小説

小説

小説の批評・創作用掲示板☆

  1. 1:10年振り。(4)
  2. 2:あの日の物語(302)
  3. 3:私の恋は叶うの?(159)
  4. 4:心に声を響かせて…(76)
  5. 5: 魔法少女の祈り (17)
  6. 6:ー学校Lifeー(2)
  7. 7:島津小中学校の物語!(6)
  8. 8: モテすぎて困るっ!−4カクカンケイ?−(109)

10年振り。(4)

1 和菜◆h.:2017/10/15(日) 06:53



「なんで行っちゃうんですか!!」


「最後までいられなくて、ごめん

でも

私がいなくても、金賞とるんだよ?東海大会出てね?」


_______10年後_________


「久しぶり、、また一緒に頑張ろーね!」

「は、はぃ……………」


10年振りの再会_


>>2

4 和菜◆h.:2017/10/16(月) 23:00

「あの、ゆい……田中先生」

書類をまとめていると、雛咲先生に声をかけられた。

「はい」

「明日の部活、前任の…松井先生だっけ?様子見来ます?」

えええ、知るかよ。
という心の声が漏れないように慎重に返事をする。


「あ〜………聞いてませんけど…」

「あらそう。ありがとう〜」

そういって立ち去ろうとした雛咲先生。

「………ね」

「え?どうかしましたか?」

「ううん!なにもないよーん」


雛咲先生は昔から、不思議に思うところがたくさんあった。
服装、しゃべり方、髪型……………
それだけではない。さっきのように、聞こえるか聞こえないかギリギリの声で呟いたり。給食のあとに教室を出て、階段の踊り場でなぜか持参したと思われるおにぎりを頬張っていたり。
とにかく謎しかない先生だった。




早くも寝落ちしそうなのできりまふ

名前 メモ

全部読む/最新50

あの日の物語(302)

1 みかぜ◆3Y:2017/02/06(月) 15:33

みかぜです。テーマは『気持ち』(多分)です。
ルール
荒らし禁止
もちろん、悪口、なりすましも禁止。
感想やコメント、アドバイスをできれば欲しいです。

>>2 登場人物

>>3 ストーリー

>>4 プロローグ

>>2>>3>>4はレス禁です。

302 渚◆/k:2017/10/16(月) 21:52

私達が、教室に戻るとみんな席に座っていた。え?!もう、授業始まってる?!

「はい!では、今から卒業アルバムのための写真を撮ります。ちなみに、卒業アルバムは、離任式の日に渡されますので。」

「はーい」

卒業アルバムかぁ……卒園アルバムしかないけど、卒業アルバムなんてなんかわくわくする!

「せんせーい!質問でーす!」

田中が手をあげて質問をした。

「はい。田中君」

「なぜ、卒業式にアルバムを渡さないんですかぁ??」

田中………君はバカなの?

「卒業式の写真も載せるのでね」

先生は、ニコッと笑いながら答えた。

「先生って絶対化粧濃くしますよね?」

「服大丈夫なんですかぁ?」

みんな、先生に対して、いろいろなことを言っている。先生に困ってるじゃん…

名前 メモ

全部読む/最新50

私の恋は叶うの?(159)

1 レミリ◆63Y:2017/06/13(火) 20:02

皆さん、どうも。レミリと申します。私は、『あの日の物語』という小説も書いています。見てくれたら嬉しいです。今回のテーマは、『恋愛』です。はじめて恋愛系に挑戦します。応援してくれたら嬉しいです!
ルール
荒らし、悪口、なりすましは禁止です。私は、小説書くのが下手なのでアドバイスしてくれたら嬉しいです!あと、感想もお願いします。

>>2 登場人物

>>3 ストーリー

>>4 プロローグ

>>2->>4までレス禁です。

159 渚◆/k:2017/10/16(月) 21:47

「では、よーい、スタート!」

先生の笛がピーっと体育館に響いた。

「ユカリン!」

私は、同じチームの子からボールをもらって、ドリブルをしてそのままシュートをした。すると、一発で入った!

「イェーイ!」

私は、いろんな人とハイタッチをした。よし!この調子で頑張るぞ!

そして、結果が私のチームが勝った。体育の授業が終わって、みんな教室へ向かう。

「清野〜!」

私は、清野のところまで走った。

「おぉ!有村!良かったな!」

清野は、ニッと笑った。

「今日一緒に帰ろっ!」

私は、ニコニコしながら聞いた。すると、清野は嬉しいのかわからないけど、顔を少し赤くしてこくりとうなずいた。

「ユカリ良かったね!」

「ユカリちゃん良かったね!」

更衣室で、みんなからいろいろ言われた。

「うん。それでね、絶対に言わないでね?」

「うんうん」

女子全員は、こくりとうなずきながら言った。

「ご褒美ちょうだいって言われた…」

「きゃーー!!良いじゃん!」

みんなは、黄色い声をあげた。

「じゃあ、キスなんてどう?」

楓は、にやにやしながら私に言った。

名前 メモ

全部読む/最新50

心に声を響かせて…(76)

1 ルナ◆3es:2017/08/04(金) 22:18

皆さん、『あの日の物語』、『私の恋は叶うの?』を書いています!ルナです。この小説は、もしかしたら、『心が叫びたがってるんだ』に似てる物語になると思いますが応援よろしくお願いします。
荒らしは辞めてください。
感想、コメント、アドバイスお願いします!

>>2 登場人物

>>3 ストーリー

>>4 プロローグ

76 渚◆/k:2017/10/16(月) 21:40

「どうしたの?」

みずが、首をかしげて聞いてきた。私は、言葉に出そうとしたけど、死ぬのが怖くなり、喋れなくなった。私は、バッグから携帯を出して、

『ごめん。喋ると亡くなるってことすっかり忘れてた……』

と、書いた。

「それじゃあ、しょうがない!ね?迷惑じゃないし!」

みっさーは、ニッと笑った。

「うん!喋れなくても親友……でしょ?」

「大丈夫!私達梨依のわがままでもなんでも聞くからね?」

私は、嬉しくなり、泣きそうになったけど、こらえてこくりとうなずいた。

名前 メモ

全部読む/最新50

 魔法少女の祈り (17)

1  千咲 ◆c.:2017/10/15(日) 00:25





願っても叶わない運命を生きる
それが魔法少女


>>2世界観

>>3登場人物

>>4ルール


 

17  千咲 ◆c.:2017/10/16(月) 21:40




「 10月29日発売のニューシングル、ときめきSTAR!よろしくお願いします! 」

「「 るかちゃん可愛いよーーっ!! 」」

「 えへへ、ありがとうございます! 」

私、泉 流歌。アイドルをやってるの
思ってた以上に大変だけどね

******

「 流歌ちゃんお疲れ様!明日は久しぶりのオフ!ゆっくり休んでね 」

「 ありがとうございます! 」

今日も笑顔で終わることが出来た。仕事は結構上手くやってる、歌って踊って笑って…それの繰り返しって所ね。勿論本当に笑ってるわけじゃない。
そもそも自然体で笑う…とかよく分からないし。


「 やっとオフ…明日はどうしようかしら……。 」

流歌は退屈そうに窓を見た
外暗い…。はぁ…家帰ったら勉強もしないと…、最近仕事ばっかりで勉強出来なかったのよね

ん…?今の誰…?飛んでた……わよね?

窓に映り込んでいたのは白い百合の花のような人。一般人があんなに高くジャンプ出来るわけない。当然私も出来ない…もしかして人間じゃない…とか?

「 魔法少女を見てどうかしたのかのん? 」

急に現れた謎の生き物。私は驚きのあまり目を丸くしながら20秒くらい固まってしまった

「 …魔法少女…?何それ 」

魔法少女ねえ…。ぶっ飛んだ話だわ

「 魔法少女は魔法少女だのん。さっき君が見ていたのはリリィブランシュ。新しい魔法少女だのん 」

「 リリィブランシュ…ふーん。何であんな所に魔法少女…がいるわけ? 」

「 それはぱるれにも分からないのん 」

「 一番分かってそうな奴が一番分かってないのね…。 」

「 なっ、酷いのん! 」

リリィブランシュ…魔法少女…現実的に考えて有り得る話ではない。けど話を聞いてみる価値は十分にある

「 面白そうな話だしもっと話してよ 」

「 面白そう…なら丁度いいのん!魔法少女になって欲しいのん! 」

ここで勧誘とはねえ…、ちょっと予測してはいたけど。

「 へー、唐突な勧誘ね。でも私はアイドルなの。魔法少女と両立とか大変だと思うし 」

「 そこは気にしなくて大丈夫だのん!空いてる時間に活動してくれるだけでも嬉しいのん! 」

空いてる時間…明日はオフ…
これは暇つぶしに良いんじゃない?

「 じゃ、魔法少女になるわ。 」

「 本当かのん!ありがとうだのん!
じゃあ、このクリスタルミラーをあげるのん! 」

「 クリスタルミラー? 」

「 クリスタルミラーがあればいつでもどこでも変身出来るのん! 」

じゃあ仕事中にも変身出来るってわけか。しないけど
誰もいないし、仕事も終わったし、早速外に出て変身?してみようかしら、魔法少女になった理由は遊び半分って事で

名前 メモ

全部読む/最新50

ー学校Lifeー(2)

1 唯美:2017/10/16(月) 21:00

こんばんは〜‼
これから「ー学校Lifeー」といういじめ小説書いていきます!Lifeだから生活。つまり学校の生活と一緒にいじめをミックスさせます!
じゃあ次から書き始めるので見てくれたら嬉しいです!

2 唯美:2017/10/16(月) 21:19

第1話「進級」ー優美の場合ー


私は相澤優美。
ごく普通の新中1。
普通と言っても私は普通以下。
普通以下ってことはいわゆる地味子。
そんな私が進級してから変わった────…


入学式…
私は今日から中学生だから制服を着ていく。私の学校の制服はセーラー服だ。
そして制服を着終わった後…スマホから「〜♪」LINEの音楽が鳴った。
優美「…?」
そしてLINEを確認すると親友の凛から1件「今日から中学生だね!楽しみ〜」
そう書いてあったので一応そうだねといれておいた。
そしてご飯を食べ,髪をセットし,時刻は七時半になっていた。
優美「もう出よっと」
そしてリビングを出て玄関へ向かう。
と、母親が出てきて
母親「いってらっしゃい」
優美「行ってきます!」
ガチャ!
そして私は勢いよくドアを開け外へ出る。
スタスタと歩き始める。
それから私は学校へ向かうまで考え事を始めた。
今日から学校で友達ができるかとか…………一番心配なのはいじめられないかだ。
まぁそんなの無いよね。大丈夫だよ。
そう自分に言い聞かせた。
そんなこんなでもう学校だ。

ー中学ー
中学校には知っている子が多かったが他校から来てる子も多かった。そして私がキョロキョロしていると、凛が来た。
凛「優美ー!」
優美「凛、おはよう」
凛「うんおはよー」
優美「凛はクラス名簿見た?」
凛「見たよ〜それでね!優美と同じクラス!」
優美「やった〜マジ!?」
凛「マジマジ〜!でもね聞いてー…」
優美「…?」
凛「リエルちゃんがいるって最悪じゃない?」
優美「リエル?」
凛「ほらーおしゃれだけど不良の子」
私はリエルという名前を小学校の頃聞いたことがあった。
たしか、髪を染めてて、教師に普通にタメで、耳にはピアスをしてて、「学校1最強の問題児」というあだ名がつく子だった。
まさか…そんな子がうちのクラスに……?
私は聞いてみた。
優美「え…そのリエルちゃんが同じクラスとか?」
凛「そーそー」
優美「…」
私が黙り込んだのと一緒に校門の方から騒がしい声が聞こえてきた。
リエル「てか学校とかめんどくなーい?」
優香「ね〜〜!」
紗奈「なんで学生なんてあるんだろ〜!」
マリ「無くていいのにー!」
リエル「キャハハハハ!まじでなくていいよねー!」
優香「うん!」
リエルたちだ。
凛「噂をすれば…何とかね」
小声で凛が言った。
優美「うん」




時間ないのでここまで!

名前 メモ

全部読む/最新50

島津小中学校の物語!(6)

1 いちごみるく:2017/10/14(土) 16:18

【STORY】
島のある小中一貫校。
小学生は15人、中学生は20人。
主には小学生を中心にしている。

6 いちごみるく:2017/10/16(月) 20:37

私は近江凛音、私は近江着物屋という地元でも有名、私は生まれも育ちも田舎の島津。
凛音はお寺さんがつけてもらった。
5人兄弟の末っ子としてね?
長兄、大学生(21)神楽(かぐら)
次兄、大学生(18)出雲(いずも)
長姉、高校2年生 初音(はつね)
次姉、中学1年生 憂音(ういね)
と皆、歳バラバラだけど、
元気で仲がいいです。
母親は徳音(とくね)です。
憂音お姉ちゃんとは一緒に登校しています。

名前 メモ

全部読む/最新50

 モテすぎて困るっ!−4カクカンケイ?−(109)

1 風月◆uM:2017/08/29(火) 11:31


 マイペースに小説を書いていきます。
 素人なので誤字があったり、話の内容がおかしかったりと
 読みにくいかもしれませんが、どうぞ温かい目で読んでくれたら
 嬉しいです<(_ _)>
 コメント・アドバイスもぜひどうぞ。返信はその日のうちには無理かも
 しれませんが、必ず返します。
 長文失礼しました。

 -このお話は恋愛小説です。-

>>2
登場人物紹介(明日に書きます。)
あらすじ(簡単な)

>>3
本編 1.モテすぎて困るっ!

 
 

109 アーヤ◆TQ:2017/10/16(月) 20:25

とうとう、こっちも告白とか?
続きが気になる

名前 メモ

全部読む/最新50

次のページ>>

スレ立てフォーム

題名:
名前: メモ:

スレッド一覧リロード検索サイトマップ先頭へ↑ RSS

最近のスレッド / 掲示板一覧
  1. 時を駆けて、初恋*します。(447)
  2. 感動する小説を書きます!(40)
  3. True End(122)
  4. つけ組シンデレラ(208)
  5. Noe’Diary~乃笑の青春(?)日記~(21)
  6. モデル × いじめ(5)
  7. 子供の最後の日(15)
  8. 思春期シンデレラ(103)
  9. 口約束を果たす前に(2)
  10. 1%の叶わない恋(57)
  11. 夢の中のキミと(32)
  12. 記憶消失。(12)
  13. 自作小説宣伝スレ(170)
  14. ここは明確スイーツ研究部!(466)
  15. 誹謗中傷禁止だにょ! 作者が活躍する学園モノ冒険譚です ハーレム 異世界 い能力 (8)
  16. 運命の扉(7)
  17. 先生_(1)
  18. マオの内緒アート日記(35)
  19. よくわからない学校生活(1)
  20. 袂を別つまでの話(6)
  21. 後ろ(20)
  22. 君はカイワレ、ぼくはもやし(11)
  23. あなた(10)
  24. 異世界はボクを裏切った(9)
  25. 教師のホンネ(74)
  26.    晴れることのない世界   (12)
  27. コードブルー空想話(8)
  28. >>スレッド一覧
現在の閲覧者数

[サイトマップ]

★新しくスレッド(話題)を作る
共有 シェアする?