〜*君の想い*〜

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 ▼下へ
102:AI:2012/11/18(日) 20:13 ID:cdk

個性が出てて、面白いよ

103:σ(≧∀≦*)Lear__*:2012/11/18(日) 20:28 ID:kHk

>>102
ありがとう♪

「それでも恋は実る」も面白いよ〜

104:σ(≧∀≦*)Lear__*:2012/11/19(月) 15:36 ID:kHk

私、卒業します。
この小説は、クロたんに書いてもらいます。

皆さん、さようなら。

105:クロ:2012/11/19(月) 18:58 ID:xxY

失礼、お邪魔します
σ(≧∀≦*)Lear__*の代わりにオレが小説書きます

といっても、オレでいいのかという感じです…

一応、書いていくのでそこの所よろしくお願いします

106:クロ:2012/11/19(月) 19:18 ID:xxY

皆様皆様…よく、登場人物が分からないのですが…
教えて頂けませんか?この小説の登場人物を

教えて頂けたら幸いです

107:σ(≧∀≦*)Lear__*:2012/11/19(月) 19:37 ID:kHk

クロたん、最後の一回来たよぉ

登場人物は、お話を見てみな。
それか、自分で決めて、下の様に、 
             ↓
○○side
私、○○○。
って感じでも良いよ!

では、さようなら^^

108:クロ:2012/11/19(月) 19:55 ID:xxY

登場人物をちょっと絞ります

1、主人公は、新キャラちゃんで

[♀ 登場人物]
2、杏奈、麻友、玲羅(れいら)、愛美、美佐、瑠奈。
[♂ 登場人物]
3、玲、新キャラ

勝手に決めてすみません

109:クロ:2012/11/19(月) 20:18 ID:xxY

新キャラちゃんと新キャラくん、登場です


[♀ 主人公]
小沢 梓/おざわ あずさ

[♂ ヒロイン]
世永 隆/せなが たか


この二人が中心的です

110:クロ:2012/11/19(月) 20:51 ID:xxY

-梓side-


「……何か、凄い所に来たような」

ポツリと呟き、眉毛を寄せる。

ここに転校するって決めたが…
何か、納得しないな。
ここの学校、いじめがあるような無いような。っていう、ふいんき。

上手くやっていけるだろうか。
上手く話せるだろうか。

そんな言葉が次々に浮かぶ。
考えながらも職員室に向かい、ノックをして入った。
目の前には、男教師。

が、そして男教師の隣には誰だか知らない、見知らぬ男。

目を細め、ジーッと相手を見る。
すると、男教師がその男子を教室に行けと命令する。

その男子は丁寧に敬語を使い、無表情で職員室を出た。

「―――あ、ごめんな。あいつも同じでお前と一緒の転校生なんだ」
「え、そうなんすか」

ボクと一緒の同士が居たとは。
心の中で少し驚きながらも男教師をジッと見る。

そして、ボクは男教師に自己紹介をした。
なるべく、丁寧に…なるべく、ね。

少し涼しい風が頬にあたり、黒い髪が揺れる。

それと同時にスカートも揺れ、時の長さを感じた。

「そうか。じゃあお前は、俺のクラスだから、ついてこい」
「…はーい」

適当に返事をして軽く流す。
カツカツッと静かな学校に足音が響く。

何回も転校を繰り返し、あまり友達ができなかった。

それに一人称がボク。

だから、「あの子とあまり関わりたくない」そんな言葉が毎日耳に入った。
悲しい。苦しい。
一人称がボクだったら、何が悪い。

少しイラつきが生まれる。

ムッとした表情で教室に入る。
そしてあの男子も一緒に付いてくる。

渋茶の猫毛にブラウンの瞳。背が高く、意外と細身。

そして何より目立つのが…美男な事。

そんな事を考えていると、先生に自己紹介をしろと言われる。
少し焦りながらも自己紹介をした。

「小沢梓です。一人称は、ボク。変な性格ですがよろしくお願いします」

111:エド:2012/11/20(火) 19:58 ID:xlY

σ(>∀<*)lear*_、黒魔女さんの小説、更新したから、来てね〜


新着レス 全部読む 最新10 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文一行