生狐。『幸せを掴め』

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:生狐。 ◆Luss:2014/03/02(日) 20:49 ID:3GI


幸せって__......何?

簡単なコトだよ。



貴方は自分が不幸だと思ってる?

それは凄く馬鹿な考え。

貴方は凄く幸せなコトに気づいていない馬鹿。

生きて、喋れて、歩けて......最高じゃん。

勉強だって、運動だって出来るんだ。

じゃあ、これで満足?__違うよね。

2:生狐。 ◆Luss:2014/03/02(日) 20:59 ID:3GI


「ねぇ、きーちゃん」

 黒田璢憂(Kurodaru)が私、に話かけてきた。
いつも自分の都合の良いときにしか話しかけない。
きっと、また・・・・・

「何?」

「もぉ、勉強ヤダよぉ〜」

何が言いたいんだ、と言いたくなったが堪える
確かにるぅは勉強は私より出来ない。
・・・・・・私も出来る方ではないが。
私は笑顔を作る。
欺くしかない。じゃなきゃまた面倒だ。

「そうだね・・・・、学校嫌だは。」

「ね〜、親もウゼェし」

親の有り難さが分からない、哀しいヒト。
なんて、哀れ何だろう。
私は出来れば親の悪口は言いたくない。
・・・・何故、こんなに面倒なヤツの機嫌を
とらなければいけないのか。
自分でも分からなかった。

3:生狐。 ◆Luss:2014/03/03(月) 22:17 ID:GLQ


「3月に入ったね〜」

 るぅは淡々とまだ話を続ける。
私的に話したくはないのだけれど。
別に普通にるぅ意外の子はやはり苦手な所はあっても嫌いじゃない。
でも・・・・・・るぅは私的に論外。
まぁ、勿論私だけじゃない、って言うのも確か。
兎に角、ふられた話題に適当に返す。

「だね、もう少しで2年生になっちゃうよ」

2年生になる・・・・・・自分で言っておきながら
傷ついた。
3年生が卒業するのが嫌だった。
今の2年生は正直苦手だった。
3年生は優しいのだ

「はぁ〜っ、ずっと1年がいいなぁ」

と、長く溜め息をつくるぅ。
私はふと首をかしげた
確かに、3年生がいなくなるのは嫌だが

3年生が一番楽じゃん、・・・・・・受験を抜かして

と、思っていたことがいつの間にか口に出ていた。
るぅは目を丸くした
何故・・・・・・?
と思ったが根本的な理由にたどり着いた。




るぅは・・・・・・先輩に媚びるから。

4:生狐。 hoge:2015/08/25(火) 22:06 ID:05.


わけわかめやな

昔のレスwww


書き込む 最新10 サイトマップ