最強アンドロイド

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 ▼下へ
5:エリカ iop:2012/07/31(火) 14:07 ID:2d2

       簡単あらすじ

華夜は、バイトの帰り道に光っている物を
見つけた行ってみるとガラスだった
でもそのとなりにはロボットのように横になっている子を見つけた!
そのつづきがいま始まります

第2話

華夜(な、そんな分けないよね!それより大丈夫かな?)
華夜「大丈夫ですか?オ〜イ」
華夜(少し叩いてみよっと)
   〜トン、トン、トン、トン〜
華夜「大丈夫ですか?」
アンドロイド「キュィ〜ン」
華夜「え!?」
華夜(今の何?)
アンドロイド「ごめん驚かせて...」
華夜「いいえ」
アンドロイド「で、今日から華夜のマスターね」
華夜「はぁん!?」
アンドロイド「まぁまぁと、言う訳でよろしく!」
おじさん「そこのお姉さん」
華夜「私ですか?」
おじさん「そうそう君、ひま?」
華夜「いいえ!」
おじさん「良いじゃないか」
ーグイー
華夜「痛い、やめて下さい」
アンドロイド「やめろって言ってんだろう!!」
おじさん「ヒィーごめんなさい!」
華夜「ありが..とう」
アンドロイド「どういたしましてそれにしても、僕泊まる所無いな・・・」
華夜「ウチ泊まってもいいよ」
アンドロイド「本当!」
華夜「うん!さっきのお礼」
アンドロイド「ありがとう!」
              続く


新着レス 全部読む 最新20 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文一行