東方project☆オリキャラなりきりV【原作キャラOK】

葉っぱ天国 > オリキャラなりきり > キーワード一覧 ▼下へ
12:◆w3.:2017/11/25(土) 21:10

「私は地獄を映す者、世界を地獄にする者。」
「光に溢れるお前達が妬ましや、恨めしや……」

【名前】六道 鏡禍
【読み】りくどう きょうか
【性別】女
【種族】付喪神
【年齢】不明

【程度の能力】
『あらゆるモノを映し出す程度の能力』
・あらゆる鏡面によって全てを写し出し、写し出したモノを自由自在に操る能力。
・光を反射するものなら、鏡だけでなく、水面からも現れる事も出来るが、逆に鏡面であってもその上に蓋がされていたり、水が濁っていて光を反射できない状態の場合は移動できない。
・相手の心身を写し出して相手の分身を生み出して操る事も出来る。ただし、分身そのものには基本的に意識は無く、相手の放った力や技と同じものしか放てない。
・相手の放った力や技を鏡で吸収して何処からでも自在に反射させる事が出来る。ただ、吸収する速度や一度に吸収できる量には限界があるため、その許容量を超えた、連続攻撃などを受けると、吸収しきれなくなる。
・この能力の最も恐ろしいのが人々の心が生み出した「六道地獄」そのものを顕界させる事で周囲を一時的に地獄に変え、相手を葬る。この六道地獄は人々の心の闇が具現化されたとも呼べるものであるため、例え空間転移を行おうとしても逃れられないものの、それぞれの地獄において、心の持ち用や言動、思考によって、地獄に打ち勝ち、脱出する事も出来る。

【二つ名】
「辺獄の魔鏡」

【容姿】
肌は死人のように青白く、その瞳は不気味なまでに赤い。
外見は人間の10歳前後の子供と同じで幼い顔立ちをしていて、髪は肩まで伸びた短髪で闇夜を思わせる漆黒の髪をしている。
暗紫色で統一された和服を着て、黒い草履を履いており、その幼い見た目に反して常に周囲に禍々しいオーラを放っている。

【詳細】
元々は『八咫鏡』と呼ばれる神器であったものの、紛い物を人々が崇拝するようになり、人々から忘れ去られ、付喪神化した。
鏡と言う性質に加えてかつては神器であった事もあって、人々の怨念や無念と言う報われない負の念を吸収するようになり、人々の心が生み出した地獄『六道』を自在に操れるようにまでなった。
名義上は付喪神であり、かつては神霊であったものの、その魂はもはや邪神の域にまで変異してしまっており、彼女自身もあまりにも長い年月の間、消滅しないように鏡の世界に一人でいた事に加えて、幻想郷に進出するために力を蓄えるべく負の念を吸収し続けてしまった結果、邪悪な性格にねじまがってしまった。

【備考】
信仰が失われたため、自分の実体を保つために鏡の世界の奥に自分で生み出した「六道地獄」の中で他の世界に干渉しないように生きていたものの『ある男』によってその心の中にあった孤独と寂しさ、悲しみ、憎しみを見抜かれ、幻想郷を足掛かりに現世に戻れば、信仰が無くとも実体化出来るようになり、自分を忘れ去った者達への復讐を成し遂げ、苦しみから解放されるのだと聞いて幻想郷に現れる。
彼女が本当に求めているのは、自分を忘れ去った者達への復讐などでは無く、再び人々の元に還って、人々に受け入れられ、かつてと同じく自分の存在を認めてもらいたい、ただそれだけであるものの、底無しの孤独を憎悪に変換されたため、自分の本当に求めているものですら見失ってしまっている。

47:絶対悪◆w3.:2017/11/30(木) 07:23

鏡禍
「無駄よ……」

鏡禍は緑色の液体を自身の魔力放つを余剰エネルギーの一部を簡易的な防壁に変えて液体を防ぎきる。
余剰エネルギーによって防壁を作れるレベルの力を有しているものの、その防壁は正式な防御技では無いため、どんな力や技も防げる訳では無いものの、弱攻撃に値するものであれば容易く防げる。

そこへ、彼女はその言葉の通り、掴んだ手を通じて、変わらずに彼女から命と力を奪って行く……
まだ彼女自身にも迷いがあるからか、人々の心の闇を反映した六道地獄本来の力を最大限には使えずにいるものの、着実にその命と力を削り取っている。

50:絶対悪◆w3.:2017/12/01(金) 16:20

鏡禍
「憎い…憎い…
人間が…憎い……」

鏡禍は周囲の赤い光に照らされ、黒い亡者達が不気味な笑い声をあげている中で、人間達が憎いと言う怨嗟の言葉を呟きながら、那覩から力と命を奪い続けている……



【何度も同じような描写をしているのに何も変わらない場合は、その変化をちょっと確定ロルっぽくして進行させても良いでしょうか?
流石に、ずっと攻撃や吸収をしているのにそこを無視されていると、描写した意味が無くなってしまいますので……】

51:柑逆 那覩&異桜 澪◆VM:2017/12/01(金) 18:31

>>49
【不備ありません!いつでも初回どうぞ☆】

>>50
【私も薄々思ってました(^^;
でも確定ロルは恐らくまた注意されてしまうと思うので,こちらが合わせる感じにしますね!】

那覩
「だかラ,人間じゃないのから取ッテも意味無いノ!
ッ……だんだン面白くなくナッてきたしナ………
ア,とりあえず離してくれないかナ?

(どうやら相手の攻撃はあまり効いていないようで相手の言葉にますます矛盾を感じて人間じゃないと少し強めに言えば,何か思い付いたのか苦笑いで離してと伝え)」

53:絶対悪◆w3.:2017/12/02(土) 12:42

>>51


鏡禍
「憎い……憎い……」

鏡禍の心は永い年月の間、積み重なった、憎悪と怨念に支配されており、相手に対する違和感を抱く事無く手を通じて力と命を剥奪して行く……

彼女の吸収する命は、相手の動く源そのものであり、例え命が無くとも、肉体を動かし、精神を維持し、思考する原動力そのものを、内包された力やエネルギーもろとも奪い去っている……

六道地獄-餓鬼道-
それは相手の力と命となるモノそのものを奪い去る、強力な力であるものの、先程から彼女は相手を掴んで吸収する以外には何の攻撃もして来ておらず、攻撃する素振りも見えない。

目は相手を捉えているものの、その心は自分ではなく紛い物を信仰し、本物の自分を忘却の彼方へ追いやった人間達に向けられている。


【了解しました!】

60:なっしぃ二世:2017/12/03(日) 11:27

言うほどチートでも無いような気もするな。
離れて攻撃すりゃいい訳だしな。
それにそれ言ったらどっちもチートになるw

69:鏡の地獄◆w3.:2017/12/03(日) 18:53

>>67

鏡禍
「……人間じゃないならもう用は無い……」

相手から吸収した力から、それが人間のモノとは異質であることに気付き、これ以上攻撃して無駄に時間を消費する必要は無いと判断し、周囲の餓鬼道を解除し、彼女の姿が空中に溶けるようにして消えて行く……
突然現れ、突然消えて行く……
名前も素性も、能力も、全てが謎に包まれたまま、不吉な予感のみを残して去って行く……


【ああいう荒らしは無視するのが一番ですよ。
相手にすればするだけ喜ぶような輩ですので。
次に同じように言って来た場合は何も答えずにここの管理人の人に報告しましょう。
鏡禍は現在は憎悪に支配されている状態(暴走状態)ですので、フレンドリーにする事は出来ませんね……
そろそろ本格的に異変を起こそうかなと思いますが宜しいでしょうか?】

70:鏡の地獄◆w3. 宛先をミスしてしまいましたので訂正しました:2017/12/03(日) 18:54

>>66

鏡禍
「……人間じゃないならもう用は無い……」

相手から吸収した力から、それが人間のモノとは異質であることに気付き、これ以上攻撃して無駄に時間を消費する必要は無いと判断し、周囲の餓鬼道を解除し、彼女の姿が空中に溶けるようにして消えて行く……
突然現れ、突然消えて行く……
名前も素性も、能力も、全てが謎に包まれたまま、不吉な予感のみを残して去って行く……


【ああいう荒らしは無視するのが一番ですよ。
相手にすればするだけ喜ぶような輩ですので。
次に同じように言って来た場合は何も答えずにここの管理人の人に報告しましょう。
鏡禍は現在は憎悪に支配されている状態(暴走状態)ですので、フレンドリーにする事は出来ませんね……
そろそろ本格的に異変を起こそうかなと思いますが宜しいでしょうか?】

91:鏡の地獄◆w3.:2017/12/08(金) 16:06

>>90

亡者
『ガアアアアアアッ!!』

澪と那覩の二人の命の波長を感じ取った、周囲の鏡面から現れた数体の亡者達が爪と牙を剥き出しにして一斉に二人に向かって飛びかかる。
弾幕を放つ事を知らないのか、それとも弾幕を放てないからか、弾幕による攻撃では無く、鋭利な爪と牙を用いた攻撃を用いている。

110:◆VM:2017/12/27(水) 20:36

【プロフィールです!一応平和な感じにしておきますね
今回はもう一人だけにしますね☆】

「Whats!!?何ですか貴方!?まさか私のReady Kingを………  
それはGuiltyになりますよ!
仕方ないので私の手でgo to heaven…させてあげます」 

「こ,これがEarthのSweetS………! 
なんというSurpriseでしょう……!!very delicious! 
Marvelousな味です……♪」 
【名前】騎桜 維蛾    
【読み】きおう ゆいが    
【性別】女    
【種族】騎士(幽霊)    
【能力】植物を好きに創造する程度の能力    
【二つ名】王を守る自然の紅の騎士    
【容姿】    
髪:赤髪でショートだが,横髪だけ胸に近い位置まで伸びている。   
目:普通に大きな紫色。    
服:黒から赤のグラデーションで周りが金のマントを羽織っている    
上にはきちっとした白と赤のブレザーを着ていて腰にリボンのような金の縄を付けている    
ブレザーの中は黒い服    
そのブレザーをベルトで止めていて,下のスカートは赤と黒のミニスカート    
靴は黒に赤の紐がついたブーツ    
全体:身長は157p。見た目は糞ガキ中身も糞ガキ    
幽霊だが足はある
【詳細】   
真面目な性格のように見えるがかなり生意気
色々気にする性格で気になったことはすぐに言ってしまう。空気が読めない。仲良くなったらよく話す
会話に何故か英語を交えて話す。しかも良い発音  

宇宙騎士団の隊員。騎士団の中では最年少で最初は可愛がられていたが最近生意気になってきたのでうざい
自分一人で生きているように本人は思っていて全然人を頼らず一匹狼………のつもりだが騙されやすい

元々普通の人間として幻想郷で生きていたが,何者かに毒殺され一生を終えた    
奇跡的に幽霊として生き返ったが,自分の死んだ幻想郷を恐れ,宇宙へと来た
体は霊体モードにも切り替えれる
だが地上の甘いものが大好き 

能力の植物を好きに創造する程度の能力というのは地球以外の星にも植物を宿らせるということ。   
どんなに危険な植物でも一瞬で創造できるので攻撃にも使える。召喚のような感じ   
しかしあまりにも危険すぎるもの,強すぎるものでは自爆行為となるのでどんな植物でも上手く使うのが結構難しいよう 
  
【備考】 
一人称→私(わたくし) 二人称→貴方,〜さん 
英語をちょくちょく交えて話してくる 
甘いものを与えると喜ぶよ


全部 12- 最新50 キーワード ▲上へ

名前 メモ