探偵チームKZ事件ノート 17

葉っぱ天国 > 探偵チームKZ事件ノート > スレ一覧
785:青薔薇:2018/10/01(月) 22:40 ID:edE

こんばんは。
遅くになってしまいました。
台風、大丈夫でしょうか?
皆さんが無事であることを願っています。
新しい台風も心配ですね。
季節の変わり目で、体調も崩しやすい時期なので気をつけてください。

大切な人は知っている
(彩side)
しばらくして、私は泣き止んだ。
すると、砂原が言った。
「このことがあって、俺、正式に日本に帰国したから。これからは日本にいることになるんだ」
正直に言って嬉しかった。
砂原が近くで生きていてくれることが…
そんな事を考えている私と砂原は暫く見つめあっていた。
すると、砂原が携帯を出してこっちに携帯を渡した。
「美門と話な。ここ押せば電話がかかるから。あいつが一番、お前のことに責任を感じているから。声を聞かせてやりなよ」
そう言って砂原は部屋を出て行った。
砂原は、自分でかけて繋がった状態で携帯を私に渡すこともできるし、どんな会話をしてるのかを聞くこともできるのに、電話のかけ方を教えて、黙って部屋を出てくれた。
そういうとこ、すごく優しいと思う。
ありがとう…
私は砂原が見えなくなった病室のドアを見ながら思った。
そして、電話をかけた。
プルルルル…プルルルル…
この時間は忙しいかな?
なんて考えてるといきなり声が聞こえた。
「はい、俺。砂原か?」
翼の声だ…
安心する。
「立花です…」
私は、そっと言った。
向こうで時が止まったように何も聞こえなくなった。
私は、聞こえてるのかわからなくなって言った。
「大丈夫?聞こえてる?」
と言った。
そしたら、向こうはハッとしたのか声が聞こえた。
「アーヤ?本当にアーヤなの?」
翼の心配そうな声が聞こえる。
私は少し笑って、
「私だよ。今日、目が覚めたの。ごめんね。心配かけて…」
こう言った。
翼のホッとしたような息が聞こえる。
「よかった…ホントに…よっ…かっ…た…。今から、行くね」
泣いてるのか、声がおかしくなった。
私は、そんな翼の声を聞くと安心した。
「待ってるね」
私もそう返事をして電話を切った。



今回はここまでです。
短くてすみません。
平日は学校が忙しくてなかなか更新ができない日があったり、すごく短かったりすることがあると思います。
二学期は行事等で皆さんも忙しいと思います。
頑張って下さい。
私も頑張ります!


潮◆5E:2018/10/02(火) 18:57 ID:d1Y

あのね…私ほとんど行事終わっちゃったの……
むなしくなるよ、ほんとに…
あとね台風のせいで家の前の木など3本倒れたし、
昨日なんか自分の最寄り駅が入場規制になったから、家でたの11時だよw
本当に台風迷惑だねー

>>786
よろしくです!
うしおってよみます!
呼びタメオケですか?


全部 <前100 次100> キーワード
名前 メモ