暗殺教室 〜勘違い→告白〜

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 ▼下へ
63:鈴原 杏莉◆jS.:2016/05/07(土) 22:48 ID:iFg

あと残ってるのはカル愛と千速と岡倉だよね
岡倉はあんまないけどカル愛と千速は王道なのが残ったなーって感じする

64:鈴原 杏莉◆jS. (;`・ω・)つdice3 ♪( ´▽`):2016/05/16(月) 16:44 ID:iFg

さて、書きますか!一気に書けるかな?
カル愛
「か…カルマ君っ…」
「あれ、奥田さん?どうしたの〜?」
「あの…美弥さんってどなたですか?彼女…なんですか?」
「んー、なんで奥田さんがそのこと知ってるのー?」
「皆さんに誘われて悪いことだとは思いましたが、盗聴しました」
「あー、これはいい逃れる術はなさそうだねー。竹林がさー、ギャルゲー見せてやれやれってうるさいからさー、やることになったんだよねー」
「そ…そうだったんですか。カルマ君は、現実に好きな人、いますか?」
「いるよー、でもなんで奥田さんがそんなこと聞くのー?」
「私がカルマ君のことが好きだからです」
「んー、友達としてってこと?」
「友達としてなら、そんな質問しませんよ?」
「えー、じゃあ奥田さんは俺の事が異性として好きってこと〜?」
「そうなりますね」
「俺も奥田さんが好きだよ、奥田さんと同じ意味でね」
「そうだったんですか⁉」
「うん、なのに奥田さんすごい鈍いんだもん」
「それは…」
千速
「ねえ千葉…」
「なんだ?速水」
「萌って誰のこと…?」
「ああ…もしかしてあの会話聞いてた?」
「いいから答えて」
「…萌はどっかのツンデレスナイパーさんに似てるギャルゲーのゲームキャラだよ、竹林が男子に強要してきたんだけどみんな結構ハマってな…」
「…はぁ…なるほど…みんなそうなのね…そうとも知らずに告白しに行って…まあ成功してるだろうけど…ってかどっかのツンデレスナイパーさんって私のこと?」
「はぁ⁉告白⁉」
「みんな結婚の話に動揺して告白しに行ったわよ」
「で、なんで速水はここに?」
「察しなさいよ!私はあんたに告白しに来たわけよ」
「速水が⁉俺に⁉」
「そうよ、まあ萌が現実にいないんだったら、気長にいけるわね」
「返事、今してもいいか?俺も速水が好きだ」
「は…千葉が私のこと好きって聞いてないわよ。まあでも…ありがと」
デレた

65:鈴原 杏莉◆jS. (=゚ω゚)ノ ―===≡≡≡ dice2 ♪( ´▽`):2016/05/16(月) 16:52 ID:iFg

これで最後、岡倉!
「岡ちん、奈々って誰のことかな〜?」
「く、倉橋⁉なんでそのことを…」
「盗聴したから〜」
「盗聴⁉」
「うん、スカートの中覗きの仕返しに。で、質問に答えてくれるかなー?」
「奈々は…竹林が男子に強要してきたギャルゲーのキャラだ。俺は竹林のように二次元に恋愛感情ねーけどな」
「そうなの⁉安心したー」
「なんでだ?」
「秘密ー」
「そうか。あ、そうだ倉橋」
「んー?」
「俺、倉橋のこと好きだ」
「本当⁉ありがとー。私も岡ちんのこと好きだよ〜」
「それは冗談か何かか?」
「そんなわけないじゃん、本気だよ〜」
「そうか、ありがとな」

これで一応このシリーズは完結。また新しいの書くよー。あ、でも後日談は書くかも

66:ちづる◆sc :2016/05/17(火) 19:06 ID:U3w

入ってもいい?
小説面白い!

67:鈴原 杏莉◆jS.:2016/05/17(火) 21:03 ID:iFg

ちづる
いいよ♪

68:ちづる◆sc :2016/05/17(火) 21:32 ID:U3w

ありがと〜♪
ヨロシクね!

69:鈴原 杏莉◆jS.:2016/05/17(火) 22:23 ID:iFg

よろしく♪

70:鈴原 杏莉:2016/12/23(金) 15:07 ID:xH6

んー、ここ来るの久しぶりだなぁ…

71:マロン:2017/07/29(土) 11:47 ID:vb6

こんにちはマロンです 9歳ですヨロヨロー

72:マロン:2017/07/29(土) 11:49 ID:vb6

杏莉ちゃんヨロー


新着レス 全部読む 最新20 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文一行