匿名リレー小説

葉っぱ天国 > 匿名 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:匿名:2014/02/01(土) 16:31

題名通り。
小説以外の書き込みは禁止ね。
では、スタート!

2:匿名:2014/02/01(土) 16:33

昔昔、あるところに、一匹の狼がいました。

この狼はとても怖がりで、何も出来ませんでした。

この狼の名前は、>>3

3:匿名:2014/02/01(土) 17:21

ひろし。
ひろしは、怖がりのため
食べ物がなかなか手に入りませんでした

4:匿名:2014/04/05(土) 16:43

ある日、幼馴染の桜が食べ物を分け与えてくれました
とても嬉しかったのでひろしは桜にこう言いました

>>3(後は頼んだ)

5:匿名:2014/04/05(土) 16:47

【あ、>>5です】

6:匿名:2014/04/05(土) 16:47

>>7でs(】

7:匿名:2014/04/05(土) 18:51

ひろし「やらないか」

8:匿名:2014/04/05(土) 20:25

「え?何?」桜は不思議そうに聞きました。

9:匿名:2014/04/05(土) 20:44

ひろし「いや、だからやらないか」
少しドヤ顔でひろしはそう告げました

10:匿名:2014/04/05(土) 21:53

「え、やるって何を……」桜は困り顔で言いました。

11:匿名:2014/04/05(土) 22:54

「だから、…やらないか?(イケボ)」ひろしは桜の前にひざまずくと桜の美しい手をとり自分の口をつけて

12:匿名:2014/04/05(土) 22:56

…と、その時、桜の恋人が登場!

13:匿名:2014/04/06(日) 07:43

「俺の桜に近づくんじゃねぇ!」
現れた男が桜の手首を掴んだ

14:匿名:2014/04/06(日) 13:25

桜は唖然とした。
こいつ…誰…?
俺の?いや、私この人知らない…。
「あなたは、誰?」

15:匿名:2014/04/06(日) 15:10

桜の恋人『桜太郎』は唖然とした。
そしておそるおそる桜に近づくと小さく呟いた

16:匿名:2014/04/07(月) 13:23

「俺のおもちゃだ」
黒笑みを浮かべると

17:匿名:2014/04/08(火) 06:57

桜の手首を掴み走り出した

18:匿名:2014/04/08(火) 17:50

ひろしは思った。俺のおもちゃ…!?まさか桜にSMの趣味があったなんて…

19:匿名:2014/04/08(火) 20:21

だが、その予想は桁違いだった。

20:匿名:2014/04/08(火) 20:25

桜は本当におもちゃだったのだ。魔法にかかって狼になったのだ。

21:匿名:2014/04/09(水) 13:25

「うそだろ。。。」

ひろしは言った。

22:匿名:2014/04/10(木) 00:07

「嘘じゃないさ」と後ろから声が。
振り返ると声の主は>>23

23:匿名:2014/04/19(土) 11:34

お母さんだった

24:匿名:2014/04/19(土) 17:17

「ひろし!こんな所で何をしているの!」

お、お母さんだ...
無断で家を出たことを知られたら>>24だ...

25:匿名:2014/04/19(土) 17:17

安価ミス
>>25

26:匿名:2014/04/19(土) 17:18

またミス
>>27

27:匿名:2014/04/19(土) 17:30

外出禁止だ。
そんなピンチに、友人の。。。

28:匿名:2014/04/19(土) 20:07

おかまが来た

29:匿名:2014/04/19(土) 21:44

「あら、ひろちゃん。こんな所で何してるの?今日一緒に遊ぼうって言ってたじゃない」
…そうだ、忘れていたが、おかまと約束していたんだった。

30:匿名:2014/04/23(水) 14:51

「ごめん、今忙しい」

そういって・・・

31:匿名:2014/04/23(水) 21:03

断ったのだが、一向に去ってくれない。それどころか、腕を引っ張ってくる。
口臭やべぇ。香水もくせぇ。

32:匿名:2014/04/23(水) 22:03

おかまを突き飛ばそうとした時つまずいておかまを押し倒してしまった。

お母さん(私の息子はホモなのかしら?)

33:匿名:2014/04/30(水) 21:18

お母さんは冷たい目線を送った。
おかまはその目線を見て・・・

34:匿名:2014/05/01(木) 22:30

「アラ、アナタハダレ?」

35:匿名 ID変わるので・・・:2014/05/02(金) 18:57

無視をして、「ひろしちゃん!!速く帰るわよ!!」
と言ったら、ひろしは・・・?

36:匿名:2014/05/02(金) 20:21

「ええ〜」
ないた。そして、見飽きたお母さんは・・・

37:匿名:2014/05/03(土) 21:56

母「男がメソメソすんじゃねぇ!!シャキッとしろや!」
ひろしとついでにオカマにもビンタを食らわせた。

38:匿名:2014/05/04(日) 18:24

ひろし「ぐはっ…」50m程吹っ飛んだ。
オカマ「あぁん…」100m程吹っ飛んだ。
…と、そこに桜達が戻って来た。

39:匿名:2014/05/05(月) 17:18

「うわああああああ!」
やばい光景を目にした桜たちは・・・

40:匿名:2014/05/05(月) 22:08

「私も殴って!」
といいながら

41:匿名:2014/05/05(月) 22:29

母親の近くに駆け寄り……

42:匿名:2014/05/05(月) 23:05

ひざまずくと

43:匿名:2014/05/06(火) 09:48

蹴り飛ばされた。

44:匿名:2014/05/06(火) 13:22

「ぐえええええ!」
桜の口から・・・

45:匿名:2014/05/06(火) 15:11

大量の

46:匿名:2014/05/06(火) 15:27

こいのぼりが

47:匿名 ID:0e1.x1678t103r@ezweb.ne.jp:2014/05/06(火) 16:18

いやらしい音をたてながら

48:匿名:2014/05/06(火) 23:35

這い出て来た。

こいのぼり「ふははは!我こそは地獄の魔王、こいのぼり様だ!今から地球を侵略してやる!!」

49:匿名:2014/05/08(木) 20:46

「・・・ええええ!?」
お母さんは驚いて・・・

50:匿名:2014/05/08(木) 20:46

「結婚してください!」

と、婚姻届を差し出した。

51:匿名 ID:0e1.x1678t103r@ezweb.ne.jp:2014/05/08(木) 21:14

「ごめんなさい!!」

と、振られ

52:匿名:2014/05/08(木) 23:15

号泣

53:匿名:2014/05/08(木) 23:24

そしてブチギレッ・・!!!!
お母さんブチギレっ・・!!!!
理不尽な怒りっ・・!!!引き立てる失恋の怒りっ・・!!!

54:匿名:2014/05/08(木) 23:28

カーチャン激昂っ・・!!!
正にその姿は怒り狂う金獅子(ラージャン)っっ・・・!!!!
怒り狂う己の母親っ・・!!!カイジ、絶体絶命っ・・!!!!!

55:匿名:2014/05/10(土) 12:22

そこに生き返った桜が飛んできた!

56:匿名 ID:0e1.x1678t103r@ezweb.ne.jp:2014/05/10(土) 19:54

そして死んだ!?

57:匿名:2014/05/11(日) 13:33

通りすがりの女性「きゃああああ!誰か警察呼んで!」
警察が来て桜の遺体を調べはじめた。

58:匿名:2014/05/11(日) 18:29

そしてその警察が桜の遺体を調理し始めた。

59:匿名:2014/05/11(日) 18:38

警察「ムシャッ…これは青酸カリ!犯人はお前だ!」
桜の遺体を食べた警察が指差した人物とは…

60:匿名 ID:0e1.x1678t103r@ezweb.ne.jp:2014/05/11(日) 20:09

ひろしだった…

ひろし「俺は殺ってない!!」

61:匿名:2014/05/12(月) 00:46

警察「嘘はよくないぜ、なぜなウッ…!」
警察は死んだ。

62:匿名:2014/05/12(月) 13:34

カイジ「親父の証言を嘘だと言う奴はっ・・・!!俺が殺すっ・・・!!!」
カイジ、警察の心臓を包丁で刺したっ・・!!!カイジ(21)っ・・警察を殺したっ・・!!
正に犯罪的っ・・!!!いやもう犯罪だっ・・・!!

63:匿名:2014/05/12(月) 17:55

そこに、真夏(1)がばぶばぶと飛び込んで、カイジに向かって飛び蹴り!

64:匿名:2014/05/12(月) 22:12

だが避けられる

65:匿名:2014/05/13(火) 14:20

カイジ「ヘッ、赤子の蹴りなんぞ屁でもねぇ・・ぐああああっ!!!!」
真夏(1)フェイントっ・・!!!何と言うずる賢い赤子っ・・!!!

こうして悪夢の夜はカイジの血によって幕を閉じたのであった

66:匿名:2014/05/13(火) 22:36

ひろし「ザ●リク!!」
ひろし は まほうつかい だった!
カイジ は いきかえった!

67:匿名:2014/05/13(火) 22:45

お母さん「ふんっ!!」
しかし怒り狂ったお母さんによりひろしとカイジはぺちゃんこに踏み潰されてしまった!

68:匿名:2014/05/14(水) 00:26

だが、ひろしの魔法にかかった今
カイジは無敵だ!!


3分間だけ

69:匿名:2014/05/15(木) 21:08

カイジはその3分間を利用して、
カップラーメンを作った。
3分後…カップラーメンを
食べ始めようとしたカイジだが…

70:匿名:2014/05/16(金) 19:27

お母さんにカップラーメンを盗られてしまった!

71:匿名:2014/05/16(金) 20:55

いらだったカイジは真夏(合ってるかわからんw)を武器に決闘!
結果は・・・

72:匿名 ID:0e1.x1678t103r@ezweb.ne.jp:2014/05/16(金) 21:27

惨敗

カイジ「クソッこの俺が負けるなんて…」

73:匿名:2014/05/17(土) 07:49

あれ?ゆ、夢?!

74:匿名:2014/05/17(土) 08:39

ピンポーン「カイジくぅーん」

75:匿名:2014/05/17(土) 08:40

俺は飛び起きて窓を開けた。「やっほぉー」「まっ、まなみ!!」

76:匿名:2014/05/17(土) 08:41

まなみというのは俺の幼馴染みの吉井愛美のことだ。「遅刻よっ!早く準備しなさああい!!」ぎゃああああ

77:匿名:2014/05/17(土) 11:49

そして俺は死んだ

まなみの蹴りによって…

78:匿名:2014/05/17(土) 12:13

まなみ「えっ、嘘でしょ死んじゃったの?嫌だよ…」
そういいながら泣き始めキスをして…

79:匿名 ID:0e1.x1678t103r@ezweb.ne.jp:2014/05/17(土) 19:48

生き返った

80:匿名:2014/05/17(土) 22:16

三分間だけ

81:匿名:2014/05/17(土) 23:34

その三分でまたカップラーメンを作り啜りながら死んだ

82:匿名:2014/05/18(日) 08:35

まなみはそのカップラーメンを食べながら、「使えねー男だなw」と呟いた。

83:匿名 ID:0e1.x1678t103r@ezweb.ne.jp:2014/05/18(日) 08:45

するとまた生き返った

84:匿名:2014/05/18(日) 11:40

しかし記憶を失っていた

85:匿名:2014/05/18(日) 14:19

まなみは言った

86:匿名:2014/05/18(日) 14:46

「どうして貴方は私を捨てたのッッ!!」

87:匿名:2014/05/18(日) 14:46

「どうして貴方は私を捨てたのッッ!!」

88:匿名:2014/05/19(月) 00:56

カイジ「うぅ…あ、あなたは誰ですか?」

89:匿名:2014/05/19(月) 01:16


「死神デス☆」

ウインクをしながら紫色の衣服を纏った骸骨が言った。

90:匿名:2014/05/19(月) 08:26

「ハイハイハハーイ☆皆の王子様死神ちゃんでぇーす☆今さ、今さ、彼女ぼしゅーちゅーw禁断の恋とかしてみたくない?wホモは嫌だけどw」

91:匿名:2014/05/19(月) 11:59

カイジは死神を無視してその場を去った

92:匿名:2014/05/19(月) 16:46

死神は怒ったように釜を振り上げた。

93:匿名:2014/05/19(月) 21:45

カイジ「ふっ、そんな物が俺に通用するか」

94:匿名:2014/05/19(月) 23:30

カイジが指パッチンをすると釜は消え去った

95:匿名:2014/05/20(火) 04:23

「えっ!?ちょーサイテーアンタマジないわー」

死神の釜が消えると、死神はギャル系のメイクの濃い死神女になった。

96:匿名:2014/05/20(火) 17:01

はっ 夢だったみたいだ。

97:匿名 ID:0e1.x1678t103r@ezweb.ne.jp:2014/05/20(火) 17:38

なんだ…夢だったのか…

なんだか視界が…

98:匿名:2014/05/20(火) 20:21

目の前に母がいる。
「はよ起きなさいよw」
言い方は優しいのに、顔は鬼の形相だ。

99:匿名:2014/05/21(水) 16:22

その形相に手を伸ばし・・・

100:匿名:2014/05/21(水) 20:44

軽くキスをした。
う…ヤバい…近親相姦じゃないか…←

101:匿名 ID:0e1.x1678t103r@ezweb.ne.jp:2014/05/21(水) 20:45

母「な、何してるのよあんた!!//」

102:匿名:2014/05/21(水) 20:48

しかし歯止めが効かず、
キスを繰り返す。
母は顔が真っ赤だった

103:匿名:2014/05/21(水) 21:51

さらにカイジは…

104:匿名 ID:0e1.x1678t103r@ezweb.ne.jp:2014/05/21(水) 21:52

母の服を引き剥がし

105:匿名:2014/05/21(水) 22:01

母の体を触りまくった。

106:匿名 れれ:2014/05/21(水) 22:12

母「うっ、何すんのよぉ!!////」

107:匿名:2014/05/21(水) 22:16

「クス…ヤるんだよ」

108:匿名 ID:0e1.x1678t103r@ezweb.ne.jp:2014/05/21(水) 22:17

母「だ、ダメよ…!//私たちは親子なんだからっ///」

109:匿名:2014/05/21(水) 22:18

「良いじゃねぇかよ!いくぜっ」

110:匿名 ID:0e1.x1678t103r@ezweb.ne.jp:2014/05/21(水) 22:22

母「い、いやぁぁ!!///」

111:匿名:2014/05/21(水) 22:24

パンッパンッ「あぁぁん…」

112:匿名:2014/05/21(水) 22:25

ヤりながら母の胸を揉む

113:匿名:2014/05/21(水) 22:26

「う…ぁぁ…」

114:匿名:2014/05/21(水) 22:27

「ハァハァ…あっイクッイクッああああああ!!」

115:匿名 ID:0e1.x1678t103r@ezweb.ne.jp:2014/05/21(水) 22:30

「ひぃあぁ…イっちゃった…」

116:匿名:2014/05/21(水) 22:31

「まだまだだぜっ」母の足を広げる。母のあそこに顔をつっこむ

117:匿名 ID:0e1.x1678t103r@ezweb.ne.jp:2014/05/21(水) 22:32

「い、いやぁっやめ、やめて!!///」

118:匿名:2014/05/21(水) 22:33

俺はあそこをなめ回す「んあっ…んん…///」

119:匿名:2014/05/21(水) 22:39

「母さん。壁に手、ついて」母は言われるままに手をつく「いくぜっ」パンッパンッ「あああああああ!ああんっ」

120:匿名 ID:0e1.x1678t103r@ezweb.ne.jp:2014/05/21(水) 22:41

「だ、ダメだよぉ!!///またイっちゃう…///」

121:匿名 hoge:2014/05/21(水) 22:43

馬鹿か

122:匿名:2014/05/21(水) 22:46

アダルト…

123:匿名 ID:0e1.x1678t103r@ezweb.ne.jp:2014/05/21(水) 22:46

>>120
書いたの中1の女子だよ

124:匿名:2014/05/21(水) 22:47

その一人は私。js6だよ

125:匿名 ID:0e1.x1678t103r@ezweb.ne.jp:2014/05/21(水) 22:48

>>120は私だ

126:匿名 hoge:2014/05/21(水) 22:50

匿名だと全くわからんww

127:匿名 ID:0e1.x1678t103r@ezweb.ne.jp:2014/05/21(水) 22:51

>>98からやり直そう

128:匿名:2014/05/21(水) 22:55

だなw

129:匿名:2014/05/22(木) 07:42

じゃあ>>98から。



母「起きろ!!!」
ついに母がきれたのか、もの凄い
大きい声で怒鳴った

130:匿名:2014/05/22(木) 16:06

「…怒らないのっ!」俺はそういいながら、母の手をひき、キスをした

131:匿名:2014/05/22(木) 16:17

母「ちょ、な・・・してんの?!」

132:匿名:2014/05/22(木) 16:35

「なんちゃってね。俺、さっきので目が覚めたわ」

母「なによ…//もうやめなさいよ?!」
母ったら。キスくらいいいのに

133:匿名:2014/05/22(木) 17:19

その時、ある者がやってきた──
ルナ「あ…ああ…そ…そうだったのね…浮気…浮気……浮気者ぉぉぉおおお!!!!!」
ルナは勘違いしていた。

134:匿名:2014/05/22(木) 17:20

という妄想をしていたら母にビンタされた
「ほら、さっさと布団から出んかい!」

135:匿名:2014/05/22(木) 17:24

「えークッソダリー」
急にカイジはグレた

136:匿名:2014/05/22(木) 17:27

「ダリいからまだ寝るわ」
カイジは再び寝て・・・
こんな夢を見た。

137:匿名:2014/05/22(木) 18:19

ーーー
昔々、あるところにお爺さんとお婆さんが住んでいました。お爺さんとお婆さんは、

138:匿名:2014/05/22(木) 18:28

自殺しました、子供のお前らくんがただで飯を食っているせいです終わり
ーーー

139:匿名:2014/05/22(木) 18:29

「ああああっっ!!!!!!」
カイジは驚いて布団から出た
「ゆ、夢かよっ!!!!」



・・・もう18時だ・・

カイジは賭博(ギャンブル)をする為に夜の街へ消えて行った

140:匿名 ±tVB:2014/05/22(木) 18:42

カイジは途中でコンビニへ入りました。そこに強盗がいました。
「おい!金出せ!」
カイジはイライラしてきました

141:匿名:2014/05/22(木) 19:05

其処で昔の知り合い三好に会いました

三好「カイジさん!何してるんですか!!!!」

カイジ「ッ・・!!うるせぇっ!!いから金を・・ゲハッ!!」

カイジは三好に本気で腹パンされた

142:匿名:2014/05/22(木) 20:58

はっ夢か!

目の前には下着姿の女たちがいた

143:匿名:2014/05/22(木) 21:03

あらカイジ君。お目覚めのようね

144:匿名:2014/05/22(木) 22:39

(・・・!!!!ギンギンに勃起してやがる・・!!たまんねぇ〜!!!)ガバッ


こうして幸せな夜はカイジの精液によって幕を閉じた

           完

145:匿名:2014/05/22(木) 23:59

?「終わってたまるか!」

146:匿名 ID:0e1.x1678t103r@ezweb.ne.jp:2014/05/23(金) 07:10

カイジ「な、何!?」

147:匿名 hoge:2014/05/23(金) 09:50

そこには三好がいた

148:匿名 hoge:2014/05/23(金) 11:58

>>128
馬鹿かよwwww
まだ中1だけどエロ知識ふりかざすかっこいいアテクシとでも思ってんの?www
キチガイ乙wwww

149:匿名 }tVB:2014/05/23(金) 16:09

カイジは訳が分からなくなってきた

150:匿名:2014/05/23(金) 16:31

という夢を見た。

151:匿名 hoge:2014/05/23(金) 16:34

「また夢かよ!!!!」
カイジは叫んだ

152:匿名:2014/05/23(金) 16:46

「夢落ち便利過ぎwww」
カイジはまたも叫んだ

153:匿名 hoge:2014/05/23(金) 16:57

「早く起きろっつってんだろ!!!」
母の声が聞こえた

154:匿名:2014/05/23(金) 21:32

だがまた夢だった

155:匿名:2014/05/23(金) 22:03

「ねぇ起きてカイジ」
目を開けたら目の前に美少女がいた
「誰!?」
「私は愛夏。あなたに一目惚れしたの。」

156:匿名:2014/05/24(土) 12:03

カイジはその子を見た瞬間手がしたの方に行く「ひゃあん…」

157:匿名:2014/05/24(土) 14:49

だ が 夢

158:匿名:2014/05/24(土) 17:42

「ぁあああ!!!!・・また夢かよっ!!!」

カイジ、またも夢、またも夢ッ!!!!!!!!

「悔しい!!!」

悔しい、

「悔しい!!!!!」

悔しい、

「悔しい!!!!!!!!」

悔しい、だがこれで良い(性的なのは夢落ち的な意味で)

159:匿名:2014/05/24(土) 18:05

だが、夢の繰り返しに耐えられなくなって、カイジはとうとう

自分に手を出してしまった。

「はぁ、ああっっ!!感じるぜっっあぁんっ!感じるってことは夢じゃねぇな!あぁっっ!あっ!」

ふと部屋の隅を見ると母が立っていた。

(チッ。母ちゃん気がきかねぇな)

と思ったら目が覚めた。

「ちくしょぉぉぉぉ!!!また夢かよぉぉぉぉ!!!」

「カイジ!!!!大声出すんじゃねぇぇっ!!!!」

「母ちゃんもうっせぇぇ!!!!」

「おめぇのほうがうっせぇぇ!!!!」

朝から一階の母と言い合いしていた。

あの夢のせいでもうビンビンに勃起している。

(やべぇ、我慢できねぇっ)

「母ちゃん!ちょっと来てくれ!」

「なんだよ!!」

母が階段を上がってくる。

160:匿名:2014/05/24(土) 19:30

そんな母をベッドに押し倒し、
包丁を突き刺した。

161:匿名:2014/05/24(土) 19:40

あ、殺っちまった。

ま、いいか(*^^*)

このババァ全然ヤらせてくんねーし

162:匿名:2014/05/25(日) 18:06

カイジが部屋を出ようとしたその時

「どこいくのぉ・・・」
霊になった母がいた。
そして追い掛けてくる。
「な、なんだよッ!」

163:匿名 ID:0e1.x1678t103r@ezweb.ne.jp:2014/05/25(日) 18:17

母「ウフ、ウフフフフフフ…」

164:匿名:2014/05/25(日) 19:45

母の姿が変わり…

165:匿名:2014/05/25(日) 19:47

カイジになった。

「うぉ!!お、俺!?」

166:匿名:2014/05/25(日) 20:40

「あぁそうだお前だよ!」
「なん…だと…!?」
「お前の母親の身体はお前の邪念がのっとった!!返して欲しくば、貴様の中の邪念を取り戻すんだな!」

167:匿名:2014/05/28(水) 16:23

というのもまたまたまたまた夢だった

168:匿名:2014/05/28(水) 16:25

「ああああああああああーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!また夢ぇ!!!!!!!!!!!!!」
カイジは宇宙に届くくらいの大声を出して、世界中が震えた。
皆「うるっさぁぁい!」

169:匿名:2014/05/28(水) 18:50

そして皆気を失った。
カイジが
「この間に俺の欲しいもの取るぜ!!

170:匿名:2014/05/28(水) 18:50

と言った。

171:匿名 ID:0e1.x1678t103r@ezweb.ne.jp:2014/05/28(水) 21:59

172:匿名:2014/05/28(水) 22:13

カイジは

173:匿名:2014/05/28(水) 22:17

また寝た

174:匿名:2014/05/29(木) 07:38

カイジは興奮している間に
自分で睡眠薬を飲んでしまったからだ

175:匿名:2014/05/29(木) 07:57

周りの人間はつくづく思う。
らやはりカイジはただのアホだと。
救いようのないお馬鹿なんだと。
そして呆れた。

176:匿名:2014/06/01(日) 19:14

その時

177:匿名 hoge:2014/06/01(日) 22:39

カイジは

178:匿名:2014/06/02(月) 15:17

ふと思い出した

179:匿名:2014/06/02(月) 16:22

カイジが自分の背中より大きいランドセルをしょって、走り回っていたことを。

180:匿名:2014/06/02(月) 20:47

そしてそのランドセルにはたくさんの違法ドラッグが入っていた事をカイジは知っていた。

181:匿名 ID:0e1.x1678t103r@ezweb.ne.jp:2014/06/02(月) 20:50

まぁ、いっか♪

182:匿名:2014/06/02(月) 21:41

そして

183:匿名:2014/06/02(月) 21:42

その後

184:匿名:2014/06/02(月) 23:22

確かにあったはずの

185:匿名:2014/06/03(火) 16:51

記憶は

186:匿名 :2014/06/04(水) 16:15

ない★

187:匿名:2014/06/04(水) 18:15

「なんということだーーーー!」

188:匿名:2014/06/04(水) 19:22

カイジは自分でも訳が分からず、その辺をずっとうろうろしていた

189:匿名:2014/06/04(水) 20:55

だが

190:匿名:2014/06/04(水) 21:02

なぜか突然カラフルな衣装を着た55歳くらいのおっs…男性が飛び出してきた

191:匿名:2014/06/05(木) 16:15

「僕ちんは魔法使い!!君の記憶を奪ってあげたんだ!!感謝しろよ。ガキ」

192:匿名 ±c:2014/06/05(木) 18:41

「誰だよ!ハデハデおっさん!!」
手にはキンキラの手袋、
そしておっさんなのにピアスをしている。

193:匿名 ±c:2014/06/05(木) 21:38

「次はどんな魔法を掛けようかなぁ〜ん?そうだ!これにしよう!
トモリンプルリンキラキラリン★」
魔法を掛けられ、カイジの服が
カラフルな服に変わり・・・

194:匿名:2014/06/06(金) 16:25

カイジまでおっさんになってしまった。そして・・・

195:匿名:2014/06/06(金) 17:56

誰でもハデおっさんにできる魔法を
手に入れた

196:匿名:2014/06/06(金) 20:56

「よし、みんなにやろう!」

そういって出かけたカイジ。

197:匿名:2014/06/06(金) 21:40

町を見渡すと10歳くらいの少女や大学生、お爺さん、お婆さん、サラリーマン…
様々な人々が道路を通っていた

198:匿名:2014/06/07(土) 00:04

「えいっ!!」
・・・しかし何も起こらない

カイジは夢を見ていたのだ、誰でもハデおっさんにできる魔法を覚えたと言う夢を・・・

「う、嘘だ・・・ろ・・?」

クスクス・・・クスクス・・・

「!?」

見渡せばたくさんの人々に笑われていた・・
そしてカイジは気付く

「何でハデおっさんになってるんだ!!!!!!」

カイジ、絶望!!!!絶望ゥ!!!!!

199:匿名:2014/06/07(土) 08:39

「がっちょーーーーーーん」

カイジは走った。
そして、「ばぶばぶ」とついてくる、真夏(3)がついてきた。

200:匿名:2014/06/07(土) 13:46

しかもものすごい勢いで。

201:匿名:2014/06/07(土) 16:42

そしてカイジにダイレクトアタック!

真夏「ONE TURN KILL」

真夏9800→1
カイジ LP4000→0

202:匿名:2014/06/07(土) 21:03

そして、真夏は成長し、16歳の女子高生に!
黒髪の、ロングに、ブラザー!
カイジは・・・

203:匿名:2014/06/07(土) 21:47

天へ召された

204:匿名:2014/06/07(土) 21:48

次回予告

私の名前は真夏!匿名高校に通うJKだよ!

205:匿名:2014/06/08(日) 11:50

真夏は、彼氏なしのJkである。
そんな真夏は匿名高校の男子にもてているが・・・

206:匿名:2014/06/08(日) 12:25

そしてある男子に「放課後、屋上に来てください」という手紙をもらった

207:匿名:2014/06/08(日) 12:34

(えっ?もしかして告白?ココがDOKIDOKIしちゃう!//)

次回「いじめ」
今度もちゃんと見てくれよなっ!

208:匿名:2014/06/08(日) 16:12

そして真夏は放課後屋上へ行った
少し早かったのか、まだ来ていないようだ
ところが何故かそこで真夏の親友・真冬が現れた

真冬「あんただけは絶対許さないっ!!
だってあんた…












コンビニで買った私のおにぎりを食べたじゃないッッ!!!」

209:匿名 ID:0e1.x1678t103r@ezweb.ne.jp:2014/06/08(日) 16:30

真夏「た、食べてなんかないわよ!」

210:匿名:2014/06/08(日) 17:20

真冬「食べたじゃないッ!!
私楽しみにしていたのに!!
真夏のバーカゴーリラ!!」



真夏は
「真冬はチンパンジーよ!」
といって、それの無限ループ

211:匿名 ID:0e1.x1678t103r@ezweb.ne.jp:2014/06/08(日) 17:44

真冬「くっ…やるわね…ゴリラ…」

真夏「まだまだ余裕よ…?」

212:匿名:2014/06/08(日) 17:49

真冬「ふっ・・・!」
その時、真夏は夢でも見ているのかと思った
なんと、真冬が目からビームを

213:匿名:2014/06/08(日) 20:46

出せない!
「あんた、腕が落ちたわね」
真夏はそういうと、真冬を…

214:匿名:2014/06/08(日) 20:50

包丁で刺した!!!

カイジ警部「何でこんな事したの?」

215:匿名:2014/06/08(日) 21:11

真夏「だって…」
真冬「ふふ…こんなことで私を倒せるとでも思っていたのかしら?真夏、あんた本当に考えが
甘いのね がっかりだわ」
なんと真冬は生きていたのである

216:匿名:2014/06/09(月) 16:15

「もういい、帰るわ」
そういって真冬は帰って行った

217:匿名:2014/06/09(月) 18:41

そして真夏が赤ちゃんに戻り、
うえうえ泣き出した。

218:匿名:2014/06/09(月) 18:55

そして・・・

上司「カイジくん君はクビだ」

カイジ「えっ!?そんな!!!俺はどうすれば・・」

真夏「オギャアオギャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアイグゥンギッモヂィィィィィィィィィ」

カイジ「よし・・この娘を育てよう」

カイジは知らなかった、この選択が無限ループに繋がる事を

219:匿名:2014/06/11(水) 16:38

そして、真夏もわからなかった。
カイジが実の親ということを。

220:匿名:2014/06/15(日) 12:12

早速真夏を育てる。

「オムツのつけ方わからない。。。」

ここで、登場したのは、「あっはーん!」オネエの兄・カイトだ(女バージョンだと、カヨコ)

「教えてあげるわよ!」

その反応にカイジは・・・ 

221:匿名:2014/06/15(日) 18:59

カイトに向かって排泄物を投げつけた理由は・・・なんと

222:匿名:2014/06/15(日) 19:00

ミス
カイトに向かって排泄物を投げつけた!理由は・・・

223:匿名:2014/06/15(日) 19:19

王直属護衛軍の一人ネフェルピトーから逃がす為だった

224:匿名:2014/06/15(日) 22:58

するとカイトは・・・

225:匿名:2014/06/16(月) 20:45

「まてえい!」
追いかけようとしたが、真夏が・・・

226:匿名:2014/06/16(月) 21:39

カイトを突き飛ばし、真の姿"王直属護衛軍の一人"

"モントゥトゥユピー"

に進化した!!!

227:匿名:2014/06/17(火) 20:49

「わはは!」
真夏の笑い声。
真夏の足がカイジの体に・・・

228:匿名:2014/06/17(火) 21:28

当たらなかった!
しかし直ぐに真夏は体制を立て直して

229:匿名:2014/06/17(火) 21:34

カイジとカイトに攻撃した!!!!
そして其処にひろしが現れたッッ!!!!(>>3)

230:匿名:2014/06/17(火) 21:37

なんと真夏とひろしは知り合いだった!

231:匿名:2014/06/18(水) 12:46

真夏「久しぶりだな…ひろし」

ひろし「ああ…久しぶりだな真夏…」

するとひろしの身体はボコボコと変化し王直属護衛軍シャウアプフへと姿を変えた

232:匿名 hoge:2014/10/01(水) 16:59

そこへVIPPERとなんJ民が凸って来た


書き込む 最新10 サイトマップ