小説HOME

死んでもいいから、私は アイツに恋されたい!

1:名梨◆Vk:2018/09/01(土) 13:23

これで、小説3作目です。
今回は、恋愛のお話です。まだまだですが、感想や良かった処などを書きこんで、応援して下さい!
アドバイスは大歓迎ですが、誹謗中傷などの荒らしは禁止となっています。
夏休みも終わり、亀更新になると思います。なるべく、週に1回は更新します。
皆さん、よろしくお願いします!

47:菜梨◆azw:2018/10/21(日) 17:27

日曜日。

「ヤバイ!時間が無い〜!」

朝、目覚まし時計を見ると10時を差していた。あと、一時間。急いで朝ごはんを食べ、洗顔をする。

髪を一つに結び、ポニーテールにする。メイクは、時間が無いので軽くアイシャドーを塗り、リップで済ませる。

洋服は、クローゼットを開け、どれにしようと迷う。スポーティ?それともガーリー?

48:ムナ:2018/10/22(月) 22:57

面白いですね。

書き込む/1-100/最新50

トロくのろく泥く

1:綸呵:2018/10/21(日) 18:43

題名が…なんかイターイ感じが。
日常系のお話です、私は異世界ものとか難しそうで分からないので…
詰めが甘いですし唐突ですけれど、コメントくださると本当に大喜びします。
人物紹介とかなしで唐突に始まります

書き込む/1-100/最新50

殺害計画~人生を懸けたあの青春~

1:紫:2018/10/19(金) 21:16

あの日、私たちは決意した。こんなクズな女、殺してやる…

9:幽々子:2018/10/20(土) 23:46

「里奈、私も同じ考え。あの先生はおかしい。」
「…だってさ、伊月〜」
「え?い、伊月?」そう、里奈は二人で遊ぶふりをして何から何までケータイで繋げていた。
『ありがとう、里奈。そう、それから夏希…』『いってェ!!』?この声は?知哉?
てことは『だ、大丈夫?ともくん…?』甲高い可愛い声。萌も?
「みんな同じ考えだよ。だから抱え込まないで相談しな〜」
一年後、里奈がなくことになるなんて知らない愚かな私たちは、私は…
「うん…」

カッ、カッ、なんていうチョークの音が響く。外は雨で保体なんてついてない。
「いい、ここはとても傷つきやすい場所で…三原さん、ぼーっとしてるけど。大丈夫??」
「あ、はい…」昨日の言葉が嬉しくて。なんて言えない。
「なーつき〜」ニヤニヤしながら里奈がくる。
「なはは、きのーはごめんよー?夏希が抱え込んでそうって伊月がー。」
「伊月が?」
「んだー?武藤ーお前が謝罪とか似合わねーことしてんなよ〜」
あーあ。まーた水さすよーな事を。
本当見てて飽きないや。
…くすっ。
「何がおもしれぇんだよ!?」
「何がおもしろいのよっ!?」
「?ソーユー息ぴったりなとこ。ねー萌」
「うん、面白い!」
萌笑ってる…良かったぁ…
でも知ってるんだ〜里奈が頑張って合わせてること。どうせ両思いなのに。
見てる方は面白いよね〜

10:幽々子:2018/10/21(日) 00:06

未だに何もできないまま、三年生になってしまった。萌のいびりも酷くなってきてるような…
結局担任が変わる事もないまま、始業式を終えた。
「また一川先生だね…」となりに座っていた伊月が言う。
萌は何も言えずただうつむいていた。
一学期はとても憂鬱で、でもなんとかニ学期にきた。気が早いんだか、進路希望表。まだそんなの考えてないよ…
萌は前から服飾系に行きたいって言ってたけど。里奈何てなんもないんじゃ…あれ?めっちゃ、スラスラ書いてる?嘘ぉ?

「ちよっ、里奈どうしたの?めっちゃかけてたんじゃない?」
「んー?あたしもう将来とか決まってからね。ね〜知哉〜」
「知哉?まさか結婚なんて書いたんじゃ?!」
「そーよ?だってさもう、あたしのお腹ん中に居るんだもん…」
「え。」
軽々しく言った里奈だけどそれはつまりお腹の中に赤ちゃんがいるって事で…相手は…
知哉!?

書き込む/1-100/最新50

小説工房・スピカ

1:Orion:2018/10/20(土) 21:19

初めまして、おはこんにちばんは!Orionです。
初小説ですが、あたたかく見守ってください。
感想やアドバイス、もし良かったらお願いします。
では、ごゆっくり〜!

4:Orion:2018/10/20(土) 21:35

-----はじまりのエデン−−−−−

私は、正義感が強い・・とよく言われる。と同時にいい子ぶりっこしてる・・ともいわれる。もちろん、どちらも自覚ナシ。長所と短所は表裏一体。・・・もう何が何何だか

5:Orion:2018/10/20(土) 22:36

そんな私は、今日、聖ローザ女学院の高等部、2−5に転入することになった。
立花佳織「初めまして。星丘高校から来ました。立花佳織です。分からないことだらけなので、良かったら教えて下さい。これからよろしくお願いします」
そういって腰を70度曲げて一礼。クラスのみんなが微笑んでよろしく。、と拍手してくれたのでほっとした。

書き込む/1-100/最新50

あなたのキャラ、作ります

1:匿名:2018/10/07(日) 18:55

自分の小説のキャラを具現化してみませんか?
特徴を教えて頂ければ、カスタムキャストで画像をお作り致します
作者様の想像通り、は厳しいかもしれませんが、大まかなイメージ画像はできると思われます。

衣装
目や髪の色、髪型
体型

これらを教えてください

36:匿名:2018/10/11(木) 14:37

https://i.imgur.com/zrp5lE9.png

眼鏡を忘れておりました(;´Д`)

37:Orion:2018/10/20(土) 22:15

栗色の紙でセミロングで軽めのパッツン前髪。
色白でメガネ無。
意志の強そうな瞳だけど吊り目でもたれ目でもない。濃い青色でまつげ多め。
服は、お嬢様学校っぽいトコの制服。セーラー服
細かい注文ですが、宜しくお願い致します。

書き込む/1-100/最新50