危険負担の債権者主義

1: アーリア◆Xo:2017/09/07(木) 18:36 ID:XLE

特定物についての物権の設定又は移転を目的とする双務契約の場合において、目的物が債務者に帰責事由なく滅失するとその負担は債権者が負うことになるわけだが、私は支持できない(特約で封じる手もあるが)。

特約が無ければ、契約成立の時点で既に特定物は債権者に所有権は移転(売買契約の場合)しているとは言るので、単に債権者自身の物が運悪く消滅しただけと捉えることもできるが、実質を度外視した形式論である。

債権者としては、登記(不動産の場合)も引渡しもなされていないわけであり、その所有権を現実に行使(転売目的ならともかく)できる状態に無いわけだ。

法律のプロはこの債権者主義についてをどのように感じるのだろうか。

11: アーリア◆Xo:2017/09/07(木) 22:00 ID:XLE

以上のことから判ったこととして、一見債権者主義は債権者を著しく不利にしているようだが、他の制度を活用すれば必ずしも債権者にとって著しく不利になることはないと言うことですかね。

12: アーリア◆Xo:2017/09/13(水) 22:58 ID:sVE

考えてみれば、瑕疵担保責任は売主の無過失責任ですから、売主が不利な立場にたたされてますな。

案外、買主が不利な場合と売主が不利な場合と分けられてますね。

>>11は債権者(買主)の視点でのみ考えていましたが、瑕疵担保責任は債務者(売主)の視点から考える必要があった

 全部読む/最新50/書き込む

一部の部活動は共産主義者とファシストを育成する危険なものになっている

1: アーリア◆Xo:2017/09/05(火) 20:33 ID:b9.

部活動における閉鎖社会は危険である。
部長と言う名の最高人民会議の議長と、顧問と言う名の統帥の意見が絶対と言う風潮になっており、これらの者が事実誤認により、ある者に対して責任を追及してきたものなら、それに対する反論が出来ない状況が完成している。

仮に反論をすると、顧問や部長などは言葉使いを荒くして時には反論者の人格を否定するかのような発言をする。

まさに、赤い旗のモスクワの近くにあったゴーリキーと言う工場地帯の工場の中に居るようだ。

46: 初雪 トリップ省略:2017/09/06(水) 21:15 ID:eX2

>>45

自信満々ですねぇ。

そんなことを聞くとあなたの思惑通りという意志が薄々伝わって来ますよ。

47: アーリア◆Xo:2017/09/06(水) 21:19 ID:mOI

>>46
単なる虚勢かもしれないじゃないか。

 全部読む/最新50/書き込む

中国の検索サイト百度は危険か

1: アーリア◆Xo:2017/02/05(日) 00:36 ID:UR.

好奇心から百度で葉っぱ天国を検索してみたいなと思うんですけどね。どうにも当局に検閲されてるとか聞きますよ。
日本から百度を使っても検閲されるのでしょうかね。

 全部読む/最新50/書き込む

小数乱立は危険かと思いますが

1: アーリア:2016/09/28(水) 01:45

今ですね、私アーリアはある方に小数乱立になったらに危険だと主張したのですよ。
はちまと言うサイトなんですけどね。


で、その主張をしていた時に、こちらで別個に議論してみるかと思い立ったわけで、スレを立てました。

ちょっと電源が4%しかないので明日続きをかきます。
尚私は小数乱立は危険だとする立場です。

3: サビぬき。◆Ow:2016/09/28(水) 21:31

>>1

何故に「政界に於ける“小党(少数政党)乱立”」という表現を
使わなかったのかが不思議でしょうがないよ、俺は;‥?

4: アーリア:2016/09/28(水) 22:58

※3
私の表現力に瑕疵があったみたいですね。

 全部読む/最新50/書き込む

キーワード一覧サイトマップ