4つの四季フレンズ https://ha10.net/test/read.cgi/sou/1505652719/l50 カルマ◆NI【No.65】 https://ha10.net/test/read.cgi/sou/1505652719/65
「う〜ん、どうやろ…」

私は告白の仕方をずっと考えている。
ラブレターだと、感情伝わらないし、イタズラかと思われちゃう…やっぱり、直接かな〜…?

「おーい。春果〜」

「はい!!」

私はお姉ちゃんがノックなしで入ってくると、急いでノートをしまい、何事もないように座った。

「春果、何よ。隠し事?」

「べ、別に…?」

私は焦りながら、ノートを背中に隠す。
でも、お姉ちゃんから無理矢理取られた。こ、この中には〜!!!!

「ん?えーー!?春果告るの!?」

つ、ついにバレてしまった。私は仕方なく、恥ずかしそうにこくりとうなずく。
すると、ガシッと肩を掴まれ、お姉ちゃんは目を輝かせた。

「誰なの!?」

「え…冬真…」

「お似合いじゃん!!!誰にも言わない!私協力するね!」

「お姉ちゃん…ありがとう!」

お姉ちゃんが協力してくれることを聞いて、嬉しくなり、ついお姉ちゃんに抱きついた。 (4/1 9:3)]]>