小説

小説

小説の批評・創作用掲示板☆

  1. 1:妖怪恋絵巻(6)
  2. 2:沖神小説皆で書こッ♪(71)
  3. 3:洋風喫茶の魔法使い。(9)
  4. 4:あの日の物語(97)
  5. 5:【リレー小説】学園女王【企画?】(117)
  6. 6:イケの中(34)
  7. 7:しゅーがくりょこーでどこ行くよ?(9)
  8. 8:オリキャラで小説書きたかった。【だけ】(13)
  9. 9:ひよっこですが、小説書きます!(14)
  10. 10:三条と龍生(2)

妖怪恋絵巻(6)

1 スミレ◆5w:2017/03/27(月) 20:44

「翼、強くなりなさい。とは、言わないわ。あなたは、無理するから。…そうね、気高く在りなさい。それが、お母さんの願いだから。」

そう言って、お母さんは、天に逝ってしまった。

6 スミレ◆5w:2017/03/29(水) 12:01

(どうしたんだろう?)

イチイは、ブルブルと、

「あの婆め!!」

「ど、どうしたんですか。」

恐る恐る聞いた翼に、イチイは噛みつくように言った。

「あの婆は、逆らったらめっちゃくちゃにされるんだよ!」

「め、めちゃくちゃ?」

余りにも、震えているので、翼は聞かないようにした。

まあまあ、と、サィヤがとりなす。

「兄さんも当たらない!あと、香乃姫も可愛いよ??」

翼の胸の中は、嫉妬(?)に燃えていた。それを知るのは、後のこと。

「あ、あの。皆さんのこと、呼び捨てして良いですか?」

「いいよ!」

一番最初に、サィヤが飛びついた。

他の4人も許可した。

翼は、ホッとした。

名前 メモ

全部読む/最新50

沖神小説皆で書こッ♪(71)

1 菜の花 kkkk:2011/10/29(土) 20:48

このスレは皆で沖神の小説を書いたり読んだりするスレです(^^)
ここで注意事項!
・沖神もしくは沖神小説が嫌いな方は速やかにUターン!
・「沖神の小説なんて書くな」何て言うコメはご遠慮ください。
・荒らしや迷惑行為はアク禁します。
・裏&激裏小説、BLはこちらもご遠慮願います。
以上です。(長々とすいません)
ドンドン書いて(読んで)下さい☆

71 みかぜ◆63Y:2017/03/29(水) 11:27

>>70
ここは、小説板です。
小説は、オリジナル作品を書く。場所。(自分が考えたキャラクター、題名、ストーリーを書く)

二次創作は、少年、少女のマンガ、アニメなどの小説を書く。

絵に小説板と書いてあります。

名前 メモ

全部読む/最新50

洋風喫茶の魔法使い。(9)

1 かてぃあ:2017/03/25(土) 16:06

私がお初に小説を書こうと思います。

元々投稿サイトの作品だったのですが、こっちで不定期更新します…。

感想ご自由にどうぞ〜

9 海兎◆Pw:2017/03/28(火) 23:34

 こんにちは。私海兎と申します。
面白そうなので読ませていただきました。
が、すごいですね。

 名前のなかった少女の、
アンの世界が広がるサマがありありと『見え』る……。
これほどまでに清らかでいて繊細な、かつ芽吹くような出会いを描いた作品は、
正直。そうそう味わえないと思います……。

 続き。楽しみにしてます。では、

名前 メモ

全部読む/最新50

あの日の物語(97)

1 みかぜ◆3Y:2017/02/06(月) 15:33

みかぜです。テーマは『気持ち』(多分)です。
ルール
荒らし禁止
もちろん、悪口、なりすましも禁止。
感想やコメント、アドバイスをできれば欲しいです。

>>2 登場人物

>>3 ストーリー

>>4 プロローグ

>>2>>3>>4はレス禁です。

97 みかぜ◆63Y:2017/03/28(火) 17:23

「まぁ!いいや!行こっ!」

私達は、トイレを出てった。

「女子達おっせーぞ!生理かぁ?」

宮野は、ぷっぷっぷーとした顔をした。

「うるっさいわね!違いますぅ!」

結は、舌を出して『べー』とした顔をした。

「こらこら。喧嘩しないの!二人とも喧嘩好きだねぇ」

雫は、苦笑いをして宮野と結をとめた。

「時間なくなるから行こっ!」

私は、みんなを引っ張って、走り出した。

「もう!ちょっと、夢〜!」

雫は、クスクスと笑った。

「ねぇ!見て!うさぎだ!可愛い!」

結がうさぎに指をさした。

「本当だ!かわい〜!」

雫をしゃがんで、うさぎを見た。私と結もしゃがんだ。

「あ!あれ、私と夢と雫みたい!」

結が指をさしたのは、3人でいるうさぎだ。

「本当だ!アハハ!」

「うんうん。かわいい。」

雫は、うなずきながら言った。

「このうさぎ達だっことかえさやりすること出来ますが、やりますか?」

係員さんは、ニコニコして私のところへ近づいてきた。

「本当ですか?!やりたいです!」

結は、うさぎみたいにぴょんぴょんはねている。

「あ!でも、これお金かかりますか?」

私は、首をかしげて係員さんに聞いた。

「大丈夫です。無料です。」

「良かった!じゃあ、やろ!男子やっていい?」

結は、目を輝かせて男子に「やりたい」という顔をした。

「わかった。やってていいよ。オレ達近くにいる猿みにいってくるから。」

「わかった!ありがとう!」

私達は、うさぎをだっこすることになった。

名前 メモ

全部読む/最新50

【リレー小説】学園女王【企画?】(117)

1 ビーカー◆r6:2017/01/29(日) 18:05

――この学園は、女王に支配されている。

【主な内容】
生徒会長によって支配されカースト、いじめなど様々な問題が多発した白羽学園(しらばねがくえん)。生徒会長を倒し、元の学園を取り戻す為に生徒達が立ち上がった……という話です。

【参加の際は】
好きなキャラを作成し、ストーリーに加えていただいて構いません。
ただし、
・チートキャラ(学園一〇〇、超〇〇)
・犯罪者系
・許可なしに恋愛関係や血縁関係をほかのキャラと結ばせる
は×。
また、キャラは「生徒会長派」か「学園復活派」のどちらかをはっきりさせてください。中立派もダメとは言いませんが程々にお願いします。
キャラシートは必要であれば作成して下さい。

【執筆の際は】
・場面を変える際はその事を明記して下さい。
・自分のキャラに都合の良い様に物事を進めないように。
・キャラ同士の絡みはOKです。ただし絡みだけで話が進まないということの無いように。
・展開については↑のあらすじだけ守ってくださればあとは自由です。
・周りの人を不快にさせないように。

117 かおり:2017/03/28(火) 15:07

(時間が戻りまして>>111の続きになります。土曜日の午後です)

やっぱり今日の亜衣は元気がない。私・白野恵里はそう思った。
笑顔がぎこちないし、時折寂しそうな顔をするのだ。
気になるけど、むやみに聞くことは出来ない。少し待つか。

気晴らしになるような話をしたい。他人からすればどうでもいい、でも私達にとっては重要な、そんな類の話。
となると話題は―――。
 学園関連はだめ。
 家族についても注意が必要。
じゃあ、それ以外のこと。例えば、共通趣味である小説とか。

私の予想はあっていたのか、これといって亜衣が悲しそうな顔をすることはなかった。とりあえず一安心。
それでも浮かない顔をしていた亜衣。私に言いたくないのかもしれないし、もしかして私に迷惑をかけたくないのかもしれないけどね。それでも―――。
私は困っていそうなひとを見ると、何かしたいと思うんだよ。お節介とか、しつこいとか言われるかもしれないけど、それでも何かしてあげたいんだ。
私なんかじゃ力になれない。分かってる。でも、愚痴を聞くことぐらいならできるよ?
元E組をなめないでほしいね。聞き役なら自信あるんだから。

「……亜衣。どうかしたの?元気ないよ?」
「ちょっと、いろいろとあって……」
「学園関連のこと?それとも家族?」
「恵里はすごいね。両方、正解」
「……?」
「喧嘩、しちゃったんだ。彩姉と」
あれ、亜衣のお姉さんって、よく文芸部に来る人だよね。すごく仲が良さそうに見えたけど……。

「ねえ恵里。板橋先輩達について、どう思う?」
亜衣の眼はいつになく真剣で、ああ、亜衣の悩みはそういうことかと、私は思った。
「亜衣は、板橋先輩達の仲間になりたいの?」
「……うん」
うつむいたまま、消え入りそうなか細い声で答えた。やっぱり、ね。
「私は、いいと思うよ?」
「本当に、そう思う?」
「勿論。月曜日になったら、会おうと思ってたんだ」
これは、本当。本当にそうするつもり。
「でも、彩姉はやめろって」
「……このまま女王に従っていろ、というわけ」
「そう。あとね、笹川先輩も会長の味方」
え……笹川先輩が、女王の⁉ありえない。なんで?


私と亜衣の話は、それから数時間続いた。

私と亜衣は、学園復活派に入ることにした。月曜日に会いに行く。
E組のお二人と違い、私達にはある程度の自由がきく。それを利用するんだ。

学園を元に戻すために。

名前 メモ

全部読む/最新50

イケの中(34)

1 リリカ@恋歌◆JA:2017/03/12(日) 16:19

川面に、私の姿が映る。

石を投げ込むと、チャポンと、沈む。

私も、消えてしまいたい。

儚く、泡になった、人魚姫のように。

そして私は_________

34 リリカ@恋歌◆JA:2017/03/28(火) 14:07

瀬蘭さんは、ニッコリ(黒笑い)笑う。

『葵は、あなた達に譲りませんよ?』

水神とリューは、

「めんどくさいのぉ。」

「仕方ないですね。」

瀬蘭さんは、私の肩をつかむ。

『葵、女子トークいたしましょう?』

水神とリューは、ヒソヒソと、

「瀬蘭は、女子なのか?」

「俺も疑問です。」

2人とも、瀬蘭さんに失礼だよ!

襖を開けて、(なんと!和風の部屋があったの!)中に入る。

『此処なら、聞かれませんね。』

私は、着物の裾を整えながら、座る。

『葵には、好きな者がおりますか?』

真面目な顔で、瀬蘭さんは私の頬に触れる。

ぶっちゃけて良いのかな?

……ダメかも。

私が、リューと両想いなことも、瀬蘭さんには、言ったら水神にバレる。

「私は‥…」

名前 メモ

全部読む/最新50

しゅーがくりょこーでどこ行くよ?(9)

1 さむらごーち◆3w:2017/02/23(木) 02:44

異世界でのお話です。
苦手な人は回れ右です。

9 さむらごーち◆3g:2017/03/28(火) 12:46

馬車から降りるとめっちゃ綺麗な女に人が
2メートルくらいの剣を持って立っていた

めっちゃ美人だ……

「あらあらフフフ…」バキッ!

その女の人を見ていると、いきなり先輩に殴られ
地面にめり込んだ

どんな威力だよ、あとなんでだよ

名前 メモ

全部読む/最新50

オリキャラで小説書きたかった。【だけ】(13)

1 :2017/03/27(月) 10:30

閲覧は自由にどうぞw
書き込みはご遠慮くだせ。
自キャラ出すんで名前は変えます。

13 :2017/03/28(火) 12:00

翌日、気持ちの良すぎる青空を都樹羽は一人静かに見つめていた。

夢天:「んぅ、、、ふわぁあぁ、、、」
都樹羽:「お、夢天、おはよう。」
夢天:「おはよぉございます、、、って、都樹羽さん随分早起きですね?!」
都樹羽:「あぁ、楽しみすぎていつもより早く目が覚めちまった。」
夢天:「ふふっ、一緒ですね。」
都樹羽:「だな。」
二人は仲良く笑い合った。そして、今日からの旅行の楽しみを語り合った。
藍翔:「ほぉー寒ぃ寒ぃ、、、」
夢天:「あ、藍翔、おはよう。」
都樹羽:「えっ、、、」
藍翔:「どうした?」
都樹羽:「なんでお前こんな時間に起きてんだよ、、、」
夢天:「たしかに、まだ5時前ですよ?!都樹羽さんはまだしも藍翔がこんな時間に起きるなんて、、、」
紫舞:「今日は大雨が降りそうだな。」
藍翔:「なんだよみんなして、、、俺が早起きするのがそんな珍しいか?」
都樹羽;「珍しい以外何でもない。」
藍翔:「ひでぇ、、、」
夢天:「ぷっ、あははは!w」

笑いものにされた藍翔だった。

名前 メモ

全部読む/最新50

ひよっこですが、小説書きます!(14)

1 月乃:2017/01/14(土) 11:58

はじめまして、ひよっこの月乃(るの)です。
とても、下手だと思いますが読んでくれると嬉しいです。

14 葵姫:2017/03/28(火) 08:36

あの出会いから、ほぼ毎日喜依に、日本語を教えてもらった。
喜依は教え上手で、たくさんの日本語のレパートリーが増えた。
喜依のお陰で、クラスの子との関係も築けるようになった。
喜依は、いつも笑顔を絶やさなかった。
喜依の笑顔は、最高でちょっと嫌なことが起きても、いつもの場所で、喜依の笑顔を見るだけで、ネガティブな気持ちは、すっ飛んだ。
そんな最高な笑顔の後ろに、何が潜んでいたのだろうか。
私は、何も潜んでいなかったと思う。
だから、喜依は殺されたのだ。
蒼利に。
蒼利は、誰にでも優しく、平等に接する喜依を、嫌っていた。

名前 メモ

全部読む/最新50

三条と龍生(2)

1 犀花:2017/03/26(日) 22:11

勝手に考えて勝手に書いていきます
ちょこちょこ更新してくのでよろしくおねがいします!

2 犀花:2017/03/27(月) 14:04

うじうじしてる奴が嫌い。
男に媚びる女が嫌い。
融通のきかない奴が嫌い。
何考えてるか分からない奴が嫌い。

それが俺、川端龍生。
なんだかんだ今年で高2に進級する。
嫌いな奴が多い俺だが、世の中で母親の次に苦手な奴がいる。
うじうじしていて、何考えてるか分からない。
平々凡々な学校の一生徒であり、
クラス内カースト最下位の女。

三条ちはる。

名前 メモ

全部読む/最新50

次のページ>>

スレ立てフォーム

題名:
名前: メモ:

スレッド一覧リロード検索サイトマップ先頭へ↑ RSS

最近のスレッド / 掲示板一覧
  1. ここは明確スイーツ研究部!(116)
  2. この間柄で(17)
  3. 世間知らずな私の初恋?!(31)
  4. 君はカイワレ、ぼくはもやし(1)
  5. 恋愛禁止なんてありえない!!(55)
  6. 「絆というゴミ」(9)
  7. サトシ「久しぶりだな!ゲッコウガ!」ゲッコウガ「コウガッ!」(17)
  8. 三条と龍生の話(2)
  9. 切支丹物語 [二部](156)
  10. 黒主学園 1年1組!(9)
  11. 君の声に恋したあの日...【恋愛系】(2)
  12. 2人の小説。(4)
  13. 魔天使マテリアルもう一つの話(276)
  14. 貴方と私(24)
  15. 糸使いと異能マンションの住民たち(6)
  16. 人狼ゲーム【オリジナル小説】(6)
  17. 愛雷の小説(・з・)(8)
  18. mermaidmemory(7)
  19. ヘラヘラしてるのが一番嫌いだ。(5)
  20. 嫉妬(6)
  21. みんなでリレー式小説をつくろー♪(65)
  22. イケメンテロリストは女の子と女の子がお好き(4)
  23. 空を見上げた時、涙を流したのは、僕だった。(7)
  24. 【企画小説】絶望VS希望(4)
  25. 心と言葉(6)
  26. 偽人(4)
  27. 榊原君は貧乏神(32)
  28. 私が気づいていたようで気づかなかった物(5)
  29. 正解は不透明(3)
  30. 自作小説宣伝スレ(147)
  31. >>スレッド一覧
現在の閲覧者数

[サイトマップ]

★新しくスレッド(話題)を作る
Twitter シェアする?