Hey!Say!JUMP 〜小説〜

1: 山岡◆C.:2017/09/23(土) 15:08 ID:zd.

どうも!有岡マウンテン(山岡)です!
JUMPの小説書きたいなぁ〜って思ってたので書きます!!
沢山書いていきたいと思ってるので、よろしくっ!
荒らし、ナリ、アンチ来んな。

>>2
「ねぇ、はぐれちゃった。」
Ryosuke.Y Daiki.A

25: 山岡◆XA:2017/09/30(土) 16:00 ID:zd.

とある番組の収録が終わり、それぞれ帰るとなった時。

大貴「山田!」

涼介「何?大ちゃん」

大貴「今日山田ん家行ってもいい?」

涼介「え、今から?」

子犬のような目をして俺を見る大ちゃん。

涼介「…まぁ別にいいけど」

大貴「やったー!」

なんで急に俺ん家に…?

26: 山岡◆XA:2017/09/30(土) 16:12 ID:zd.

大貴「…でさ!めっちゃヤバかった!」

涼介「ふーん…」

俺ん家に来たものの、話すことは全て…

大貴「伊野ちゃん、めっちゃウケた!」

伊野ちゃんのことばっかり。

俺ん家に来てまで話すことかよ…

涼介「あのさ」

大貴「ん?」

涼介「さっきから伊野ちゃんの話ばっか…俺ん家に来た意味ある?」

大貴「あっ…ごめん」

ションボリとした大ちゃん。

そういう所とかも全部可愛いから…反則なんだよ。

大貴「もしかして…妬いてた?」

涼介「…は?」

大貴「いや、山田がそんなこと言うの珍しいからさ…んなわけないか!」

何言ってんだろ、と頭をかく大ちゃん。

涼介「…妬いちゃ悪いかよ」

ドサッ

俺は床に大ちゃんを押し倒した。

大貴「や、山田…?」

涼介「俺、正直言うと妬いてた」

大貴「え…」

そう言うと顔を赤くした大ちゃん。

涼介「そもそもさ、もう外は暗いわけじゃん?」

もう既に夜だった。

涼介「それで、可愛い顔して俺ん家に来るとかさ…」

大貴「だ、だって…」

涼介「襲ってって言ってるようなもんだよ」

大貴「ち、違う…」

どんどん焦りを見せる大ちゃん。

涼介「…ははっ、嘘だよ?」

大貴「えっ?」

涼介「面白かったからいじめちゃった。ごめんな?」

大貴「山田のバカ!焦ったんだからな!?」

俺は大ちゃんが好きだ。

... 続きを読む

27: 山岡◆XA:2017/09/30(土) 16:17 ID:zd.

皆さん、今回のお話どうでしたか?
ありやまメインのお話を何となく書きたくて書いてみました♪

今回の物語では、ありやまを結びつけてハッピーエンドで終わろう!
そう思ってたのですが…
まだまだ続きがありそうな感じで終わらせたかったので!w

今回ので大ちゃんの可愛さと涼介のカッコよさを見せれたかな〜と思います!

次書こうと思ってるのは…
いのありの物語です!
まだ内容は決まってませんが、一応今度書きたいと思います!

そして、これを見てくれてる方にお知らせがあります。!

実は…別板でなりすましをされました。
相手はトリップを知っていたので、トリップ変えました!
なるべく皆さんに害を与えたくないので、迷惑かけないよう頑張ります!

これからもよろしくお願いします!

 全部読む/最新50/書き込む

JUMPの 新メンバー

1: なっちゃん:2017/04/29(土) 13:00 ID:rwo

今をときめくHey! Say! JUMP

彼らに、 新たな仲間が増えました。

2: なっちゃん:2017/04/29(土) 13:01 ID:rwo

更新ペースが遅く、なかなか完結しないかもですが、宜しくお願いします!

コメント待ってます! アンチは無しでお願いします。

3: なっちゃん:2017/05/03(水) 15:43 ID:CdM

ー 登場人物 −

空咲 花音   高校3年生。 親に無理やり オーディションを受けさせられた。 メンバーカラーは白。

山崎 奈乃   元JUMP メンバー 。  圧力に耐え切れず やめてしまった。 今でもメンバーに会いた        いと願っている。

JUMPメンバー は リアル設定のままです。

 全部読む/最新50/書き込む

Hey!Say!JUMPに新メンバーが入るそうで。

1: ぽー:2017/04/01(土) 13:29 ID:kxs

とびっこなので、JUMP関連の小説を書こうと思ったら、たまたま頭に浮かんだのでw
アンチ(悪口)NG!コメントOK!

9: ぽー:2017/04/01(土) 14:32 ID:kxs

ガチャッ

美花「おはようございますっ!」

侑李「あ、美花!おはよー♪」

美花「おはよう、侑李!」

スゴいよなぁ…1日経っただけで、こんなに仲良くなれるんだもん…

JUMPの力かな…

大貴「あーっ!ズルいぞ、知念!美花に抱き着くなんて!」

侑李「はぁ?大貴も抱き着けばいいじゃん」

いやいや、なんで抱き着くの…////

涼介「はいはい、美花を困らせないの」

美花「あっ、ありがとう、涼介…///」

呼び捨て、慣れない…///

涼介「俺の名前呼んだだけで照れるって…w」

裕翔「よっぽど山ちゃんのファンだったんだねw」

慧「山田だけズルい〜」

美花「えっと…確かに、涼介の事好きだけど、皆の事も好きだよ…?」

JUMP−美花「美花ぁ〜!!!!♥♥♥♥♥」

マネージャー「何してんの、皆してw」

10: ぽー:2017/04/01(土) 14:34 ID:kxs

すみません!今日は、ここで終わります!また明日、続きを書きます!

11: ゆき:2017/04/18(火) 04:22 ID:EzU

楽しいです!続き待ってます!

 全部読む/最新50/書き込む

Hey!Say!JUMPのメンバーになった件。※某事務所とは無関係

1: ◆MYKc:2014/03/08(土) 20:43 ID:2rM

自己満足で作りました。←

小説の経験は小説板の方で何度か…。



以前、運営の方で「二次創作にアイドルの小説を書いても大丈夫でしょうか?」と聞いたら「大丈夫だと思いますよ。」と来ましたので…。


ちなみに私はHey!Say!JUMPファンです´∀`

頑張って書きたいと思います。
よろしければ見て下さい。

>>2からです。

36: Love&Peace:2014/03/24(月) 22:20 ID:dco

>>35

答え見てるよ。
でも全部合ってたら違和感でしょww

だから答え見つつ空欄作るの。
ok?

37: Love&Peace:2014/03/24(月) 22:32 ID:dco

封筒を開けると、中には手紙入っていた。

内容はこう書かれていた。



「お久しぶり。山田です。
仕事を待っているかもだけど、その前に果たしてほしいことがあるんだよ。

ダンスを覚えてほしいんだ。

とりあえず、新曲の「Aino Arika」を。
それと披露する事が多いカモナ、スパデリとかね。

封筒にDVDか入ってると思う。

俺らJUMPが振り付けの説明してるのがDVDになってる。

これ見て覚えてほしいんだ。
覚えたら、とりあえず見たいから電話ほしいんだよね。

事務所に電話してね。
じゃあ。

山田涼介より」



との事です。

じゃないよ。

振り付けですと?
カモナは踊れるよ?カモナは。

でも、スパデリといのありは無理…。

どうしよ…。










とりあえず…DVD…伊野ちゃん…///

じゃなくて、う〜ん…。





そうだ、嶺亜だ。

嶺亜だったら振り付け全部できる。
ダンスすっごい上手だし…。

電話しよう♪



私はすぐ電話した。

38: ◆KU:2014/03/29(土) 11:20 ID:dco

今日中に宿題終わらせますので…。
※終わりそうにないんだけど←

今日はね、JUMPがたくさん出る日!
伊野ちゃんがたくさん出るんだけど←

だから宿題終わらせてスッキリしてから見たいんです←

あ…つまり…えっと…その…←

明日から更新開始します!



どろん。

 全部読む/最新50/書き込む

Hey!say!JUMPオリジナル小説☆

1: 知念まで愛ing〜アイシテル〜:2012/05/07(月) 20:25

自分で考えたJUMPとのオリジナル物語です!
ぜひ感想をくれたら嬉しいデス!
☆ルール☆
@雑談はなるべく控えてください(少しならOKですっ!)
A荒らし・中傷はやめてください(アドバイスはOKです)
B感想ください!
Cもし、こんなジャニーズ、内容で書いてください!というリクエストがありましたら、
 じゃんじゃんリクエストしちゃってください!できる限り実現させます。
D楽しくやっていきましょー

3: 知念まで愛ing〜アイシテル〜:2012/05/07(月) 20:33

せ「ここがせいさ高等学園かぁ。」
(そうです、私、泉せいさは堀北高等学校ではなく、あのセレブで有名人がたーくさんいるというせいさ高等学園に
 今日から転入生として入るんです                                    )

―校舎に見とれて前を見ないで歩いていると―

     (どんっ)

せ「痛っ!って、えーっ!?あ、あのJUMPの大ちゃんっ?」

大「痛ってぇのはこっちのセリフだよ、ちゃんと前見て歩けよな、バーカ」

4: 知念まで愛ing〜アイシテル〜:2012/05/07(月) 20:36

せ「何もそんな言い方しなくたって…大ちゃんってあんな人だったの?」

           (トントン)

せ「えっ?誰っ?」

―ふりむくと―

せ「えーーっ!?大ちゃんの次は裕翔くんっ?」

裕「大丈夫?ほら、手、貸すよ」

5: 知念まで愛ing〜アイシテル〜:2012/05/07(月) 20:41

せ「あ、ありがとうございます」

裕「君、名前は?」

せ「あ、あの、え、えっと、転入生の泉せいと言います。今日から2-Bでお世話になります。」

裕「あっ!転入生だったんだ!だから見なれない顔だったんだ。
  僕はせいちゃんと同じ2-Bの中島裕翔って言うよ。僕の事は裕てぃーでいいから。
  それとさっきは僕んとこの大ちゃんが迷惑かけてごめんね。         」

せ「えっ?あ、いや、とんでもない!私が前を見て歩いていなかっただけですから。」

 全部読む/最新50/書き込む

キーワード一覧サイトマップ