氷の女王 〜いじめ小説〜

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:まりぃ:2015/03/01(日) 15:22 ID:CK6

    これはいじめ小説です

     >>2あてんそん
     >>3登場人物

レス解禁という迄書き込み厳禁です

        では

2:まりぃ:2015/03/01(日) 15:25 ID:CK6

      あてんそん

辛い過去がある方は見ないようにしてください
あなたの勝手ですが…(/ω・;

悪コメ・荒らしなどは一切しないでください

最初はスルーでお願いします

その後はこちらで対処します=・ω・


アドバイスやコメントなどはたくさん受け付けております

    駄作なんで・∀・

3:まりぃ:2015/03/01(日) 15:29 ID:CK6

最初に簡単な登場人物を紹介します

【全員高1です】

若月 七海 ワカツキ ナナカ

藤井 華鈴 フジイ カリン

山根 琉愛 ヤマネ ルア

吉野 美咲 ヨシノ ミサキ

石川 茜 イシカワ アカネ

森 紅愛 モリ クレア

山本 美奈 ヤマモト ミナ

原田 優真 ハラダ ユウマ

羽柴 薫 ハシバ カオル

性格や細かいことは後ほどかいていくんで・∀・

4:まりぃ:2015/03/01(日) 15:29 ID:CK6

レス解禁

5:まりぃ:2015/03/01(日) 15:44 ID:CK6

毎日友達とそんなに話さないけど

平和でほのぼのとした空気

それだけで充分だった

私もやっと高校生


「あ。七海、クマできてるよ?」

そう言って私の顔を覗きこんできたのは親友の藤井華鈴。

あ!私は若月七海でーす!

華鈴はみんなに人気だからいつも憧れちゃう

「えへへ…今日が楽しみで眠れなかった…」

今日は高校生活スタートの日

華鈴と同じクラスになれますように…

6:まりぃ:2015/03/01(日) 15:45 ID:CK6

基本暇人なんでばんばんかいていきます~ゎら

7:まりぃ:2015/03/01(日) 15:49 ID:CK6

昇降口にクラス分けの紙が貼ってある

「七海いこっ!」

言葉を発する前に華鈴はもう走り出していた

「まってよー」

ドキドキしながら私も走り出した



周りからはきゃあきゃあ声が聞こえる

私も見ようとするが前の人で見えない

「きゃあっ!」

誰かに押され私はみんなの輪から押し出されてしまった

「どいて!」
ドンッ

「うわっ」

おまけに転んでしまった

いてて…最悪…

8:まりぃ:2015/03/01(日) 15:52 ID:CK6

すると目の前に手があった

「え…」

「…あんた、大丈夫?」

そう言われ、顔をあげた

そこには髪の長い綺麗な人がいた

「あ…ありがとうございます」

先輩かな…?背も高いし…

「私、1−Cだから。よろしくね。羽柴薫って言うの。じゃあね」

え…?

1年?


「七海!あたしら1−C!同じクラスだよおー!!」

1−C……??

9:まりぃ:2015/03/01(日) 15:53 ID:CK6

教室にいくといろんな子がいた


羽柴さん…もいた。


華鈴と同じクラスになれてよかった…


楽しくなりそうだな

10:まりぃ:2015/03/03(火) 20:30 ID:CK6

あげ


書き込む 最新10 サイトマップ