キセキの世代×ナミ【黒子のバスケ×ONE PIECE】

1: お香しゃちょー◆kk hoge:2018/03/11(日) 18:59 ID:txU

立て直しすみません!!またよろしくお願いします!

やっぱり帝光時代からですね(笑)

朱崎ナミ
二年前の姿(まだFカップやな)
帰宅部だが、キセキの世代と仲良し
黒いセーターを着てる
変なあだ名で呼ぶ(ネーミングセンスはない)

朱崎ナミゾウ
ナミの実兄で、ノジコとは双子
まあ、イメージはググってくださいw
シスコン
モデルをしていて、黄瀬の憧れ

朱崎ノジコ
ナミの実兄で、ナミゾウとは双子
二年前の姿
ある意味一番強い
キセキはみんな弟

110: マッキー◆5A:2018/03/18(日) 21:36 ID:7Ts

どうも、中々いい感じの小説だね。サンジのもリクエスト良いかな?

111: お香しゃちょー◆kk hoge:2018/03/18(日) 22:00 ID:u5k

なかなかって…褒められてんのかわかんねー(笑)
いいけど、書くの遅いっす(笑)

112: お香しゃちょー◆kk hoge:2018/03/19(月) 18:33 ID:u5k

「笠松先輩!みんな!!」

「ナミっち!!…ってそこは涼太くんって言う所じゃないスか?」

急いで海常高校の控え室に入る。駄犬が何か言ってるがそんなもの無視だ

今日はインターハイ当日。駄犬に見にくるようにと言われてたし、合宿の場所から近いということで見に行くことにした。

(今日はキセキの世代のスタメン同士の戦い…涼太くん対大ちゃん…!!)

涼太くんが大ちゃんに憧れてバスケ部に入ったことは何度も聞かされててから知っている。よく二人で1対1(ワンオンワン)をしていたことも…

そして、涼太くんが一度も大ちゃんに勝ったことがないことも

「や(り)ますよオ(レ)っ!!練習の成果を今こそっっ!!がんば(り)ますか(ら)っ!!マジでオ(レ)っ!!」

「は!?なんて!?」

やはりと言うべきか、このラ行が言えてなくて早口の先輩、早川充洋は、いつも通り暑苦しい

「だか(ら)っがんば(り)ますオ(レ)っ!!」

「あつっくるしーし、早口だし、ラ行言えてねーし、何言ってっか分かんねーよバカ!!」

バコッと笠松先輩が充洋を殴る。

「すんません!でもオ(レ)っ…」

「オイ森山!なんとかしてくれ、このバカ!」

笠松先輩がそう言うと、ストレッチをしていた由孝がこっちを見た。

「おお、ナミ!オレは今日、オマエのために戦うぞ…!!」

「無視かオマエ!そんで海常(ウチ)のために戦え!」

ヒラヒラといい笑顔でこちらに手を振る由孝に、苦笑しながらあたしも手を振る。

「センパイッ!!」

「あぁ!?」

すると、さっき控え室から出て行った涼太くんが笠松先輩に声をかけた。

「ファンの子からさっき差し入れもらったんスけど、食って大丈夫ですかね!?万が一何か入ってたら…」

少し困った様子を見せる涼太くんに、なぜか無性に腹が立ってので、そばにあったスクイズを涼太くんの顔面にめがけて投げる。もちろん命中した。

「食ってできれば死◯ね!!」

笠松先輩も目を釣り上げて涼太くんを蹴る。

ーーーー

「どいつもこいつも…つーか集中させろ!!」

笠松先輩がキレていると、ガチャっとドアが開いた。

「オイ、お前ら準備はできてるか。もうすぐ入場だぞ」

「監督!あたし、ベンチで見た…い!?」

「気合い入れていくぞ。
それと朱崎、ベンチで見るのはいいが周りに迷惑はかけるなよ」

((なんで桐皇のイケメン監督に張り合ってんだオッサン!))

あぁ、あたし今、笠松先輩と同じツッコミを入れた気がする…

だって小汚いただのオッサンが、ピッチピチのスーツ着て髪の毛も整えて、ひげも剃ってるのよ!?
... 続きを読む

 全部読む/最新50/書き込む

キセキの世代×ナミ【黒バス&ONE PIECE】

1: 桜◆kk:2017/10/23(月) 18:46 ID:7ZY

私の大好きなナミちゃんを取り巻く、キセキの世代や他のみんなのお話。

とりま帝光から書きます

帝光中学生のナミ
二年前の姿(まだFカップやな)
帰宅部だが、キセキの世代と仲良し
黒いセーターを着てる

88: お香しゃちょー◆kk:2017/12/11(月) 02:56 ID:XNo

【ナミゾウと花宮(ほんのりBL感ありかも?)】

オレの幼馴染は花宮真。オレが生まれたとき、真の家はオレたちの家の向かいにあった。

「まーこーと!」

「あぁ?」

「今日ウチに来ねぇ?母さんもゲンのおっさんも仕事なんだよ」

「…仕方ねぇな」

小学校の頃から、母さんとゲンのおっさんがいないときはウチに泊まっていた真。

「マコーー!!」

「あ、真ー!」

「よぉナミ、ノジコ」

もちろんナミとノジコも真が大好きで、いつも真が泊まりに来るのを楽しみにしていた。

「マコ!今日はあたしと寝る?」

「あぁ?」

「悪ィけどダメだナミ!真はオレと寝る!」

「なんでよ!あたしもマコと寝たい!!」

「まあまあ…ナミはあたしと寝よ?」

「うん!」

「誰とでもいいから、早くメシ食おうぜ」

オレはナミのことが大好きで、なにかを許してたり譲ったりしていたけど、真のことはどうしても譲れなかった。

「ナミゾウ!!また真を泊まらせたな!」

「っるせーなジジイ!!真の名前を気軽に呼んでんじゃねぇよ!」

周りの奴になんて言われようと、オレは真の隣から離れようとしなかった。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

「ナミゾウ」

「……真…」

母さんが死んだあと、オレは家を出た。

あんな腐った人間と一緒にいたら、オレまで腐っちまう。

「ナミとノジコが心配してた」

「……」

家を出て、街を歩いてたらスカウトされてモデルになった。そして事務所が所持しているアパートに住んだ。

それでも、真はオレに会いに来ていた。

「それだけだ」

「…………真!」

「あぁ?」

「オレ、お前とノジコと同じ中学行くから!その、えっと、くそ…し、心配すんなって伝えとけ!!」

... 続きを読む

89: お香しゃちょー◆kk:2017/12/11(月) 22:48 ID:XNo

【ノジコと灰崎】

「あれ?灰崎じゃない。なんでここにいんの?」

「ゲェッ!ノジコ!!」

「ノジコさん、でしょーが」

あたしはナミの二つ上の姉貴で、ナミゾウの一つ上の姉貴であるノジコ。

この灰崎祥吾という男は、中学の頃のサボり仲間だ。ナミと同い年であり、友達でもある。

「なんでノジコサンが静岡(ここ)にいるんスか」

「その言葉、そのまま返すわ。…あたしは推薦よ」

「はあ!?一緒にサボってたのに頭良かったのかよ!!?」

「まあね。むしろサボってたのは授業が分かってたから。」

「そんなのアリかよ…」

ここは屋上。あたしのサボりスポットでもあるこの場所に、灰崎を誘ってあげたのだ。あたしって相当優しい。

「っていうか、あんたのその頭…なに?」

「高校デビューってことでイメチェンした。つーかナミは?」

「ナミは涼太と同じ海常。…まあ、神奈川ね」

すると灰崎は怖い顔になった。声も低くなる。

「…黄瀬に、ついてったのか…」

「……誘えっつーの」

「は?」

これは姉の特権で、その姉と同じ高校に来たこいつの特権だ。教えてやろう。

「ナミは、迷ってた。どこの高校に行くか、誰と同じ高校に行って支えるか。
あんた、後輩になったから教えてあげるけど、ナミはあんたのことも心配してたのよ。もちろん、他の奴らも。」

「……」

「だから誘えば、あんたと一緒にいることを選んだかもしれないのに…あんたたちは自分についてくるのが当たり前だと思って…!」

ナミは一人で、ナミにも選ぶ権利がある。

だからキセキの世代の中でも、一緒の高校へと誘っていた涼太と行ったのは正解だと思う。

「あんたたちってバカね…」

「……オレは別にナミと一緒に行きたかったわけじゃねェ。」

そう言うと灰崎はゴロンと横になった。あたしはその隣に座り込む。

「黄瀬と一緒っつーのが気に入らねェだけだ」

「……」

「でも…あんたがオレの隣にいてくれるなら、オレは負けねェよ?」

「どういうこと?」

「そのまんまだよ。あんたの推薦の理由、オレが知らないとでも?」

なんだ…知ってんのね。

「なあ…?朱崎ノジコ監督」
... 続きを読む

90: お香しゃちょー◆kk:2017/12/24(日) 02:04 ID:Ujw

今吉翔一

ーーたしか、あたしの元カレ。彼のことは、私もよく覚えているわ

ーーそうなの?

ーーええ。あなたに危害を加えるワケでもなから、彼は結構お気に入りだったわ

ーーーーーーーーーーーーーーーー

「ねーねー、君って帝光の子だよねー?」

「俺らと遊ばなーい?」

コンビニに寄ったのが運の尽き。ガラの悪い高校生ぐらいの三人組に絡まれてしまった。

「えー無視ー?」

うざい。どうやって逃げようか、と考えていると1人の男が吹っ飛んだ。そして、もう2人も吹っ飛ぶ

「大丈夫やったか?嬢ちゃん」

「え、あ、うん…」

この人も、中学生だろうか。立ち去ろうとするその人の裾を、あたしは慌てて掴んだ

「あ、あの!!」

「ん?」

「あ…ありがとうございました!」

「礼にはおよばへんって。」

「あたし…ナミっていいます!!あなたの名前を教えてください!」

「今吉翔一や。よろしゅう頼むわ」

これが彼との出会いだ。今吉さんとはそのコンビニで頻繁に会って、友達になった。

それが、今吉翔一との出会いだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

ワーッと会場が盛り上がり、あたしは一気に過去から今に意識を戻した。

コートでは、大ちゃんがギリギリのところでシュートを打っていた。DFは、火神ちゃん。

点数は、51対39

(さすがね、火神ちゃん…ここまで大ちゃんに付いて来れた選手を見るのは初めてよ…でも、視えた!!)

一気に火神ちゃんがボールを投げる。速攻だ。

でもここで、アイツが速攻に追いついてシュートを防ぐ。

(あたしの眼で見たのは火神ちゃんが止められる未来…計算からして、今のは大ちゃんの未来じゃなくて火神ちゃんの未来…)

つまり、火神ちゃんの体力の消耗が激しいのに対して、大ちゃんの体力はまだ大分残っているということだ。

すると、大ちゃんのフンイキが変わった。

そして、誠凛のみんなをトリッキーな動きであざむかせる。

(このバスケ…知ってる!)

昔、修兄とアメリカに行った時に見た

ーー変幻自在

... 続きを読む

 全部読む/最新50/書き込む

ワンプリ(ONE PIECE&プリパラ) アイドルタイム編

1: ディアン◆Sw:2017/04/12(水) 17:32 ID:2R6

僕ディアンが
ワンプリのアイドルタイム編のストーリーを書きます。
コメントはOKです。

3: ディアン◆Sw:2017/04/13(木) 22:36 ID:2R6

第1話 「ルフィ パパラ宿に来た」
前編

パパラ宿のアボカド学園

ゆい「ねえらぁら この間のLIVEゆめ凄かったよ!さすが神アイドル」

らぁら「ありがとうゆい 今日もプリパラ行こうね」

ゆい「うん、私もゆめ頑張る!」

らぁら「かしこまっ!」

らぁら達は放課後 プリパラに向かって そして前に作ったトンネルの所に着いて
らぁら「じゃあ行こう」
ゆい「うん」
二人は降りてトンネルの中に入り

そしてプリズムストーンに続くマンホールの真下に着き そして上まで登っていき
らぁら「ふう プリズムストーン前に到着」
らぁらはマンホールを退かして先に着いて
ゆい「ああ、ゆめ待って」
ゆいは少し遅れてて、するとゆいが突然足を滑らせて落ちそうになる
ゆい「うわぁぁぁぁ!!」
らぁら「ゆい!!」
落ちそうになったその時、
ヒューーーン!

ゆい「え?」
謎の手がゆいの腕をを掴んでそして引き上げられ
らぁら「ゆい 良かった」
らぁらは安心して
ゆい「ふう、ユメ助かった。ってあれ?誰私を助けたのは?」

誰も居ないから 誰が助けたのかわからなくて

らぁら「さあ?誰なの?ん?手がさっき伸びてたような あ!もしかして!」
らぁらは伸びる腕の事を聞いて 何か思い付いて
???「ニッヒッヒ!そのもしかしてだ!」
誰かの声がして
ゆい「ん?誰の声?」
らぁら「あ!この声!」

???「はっ!」
謎の男が二人の前に現れて

ゆい「だ!誰!?」

ルフィ「ニッヒッヒ!よおらぁら!遅れてすまなかったな」
らぁら「ルフィ!」
らぁらはルフィを見て嬉しそうに
らぁら「うん、来ないから心配したよ、でも会えて良かった」
らぁらな喜んでるが
ゆい「え?らぁら この人知り合い?」
ゆいは不思議そうにして首コテしてる。

後半へつづく

4: ディアン◆Sw:2017/04/15(土) 00:42 ID:2R6

第1話 「ルフィ パパラ宿に来た」後半

前半からの続き

らぁら「うん!そうだよ!」

らぁらはゆいの質問に答えて


ルフィ「ん?らぁら こいつお前の友達か?」
ルフィもゆいを見て気になりらぁらに問いかけ

ゆい「ど、どうも 私は夢川ゆい!ユメよろしく」

ゆいはルフィに挨拶し、自己紹介して

らぁら「ゆいはあたしの新しい友達だよ」

ルフィ「へぇ、らぁらの新しい友達か よろしくな 俺はルフィ!らぁらとは親友だ」

ゆい「へぇ らぁらって男の人とゆめ友達になってたんだ!しかもらぁらよりも随分お兄さんに見えるし」

らぁら「でもルフィはあたしがまだプリパラで研究生だった頃からずっと友達だよ」

ルフィ「ああ、そうだ」

ゆい「へぇ あ!それよりユメ早くプリパラに行こう」

らぁら「あ!うん 行こう行こう ルフィ またあとでね」
ルフィ「おう!じゃあな」

らぁら達はプリズムストーンに向かい

ルフィ「おっと 俺も行くか いやぁパパラ宿のプリパラ 初めてだからなでも俺はここでプリパラを守らねぇといけねぇ それじゃあ」

ルフィは自身専用のアイドルウォッチにある隠しボタンを押す。すると消えて


一方パパラ宿のプリパラでは

ゆい「はぁ プリパラはやっぱりユメ大好き!」

らぁら「あたしも〜」

らぁらとゆいはプリパラ内に入って

ルフィ「えええ!?何だこのプリパラ?建物もねえし、人が全然居ねえな」
ルフィもプリパラに入ってて パパラ宿のプリパラ内を見て驚きがっかりして

ゆい「ええええええええ!?何で居るのー!?」

ゆいはルフィがプリパラに居るのを見て驚き 混乱してて

ルフィ「あっ?」

らぁら「あー、言い忘れてた 実はルフィ プリパラに入れるんだよ」

らぁらはゆいに説明して

ゆい「ユメ?でもプリパラは女の子しか入れない場所なんじゃ ダンプリなら入れるけど」

らぁら「あはは まぁルフィは特別なんだよ」

ルフィ「あれ?らぁら お前なんで姿変わってねぇんだ?」

ルフィは姿の変わってないらぁらに首をかしげ

らぁら「あー、実はこれには色々訳があって 大きくなれなくなっちゃったんだ」

ルフィ「ええええ! 俺デカイらぁらが好きだったのになあ」
... 続きを読む

5: hoge:2017/06/11(日) 00:32 ID:eHY

2レスで終わる物は書かないでください

 全部読む/最新50/書き込む

ONEPIECEの二次創作

1: たぴおか◆vk:2016/01/28(木) 16:39 ID:dLQ

ここでは基本的に私が小説を書いていきますっ!
コメ、大歓迎ですっ!

 全部読む/最新50/書き込む

ONE PIECE 姉と弟、海兵と海賊

1: 紫萌荵喜@官房長官:2015/09/02(水) 22:06 ID:DdI

このお話は、ルフィに実の姉がいるという設定で話を進めていきます。
荒しはやめてね〜!

17: 紫萌荵喜@官房長官:2015/09/23(水) 15:39 ID:DdI

カレンを覆う球体はミホークの剣でも壊れなかった。

ミホーク「ならこれはどうだ。いくぞ!!」

ミホークが剣を構える。

ミホーク「斬っ!!!」

ミホークが斬撃をとばす。カレンを覆う球体が音をたてて崩壊した。

カレン「っ!!けど…あまい!!!」

砕けた破片がミホークを襲う。しかし、それを全て弾き返す。

ミホーク「ずいぶんと工夫をしたようだが、その程度の攻撃じゃ駄目だ。」

カレン「……わかってます。この攻撃にはもう一つ先があります。剃!!!」

ミホーク「……六式使いか。」

カレンがミホークの目の前に迫っていた。カレンとミホークが剣をぶつけあう。

ミホーク「む、やるな。」

カレン「まだまだ!!嵐脚 百本桜!!」

ミホークに百の刃が迫っていく。それを全て弾き返していく。

ミホーク「もう終わりか?」

そういうミホークが見つめる先には息切れをするカレンがいた。

カレン「……はぁ。私の…負けです。参りました。」

クザン「(……鷹の目を相手にここまでやるって…ガープさんの孫だけあってとんでもないな。)」

ミホーク「……何故本気を出さなかった。」

カレン「…絶対に敵わない。ミホークさん、貴方は強すぎる。それに……全力で戦うとその分体力の浪費が激しすぎます。」

18: 紫萌荵喜@官房長官:2015/09/23(水) 22:11 ID:DdI

クザン「……お前、ジンベエとミホークに稽古つけてもらうのはどうだ?」

カレン「私が…ですか?」

クザン「ああ。ジンベエ、いいよな?」

ジンベエ「もちろんじゃが、子供に魚人空手を教えるのは初めてじゃ。大丈夫かのう。」

カレン「はいっ!大丈夫です!!」

……この一言が自分の体を苦しませるとは思っていなかった。こうして私の地獄の修行が始まったのだ。

19: 紫萌荵喜@パティシエ見習い:2015/09/26(土) 12:35 ID:DdI

  2時間後
カレン「…ちょっとジンベエさん?な、何構えてるんですか……?」

ジンベエ「まずは魚人空手をあじわってみるのじゃ。魚人空手、一千枚瓦正拳!!!!」

生身では受けられないと、カレンは悟った。それほどに強力なのだ。

カレン「鉄塊…」

ジンベエ「(まともに受ける気か。)なかなかいい覚悟じゃのう。」

カレン「剛拳!!!」

カレンとジンベエの拳がぶつかりあう。

ジンベエ「!?……お主、本当に子供か?」

カレン「ええ。じゃあいきますよ?魚人空手……」

ジンベエ「!?」

カレン「一千枚瓦正拳!!!!」

 全部読む/最新50/書き込む

次のページ>>

全スレッドキーワード一覧サイトマップ