金) 23:22

彼の名は氷室渉。
日課の散歩に出ていた。ただそれだけだった。

5:匿名:2018/07/06(金) 23:22

17歳、高校二年生。

6:匿名:2018/07/06(金) 23:36

彼の"非日常"は突然、幕開ける。

7:匿名:2018/07/06(金) 23:38

なんと近所の議員と間違えられて市長になってしまったのだ

8:匿名:2018/07/06(金) 23:49

秘書「市長!今日は市内のイベントで祝辞を述べる仕事が入っています。早速行きましょう!」

9:匿名:2018/07/07(土) 00:53

渉「はあ…わーったよ。」

10:匿名:2018/07/07(土) 00:59

彼はやれやれ系主人公なので、頼まれたことは嫌そうにしつつも何でもしてしまうのだ!

11:匿名:2018/07/07(土) 09:51

そうして、イベント会場へ到着。
見るからに人が多い。コスプレイヤーも多数。
でかでかと掲げられた看板には…
"ニコニコ超会議"

12:匿名:2018/07/07(土) 11:52

「に、ニコニコ超会議?今年はもう終わったはずじゃ…。どうせなら会議より超パにいきたいし……。」

意外にも、渉はニコ廃だった。

13:匿名:2018/07/07(土) 12:32

渉「…でもいいか。可愛い彼女見つけられたらいいなー。」

14:匿名:2018/07/07(土) 16:53

「あまり羽目を外さないようにしてくださいね!祝辞のために来ているんですから!!」

独り言にも鋭く反応した秘書が、渉を軽く睨む。

「市長も彼女が欲しいお年頃なのかもしれませんが…」

そう言う秘書も、はっきりとした年齢は分からないものの若そうに見える。しかも、なかなかのイケメンだ。
まぁ、渉は男に興味はないのだが。

「……わーったよ。祝辞とかいうやつ済ませて、ぶらぶらするくらいなら良いだろ?」

15:匿名:2018/07/07(土) 21:11

秘書「…まあ良いですけど、あまり羽目を外しすぎないでくださいね?」

16:匿名:2018/07/08(日) 14:39

祝辞を無事済ませた渉は、去り際にいきなりパンイチになってキレッキレのソーラン節を踊り始めた。

そう、秘書の羽目を外すなと云うお笑い的な前フリにも全力で応えるほどにはこの男はサービス精神が旺盛なのだ。

17:匿名:2018/07/08(日) 17:15

傍で秘書が青ざめているのが視界に入った。

18:匿名:2018/07/08(日) 19:19

渉「あ、や、山中(秘書の名前)…‼」

19:匿名:2018/07/09(月) 18:22

(さては俺のパフォーマンスの余りの凄さに驚愕を隠せないんだな!だがっ、まだまだ驚くのは早いぜっ!)

おもむろに渉が右手をパチンと鳴らす。

それを合図に、観衆に紛れていたシルク・ドゥ・ソレイユが四方から躍り出て、軽業、大道芸、軟体パフォーマンスと、多彩な見せ物を繰り出し始めた。

20:匿名:2018/07/09(月) 18:58

「……なんだこれは…!」
「市長、アンタ一体何者なんだ…?!」

21:匿名:2018/07/09(月) 23:18

渉「俺は市長さ。だがそんじょそこらの市長と一緒にされちゃあ困るな。なぜなら…」

22:匿名:2018/07/10(火) 17:26

「ご覧の通り、C調な市長だからさ!」

そう叫びながらソレイユの面々を1箇所に従えた渉は、最後にして最大の見せ場である100人タワーの頂点へと上り詰める。

その頂点で逆立ちをしながら後頭部と背中が接する程の軟体パフォーマンスをキメる。

ソレイユ顔負けの軟体をキメるその様はまさに名古屋城の天守閣の上にそびえるシャチホコのようで、見る者を釘付けにした。彼がパンイチでさえなければ女性ファンが大量に生まれていただろう。

23:匿名:2018/07/10(火) 19:21

「おい見ろよあれ!」
「こんなイベ日程表には無かったぞ!」

超会議の一般来場者たちがざわめき始める。
誰もこれが市長の祝辞だとは気が付いていないようだ。

「ニコ生で流せ!」
「Twitterにうpしたれ!」
さらに祭りが大好きな者たちが無責任に騒ぎ立て始め、会場は正に地獄絵図となった

24:匿名:2018/07/10(火) 19:24

100人タワーの頂点で逆立ちをする彼を、山中も市民も市外から来た人々も、皆が固唾を飲んで見守る。純粋にすごいと思う気持ちと、自分たちが見ているのは果たして現実なのか?という疑心とが半々だ。

次の瞬間、渉がタワーの頂点を飛び降りた。逆立ちの格好から空中で向きを変え、軽々と着地してみせた。
木下大サーカスもびっくりの大技だった。


…一瞬の沈黙。

そして、堰を切ったように一気にどよめきが上がる。

「どうなってるの!?」
「すげえ!答辞と見せかけてこんなパフォーマンスを披露するなんて、とんでもねえサービス精神の持ち主だな!」
「ああ、市長はどんだけ暇なんだ…!!!」

高揚感を覚えながら、渉は拍手喝采にお辞儀で応じる。

25:匿名:2018/07/10(火) 19:25

(書いてる途中に進んでたorz
上手く話が繋がってないかもしれないので>>24はスルーして貰っても大丈夫です)

26:匿名:2018/07/10(火) 21:29

(本家も好きだけどここもなかなかですなww)

27:匿名 :2018/07/10(火) 21:47

(繋げてくれて本当感謝)

28:匿名:2018/07/10(火) 21:51

(お?本家の主さんとここの主さんの違いがわからんぞ?)

29:匿名:2018/07/10(火) 22:13

秘書(山中)「…市長、早く退場しましょう。今の動画がツイッターでバズりまくる事、この騒動がヤフーニュースに出る事、2ちゃんねるで市長のヲチスレが立つ事は最早確実です。それは防ぎようがありません。だからこれ以上の騒ぎにしないでください…」

30:匿名:2018/07/10(火) 22:38

市長がひそひそと耳打ちするも、もはやトランス状態の渉の耳には何も届かない。
それどころか血涙を流しながらこう訴え始めたのである。

「うるせェぞ山中ァ…これ以上““オレサマ””の““ステージ””を邪魔しようッてンなら、手前ただじゃおかねェからなァ…?」

「しっ、しかし市長!これでは今後の公務にも影響が……」

「アァ?どォだってイイよンなもん。だいたいオレ、
市 長

ゃ ネ ェ しなァ!!ヒャーッハハハハハハ!!」

31:匿名:2018/07/10(火) 22:45

「......ふふふ」
すると、山中は緊張で張り詰めた表情をふっも崩した。口角を釣り上げて目の前の『市長』に向かって言う。
「ついに正体を現したね...」

32:匿名:2018/07/10(火) 22:45

>>31
×ふっも
◯ふっと

33:匿名 :2018/07/10(火) 22:51

(本家の主とここの主(自分)は違います。自分は本家の主様に許可取って作りました)

34:匿名:2018/07/10(火) 22:57

「山中ァ…」
その呼びかけに、今までとは比べようもない憎しみが滲んでいるように思えた。

「いつからだ?いつから気付いていたんだ?」
「最初から、ですよ。ずっとずっと前から。あの時あなたを議員と間違えたのも勿論計画内です。なんならシルクドゥソレイユを手配したのも私です。すべては、あなたの化けの皮を剥がすためにね」

平静を装って、山中は淡々と告げる。しかしその額にはうっすらと汗が浮かんでいた。

「この市長ごっこも、もう少し長引くものと思っていましたが…思いの外早かったですね。さすがです。市長………いや、ワタル」

35:匿名:2018/07/10(火) 23:35

「…へぇ…なかなか面白いことしてくれるじゃねぇか。」
渉は笑顔だが、その目は笑っていない。

「あっ、あの…」
そこに、ふと山中でも渉でもない声が上がった。

36:匿名:2018/07/11(水) 19:04

―――――この場面から遡ること数分前。

渉達のエキセントリックな催しを眺める観衆に紛れる男の姿があった。
歳は初老手前といったところか。眼鏡をかけ少し白髪の混じった髪を耳の上で切りそろえる中肉中背といった佇まいをしており、どこかの会社の管理職と云われればしっくり来るだろうか。

この男こそ渉がすり替わる前の本物の市長であり、今壇上に立っているはずの男だった。

37:匿名:2018/07/11(水) 19:05

「なんで私はアイツと間違われたんだ…?」

疑問文の独り言がふいに口から発せられた。

仮に事情を知る者がいたならおそらくは男と同じ疑問が口をついたであろうと予測でき得る程にこの男と渉は全く似ていない。

勿論、間違われた際には連日、役所へ行って必死に自分が本物の市長であることを訴えたが、市長直属の近衛兵や、部下の役人達はまるで取り合われることが無かった。

38:匿名:2018/07/11(水) 19:06

ヤケを起こした男は闇ギルド『深淵の変質者』に時限爆弾を購入した。ステージの下にそれを設置して祭を渉もろとも木っ端微塵に破壊しようと心に決めて。

しかし、余りの見事なパフォーマンスにすっかり脱帽してしまい、渉に市長の座を明け渡す決意をし、手元にあったリモコンで爆弾を解除―――――しようとしたが

「作動しない…?」

今日二度目の疑問文の独り言が男の口から発せられた。

39:匿名:2018/07/13(金) 17:38

「あっ、あの…」
渉と山中が声がした方向を振り返るとくたびれたホンモノの市長の姿があった。

「十二(じゅうに)市長!!」山中が男の名前を役職付きで叫ぶ。

「爆弾止まんない…」
十二市長が決まり悪そうにそう言うと、

「え?」
「え?」
残りの男二人が異口同音に声を発した。

40:匿名:2018/07/13(金) 18:53

十二市長の発言により渉と山中の間に流れていた重々しい空気も一気に霧散する。

「十二市長!?私あんたに話しましたよね、この計画について!何爆弾なんか設置してんですか!」
「ご、ごめんよ山中……つい」
「ついじゃないですよ!ああもうそれ貸してください」

山中が十二市長の手からリモコンを引ったくろうとすると、その横からすっと別の手が現れた。

「貸せ、俺様が何とかしてやるよ」

41:匿名:2018/07/13(金) 19:19

其処にいたのは、見るからに貧乏そうな中年男性。

藁を紐で括ったものを体に巻きつけている。

「俺様は元科学者だったからな…と、この線を切れば、と…」

そう言うと彼はリモコンを側の川に投げ捨てた。

「何をするのか貴様…‼」

鬼の形相をした十二市長は貧乏人に飛びかかろうとするが、貧乏人はそれを片手で跳ね除ける。

「まあまあ、そう急ぎなさんな。すぐこの爆弾は消えますよ…」

と貧乏人が口を開いたその瞬間、川の中で大きな音がした。
パフォーマンスに目を奪われていた観客たちに、悲鳴が起こる。しかし、それはすぐに止み、会場内に沈黙が流れた。

42:匿名:2018/07/15(日) 12:13

あげ

43:匿名:2018/07/15(日) 19:29

…と誰かが会場が静かになった時に言ったのでさらに会場の雰囲気が冷たくなった
そして皆が思ったであろう

皆(((((あげって何だ?????)))))

44:匿名:2018/07/15(日) 20:14

俺が世界を股にかけるスパイ、アゲィルフ様だ。正体を知られた以上消えてもらうぜ、シベリアにな。

45:匿名:2018/07/15(日) 20:16

まずは十二市長貴様からだ!氏ね。[ーピーーーーーーー(規制音)を市長に噴射する。]


新着レス 全部 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS