葉っぱ、小説初心者のここにゃんがなんとなく小説かいてみるスレ

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ここにゃん:2015/03/15(日) 15:16 ID:TyA

、とゆーわけでなんとなーくかいていきます。
できる方は評価してくださいませ。
荒らし厳禁!!!
注意しても懲りない人は通報します。
では、題名。

「全寮制ピアノレッスン教室」

っっっと。理由は、なんとなく、じゃなくて
[全寮制]の教室と[ピアノ]教室をくっつけてみようと。
至らない点多いとは思いますが長い目で
見てくださるとありがたいです。

2:ここにゃん:2015/03/15(日) 15:20 ID:TyA

、とゆーわけでなんとなーくかいていきます。
できる方は評価してくださいませ。
荒らし厳禁!!!
注意しても懲りない人は通報します。
では、題名。

「全寮制ピアノレッスン教室」

っっっと。理由は、なんとなくに限りなく近い発想。
[全寮制]の教室と[ピアノ]教室をくっつけてみようと。
至らない点多いとは思いますが長い目で
見てくださるとありがたいです。
では>>2-3は私以外のレスは厳禁です。
レス解禁と書き込んだら、お願いします。

>>2 登場人物紹介
>>3 簡単な話の説明(?)
>>4 レス解禁

3:ここにゃん:2015/03/15(日) 15:21 ID:TyA

ん、ずれた。
6で解禁しまふ

4:ここにゃん:2015/03/15(日) 15:30 ID:TyA

*紹介*
氏名、フリガナ、年齢、主人公との関係

小松 最華 コマツ モカ
小5の11歳。主人公。

青葉 世菜 アオバ セナ
小5、11歳。最華のライバルであり、親友。

瀬川 身優 セガワ ミウ
小5、11歳。最華のライバル。

堀川 梓 ホリカワ アズサ
26歳。最華達のクラスのコーチ。怒ると鬼になる。

多くなったw
まあ、いいでしょう。

5:ここにゃん:2015/03/15(日) 15:41 ID:TyA

ここは、未来のピアニストを目指す子供が全国から集まる
ピアノ教室としては珍しい全寮制スクール。
そこの入学試験はとても厳しく、倍率は
毎年どの学年も50倍と言われるほどです。
そんな全寮制ピアノ教室に入学した子供は、
勉強、最低限の運動等生活に欠かせないものも、
すべて切り捨て、ピアノの道を真っ直ぐ
行くことを決意しなくてはなりません。
3歳から試験は受けられますが、入学金は約80万円。
教材費は毎月5万円。年会費10万円。
レッスン費だって毎日分あるわけですから、
月々5万円です。寮費も合わせてと言えば
少しはリーズナブルと思う人もいるかもしれませんが。
それだけ高い金額が掛かるわけだから、
レッスンだってとても厳しいです。
午前、午後・・・休みはほぼありません。

6:ここにゃん:2015/03/15(日) 15:42 ID:TyA

レス解禁

7:ここにゃん:2015/03/15(日) 15:46 ID:TyA

今日も1日疲れました。
同じ部屋のメンバーである世菜と身優と
指のマッサージをします。
私達の暮らしているこの、
「EARTH流全寮制ピアノ教室」

8:ここにゃん:2015/03/16(月) 16:11 ID:6L6

はとにかく厳しいことで有名なピアノ教室です。
そのため入学にはピアノ1筋でいくことを決心しなければなりません。
そしてどんなに辛くともレッスンをサボることは信じられません。
とてつもなく辛いペナルティを与えられ
最終的に強制退学へ追い込まれるのですから。
そんな入学すら相当な覚悟がいる狭き苦しい門を
最後まで潜り抜けた努力家はほぼ100%の
確率で一流ピアニストになれるのです。
ですが私はもう心が折れそうです(涙)
それは、これから分かるでしょう。

9:ここにゃん:2015/03/16(月) 16:26 ID:6L6

私は、小松最華といいます。
EARTH流ピアノレッスン(以下、アース)
を始めて3年たつというのにまだ「初級C」
なんです。ピアノ歴だとかやる気だとかは
殆ど買われず技術だけが問われるため、
できる人、できない人で大きく差がでます。
そしてピアノ技術だけは負けないと言う
親友の愛は、「中級A」なんです。
あ、階級とA〜D迄のことについて説明しますね。
階級は幼児コースは全員同様で幼児の中でも
特に期待される子は初級に飛びます。
そして小学生になると実力世界。
初級〜神級迄あります。
そして小学生〜高校生まで一緒になって練習します。
進級テストは学年、年齢、おおよその
実力に合わせて評価されますが。
そしてA〜D迄の評価コースは、A〜順に
A、B、C、Dと上手い順です。
そして私は初級のCなので相当下手と
見られているようです。

10:ここにゃん:2015/03/16(月) 16:28 ID:6L6

そして更に詳しく話すと、部屋割りと階級は
一切関係無いと言うことです。
説明はここまでにします。

11:ここにゃん:2015/03/16(月) 19:00 ID:J5o

そのため、私の部屋の友達は、入った順です。
でも友達の愛は私より1つ早かったため、
3人部屋に私ははみ出てしまい、違う空き部屋
(既に2人いた)に入れられました。

12:ここにゃん:2015/03/17(火) 18:50 ID:JjY

でも、それで良かったのです。
既にいた2人の先輩はとても優しかったので。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

ジリリリリリリリリリリリ!!!
「もかち〜ん、起きないと堀川来るよー!」
宮下めぐ先輩です。面倒見がよくこの部屋では
一番年上の高校1年生です。
「あ、おはようございます。ありがとうございます。」
「いやいや、堀川いないしいいよ普通で。」
そうです。ここでは何故だか
上下関係を守れない者、入るべからず、、、
と言う校則さえあります。
先輩を見習い、先生を慕えと言うらしいです。
「もっち〜ボーッとしてるよ?寝不足?」
心配してくださっているのは、中2の
斎藤雅弥(みやび)先輩です。
やはり皆さん優しく、とても頼りになります。
3年後、めぐ先輩が引退したあと、誰か入ってきたら、
私も優しくしてあげられるかな。
「もかちん、準備しよ。準備。」
「あ、はい!わすれてたっ!」
こんな感じで1日が始まります。

13:ここにゃん:2015/03/17(火) 18:55 ID:JjY

宮下 めぐ ミヤシタ メグ
高1。階級は上級A。優しく面倒見がよい。

斎藤 雅弥 サイトウ ミヤビ
中2。階級は超級(上級の1つ上)B。
おもしろくて優しい。やるときはやる。

14:ここにゃん:2015/03/17(火) 20:05 ID:JjY

「おはようございます!!!」
「声小さいよ!」
「おはようございます!!!!!」
「う〜ん、まぁ、いいでしょう。
はやく、次、歌!今日誰!?身優!はやくしな!」
「は、はい!!!」
〜〜〜♪ぁぁぁあああぃぃぃいいい 〜♪
「汚い!音痴は弾けないよ!!!」
そこで叱ってくださっているのが、堀川先生。
アースでは、丸1日練習するわけなので、
朝9時〜30分は発声練習するのです。
そして、発声練習が終われば鬼レッスンです。
毎日先生のお叱りから始まります。
「あんたたちが何故Cにいるのか。
まずそれから知りたいわね。
昨日の進級テストで誰一人として
ランクアップ、級アップした人がいなかったこと。
先生はとても恥ずかしかったです。
指導が甘いんだと沢山言われました。
なのであなたたちにはもっと厳しくしていきます。
あなたたちとは違って口だけではないので、
覚悟しなさいね。」
今日は短い方です。進級テストの前後は
短いことが多いんです。
「じゃあ始めます。昨日惜しかった順に
課題レベルで弾いてもらいます。
青葉世菜>小松最華>寺田・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・瀬川身優。番号分かったね?」
よかった。2番だ。今回は世菜がトップか。
身優ちゃんが最下位なんて、きっと初めて。
体調不良だったから。
〜〜〜〜〜ジャン!!ジャジャン!!!!
ジャジャジャジャン!!!!!テーン
「よし。レベル先★★★の割には上手い。
でも最初力みすぎ。力入るのは中盤〜
間奏付近だから。そこ大会で弱めたら
評価がた落ちするからね。あと、ミスタッチ大分減ったね。
メモok?次。小松最華。」
私だ。テストのミスは絶対しない。よし。
〜〜〜ジャジャッッジャジャンッジャン!ジャージャッシャン!!!!!
「う〜ん、まあ、★★★★にしては
中々だけど、ミスタッチが目立つから
もうちょっと踏ん張って調整効かせれば
行けると思う。最後のミスは大会で
やっちゃうとマズイよ。もししちゃったら
ペダル1拍置いて訂正してね。
メモok?次、寺田桃乃。」

15:ここにゃん:2015/03/20(金) 16:29 ID:fUE

まあ、こんな感じに始まります。
そして全員が終了すると、進級テストの次の日
なので、身体測定をクラス順に行います。
そこでは養護の先生(以下 真下先生)
が各教室に来てくださり、測定してくださります。
「ホラ、はやく靴下脱いで!真下先生が
いらっしゃるから!初Cは最初の方だから!」
わいわいガヤガヤ、騒いでいた生徒が
一斉に静まり帰りました。
それと同時に、がチャリ、と扉の開く音。
「皆さんお久しぶりです。真下です。
今回身体測定をするのは、私ではありません。」
エッ?私は優しい真下先生が好きなのに・・・
「んで、してくれるのは、そこの青木
先生です。ちゃんと言うこと聞いてね。」
ほんとだ。真下先生の隣を見ると、
若い細身の先生というか、先輩みたいな
女性が私たち生徒にお辞儀をしていた。
「青木桜と言います。これからよろしくね。」
「青木先生は、アースの卒業生ということもあり、
これから初Cの指導もしてくださります。」
と堀川先生が言いました。
私はそれがとても嬉しかったです。

16:ここにゃん:2015/03/20(金) 16:42 ID:fUE

そして体操服+ジャージになった私たちに対して
青木先生はこう言いました。
「それじゃ、ジャージ脱いでね。」
それには3人の先生以外全員驚きです。
理由は簡単です。今な真冬だからです。
「え?どうしたの?私のときは季節関係無く
体操服のみだったけど何か?はやくしてね?」
と青木先生は無表情で答えました。
そして全員とりあえず言う通りにし、
順番に測定していきました。
そして、全員はかり終えると先生は
にこりともせずに「制服に着替えなさい。」
と冷たくいい放ちました。
そして全員が着替え終わったことを確認すると、
「測定結果編集して渡すからしばらく
自主練。サボったら分かるからね。
初Cは全員で24人なのよね?かなり人数
多いのね。じゃあピアノ8台あるから
やってそれ以外の人は歌練か指ね。」
そう言い残し暖かい職員室へ向かって
青木先生は駆け足で走り出した。

17:ここにゃん:2015/03/20(金) 17:08 ID:fUE

そして気づくと堀川先生も真下先生も
いなくなっていました。


しばらくたって青木先生が戻ってきて、
青木先生は戻ってくるなりこう言いました。
「実は私はアースでピアノの技術だけを
学び、気づくと感情を殆ど失っていました。
あなたたちにはそうなってほしくありません。
なので私の教え子には、他の先生はしないあることを
してもらいたいと思っています。」
とやはり無表情のまま言い、順番に
何かを配り始めました。
私にもそれが回ってきました。
そこには大きな文字で「青木桜流心身
育成プログラム1」と印刷されていました。
そして私の名前も金色でり立派に「小松最華」
と印刷されていました。
そして1ページめくってみると、
先程の身体測定の結果148,6cmと
それに応じた椅子の高さが載っていました。
そして2ページ目をめくると、何故か
「 小松最華 心の記録 」
と上の方にあり、下を読んでいくと、
「あなたの感情は今消えかけており、
泣いたり、怒ったりすることが、殆ど
ないと思われます。その原因のひとつには、好きでもないあることに全力を
注いだことと見られます。
嫌なことがあったら、たまにはぶちまけましょう。」
と書かれていました。驚きです。
でも少し疑いがあったため、隣にいた
世菜と見せ合いをしてみると、
世菜のところには、「あなたは、ピアノ
が好きでやっているようですね。
今は大丈夫ですが、いつかピアノにより
心が崩壊しないように気を付けましょう。」
と書かれていました。
ひとりひとり書いたにしては時間がかからなさすぎ
です。明らかに可笑しいと思いましたが
最後のページを読んでみると、
「私は今、精神科に通っています。
一度失った感情を取り戻すことは
極めて難しく、私もとても辛いです。
そこでアースの講師となり、後輩でもある
あなたたちにそれを経験してほしくない
という気持ちをこの小さな冊子に納めてみました。」
と書いてありました。
ここまでの気持ちがあれば10分でこれだけ
作るのも苦じゃないのかもしれません。
そしてみんなは泣き出していました。
世菜も、身優ちゃんも、みんな、みんな。
ただ2人、私と青木先生を除いて。


書き込む 最新10 サイトマップ