〜気まぐれ作詞帳〜

葉っぱ天国 > 作詞 > スレ一覧 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 801- 901-キーワード▼下へ
1:たぴおか◆:2015/12/02(水) 18:07

作詞したいとオモイマス

772:たぴおか◆vk:2020/04/08(水) 05:37

カランコエ

日記をつけようにも
大層じゃない日はどうする
寝て起きて生きて吐いて
無能の無知でいてほしいの

人生に名前がつかない
モブにも何にもなれないや
全体の中にしかいないから
この身ひとつで1人になれたら


このまま大人になってしまったら
死んだ時後悔するくらいなら
当たり前じゃない幸せを
誰かではないひとりになるんだ
音が奏でられなくたって
色が操れなくたって
知識の海に船を出そう
先が見えないくらいでちょうど良い

773:たぴおか◆vk:2020/04/12(日) 04:49

水玉もよう

夏は僕を置いて行った
柵を越えて出たのは青だけ
光り方を教えてくれた
日焼けのあとが好きだった

湿っぽい部屋カーテンは閉じて
何やってんだろって思った
あと数十回しかないのは
どの季節も同じだろう

僕を救ったのは
季節に色をつけた内ひとつは
きっと音楽だって
真っ直ぐ言えるくらいだから
それなら叫んでよ
ここにいるのは
君だってわかってるから
僕が1番苦しいから


愛を形にしたって
目に映るものだけかき集めたって
たくさんの宝石の中じゃ
零れ落ちることのが多いし
今日の不安アスファルト蹴った
幸も不幸も決めつけるな
足りないなら創れば良いから
足りないのもまた楽しめるかな

774:たぴおか◆vk:2020/04/20(月) 02:33

こびと

涙が出るのなら正常で
正しいことに執着して
誰もがみんな鬱だから
この鬱だって当たり前か

みんなが多数であること
証明できないのは困るよな
自分と同じか何人か
データで渡して欲しいから


まわりの世界は小さくて
歩けないくらいほんとはでかいのに
こんなちっぽけな人間じゃ
小さくしぬしかないじゃんか
気になりだすと止まらない
何十年の自己分析が
無駄だって君が言うから
しょうがないなとりあえず消えたい

775:たぴおか◆vk:2020/04/27(月) 05:51

いちご

舌に触れたそれが甘酸っぱくて
涙が混ざってしょっぱくなった
心の水槽に溺れてく
やっぱり光が眩しかった

安っぽい純情駆け出した半透明
みたいに淡く線を描いて
それは花が星が見えない幸せが
僅かに見えた気がした

汚れた袖口とプリーツが
なんだか不思議に見えて
手首を隠したのは
君のせいじゃない

弱くなっているのは私の方だ
軽くなったリュックも青空に
泣きそうなくらい綺麗で良い
そのくらいが一番好きなの

776:たぴおか◆vk:2020/04/27(月) 23:18

昔は良かったな

昔は良かったな
欲望を胸に貯蓄した
我慢が何かの美徳だった
昔は良かったな
多分こんな居場所もないんだろ

夜更け前また明け方だ
眠くないあくびをひとつ
矛盾と矛盾が矛盾であって
社会は私を責め立てる
自己責任と笑顔の仮面
はしたないのはどっちだろか

最低なもの
親の基準でずっと染み込んでる
毒ガスを吸ったから
そりゃ吐く息も苦しくなるのさ


何が昔なんだよ
過去によがるのはカッコ悪いか
疑問だけは頭に浮かぶのに
解決策は使い捨てじゃん
ぼやけた視界に自分なりの
眼鏡をかざしてたら転んだ
昔も未来も嫌いだな
言葉がなければ苦しまずに済む?
それが正しいと決めるなら
わたしは死にたいと思ってもいいじゃない
生きる気力が無くても生きてるし
動かなくても人生はガチャ
星5は努力じゃ手に入らん
届かないことは憧れる
わたしの全部を否定しないでよ
わたしの全部はわたしが否定してる

777:たぴおか◆vk:2020/04/29(水) 00:50

ふつー

魔法が使えたらいいのに
人より優れた何かがない
劣等感承認欲求が
喉に張り付いてんの

普通でいるならこんな風に
精神が不安定にはならん
あれもダメこれもダメ言われてる
なにしてたらだめじゃ無くなるの


よくわからん人生なのに
一丁前に痛いのは嫌なんだよな
言葉も語彙もそれほど
適切に選べないからな
あ〜才能がほしいな
やっぱいらないかもしれないな
あやふやしてたら怒られる
あたし、存在意義あったっけな
こわれた玩具みたいなんて
こわれた玩具に失礼だわ
他人の偏見に塗れては
夜の唸り声がめっちゃ怖い
はあ死にたいな
なるべく痛くなくあっさりなやつで

778:たぴおか◆vk:2020/04/29(水) 01:02

よくわからん

人には向き不向きがある
割とまかり通りそな意見だな
なにやっても微妙に下手で
それを伝える音も知らないさ

古参になったはいいけど
それを言いふらしたくなる
その時点であたしもう
醜いのわかってんだよ

拗らせてるわかるそれな
ネガティブツイートリア友に
鼻で笑われるの心抉られる
向いてない、向いてない
生きるのと息するのが
もったいないこんなもったいない
言葉も知恵も申し訳ねえや
ブーメランを腹にためて
他人に指摘されると腹が立つ
やっぱホントのクズだよね
まじでそれな笑笑
ごめん死んでくるわ

779:たぴおか◆vk:2020/04/29(水) 01:07

ほうこー

プライドだけ無駄に高い
他人に押し付ける自己否定
腹だけは無駄にすくな
そのくせ口には入らんな

記憶だけ消してくれよ
言葉だけ誰かにあげてよ
痛い自傷と鬱ソングは
そんなに共感できんのに


ボロボロボロボロボロボロ
困るな心だけ死んでくし
否定はもうやめたとか
何年後に言えるのかな
情緒もテンションも安定しない
明日になれば恥ずかしくなる
私を全肯定してくれ

780:たぴおか◆vk:2020/04/29(水) 02:40

めんどくさい

やりたくねえことばっか
生きてるだけで金がなくなる
他人任せで生きてたい
やりたいことだけで金が欲しい

学生時代の勉強不足がたたって
ストレスに揉みくちゃにされる
現代社会がなんのその
とぼけてどっかで野垂れ死にてえ


頼れる人はほとんどいない
人間だものうるせえな
勉強したやつに馬鹿にされるかも
勉強したやつもストレスためてるわ
神経質になってる
勇気もクソもないから
今日もクズを背負っていきる

781:たぴおか◆vk:2020/04/29(水) 02:54

最終巻

わたしの最終巻でころしてくれ
ワケも意味もない物語であり
ページをめくればため息
ハッピーエンド尚つまらない

終着点はここであれ
涙を流した塩味
読めない肝臓
超えない反動
ありきたりで打ち切りだね


冒険はまだ続くさ
誰も読まないストーリーだね
レビューすらなく3.0じゃない
サブカルチャーすぐ飽きる
自己紹介するものはない

782:たぴおか◆vk:2020/05/01(金) 00:45

ちゅうの下の下

優しいねと褒められる
君は私よりさぞかし優しい
人の気持ちばかり汲み取って
人生は既に幸せじゃなかった

せーのでスタートした
息をしたらもう惨めなの
全体を半分で割って
会った人だけでデータは取れないの


気づかない方が幸せだった
誰だ私に知識をくれたのは
もったいないからあげるよ
知れば知るほどって言葉が
好奇心で猫はころせない
どちらかといえば言葉がころした
あと幸せもくれたのは

783:たぴおか◆vk:2020/05/01(金) 02:17

明日すれば

溜まった悪魔が雪崩れ込む
明日やればって深夜に思えば
そのうち忘れてスマホを見て
明日やればも忘れるんでしょう

自分のことわかってないよ
正論をぶつけられたら痛い
その通りなのねわかるから
それ以上私を追い詰めないで


朝になれば昼だから
どうせ夕方まで布団から出ない
気持ちばかり先行して
気持ちすら記憶に残らない
欲望だけが本能か
ただの怪物に成り下がったの
自暴自棄か存在意義
死にたくないからじゃ駄目なのか

784:たぴおか◆vk:2020/05/03(日) 02:53

カット

ありきたり自暴自棄
言葉と歌にすれば大共感
まるで私のことみたい
ってコメントが嘲笑われる

それは私のせいなのか
お金がないのは努力不足か
まあまあそれはそうだよな
仕方ない死ぬしかないじゃない

生まれた環境はガチャ
その時点で精神的に違う
なんだそれじゃ生まれた時点で
不幸になること決まってた


努力はしましたできるだけ
生まれた環境は皆違うじゃない
財力と心の余裕が無いって
それ絶望しかないから
イカれてんのはどちらだよ
成功者は自分と同じ道を示すが
場所も精神も違うから
お前の空の幸福売りつけるな
困った精神的に負け

785:たぴおか◆vk:2020/05/03(日) 03:03

おやさい

無駄に心だけ不自由
手に届かない財布が落ちた
それなりの不幸が重なって
そん時選択を誤って
実際やるべきことはあって
なんでこんなこともできないの

自分に押し付ける普通が
かなり首を締め付けてる
見栄を張るのは簡単で
青いタイムライン溶け込んでく


心臓を自分で止めている
血管はなかなか切れない
もどかしい腹痛が続く
頭痛が痛いと泣き出して
挟まった愛が取れなくて
他人の言葉に浸るだけ

786:たぴおか◆vk:2020/05/06(水) 20:38

根暗いくらい

相変わらず予測変換には
_嫌いが打ち込まれてる
検索依存が止まらない
勝手に知れば勝手に死んだ

窓が光れば雷とか
私怒れば雷出れば
ぐちゃぐちゃの前髪
整ってない眉毛
それしか無いのにのうのう生きて
ろくに収入が稼げなくとも
涙で前が見えなくとも


成績が中の下だったよ
ピシャリ窓閉めとけば聞こえないないないな
長文で自己顕示ツイート
する暇があれば死んでるわ
ままままマイナスの意味を考えて数十年
育てる頭が痛くて
ご飯が喉に詰まるわ

787:たぴおか◆vk:2020/05/06(水) 20:58

ねこ!

マイメ口かク口ミのアイコンが
なる気なかったメンヘラじゃん
カッターに腕沿わせりゃ
やっぱ泣ける時もあるか?
フリルの量産になった
黒髪ボブのアイドルにも
可哀想がなりきってる
夜の歌をBluetooth流した

推しが1番でいいよね
救いは無いから逃げても良いよね
可哀想になりたいの
気持ち悪いは言えるの
普通にはなれないけど
よくいる誰かになれそうな気がしてる

788:たぴおか◆vk:2020/05/08(金) 22:09

いけすかない

改行が板についたな
記号を駆使して埋めようぜ
遠くなる視力が欲しいや
見えないものは見えなくしたい


飴玉ひとつで誘拐できるほど
モチベーションは甘くない
スマホに手が届くなら
堕落の道はスキップしよう

いけすかない人は
どうせなんて不信感が
砂を蹴飛ばせばいいのに
できないことを指示するな
一括りに天才とかじゃダメかな

789:たぴおか◆vk:2020/05/08(金) 22:15

ハリネズミの散歩

気に食わないの一言じゃ
よこしまで嫉妬が荒れ狂う
年下なら更に許せない
年上なら更に呆れる

大砲撃てばドッカンドッカン
涙味の塩で味付けしよう
夏も長袖を着る女子高生
無駄に非難されがちわら


知らない生物だった
みんなって量じゃわかんないし
頭がずっと痛いのは
低気圧のせいにしたい
課題は終わらない期限が迫る
追われてんのはどっちだ
見返せるほど心は健康じゃない

790:匿名希望:2020/05/14(木) 00:47

あおべに

夢を見てたいから
明日も傷付けた身体と
誇れない頭で汚してる
やつれたパーカーを被った
潰れたかかとノブを回し
やっぱり夢だったって諦める

忘れたいの
生きてほしいって言われたい
光る靴を買ってきてほしい
言葉で汚すなら愛までよ

未来のために生きるくらい
約束されたものじゃないし
今が楽しくちゃダメだったの
正常な型には入れない


弱虫はどっちだよ
夢の心地は最高で
闇を見つめて後ろ髪引いて
やっぱこんなもんだ
足りない足らせてくれない
はしゃいだのに時々
嫌な顔されちゃ資格もないでしょ

791:たぴおか◆vk:2020/05/23(土) 22:33

花葬

また息を止めた
鈍痛加速して鼓動
殆どの白い花
一輪の枯れた心

辛くて飛び込んだ君が
たった1日で忘れられていいものか
磔になって晒された君
投げた奴はのうのうと生きる

たった数文字のネットワーク
言葉だけで人が死に行く
正しさが見つからない
見つけられない

暗やみに目を閉じて
棺は今でも晒される
遠いところから囁いて
遠いところから花を投げ


後悔が息苦しい
責任感を締め付ける
忘れたらそれで終わり
忘れたいのは此方側

792:たぴおか◆vk:2020/05/24(日) 02:32

山椒魚

惜しまれていればきっと幸せなんだ
私以外知らないのに幸せなんだ
話したいことがあるから
やさしい人になれない

みえない妥協が身体染み付いた
ポケットから溢れるインク
はらっても取れないものばかり

来週また会おうね
昔だけ思い出して泣いてた
寂しいから行かないで
鏡は見たくない

静かな世界が消えて
儚いとは言えずに声がする
幻だって言うの
知らない人だから
悲しくなるのは
私だけ

793:たぴおか◆vk:2020/05/24(日) 22:34

栄枯

したからみていたから
わたしは殴られて良いのか
わからないことばっか
育った様にそのまま生きてる

否定を浴びたら自然に
涙だって出るし
言葉の刃が急に
刺さったら痛いのわかんない?
麻痺してちゃいけないのに
麻痺させたのはどっち
責めたくなかったら
ひとり死ぬしかなくなる

794:たぴおか◆vk hoge:2020/05/28(木) 18:48

fides

悲恋のために言葉を狩った
傷つけられたから私も傷つけた
わたし、何もしてなくても
苦しめられるのどうして

気に食わない他人の正義が
毒となり光と偽って
ちらちら此方を見つめてる

期待する度期待外れだ
それなら何も知らなくて良かった
未知は罪ではなくて
未知だから幸せだった



君の正しさに踏まれて
わたしの心が透明になる
そこにはいないよ、って
守りたいなら1人にして

殆どのキスは優しさ
私はきみを貪る権利がある
安心して笑って良いよ
その分不幸になってね

795:たぴおか◆vk hoge:2020/05/28(木) 22:02

...

何かに似てるを装って
赤を黒に変えたい
それは権利ではないから
外野が叫ぶのは正義だ

歌いたいこと
ありふれたよな
誰かの心情で
食べるご飯は美味しいかな


似たり寄ったりは僕達だ
匿名性だけで生かされて
何者から何かになろうとした
作り上げた順番が
大事な守るべきものなの
生きる証が残らないで
可哀想にって嘆いてるの見てる

796:たぴおか◆vk hoge:2020/05/29(金) 13:57

こえ

何かを語るにも
私の声じゃ無粋な気がして
綺麗な音や色を
綺麗なままにしておきたくて

湿った天井
泣いている雨
外は晴れが訪れる
幸せになったきみ
なれなかったのは私の方


伝わりもしない言葉と音が
誰かの残したノイズに消えゆく
やっぱり相応しく無い
まわっても世界は同じ

首だけ落ちていきたい
それに気づかずに話してたい
死体になったら忘れてね
死体になったら閉じてね

797:たぴおか◆vk hoge:2020/06/03(水) 01:48

職業体験

気持ちも思いも何もない
死にたくないからじゃだめか
誰かの幸せを願う
それがみんなの目指す働き方

思入れがあるわけじゃないが
勉強したくないから来ただけ
嫌いなことするよりは
苦じゃないことをやってたい

将来の夢が幼子に判断できるか
未来のための安心剤
押しつけて決めたのは簡単だ
彼女のための積み重ね


1番は家でゴロゴロしたい
好きなものを集めた部屋で寝たい
一生だらけで過ごしたい
努力無しで安易な好きが欲しい

欲も金も無いまま
生きるだけが目的でも良いか
とりあえず死にたく無いし
明日の飯は必要だ

798:たぴおか◆vk hoge:2020/06/04(木) 21:39

働きアリ

働きアリにはなりたくない
一生寝てたら死んでいたい
ストレス溜めて生きたくない
苦しみを知った時点で死にたい

生まれた時点で運だった
家庭環境と金と顔
前者2つが欠けてたら
割と生きていけなくなる


教養がない
学歴がない
貯金もない
勇気もない
ついでにコミュ力も無いから

自己責任で潰されるなら
過去に戻ってボケっとしたい
全部クソ野郎ってことにしたい
考えることを放棄したい
一攫千金で楽したい
0.何パーセントを信じたい


ホームに出ると何故か
生きたくなっちゃうから
今のくるしい満員電車
乗り切ることだけ考える

時間はかなり冷酷で
運次第では味方につく
努力ができるくらいの
幼少期が欲しかった

泣いていたら
解決しないのに
泣いていたいから
今日もダラダラ涙鼻水が



散々苦しんできた
もはや自分の暗示のせいなのか
それなら何年生きてても
ずっと生き地獄じゃないか

絶望が限界になれば
運が悪くて死んでいたい
こんなにメンタルボロボロで
逆に生きてるの天才だ

799:たぴおか◆vk hoge:2020/06/04(木) 22:04

コピペ!

無断転載のコメント欄で
愛を叫ぶ馬鹿が何人
無断転載したやつは
それ以下よりも下の蛆虫

忘れてくよな
自分した悪いこと
忘れたいから
苦しむ人が連鎖する
心の痛みに優劣は無いのに
うるせえな私の痛みは
私だけがわかってるから
苦しいんだ!



ページを破って捨てたい
様な日記でもないクソが何十
歳を重ねて死ぬごとに
難しいことばかり増えるから

不便さだけを指で回して
幸せの金を奪うんじゃねえ
いざ寝て起きたら
忘れたとか言いたくないのに

800:たぴおか◆vk hoge:2020/06/07(日) 00:34

パープルスプーン

地獄は終わった
また次の怪物に怯える
周りが全部恐怖に満たす
机の上から落ちる感情が
私の形だったもの


見つける度に心に棲みつく
依存性だけを駆使している
花弁が落ちるのを目で追う

優しいものに埋もれていたい
せめて私に触れない世界が良い
幸せを食べるために
君に不幸を押し付けたから



最低だったのは
どちらか
忘れちゃった思い出せない
勝手にしたのはお互い様

これじゃ私の手も不要だ
切ってしまう
殺されないだけ良かったな
滲むあざを見たらそう思えた

言葉が一番苦しくて

801:たぴおか◆vk hoge:2020/06/11(木) 23:52

Yermo

錆びていく私を見ていた
私以外が光って見えた
劣等感を感じたから
私より弱いのに縋った

生まれた時から1番の
不幸せを全身浴びて
全てを悟って敏感に
周りと違うことを憂う


私だけ落ちていくのに
汚いものと目が肥える
自分以外の全てが憎くて
きっと忘れられない呪い

干からびていく君を見た
私もいつか追いつくから
段差に転んだ日が
傷になってまた痛くなる

802:たぴおか◆vk:2020/06/12(金) 00:14

A.

君の命に触れたって 誰の言葉拾ったって
大体常に優劣で 踏みにじられてるから
黒い雲が被さって 中身のない反論で
ため息だけ作っても どうしようもなくなった

飲み込めない感情を 赦せなかった幸福で
抱きしめる私が ただ吐きたくなる
わかれない君の手 変わらない君だけ
その分描いてきた 愛情だけ返してよ

諦めてた小さいわたし
ずっとずっと取り残されて


あぁ、時が重く過去を憎むから
凍った夢の数 奪った未来の分
言葉にできずに 1秒後に泣く

記憶に残る君が消えて
遅い遅い遅い思い
切れない腕の数 身体から溢れた
追いつきたいの

呼んだ時には君はいないから
私には死なないで

803:たぴおか◆vk hoge:2020/06/13(土) 07:01

11位

薄っぺらいから 近づかないでよ
元々君も 大して清潔じゃないでしょ
ぐうぜん音に出しただけ
腹の色を見据えた気になんの
その優越感ってどんな気持ち?

しあわせになれないよ
もともと泥だらけで良かった
私を踏んで見える外は
どのくらい綺麗なんでしょうか
理解してあげられないから
私以外の誰かと幸せになってよ
私はもうすぐ死ぬ予定だし

804:たぴおか◆vk:2020/06/16(火) 02:28

ミエミ

結果が全てなら
過程の幸せは無かったの
見栄を張っ手を下ろす
限りない苦しさが続く

惨状だって騒いだ
過去の過ちは忘れない
都合の良さだけピカイチ
何もかも忘れてしまいたい

君は「比較」って言葉が嫌い
私より優れていた時に
上ばかり見るだけだ
気づかないんだね
君の上には誰かの足
君の下には誰かの頭

結局劣ることで
可哀想になりたいなんて可哀想
背くらべは苦しいの
君だけが楽しくなりたいだけじゃない
みんなが同じ同賞で
他の嫌いを産むの
ちょっと馬鹿みたいに

805:たぴおか◆vk hoge:2020/06/18(木) 22:03

アクアマリン

死にたいとか言ってるのに
いつか死にそうなら死にたくない
好きになったものは終わらず
僕を置いて世界は息をする

大容量の愛に縋った
言葉通り何も出来ない
忘れたいのは君の方
欠片も無い美しさを撒いた

感情を苦しめないで
僕じゃなくて君のせいにしたいや
吐いた息を溜めて
泳いだ涙が嫌いになった

お願いだから 近寄らないで


スクロールで終わる君の死に様が
笑えるほど簡単に言えるから
伝わりきらないの覚えてて
背伸びしてたら躓いちゃった

華やかな愛の見せかけ啜って
煌めくのは形だけなのか
わからないで終わらせない
常に生まれ変わってる君の
君のせいだよ

806:たぴおか◆vk hoge:2020/06/19(金) 23:48

天使の内臓

ワンタップで飛ばせる10秒間
わたしの全てが詰まった内臓をあげる

スカートが脚に触れる
リュックサックを抱えて
可愛いって言い合うのは
みんな可愛いってホントだよ

校則違反を取り締まるあの子が
綺麗なグロス光るの好きで
みっつのほくろを星にして
きっとこれも夏のせいだよ


わたし以外が見てるの
そのままが1番のわたしは
ホントのわたしじゃないよ
わかってないのに言うんだね

頑張って切った前髪
ポケット1つに宇宙を
可哀想になりたいのは君でしょ

807:たぴおか◆vk hoge:2020/06/22(月) 05:00

3の青春

たった今好きになった
バンドは昨日解散した
3ヶ月あれば僕らには
どのくらい今と違うのか

大人になれば忘れるような
単純な3年じゃ無かったのに
大人はいつも思い出って
フレームに綺麗に収めたがる


忘れられない事ばかり
悲しさや苦悩がつきまとう
それを若さと言って笑う
大人には全くなりたくない

休日だけで終わるものが
僕らの3ヶ月とはいえねえよ
忘れたフリはさせねえ
一生に残る過去にならない様に

808:たぴおか◆vk hoge:2020/06/26(金) 21:28

海月

朝に飲んだカフェイン
だんだん目蓋が閉じる
救えないくらい 綺麗な水
嫌いなアイツに返した


私の不適合が醒めていく
もう心地良さは感じれない
弱さだけで愛をちょうだい
あの子には充分埋まった

蜂蜜が痛くなる
悪意が無いから許してね

809:たびまおか◆vk hoge:2020/07/03(金) 01:18

ばかでよかった

正義感を送りつける
君が宇宙人に見えたから
私のいない地球でどうか
息を引き取ってね

煮立つまでに火かけて
丁寧に調理した癖に
すぐにどこかに捨てるの
私がもったいないや

壊れたのはどっちかな
青いビル8階から飛んで
窓の開かない脳味噌が
溶けるころには日も暮れている

君のプライドがじゃまをする
有り得ないから後で捨てた

810:たびまおか◆vk hoge:2020/07/04(土) 21:49



ペラペラでいいんだよ
優れた周りの天才
中身ほじくったら
割と普通で

読みたい君の人生
読めないちょっと時間足りない
道徳を置いて苦笑いで
受け止めるのが大人か



沈んだ街に浮かぶ
生きた水死体と悲壮感
私と同じ光にたかる
夜は怖いから
飛んで

811:たびおか◆vk hoge:2020/07/09(木) 00:10

oil

5、番目に言葉が死んだ
人の絵を見て鬱になる
比べる気はないけれど
勝手に落ち込むのやめたいね

眠気が覚めてもまだ眠いから
一生眠りにつきたい
うつろな世界はつまらない
忘れたいから消してね



下らないことは頭に浮かぶが
他人のそれはいらないや
時間が足りない自制がきかない
ないものだらけで困ったな
とりあえず寝たいのに起きなきゃなんて
永遠に寝たままで良いや

812:たびおか◆vk hoge:2020/07/09(木) 04:14

みずたま

明け方4時に愛して欲しい
明るくなった空見て泣いて
小鳥はきっと死んぢゃったから
明日は5時起きだよね

仲良くなれないあの子には
私可哀想なんて言えない
嫉妬と言えば安直だから
可愛い傘をさしてね


一度きりしか着てないワンピが
ハンガーと失踪しちゃった
湿気で前髪もう終わったし
そろそろありのままも好きに
なってほしいの
私の良さをてっぺんから見てね

813:たびおか◆vk hoge:2020/07/12(日) 13:18

終わらないエンドロール

指を指して笑うね
教祖様は言ったよ
人権を奪いとれ
花畑に住み着いた精

痛かった何秒間
その後の何時間
トリップして忘れない
繰り返しのフィルム


終わらないで悪くないのよ
そろそろ自分を盾にし過ぎたわ
ため息も許されないだらけ
秋を見るよ天使さま

やめてしまおう偶像崇拝
やめてしまえば何に縋るの
念の為に生きてるから
大きな夢を持たせないで

814:たぴおか◆vk hoge:2020/07/12(日) 13:22

オビレ

新しい住民たち
あと何日でいなくなっちゃうの
私に無断で入ってきては
いつの間にかどこかに行くの

置いてかないでよ
私も連れて行ってほしい
掃き溜めを覗きに来たなら
そのゴミも回収してよ


あーあ
君たちは私のことなんか忘れて
この先も不幸と幸福を歩く
覚えてるのは私だけ
ひとりでここに残って
寂しいねって独り言をする
あーあ
行かないで
そのつもりならはじめから来ないで

815:たぴおか◆vk hoge:2020/07/16(木) 01:10

ツインテール


私赤いTシャツを着たい
年より下に見られても良い
だれかの為に着ない服くらい
好きにさせてほしいの

私可愛いから予防しないと
欲ばかりぶつかって痛いよ
私のせいじゃないのに
短いズボンは履けない

君だって自分には無頓着で
私にはうるさくて、辛くなるわ
足りないとこまで食べ切ってよ
好き嫌いで私を君好みにしないで


ツインテールをしてる私が
1番好きなんだから
似合うかどうかは勝手に
思ってくれてればいいよね
ツインテールをしてるあの子が
どんなに言われたって
可愛くなりたい、思ってる所が
1番好きなんだ

816:たぴおか◆vk hoge:2020/07/17(金) 08:47

jii

私傷ついたのどっちだよね
みためだけで自尊心が減ってくなら
私はもういない方がいいよね
そんなに気になるなんて
私のこと好きかどっちかじゃないと
執着おかしくない?


嫌い嫌い嫌い嫌いって
言えないの私も君も
だからもやもや痛くなる
涙が止まらないしそろそろ疲れた
愛愛愛愛してって
私言ってないのよ
好きになった落ち度
受け止めておいて

817:たぴおか◆vk hoge:2020/07/18(土) 21:28

Fire

緑とオレンジのカーテン
一方的なミュートしてたい
揺れたのは裾だけ見て
背筋を撫でるのが嫌い

したくないことで埋まる
最初からいらないよね
思い立ったら静かにした
特別な場所でなくとも綺麗


花を持っても似合わないな
赤くなれない身体があって
太陽が見えないから苦しいの
私と同じニュースを見てるの

818:たぴおか◆vk hoge:2020/07/19(日) 00:50

かわいた氷

わかるって端的な言葉で最高
話の途中で帰りたいが繰り返す
軒並みやられて3分間も待てない
無断転載のミュージックが脳にしみる

貼らないで無感情なレッテル
物音だけは図々しいのね
努力は嫌い楽しいのは好き
小雨が降るから傘は差さないわ


心を切り刻んで配るその優しさが
さすがにちょっとめんどくさいし
そろそろ1人でいいかなあんまり近寄らないで
真ん中も過ぎずにお迎えが来る筈

間違えたとか、返事してしまう

819:たぴおか◆vk:2020/07/20(月) 01:55

chain


片道切符でいいよね
地獄行きな生きれない行けない
花道ばっか眺めてる
終わらない暗記作業大好きだ

消えないでよ
私いるわ
ボール投げて
いいよやめとく


下を向いて舌馬鹿になって
暴れちゃうくらい楽しいわ
時代においてそしたら自分て
絡まんないイヤホンでいいよ



焼けた肌が綺麗ね
見ないで宙を切る注意に欠かす
溶けたアイス誰のなの
はみ出した欲望が大好物だ

飲み込んで
私の中
内臓が悦んで
もっと早く


牙を剥いて猫になろ
気まぐれでいて君を刻みたい
痛いの空いて絵を飲も
でたらめでして耳を汚して

820:たぴおか◆vk hoge:2020/07/24(金) 17:05

サンドバッグ


何回死にたいって検索したかわからない
そろそろ疲れてきたししたい事も浮かばない
怒鳴った後に優しくなるのやめてね
そろそろ疲れたし死のうと思う

生まれてからずっと痛いよ
感受性の違いでも
成長過程全然違うじゃない
怖い怖い怖い怖い怖い怖い嫌いだから

私が大人になる前に一度だけ
首を吊りたいんだ


さよなら二度と出てくるな
感情形成で間違えたから
治すのに時間がかかるから
それなら逃げてしまおう
自分を守る腕は私しかないじゃない

821:たぴおか◆vk hoge:2020/07/30(木) 20:56

天使は寝た

小鳥が運んだ幸せ
一方的なしあわせ
愛をもってして
誰かの道はずれ

不幸だね不公平ね
思ってしまうのは
育った時から

変われないなんて
言わないで
今のきらいな私が
報われないじゃ無い

このままぜんぶ消えてね
私が先に目を閉じるから
忘れないでね忘れててね
間違いだったって言って

もちろん言葉の全部は
伝えられなくてもういらない

822:たぴおか◆vk:2020/08/03(月) 15:47

海月と海星

海をみた
鏡に写った
花を撮った
麦わら帽子被った

線香花火
君が偽善者でいいよ
謙遜するより先に
誰よりも誰かを考えてる

弱虫で離したくないもの
はじめはいらなかったことが
たくさんの足枷になって
僕の飛び込むのを躊躇ってる


歩く猫が此方を見ない
蜃気楼を影の中から眺めている
白線沿いで
たくさん迷って
見つけたとこが
泥まみれでいいよ

823:たぴおか◆vk hoge:2020/08/07(金) 23:19

シルバーリング

否定されるのが常套句
狭い家庭内起こるなんて嫌
借りてきた漫画も読めない
血飛沫が趣味が悪いらしい

自分がいない
外には外の普通をもって正しくする
産まれた時から不幸の扉
それ以前に悲しい部屋


僕のリテラシー大嫌い
正しさを嵌められたら
もうわからないや
どうやって生きてりゃ
無関心でいられる
執着と管理が喉元を越える
助けを乞えば見返りが必要だ
諦めるべきなのは僕だ

824:たぴおか◆vk:2020/08/13(木) 14:02

アンクレット脳髄

わかったふりして酔う君がくさい
煙草で充満したカラオケ室内
柔いほっぺ やけに騒がしい
廊下の戯れ実質密室ね

しょうもない嘘で塗られる
紅いルージュはみ出してロンリー
限りなく黒に近いのに
鼻血で汚した癖 ライバル視



引っ張った警告音が心音跳ねる
他に誰もいなくても見ないでよ
絆されたのはどちらさま
一度きり覚えたフリしなくていいよ

825:たぴおか◆vk:2020/08/13(木) 21:22

ライムブルー

誰かに似てるサムネイル
を追いかけてイントロでなんか好き
歌声を聴いた また好きが増えた
3分後に忘れちゃった

流行る前の君を聴いてた
それじゃないわ 私を見てなんて
コメントを残す 無言じゃわからない
注文過多で黙って苦笑い


音の席をたくさん聴いて
ありきたりばかり食べやすい
陽の伸びた世界は今日も綺麗さ
短時間の寂しさを忘れて
病みだけが生命と言わずに
改札口を出て少しのところ
公然とリスと戯れたかった

826:たぴおか◆vk:2020/08/13(木) 21:30

カトル・カール

あと3時間で終わる今日が好きだよ
殻の入った卵焼き 食感が情けない

チェーンが外れた自転車
真っ黒に汚れた掌で
白いTシャツに描いていこう
明日の予定は無くなったし


美味しいお菓子じゃなくていい
甘すぎるくらいのパサパサ感が
ちょうどいい ぴったりだ
花を貰うのは似合わないし
昨日つけたヘアオイル
枕に移って困るよな
足が冷えたら窓を開けて
甘い甘いものだって嫌いじゃない

827:たぴおか◆vk:2020/08/15(土) 18:23

meringue

かなしい話を聞いて
君は泣いたと言うけれど
比べようのない暗いものが
いつも横に鎮座している


ひとしずくの愛が
胸を痛めるから
消えてしまう前に壊そう
日常に溶けないように濁そう

828:たぴおか◆vk hoge:2020/08/31(月) 23:48

真っ赤なぶどうジュース

あぁ止まらなくなっちゃう承認欲求
尊敬の予知を夢に見る
秋の風、反射光
切り出して作った蜜の悲痛


忘れたいのはいつでも私の方
後ろめたさに逃げ出した
汚れているのは私の方
そんな目で見ないでよ

道徳によがってたい
偽善者でも気持ちが良いなら
どこのどいつの真っ当(笑)の正義
貫いていてよどうでもいいから
そんなに気になるの私のこと
どうせ染まる一歩は出ないのに
君は君らしく死んでくれ
銀世界で寒々しく溶けてくれ

829:たぴおか◆vk:2020/09/10(木) 22:41

執着点

やり過ぎなくらいでちょうど良い
自己弁護に頼る君は綺麗
やり過ぎなくらいでちょっと苦しい
自己犠牲がかなり見にくい

逃走したいし逃げたいよ
誰だって今すぐ家に帰りたい
私だってすぐに寝たいのよ
ストレスは同じくらい溜まるわ


君は一等賞の被害者様だ
可哀想で可愛いね
順位付けをして他人を見下すくらい
余裕はあるのに血は見たいのね

たった一言で失う脆い情が
そんなに唯一の理由なのか
明日すぐに消えれるくらいの
無頓着で死んでたいの

830:たぴおか◆vk:2020/09/19(土) 15:40

夢でよかった

自分の足りなさを
気づいてしまう前に
諦めることができて良かった
叶わない光が
身近な話してるあの子には
届くものだって夢じゃない

深夜に起きているのは私だけ
希望も未来もない
裕福がしみる
解けたのは蝶々結びに見えるように
強がって見栄を張ってる
正直者は恥ずかしい?

君のよく笑うとこ
唇を結んでじっと堪えるだけ
君には知らないで欲しい
こんな私の汚いところ


終わる夜も朝も
続く日がまわるから
私を置いてかないで
私のものよ近づかないで

満たされて満たしたいわ
それが一瞬で消えるなら
また夢を見るわ

831:たぴおか◆vk:2020/09/23(水) 21:44

でぃぺんだん

なあなあ転がる毛布に埋もれる
うるさいだけの部屋じゃ無い
じゃあ要らないねあーあ消えた
最低だ私も君もみんな同じ

夜におちるあさを見る
星が落ちる人となりで
私を見た気にならないで



消えたいわ
怒られると自分に嫌気が差している
囚われてる
自己嫌悪に君も私も嫌よ
あぁ、どうか誰かを待っていたら
死んでしまう
勇気が出てしまう前に
はやく私を連れてって

832:たぴおか◆vk:2020/09/26(土) 10:24

おやすみシュガー

地球を丸で囲ってみたら
ここだけ外側になった
だらしなさに名前をつけたい
病院に行って治らない

いじわるなあの子も欲しいもの
無い物がキラキラしてる
やかんから溢れる昨日の夢
悪いわけじゃ無かったよ


同じ名前をつけられて
それで歩いてるところ違うから
甘いだけじゃいかない
わかってるから余計くるしい
月の満ち欠けにリンクして
私もいつの間に隠れたい
全部が見つかる前に
君の後ろに逃げてる

833:たぴおか◆vk:2020/10/06(火) 23:23

戻らない金木犀

忘れちゃったよごめんね
そんなに怒らないで笑ってる方が
好きなんてバグって崩壊
放課後は早く帰らないと
大人と子供の真ん中
たとえ誰もが違う足を出せども

わかんないな、で才能が開けば
きっと素晴らしいと思う
ほらねそんなに拗ねていないで
明日はきっと今日じゃない


夜みたいな朝が好き
乾燥した肌が冷たくて
次回予告が見当たらない
頑張れば突っ走る分だけ
壊れてほしいのみんなにも

834:たぴおか◆vk:2020/10/16(金) 00:39

SCOOOOP

忘れたくないことから消えてく
心配もしないものから透ける
忘れたいのは君の方だから
心音だけが調律を保つ

忘れないように何度も歌った
その度満足に食べられるから
忘れないでと箱にしまった
運命が来る前に隠しておこう


約束はしないで
破ったら死ぬくらいの愛を持って結んで
歯を食いしばっても変わらない
終わらない課題に平行線が何光年
蛍光色の勇気が嫌いだわ

835:たぴおか◆vk:2020/10/17(土) 17:29

忘れたいデイジー

宝物は毎晩変化する
バックステージのエンドは
見えない世界で甲乙つけてんの
それを知ってどうなる

金色の靴を買ってきて
偶然で愛したところで廃課金
求める価値観を失って
面倒くさいが原動力で抑止力

小さな声でおはよう
擦れて喉が詰まる
聞き返される流し目
無かったことにできない



愛の籠がそもそも見当たらない
欲しくも無いけど
あんたの基準で過小評価すんな
きっと誰も知らないでしょう
私がどう思っているとか
君をこう思っていること
忘れちゃうよね忘れないでよ
私の数年間きっと君の3文字

836:たぴおか◆vk:2020/11/01(日) 01:49

黙る踵

ピクトグラムに計った
割と安い程お譲りになる
引退したのは誰
またひとつ勇気が消えた
陰気な癖に何だ
惨めな顔してんの

似てる様で似ていない
煮てる様を楽しむ
予定通りに終われない
因果応報が展開
人生を変えては終わり
踏み跡をつけたのはお前だ


才が無いのを嘆くなら
転生した先を恨めよ
君もそうだろ
三原色が混ざり合うか
新しさは古の派生止まり
そんなんじゃつらいよ
可哀想を板張りしては
何回も頭下げるの
なんて不自由でハッピーだ

837:根井武成:2020/11/03(火) 17:53

Shootingstarminal

億千万なんて単位でも
あたまでも測れない
数えきれない程の夢のような
ほうき星が廻る宇宙

ひとつまた煌めいた
星屑もすぐに
燃え上がって消えてしまう
流れ去って 物寂しい終点に佇む

いつもどこかに
シューティングス・ターミナル
切ない思い出の眠る所
流れ落ちて うずくまって
ジーザス!
時を逆さに天動説の装いで
シューティングスター 皆
ひとつの摩擦で終わるから
愛の祈り捧げるのさ
もう二度と……って進む回転の上で

オクタグラムの契りにも
聖夜の清し想いでも
永遠を描くリングなら
もつれ合うことは必ずある

きっとそれが愛という衛生
囲みすぎたなら衝突して
永遠に欠けたまま
そう思うのはまだ僕らは知らないから?

ほらまたどこかで
シューティングス・ターミナル
切ない思い出が流れていく
降り注ぐ メテオの振動
ディーバ!
歌声は反響する夜空
シューティングスター 夢は
ひとつの摩擦で終わったから
愛の祈り捧げるのさ
もう二度と……後ずさるのは幸せを恐れて?

飛行機のようには目指す場所へ線を描けないから
ぶつかって砕けてまたぶつかって
できた惑星で今僕らは星を見てる

駆け抜けていく
シューティングス・ターミナルへ
流れ着く先の君へ
諍いは誕生の兆し
愛は僕らの間に拡がる小宇宙
シューティング・スター 実る
祈りと迷いで光る
勇気を照らす
今日もまた
数えきれない程の夢を叶えてグッバイ!

838:名無し:2020/11/03(火) 17:56

ごめんなさい間違えて貼りました

839:たぴおか◆vk:2020/11/03(火) 18:25

>>838
いいですよ〜

840:たぴおか◆vk:2020/11/03(火) 18:35

暗香sleeping

歯が砕けるくらい冷たい
5分で飽きるスピーカー壊す
優越感浸るのが好き
そういう君をみてるのが好き

作り込んだ歌声で
明日の予定が埋まれば上々
はしたないを機にやめないで
まだとけない冷凍いちご


笑わないで見ていてよ
共感するくらい日常
蔑まないでハリボテが
今の精一杯と言い張れない

同じだけ愛をちょうだいよ
まだまだコトが始まらない
内出血エグくて笑えない
自分の銃を向けられている


進めない努力量の限界
どこからか流れる幸運
日々の全てを過小評価
だから明日の不幸におあずけ

する事しかない平日
する事がない休日
忘れてまた翌日
気づけばまたお姫様

透明な形を目で追った
文に成れない言葉たち
聡明な君が少しだけ
愛よ愛よと憎くなる

841:匿名希望:2020/11/03(火) 19:37

>>839
ありがとうございます!応援してます!!!

842:たぴおか◆vk hoge:2020/11/05(木) 06:16

ホットミルク

この温度が明日になる頃には
君はもうここを離れる
明るい夜だ
電気で日が昇る
時間が経てば
また誰かが訪れる
忘れないようにその時まで

ネオンの残骸が落ちている
通学路信号、夜
明けの青い街
誰かが吐いて捨てた
僕だけ一生のカケラ
ずっとひとりがいいな
楽しさも哀しさも露骨ね


そっと片目あけて
確認してた
ホットミルクが君のこと
淡いピンクを乗せて抱きついて
早くここまで来て
雲の上じゃ足がつかないよ

843:たぴおか◆vk hoge:2020/11/11(水) 00:49

タッチミ

それなりの愛を飾っては
生温い不幸に溶け込んだ
起きたら隣に朝がいない
1日眠れば意味がない

宇宙の星空を泳ぎ続けた
明日はガラクタが星になる
君のおかげで月が消えた
一周まわって君しか見えない

金色のアラザンは無味
箒じゃ届かない綿菓子雲
君の温度だけそこにある

844:たぴおか◆vk hoge:2020/11/20(金) 23:42

hah

即物的じゃ許せない
今もどこかで息する私乾杯
大好きなサブカルが偽量産
象って酒ってこんな気持ちい
大爆笑の発表会で燃える鳥
真似じゃないけどセンスは似たり
寄っても突き放されるのがオチ
ガラスの塔を眺める五常

凡人に天才のフリがついてくる
生まれたら負け私が負け
目に光った声がこもった
明るさの足りないネガ写真
失言に口がついたら
綺麗な景色を楽しめるのは今日まで
話したいことを終わらせて
君の記憶に落ちるのが定石

845:たぴおか◆vk hoge:2020/11/27(金) 00:47

ビターワンダーム

蝶々結びが足に残る
もう明日にはここにいない
東西南北の真ん中
ネオンライトに群がりたい


太陽だけが私のもので
ひとりでいるのが一番好き
ほらまた同じあくびして
君の目につく事象隠したい

846:たぴおか◆vk hoge:2020/11/29(日) 01:50

遊泳sparkling

愛し方のテンプレート
恋なんてしなくても満足
秒で足りる優越感よ
吐いたら増えない体重

ボタンを押し間違えた
忙しくて言い訳暗くて汚い
部屋が冷凍庫だから
私がアイスになってあげる


少し静かにしていて
現実的な現実逃避
まだしていたい
からしなない
無駄遣いを冷静にするな
他に愛で満たせない

847:たぴおか◆vk hoge:2020/12/06(日) 16:56

金蓮花

夜みたいな夕方が来た
満月が真上にいる時
僕はドアノブを捻った

君に溶け込む数秒間
ミルクティーと混ざって変な気分
忘れたく無いのに忘れたい
こんなことならもうしにたい

明日はパステルの傘をさし
作り物みたいな青空を歩く
春の海を思い出す
凍った手先を撫でた


君はまたどこかで
息をしているんだろう僕にも見せてよ
花の散ったこととか
木々が独りで枯れてくこと
この言葉は届かない
見ただけの何十人がいれば上々
見ないでほしい馬鹿にしないで
そんな綺麗事で僕らを纏めないでよ

848:たぴおか◆vk:2020/12/15(火) 02:38

夜凪

単純で安直な愛を語った
明日には変わる順位で
一握りの愛を集めてできた星
そのひとつが消えても良い

懐かしいコードでイヤホン探った
一生そばにいて一瞬で終わった
歳を取るごとに増えてく感情が
ひとつの型に当て嵌まっていた


生温い湯船を漕いで
果てしなく遠くへ行けそうな午前3時
止まる度自分が嫌になって
時計の針が気になって眠れない から
からからの風を食べた
明日はもういない
歩けば歩くほど遠くなっていく感覚
私はずっと制服のまま

849:たぴおか◆vk:2020/12/16(水) 20:03

TOXIC or

過干渉でかなり死にたい
その分爆発して人間未満
既に希望を捨てた様な
普通のクラスメイトは知らない

おやすみ世界
二度と私の前に出てくんな
生まれた時から逆鱗に触れて
始まる間も無く終わる夢が
明るくなった場所で見る傷は
私の心に残って消えない

助けてって言う思考もない
フラットに唯、その場から逃げたい
一生忘れない
その巣は私の最後の地獄

ろくにおしゃれもできない場所で
ろくに趣味も選べない家で
ろくな大人になれって方がキモい

850:たぴおか◆vk hoge:2020/12/19(土) 19:05

空恥づかし

はしゃいで叱られたこと
中途半端に冷静になるから
その分死にたくなって
自分の我儘を呪った

感情の波が収まらない
いつも真ん中じゃいられない
あとで泣いたって変わんないのに
同じことまた繰り返すんでしょ

自分に期待はしていない
こうやって自滅していくのが嫌い
勝手に空回っているのに
泣きたくなるのはなんて勝手だ
誰とも話したくない
自分を嫌いになる前に
ひとりで生きさせて
明日には忘れちゃうから
今の病み感で酷く転べない

851:たぴおか◆vk hoge:2020/12/29(火) 02:22

デスケール

致死量の愛を盛って
君に鼻血をふかせた
なんて器用って言った
あと3分も待てない残り汁
馬鹿馬鹿しいのはどっち

同じくらい人間じゃなくなって
甘い冬に溶け込むそれ美味いの?
私の皮を被った
どちらが悪いとも言えない神さまが
憎いから 嫌いだよ
明日もどっちつかずで不平等に
自由と思いながら死んだ

私のパースが合わない
白から黒までじゃ
現しきれないこの気持ち受け取って!
渇いた喉が腐ったら
その分世界で誰かが楽になる
困った私をみながら
楽しそうに幸せを感じてね

852:たぴおか◆vk hoge:2021/01/04(月) 18:01

21℃

ちょっとアツめの設定温度
唇がキスできないくらい硬い
わびしさとお金だけ落としてけよ
ねぇね、数年前には戻れない

今日も何もしなかった
明日もきっと何もしない
明後日になればまたさよなら
私の素晴らしい休日

1%で粘る携帯の電池をいじめてる
枯れた観葉植物
食べた虫だけが胃の中よ
あいつらは今日も楽しそう
いいもんひとりでいいもん
顔だけ熱が集まったり
足先手先は死んでったり

バイバイ1000ピースパズル終われない
埃の溜まった部屋で
掃除機を出すのも怠くて
バイバイ去年の私
こんにちは去年の物たち
何も変われないホントに
犠牲を厭わないで
変わりたい

どうかこのまま
エスカレーター止まった
ぐらぐら揺れる小鍋に
注ぐお湯の様な
光のような
この世はいつか閉じるから
今はちょっと休ませて
寝てばっかりで実感も無かったね

853:たぴおか◆vk hoge:2021/01/11(月) 00:00

深夜ゼラニウム

ワイワイ騒ぐのはやめた
明日から本気出せるかな
行き先が見えないこの街で
明日になるのを待っている

冗談を聞いてよ
それくらいの楽しみはある
EDMが頭に入っている
私、今朝の夢も思い出せない

遊園地へ行こう
ちょっぴり苦いあの春を
思い出してもいいかな

854:たぴおか◆vk hoge:2021/01/11(月) 00:31

宇宙区域10S

私は消息を経った
25時の笑い声とか
耳鳴りは慣れっこだよ
人の元気で息をしてる

君が言ってた
あの面白い漫画
来週最終回だってよ
10円のガムがしみる

見晴らしの良い地獄で良かったな
それじゃなきゃ
明日の宇宙も見つけらんない
月に行ってみようか
明日の学校はサボろう

涙で棄てた
約束の時間だ
行かなきゃ
生けない
花束が萎れた
花冠みたいな
プレネタリウムと
宇宙空間
私のことだよ

855:たぴおか◆vk hoge:2021/01/16(土) 12:47

天上の晶

昼間の太陽が
雲に隠れたりする光の点滅
ガラス張りの駅を歩く
いつもスカートの長さ模索してる

いつも祭は突然
終わってしまうから
その前に早く駆けて
しばらく会えない時間を
かけながらお迎え来ちゃうから

今がすっと続けばいい
終わるから美しいのは辞めた
直向きの音が響く
千年前から新しい

856:たぴおか◆vk hoge:2021/01/21(木) 00:06

憂被


愛を被った貴方貴方のせいでしょ
自己責任でいって
色のないその遜色を選べば
煙草の匂いに噎せ返る
肋から上が全部出てくる

ポクポクポク、腹痛が痛い
そりゃ無いでしょ
楽しげに思ってよ萌えたい燃えたい
ピカピカ光る割に
中身は湿気だスポンジ
オレンジを潰して我に返って
良いのでは

泪泪が渇いた瞳孔に脆く張り付く
心配しないで
大丈夫かどうかは聞かないで
真っ暗闇の部屋じゃ
ひとりたりとも僕は見つけらんないさ
あぁ、貴方だって同じモンだ

857:たぴおか◆vk hoge:2021/01/26(火) 22:27

ライトグリーン


誰かと比較する原則
分かり合えなくてすぐ枯れる
安易に産まれたんだから
安易な死亡願望許してよ

ゆっくりと溶けていく
離れれば何か変わると
信じてた違うじゃ無い
その時から私変わってない


慣れていたくない
この静かな絶望に
耳を向けないで
きっと半数は思ってる
誰もが無邪気でいられない
我儘を言う度ゆっくり死にそうになる

858:たぴおか◆vk hoge:2021/01/31(日) 03:35

仮死

うざったい愛を捧ぐ
そこに情は無い
泣いてるのか
私も同じくらい欲しかった
遠かった越えられなかった

あの人の使ったペン1本すら足りない
切り過ぎた爪も全部食べておこう


自分が自分じゃ無いみたい
作り出した甘さに酔ってんじゃない
火をくべて操るふりをする
流れに身を任せて死んでいく
あなたが騙した事も知らなかった
知らないなら幸せだった
平凡のズレを重ね
生温い非常を据えておけ
身を錆びたなら遅いの
当て嵌まるところだけでも

859:たぴおか◆vk hoge:2021/01/31(日) 03:41

イエローライン

他人のこぼした音楽
知らない雑音の中咲いた
さんかく型のいのちが
短く揺れるさまを見てた

遠くで同じように
明日の準備をするきみ
その呼吸のひとつぶが
なんだか好きだった


携帯電話は鳴らない
時計がまわるほど不安になる
お気に入りの傘をさした
下を向いて花と歩く

きみを引いてそこを目指す

860:たぴおか◆vk hoge:2021/02/04(木) 22:59

Fire I

今日も香ばしいあちらこちらが
些細なことで燃えたそうだ
犠牲を糧に縛られて廃れる
自分の首を絞めていく

1人の嫌い大勢の好きすら
共感の言葉が詰まって
大事なもの無くなる
ひとりでいる事すらできないのに
好きだった大勢は
人がいるのが好きだった


君を成してあざとなって忘れゆく
儚いものだと終わるそれだけが
栓をして塞いでしまえ忘れないように
今更遅いだなんて全部苦しまない
吐き出す前に喉の辛いのを引けて

861:たぴおか◆vk hoge:2021/02/07(日) 03:27

いちごれんにゅう

学習机に合わない
ゴツいPCが寝そべってる
高校時代のTシャツ
学年ごとにパジャマになってる

みんなが言う事
当たり前が得られること
どうでもいいから
はやく眠りたいな


家に帰ると寝てて
何もすることが無くて
時間を食べるのが趣味だ
比べたくはないのに
ふとした瞬間
誰かとの差に落ち込むんだ

862:たぴおか◆vk hoge:2021/02/09(火) 00:02

BIG PiG

何の音だかわからないが
一生分の唸り声残響して
干からびたさ社員証ピッ
どなたか誰か知りませんが
人匙の安寧に守られたぁい!

繰り返す忘れて
正常に考え出さないで
うるせーうるせー
ノリが悪いお前らが悪さ
ドン引きしている暇があんなら
そこの電源を回しといてや


太鼓が先に来たのか
久しぶりの割に小せえ声だな
おっと弾けそうだ
顔真っ赤に熟れて美味しそう
ビビッときたなら参拝よ

863:たぴおか◆vk hoge:2021/02/11(木) 20:00

_

君の目がやはり貫いた
白紙までじゃない
そもそも起きれない
服を洗うことすらできないから

生きてることの気色悪さを
何年かで飽きてきたよ
ひとつ覚えればまた忘れて
少しずつ首を絞めてく

割と最近真面目だよな
大きな失敗も小さく泣いた
迷惑迷惑そんなもの

手首の跡が残ったけど
同じくらい私は死んだか?

864:たぴおか◆vk hoge:2021/02/12(金) 01:55

文字通り

コンクリート埋めた鉄パイプ
勝手に涙は出るけど
自分がそうならない安心感が好き

耳元でいつも鳴り止みそうにない
さすがに爪を痛めた
握りしめて誤魔化すのが嫌


子供のころ誰もいない
ずっと子供よあーそうだ

広過ぎて疲れる青いところ
僕らが生まれた時から
傷ついてたんだ
それを繰り返す度に
いつか大人になれるように
なんて無責任だな
知らないフリしたい

865:たぴおか◆vk hoge:2021/02/14(日) 02:24

EiEn

私はそれの全部が好き
ただ愛を食べるのが人生
醜さを武器にして
自分を羽衣で包む


期待期待、期待が押し寄せる
15時あとちょっとで
終わるね

今日から始める一秒間の努力
が 実らず済むように
したい、な

ビラ配りで私を知って
もう一つよ窓を覗き込む
好奇心と引き換えに偉大な
足枷を付けた

866:たぴおか◆vk hoge:2021/02/17(水) 00:57

Rein

夜を被った
不確かなチョコレート
腹引き裂いたら終わり
もう それで終わり

君を繕った
壊れかけのキャンディ義足
途切れた音声 が
強かに底にあった


頭を下げれば下げる程
言いたい事が口に濁ってる
不満が脳に混入して
私を明確に壊してる

何も言えないから嫌
子供っぽいは置いて泣いていたい
その度君は言うのでしょう
私を信じて置いていく、

867:たぴおか◆vk hoge:2021/03/03(水) 20:31

安堵

強欲が切れ端で売られて
目に見えないものは見えないじゃない
連絡取り合おうねって
約束は口で止まった
紐が解ける度に自己嫌悪

理解され難いのわかってた
自分で手綱を寄せ合い
理由もなくその愛だけが欲しかった
緩やかな平穏に浸かっていた


これが一番の温もりで無いと言うなら
私の音色を目を閉じて注ぐ低気圧に
耳鳴りがしている 解き終わったら寝ていいよ
やる事があり過ぎて逆に眠たい
午後というには暗かった

868:たぴおか◆vk hoge:2021/03/03(水) 20:40

Raymay

静かな恐怖がそこを通り過ぎたから
12時になったらおやすみね
裁縫箱を枕元に置いた

弦を弾くそれでいて鮮明に
耳元から忘れていく感覚が
一切の躊躇なく
肘掛けに置いたまま
柔らかい帽子と銀食器
他人のまやかし


立ち登るレンガの隙間には
今日の色が残ってるあり過ぎるくらいに
春の嵐が 膝を撫でた
冷たくない雪が降って
私は夜明けをただ まって座ってた

869:たぴおか◆vk hoge:2021/03/18(木) 21:13

say

私のためであるなら
私のために近寄らないで
逃げてしまうくらい
弱い私になったわ

不幸である
自分のせい
忘れたいね
はやく越えたい
あの川の向こう岸に
ずっと夢を見てる


鼻が痛いのに止まらない
大事にしてるならここから逃して
もうここからいなくてもいい
自己嫌悪を糧に息をしてる
泣き止まない から
走らないところで
ひとりぼっちである事
ゆるしてよ

870:たぴおか◆vk hoge:2021/03/28(日) 15:28

かわいい

B級映画を観て
泣いてる時の私が好き
恋をして泣いてた
あの時の私が好き

花畑に行こう
スカートは履かない
甘いものを食べよう
脚はもうあげない


拒んでいよう
逆らっていよう
お前の愛も嘘だった
ぺったんこの靴が愛しかった
大嫌いだけど

奪っておいて何を言う
惑わされておいて息してる
隠してる程度の上辺なんて
もともと信用できてないし

871:たびおか◆vk hoge:2021/04/10(土) 04:57

あめの鳥

ずっと同じオレンジを見て
窓の濃紺に目をつぶってる
どこに行っちゃったのかな
君の為に生きて、私は言わない
しばらくしたらもう良くて
暴れ出すランドリーを見てる
静か過ぎて秒針すら
止まってしまったみたいだ

ひとつ食べれば
ひとつ忘れた
小さい雨が降った
すぐ止んだ


あいにく今日は晴れないね
寒くて暑いから、見ないでね
ちょっと余白があって
でもちょっとのそれが許せない

私は苔になって
噴水のそばで鳴いている
私は石になって
そこにある美しさを見る


続きを読む 全部 <<前100 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新RSS