作詞する。(1)

はくまいかれー:2018/07/17(火) 22:14 [返信]

走れ何事もなかったかのように
いつかきっとむくわれると悟るように
走った先が例え僕の作った落とし穴だとしても
宙に舞った色とりどりに染まっていく
スニーカーをただずっと見つめてた



プラマイゼロ僕は口癖のようにささやく
いつだって何事にも勝ちそうで負けてしまうんだ
どうして
どうして
脳の中はそればっか
まぁ、いいや
プラマイゼロならばそれでいいや



飛んで何事もなかったかのように
羽が生えるようにと願うように
例えとげで羽が引き裂かれようと
僕が叫んで飛んでったくだらない言葉は
誰かが踏みつぶしていったんだろう

〜気まぐれ作詞帳〜(410)

たぴおか◆vk:2018/07/16(月) 23:43 [返信]

空洞

なんでだって
言い換えても聞けないや
やっぱそっか
言い訳をしなくちゃしねない

明日の光探す度に
僕らは血の流れを感じた
今日の嫌いを探す旅に
後悔だけが記憶で鮮明なモノ


転んだくらいで俯いて
足掻く前に諦めないでよ
『私をすくってよ』
頭で響いた悲鳴を掴んだ
泣きべそばっかじゃ進めない
そう言って頭を撫でてくれた
『独りじゃないんだ』
思わせてくれたもう塞がった

作詞メモ (41)

総督:2018/07/13(金) 19:39 [返信]

焼夷弾の場合ぐちゃぐちゃになるというより溶ける。

作詞に戻るサイトマップ


5秒ごとにリロードされます。※hogeレスは表示されません。代わりに最新レスが重複して表示されます。