自称天使の事件手帳

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:レモンπ "":2015/04/01(水) 19:18 ID:CS2

 私の憂鬱な日常を憂鬱な非日常に塗り替えた者がいる
 それは、自称天使と名乗る死神だった――……
 

ジャンルはミステリーと言っても、大したトリックは無しです
殺人も起きません
定期更新では無いので更新が遅いです(完結しないかも)
>>02登場人物

2:レモンπ:2015/04/01(水) 19:35 ID:CS2

登場人物

宝務 璃香 Houmu Rurika ♀
冥桜学園中等部2-S所属の女子中学生
成績も運動神経も平均的で、唯一の特技が知恵の輪とルービックキューブ
新聞部所属

ワトソン Watoson ♂♀
自称天使の死神
自分の姿は天才の人間にしか見えない

怪盗マスカレードレディー Kaitou masquerade lady ♀
現在逃走中の怪盗
顔は仮面で隠してあるが、璃香と瓜二つの容姿
IQ300とかなりの天才で、ワトソンの姿が見えるらしい

安寅 愛凛 Adora Airin ♀
璃香のクラスメート
学園1位の成績を叩き出す天才だが、ワトソンの姿は見えない
新聞部の部長兼生徒会長

森亜 恭二 Moria Kyouji ♂
璃香の幼馴染で2-Sの隣のクラス2-Iクラス所属
普段は璃香と対立しており、いつも意見が分かれる。
サッカー部所属


名前の由来はシャーロック・ホームズより

宝務 璃香→ホームズ
ワトソン →ジョン・H・ワトソン
安寅 愛凛→アイリーン・アドラー
森亜 恭司→モリアーティ教授

3:レモンπ:2015/04/01(水) 19:48 ID:CS2

file1 


 私は今、精神科に行こうか迷っている。
 なぜなら――……

「僕は天使という名の死神さ」
 奇妙な幻覚が見えるからだ。

「うわぁっ、遂に鬱病が悪化してとうとう幻覚まで……精神科行こ」
 私は頭を抱えながら、白いコウモリの幻覚を見た。

「幻覚とは失敬な。私は天使、ワトソンと申します」
 100hzくらいの超音波の様な高い声が脳内に響く。
「幻覚だけでなく幻聴もか……異常だ、精神科は徒歩10分だな?」
 私はへなへなと床に座り込み、柔らかすぎる絨毯に手を付いた。
「大丈夫、君は正常だ。僕が見えるという事は、君はかなりの天才だね」

「正常って……!それに私は成績も別に優秀じゃないし……」
「学校の成績だけで優劣が決まるわけではないぞ。どうやら君は脳内にリミットが掛かっているようだ」
 白いコウモリは訳の分からない事をぶつぶつ呟き、私は声も出なかった。

 蓮の葉に水が滴る音が窓越しに聴こえる。
 
 私、今、自称天使の死神の幻覚見てます、なう…… 

4:レモンπ:2015/04/01(水) 21:31 ID:CS2

「何よ、どういう事……?その……リミットって」
 とりあえず私は状況が呑み込めないまま自称天使の死神の存在を信じた。
 私が問うと、ワトソンは軽く頷き、こう言った。
「君の脳を分析させて貰ったが、制限がかけられて本当の力を出せないタイプの脳だ」

 え、何コイツ……人の脳を分析するコウモリなんか聞いた事ないぞ。
 
「私は一生懸命勉強しているのに成績は変わらないのよ。私の脳は普通なのよ」
 溜息混じりに苛々した声で言うと、ワトソンは少し考えた。
「君はの脳は『秀才』なのだろう。努力をするから逆に脳が機能しないんだ」
「何それ……つまり努力をしなければ私の成績が上がるってこと?」
 私が呆れた様に言うと、ワトソンはそういう事だ、と言った。

「あ、ありえない……とっとにかく!私は学校に行くから!」
 重いスクールバックを肩にかけ、私は逃げる様にして玄関から出た。

5:レモンπ:2015/04/01(水) 21:43 ID:CS2

 さっきまで小雨が降っていたが、もう止んでいた。
 アスファルトの窪みに少量の雨水が溜まって、小さい水たまりが出来ていた。

「えっ?何よ、貴方も学校に来るわけ?」
 私の後に続いてワトソンが羽を上下させて近づいてきた。
「あぁ、少し見学させてもらおうと思って。どうせ誰にも見えないし」

 私は深い溜息をつき、奇妙なコウモリを軽く睨みつけた。

 教室に入り、自席に着くと数人の女子が私の所に来た。
「ねぇねぇ璃香!ちょっとコレ見てよっ!」
 そう言って彼女達が私の机に週刊誌のグラビアページを広げた。

「怪盗マスカレード・レディー!仮面で顔は良く見えないけど、璃香にそっくり!」
 一人の女子が指差したのは、美術館の石膏像に立つ女性だった。
 シルクハットをかぶり、仮面舞踏会みたいな仮面をつけている。
 
「怪盗……?現実に怪盗って居るんだ……」
 私はそのページを食い入るように見つめた。
 確かに仮面でよく分からないが、髪型から体型、顔まで似ている。

「でね、璃香が怪盗じゃないかって説が浮上してさぁー」
「そんなまさかー、私中学生だし、第一顔をもっと隠すわよ」
 
 にしても、何でこんなに似ているの……?
 

6:レモンπ:2015/04/02(木) 14:41 ID:CS2

 放課後、私はよく行く喫茶店『221B』に足を運んだ。
 カウンター席の隅で週刊誌を広げ、怪盗マスカレードのページを見た。

「ふむ。この怪盗マスカレードは今夜も予告状を出している様だな」
 ワトソンは週刊誌のページに降り立って、翼で予告状の写真を指した。
「えぇ。でも写真からして中学生くらいよね?」

 場所は冥桜ビルの美術館で、ぺカソの絵を盗むとかなんとか。

「まぁ、その怪盗と私は何も関係ないけれどね」
 パタンと週刊誌を閉じ、マスターの葉戸さんがカウンターに来た。

「にしても本当、怪盗マスカレードと璃香ちゃんって似ているわねぇ」
「そうですか?仮面を取ったら案外似ていないかもしれませんよ」
 私はカウンターに1000円札を置いて221Bを後にした。

7:レモンπ:2015/04/02(木) 19:41 ID:CS2

 帰路につき、帰宅したらもう8時をまわっていた。

「君の家には両親はいないのかね?」
「えぇ。父は私が生まれる前に亡くなって、母はラスベガスに」
 
 冷蔵庫を開け、私は驚愕した。
「うわ、冷蔵庫空っぽ!ちょっと今デパ地下やってるかしら?」
 エコバックを持って家を飛び出した。

「良かったぁー、しかも閉店間近だから割引セールやってるし」
 安堵の溜息をつき、私は惣菜売り場へ行った。

 案の定帰宅帰りのОLや主婦が押し寄せている。
「ちょっとワトソン、あんた飛べるんだからそこのメンチカツ取ってよ」
「全く仕方ないなぁ」
 ワトソンは渋々人ごみの頭上へ飛んで行き、パックに入ったメンチカツを持ってきた。
「おーありがとう。ワトソンって便利だねー」
「あのねぇ……」

 一通り惣菜も買い終え、会計を済ませた。
「あぁ、ちょっとシャー芯買い忘れたんだ……3階の文房具店に寄ってくる」
 私は誰もいないエレベーターに乗り、3のボタンを押した。

8:レモンπ:2015/04/02(木) 19:53 ID:CS2

 ピンポーンと到着の音がしたかと思うと、エレベーターの扉が開いた。
「あれっ?ここ屋上じゃん……おかしいな3階押したはずなのに」
「うむ、確かに君は3階を押したようだが……」
 ワトソンが何か言いかけ、顔を顰めた。

「何かあるぞ!行ってみよう!」
「えっ?ちょっとワトソンッ!?やめなって!私早くシャー芯を……」
 ワトソンは翼を広げ、奥の方へ飛んでいった。

 冷たい風が頬を撫で、不穏な空気が漂う。
 この静寂な気配を乱す者がいた。

「ちょっとワトソン、いきなりな……に…………?」
 璃香は言葉を紡ぐことが出来ず、暫く立ちすくんでしまった。

 黒いシルクハットを深く被り――……

 風に靡く漆黒のマント――……

 月夜に照らされて艶めく髪――……


「「かっ…………怪盗マスカレード・レディー!?」」

9:レモンπ:2015/04/02(木) 20:01 ID:CS2

 2人の叫び声に気がついたのか、怪盗マスカレードはこちらに振り向いた。
「あっ……貴方は……!」
 彼女はかなり動揺していて、まるで璃香の事を知っている様だった。

 マスカレードは懐から拳銃を取り出し、璃香に銃口を向けた。
「貴方には生きてもらうと何かと困るの」
「な……っうわぁ、どうしよう!ワ……ワトソン!ぎゃあああ!」
 ワトソンはマスカレードをキッと睨みつけると、何かを落とした。

「花火だ。あと5秒で打ち上がる。five?four?three……?」
「な……!?や……っやめろ!」
 マスカレードはかなりうろたえ、ワトソンを睨んでいる。

「two?……one?」

 

10:レモンπ:2015/04/02(木) 21:50 ID:CS2

ここで新しい人物の登場です♪

葉戸 富士美 Hado Fujimi ♀
璃香がよく行く喫茶店『221B』のマスター
名前はシャーロックホームズの登場人物『ハドソン夫人』より

喫茶店『221B』
璃香がよく行く喫茶店
221Bはシャーロックホームズに登場するワトソンとホームズの下宿名から

11:レモンπ:2015/04/02(木) 21:58 ID:CS2

 ワトソンが落とした花火から火が上がり、空に花が咲いた。
 近くに居た警察のヘリが屋上を照らし、マスカレードの姿を捉えた。

「ちっ」
 マスカレードは舌打ちをし、拳銃を懐に仕舞うと私を睨みつけた。
「お前の父親……ロクな奴じゃないな」
 微かな声だったが、私には聞こえた。

「はぁ?それってどういう……!?」
 私が問い詰めようとすると、彼女は逃げる様にパラグライダーを背負う。

「ちょっと待ちなさいよ!」
 そんなこと言って、待ってくれる怪盗が何処にいるだろうか。
 やはりマスカレードは警察の目を欺いて逃げてしまった。
 勿論ワトソンが飛んでいって追いかけたが見失ってしまった。


「何よ……父さんに恨みがあったの……?あの怪盗……」
 私は思い切り唇を噛み締め、彼女が飛んだ空を焦点の定まらない視線で見据えた。
 じわじわと、悲しい鉄の味がする。

「ワトソン……帰ろう……」
 私が疲れきった声で言うと、ワトソンは察したのか何も言わずにエレベーターに戻った。
 
 急に目頭が熱くなり、視界が水彩画の様に潤んだ。
 だって、よく分からない怪盗から父親を侮辱されたのだ。
 
 どうして……?

 彼女は一体、私と父と、どういう関係だったのか……

12:レモン:2015/04/03(金) 13:31 ID:CS2

 翌日、私は父が使っていたと思われる書斎に入ってみた。
 母からは極力入るなとは言われたが、怪盗との繋がりが知りたい。
 
「うわぁー、ファイルが沢山……全部埃かぶってるし……」
 壁一面が本棚になっていて、ファイルや資料が沢山並んでいる。
 長年掃除していないせいか、埃がたまり、蜘蛛の巣が張っていた。

「何か、あの怪盗との繋がりを示す物があれば良いのだけれど……」
 適当に一冊ずつファイルを手に取っては眺めて戻した。
「ふむ、興味深い資料だな。君のお父さんの職業は探偵かい?」
「それが私にも分からないの。母さんは何も教えてくれなかったし。多分警察か探偵かな」
 
 ワトソンが器用に羽を使い、ファイルを引っ張り出した。
「そ……そんなバカな……!」
「えっ?何か分かったの!?」
 ワトソンは驚愕し、動揺を隠せない様子だった。
 しかし、すぐに私に背き、言葉を紡ごうとしない。

「あの怪盗とは無関係だ……君は知る必要がない」
 ワトソンはファイルを持って何処かへ飛んでいってしまった。
「何よ、教えてくれてもいいじゃない」
 私は唇を尖らせて言った。

13:レモン:2015/04/03(金) 13:39 ID:CS2

「そんな……嘘だろう……?」
 僕は璃香から逃げ、どうにか真実を隠し通そうと思った。
 トイレに鍵をかけて、璃香が追ってこないのを確かめてファイルを開いた。

「これは……彼の……彼女の戸籍に……」
 僕はある恐ろしい仮説を思いついてしまった。
 彼女と、あの悲しい怪盗のあってはならない繋がりというものが――……

 もしも彼女がこの事を知ったらどうなるだろうか。
 行動力の強い彼女の事だ、きっと探しに行くとかになり兼ねない。
 そんな危険な事に首を突っ込んでしまったら彼女は……


 僕の使命は彼女を守る事――……

 10年前の契約が色褪せて蘇る……


「ダメだ、この資料が見つかったら大変だ」
 ワトソンは資料を細かくちぎり、トイレへ流した。

14:レモンπ:2015/04/03(金) 13:48 ID:CS2

「結局、大した収穫は無しかー」
 私はファイルをパタンと閉じ、元あった場所へ戻した。
 ワトソンはずっと、何か考え込んだまま俯いてしまっている。

「それで?ワトソンって私に何か用があるんじゃないの?」
 どうにかこの静寂な空気をどうにかしようと話題を切り出した。
 それでもワトソンは黙りこくったままで、何も言おうとしない。
 何か、恐ろしいモノに怯えている様な気がした。

「もういいや、放っておこ」
 書斎の冷たいドアノブを握り、後ろをチラッと見たが一行に動こうとしない。
 まるで白いコウモリの石膏像みたくなってしまった。
 
 私は何も言わずに書斎から退室した.

15:れな◆wU:2015/04/03(金) 14:29 ID:CYQ

面白いです♪続きを楽しみにしています

16:レモンπ:2015/04/03(金) 14:55 ID:CS2

れなさん感想ありがとうございます!
ナマケモノより遅い更新ですが良ければ見てください!(^∇^)

17:レモンπ:2015/04/03(金) 15:16 ID:CS2

私のTwitterアカウントです♪もし良ければご覧下さい
http://twitter.com/maho4869

18:レモンπ:2015/04/03(金) 20:52 ID:CS2

「まずいな……あいつの登場は……もう少し先だと良いのだが」
 怪盗業を終え、私は仮面を机に置いた。
 今回盗んだぺカソの絵を書架に仕舞い、溜息をついた。

「あいつは何も知らずに呑気に日常を過ごしやがって……」
 私は父親に対してかあいつに対してか、酷い憤りを感じた。
 自分は全世界を敵に回して犯罪者を渋々やっているというのに。
 同じ人間でましてや同じ…………

「いつまでこんな事をしていれば良いのだろう」
 花火の火薬の臭いが染み込んだマントを外し、床に投げ捨てた。
 
 しかしこの状況ではまずい、何か手を打たないと……

 私はそう決心し、愛用の拳銃、トカレフを引き出しに仕舞った。

19:レモンπ:2015/04/03(金) 22:11 ID:CS2

 翌日、私は夢か現実か分からないまま登校した。
 あのワトソンとかという死神が来て以来可笑しい事ばかり起こる。

「今日は石膏像の仕上げをしますよ」
 美術の先生が自作のヴィーナス像を磨きながら言った。

「君の像はなんだね?」
「…………イルカ」
 私が苛々しながら小声で言うと、ワトソンは口を抑えて笑いを堪えていた。

「イ……イルカ!?ぷぷぷっ、どう見てもバナナだろ!」
「うるさいわね!美術はあまり好きじゃないのよ」
 私は冷やかされながらも彫刻刀を握って削るのをやめなかった。

 石膏像を苛々しながら仕上げている時だった。

「うわぁっ!」
 甲高い女子の悲鳴が背後から聞こえ、ワトソンがすぐに飛んでいった。

「えっ?何!?」
 大勢の生徒が駆けつけ、見てみると騒ぎになっていた。

「私の石膏像が……割れてる!」

20:レモンπ:2015/04/04(土) 12:23 ID:CS2

 割られていたのは生徒会長の安寅愛凛の石膏像だった。
 割れた破片から見てもかなり繊細に彫ってあり、見事な作品だ。

「誰かが落としたんじゃねーの?」
 群衆の中から森亜恭二がうんざりしながら適当に言った。
「それはないわ」
 私が恭二の意見を否定し、恭二は私を軽く睨みつける。
「じゃあ、誰かがわざとやったのかよ?何のために?大体証拠がねぇよ」
 恭二が意地悪そうに言う。

 沢山の生徒の視線が一気に私に集中し、動悸が激しくなった。
「だって……っ作品は棚の奥に配置されてたし、ロープが張ってあった。簡単には落ない」
「えぇ……私もちゃんと棚の奥に入れました」
 愛凛はやっと言葉を紡ぎ、掠れた声で言った。

「動機は何だよ……」
 言葉に詰まった恭二はそわそわしながら動機を尋ねた。
「そんなの……知らないわよ」
「恐らく妬みだろう。それか彼女に恨みがあったか……」
 ワトソンは割れた石膏像を睨みつけ、一人の女子生徒を見据えた。

21:レモンπ:2015/04/04(土) 15:25 ID:CS2

 ワトソンは私の肩を軽く突っつき、羽先で指差した。
「見たまえ璃香。あの女子生徒を」
 羽先は怯えながら立ちすくんでいる女子生徒に向いている。
「あっ……スカートの裾に僅かだけど白い粉……でもそれだけじゃ……」
「あれだよ」
 ワトソンは石膏像まで飛んでいくと、床にぶちまけられた粉を見た。

「あ……足跡!?」
 白い粉の中央にハッキリ2つ並んだ足跡を見つけた。
「靴のサイズは約24cmだろう。彼女の上履きと重ねれば……」
「えぇ。分かってるわ」

22:レモンπ:2015/04/04(土) 22:08 ID:CS2

「はい、皆さん自席に着くようにー」
 先生が騒ぎを見て、着席を促した。
 ワトソンと私はアイコンタクトをとり、女子生徒に歩み寄った。

 殆どの生徒が自席に戻り、作品展示室は女子生徒と私だけになった。
 彼女が自席に戻ろうとするところを私は引き止めた。

「ちょっと、話を聞かせてもらえる?」
 璃香は出来るだけ優しく穏やかな口調で尋ねた。
 それでも彼女は怯えたが、諦めたように笑ってみせた。

「えぇ。私がやりました」
 案外あっさり白状したので、璃香達はかなり面喰った。
「あの石膏像の石鹸水の中に、私の大切な祖父の形見が入ってしまって」
 ポケットから取り出してみせたのは、ラピスラズリが連なった腕輪。

「それで……割って腕輪を取り戻そうとしたのね」
 璃香がその先を察して言う。
「はい……まぁ足跡を消すのを忘れてしまいましたし、すぐにバレるとは分かっていました」
 彼女は溜息をつき、物悲しそうな瞳をしていた。
 

23:レモンπ:2015/04/04(土) 22:15 ID:CS2

 その後、彼女は自ら愛凛に謝罪し、理由も説明した。
「そうだったの……ごめんなさい、型に入れる前に気づいていれば……」
 愛凛は憤りを見せず、彼女を快く許してあげた。

 一方、彼女の名誉も考慮して、生徒の間では幽霊がやったと噂を流しておいた。
 夜な夜な亡霊がやって来て、石膏像を壊していくとかいかないとか。
 
 T章 fin

24:レモンπ:2015/04/04(土) 22:18 ID:CS2

U章   〜悪魔の瞳〜

新キャラ登場★

有瀬 陸武 Aruse Rikumu ♂
2-Sにやって来た教育実習の先生
写真部の臨時顧問をしている

名前の由来は
『アルセーヌ・ルパン』より拝借

25:レモンπ:2015/04/04(土) 22:31 ID:CS2

U章  〜悪魔の瞳〜

「教育実習生の、有瀬陸武と言います。短い間ですが宜しくお願いします」
 突如2-Sのホームルームに現れた謎の先生。
 教育実習生という事らしい。

「ほえー、教育実習ねぇー……」
 頬杖をつきながら、私はぼんやり彼を眺めた。
「随分若いな。20代前半くらいじゃないか?」
 ワトソンが机の上に降り立ち、羽をバッサバッサ上下させている。
「うわちょっと糞とかここでしないでよね!」
「失敬な!僕だってそれくらいは常識を考えてだな……」 
 ワトソンと口論している内にホームルームは終わり、休み時間に入った。


「ちょっとぉ!これどういう事!?森亜君っ」
 大勢の女子に囲まれ、恭二は動揺していた。
「だぁーっかぁーっらぁーっ!俺じゃねぇって!」
「そんな訳無いでしょう!?森亜君の鞄から見つかったんだから!」
「へんたぁーい」
「さいてぇーっ」

 恭二は2-Iなのに、なぜか2-Sクラスにいる。
 そして大勢の女子が恭二を囲み、仁王立ちしていた。

「何、どうしたの恭二」
「あ、璃香。おい何か言ってくれよー、こいつら俺が盗撮したとか言ってんだぜ」
 恭二が困ったように溜息をつき、半ば反論を諦めかけていた。

「森亜君の鞄からカメラが見つかったのよ!チャックが開いてて、そこから盗撮したんだと思う」
 安寅愛凛は恭二を睨みつける。
 他の女子達の視線も怖い。

「違うって……誰かが入れたんだよ、信じてくれよー」
 恭二の叫び声が教室に虚しく響く。

 こうして森亜は盗撮の罪を着せられ、女子から怖い視線を浴びていた。

26:彩鈴:2015/04/05(日) 12:03 ID:k36

面白いです!
こういう感じの小説かけるなんてすごいです!
お応援してます!

27:レモンπ:2015/04/05(日) 14:02 ID:CS2

彩鈴さんありがとうございます!
私も彩鈴さんの小説応援してます♪

28:レモンπ:2015/04/05(日) 14:15 ID:CS2

「君はどう思うかね?璃香君」
 ワトソンはぽつんと更衣室前に残った恭二を見て、興味深そうに言う。
「恭二が盗撮……ねぇ。恭二の鞄から見つかったからといって恭二がやったとは限らないわ」

「大体、どうしてカメラが見つかったの?」
 私は更衣室前に残った恭二と愛凛に問うと、彼女は溜息をついて言った。
「私が貸した本を返して欲しいって言ったら鞄の中にあるからって言って開けたらカメラが……」
「もし本当に恭二が犯人だったら……鞄にカメラが入っているのに開けさせないわよね?」
 私は不敵に微笑み、恭二が頷き、愛凛がハッとする。

「そうか……確かに鞄に入れたなら私に鞄の中を見させないはず……」
 愛凛は恭二の方を見ると、彼は愛凛を軽く睨みつけた。
「えぇ。きっと犯人はもし見つかっても良い様に他人の鞄にカメラを入れたのよ」
「それで俺らが体育館に移動してる間にカメラを俺の鞄から回収する伏線だったって訳か」
 私は愛凛が持っていたカメラを取り上げ、動画のデータを消した。

「森亜さんごめんなさい……勘違いしてしまって。どうやら貴方は犯人ではないみたいね」」
 愛凛は恭二の元に歩み寄り、罰が悪そうに謝罪した。
「もういいよ。お前一人が理解したところで何にもなんねー。他の女子の視線がこえーぜ」
 恭二は溜息をつき、愛凛が申し訳なさそうに恭二を見る。

「こうなったら、真犯人を探すしかないわね。ワトソン」
「あぁ」
 私はいつの間にか自称天使の死神とコンビを組んでいました。

29:レモンπ:2015/04/06(月) 20:25 ID:CS2

「あの……さっきから気になっていたのだけれど……誰と話してるの?」
 愛凛が不思議そうに璃香に尋ね、璃香は焦った。
「えぇっと……独り言!そ……っそれより!このカメラは誰の物?」
「あぁ、それは写真部の備品だぜ。カメラ忘れた時用に貸してるらしいぜ」
 森亜がデジタルカメラの底を指すと、『写真部備品』と書かれたシールが貼ってあった。

「そうか……持ち主が分かれば一発だったのだが……」
 ワトソンは溜息をつき、首を振る。
「SDカードが入ってる。これで本体ではなく、カードにデータを保存すれば抜き取るだけでいいのね」
 私は中に入っていた16GBのSDカードを抜き取った。

「写真部の奴に聞いてみようぜ。何か分かるかもしれねーし」
 森亜は溜息をつきながら苛立っている声で言った。
「うん」
 私と愛凛、森亜は写真部の部室に急いだ。
 

30:レモンπ:2015/04/06(月) 20:35 ID:CS2

 私達は写真部を訪ね、昨日デジカメを借りた生徒を探すことにした。
 
 部室には壁一面、額に収められた写真があり、棚にはカメラが並んでいる。
 一眼レフや旧式でもう使わない物、最新型のカメラまで揃っていた。

「このデジタルカメラを借りた奴……?そうだな……」
 写真部の部長は、貸出名簿を持ってきてページをめくった。

「有瀬先生と、松嶺、桜坂が借りていったな。時間までは記入してないが」
「そうか。じゃあ容疑者は3人ってことだな?」
 森亜は名簿を眺めながら続けた。

「分かったわ。じゃあ昼休みもまだ20分あるし……その3人を訪ねてみましょう」
 愛凛はメモ用紙に3人のクラス番号を控え、部室を出た。
 彼女についていくように森亜と璃香も続いて退出する。

「3人とも男子か……しかも同じクラス……皆2-S」
「うん。確か体育の授業で…………」
 ん、あれ?
 どうして私、今まで単純な事に気付かなかったのかな?

「3人に話を聞かなくても……これはもうアイツしかいないよね?ワトソン」
「あぁ。盗撮をした犯人……マヌケだったな」
 ワトソンは不敵な笑みを浮かべ、私は余裕のある態度で自信に満ちていた。
 

31:レモンπ:2015/04/08(水) 17:00 ID:CS2

 3人はそれぞれ愛凛は松嶺、恭二が桜坂、璃香が有瀬に話を聞くことにした。
「あのさ、2人に体育が始まってからロッカーに行ってないか聞いて欲しいんだ」
 私は2人頼み、質問をしてもらうことにした。

「有瀬先生、ちょっといいですか?」
「はい、なんでしょう?」
 私はレポートを持った先生を呼び止め、質問をした。

「今日の1時限目、2-Sの女子生徒盗撮事件はご存知ですか?」
 私は慎重にワトソンとアイコンタクトをとりながら言う。
「あぁ知っているよ。エライ騒ぎになってたからなぁ……」
「有瀬先生は写真部のデジカメを借りましたよね?」
 私は彼を軽く睨みながら問い詰めた。

「あぁ。だからと言って僕がやったとは限らないじゃないか」
「えぇ。確かにこれだけでは証拠不十分ですが……」
 私は腕時計を確認し、有瀬から視線を逸らすと愛凛と恭二が走ってくる。

「璃香……っ松嶺も……桜坂も体育が始まってからロッカーに行って……ないってよ」
 息を切らしながら恭二が途切れ途切れで言う。
「ビンゴ!これでチェックメイトよ」
 璃香は口角を釣り上げ、不敵に微笑んでみせた。

32:レモンπ:2015/04/08(水) 17:07 ID:CS2

「どういう事……?」
 愛凛は不審そうな表情で璃香の方に視線を向けた。

「つまり……1時限目、有瀬先生は恭二の鞄にカメラを入れた。更衣室とロッカーは向かい合っているからね。
 そして授業が始まりその時間は授業が無かった有瀬先生はカメラを鞄から抜き取った……」
 私は得意気に有瀬を追い詰め、彼は少し動揺していた。

「だからと言って……松嶺や桜坂の可能性も……」
「無理よ。忘れたの?彼らは体育の授業が始まってからロッカーに行っていないのよ」
 愛凛は全てを理解したのか、璃香の先を読んで反論する。

「残念だったわね。わざと松嶺君の筆箱をロッカーに入れて、ロッカーに戻らせるつもりが
 松嶺君は友達からペンを借りてしまったが為にロッカーに行かなかったのよ」
 愛凛は恐ろしい口調で有瀬を追い詰める様に言った。

33:レモンπ:2015/04/08(水) 17:15 ID:CS2

「あのデジカメを借りた奴の中で唯一、先生だけがカメラを女子より先に回収出来たんだよ」
 恭二は彼にトドメを刺す様に、睨みつけながら言った。
 
 廊下に差した夕日が、有瀬を犯人だと照らすように輝く。
 そして4人の伸びた影が交錯する……

「ちっ……ネットにアップするつもりだったが……」
 有瀬は力が抜け、フッと諦めたように笑ってみせた。
「俺がやったよ。俺は教師だから疑われないと思ってたのによー」
 愛鈴はちゃっかりICレコーダーで有瀬の音声を録音していた。

「生徒会長の私が責任もって校長に告発するわ」
「勝手にしろ」
 有瀬はぶっきらぼうに機嫌を悪くし、吐き捨てる様に言った。
 愛凛はICレコーダーを持ったまま校長室に向かう。
 恭二は溜息をつき、「疑いが晴れたな」としみじみ言った。


 その後、有瀬先生が盗撮したと言う噂は広まり、恭二の疑いが晴れた。
 有瀬先生が今どこでどうしているかは、誰も知らない――……


 U章 〜悪魔の瞳〜 END
 

34:レモンπ:2015/04/08(水) 17:24 ID:CS2

 V章 〜宿命のノクターン〜

 紺色のかかった夜空に、白くぼんやりした月が浮かび上がった。
 淡い月光の輝きに照らされる漆黒の少女が屋上に立っている。
 
「これで今日の任務は終了か……おい、レストレード、急げ。時期に警察が来る」
 変成器を使った、低くて不気味な声が響いた。
「おうよ」
 黒いコウモリと、漆黒のハンググライダーで夜空を横切る少女。
 
「先祖の償いを……させてもらうぞ……ホームズ……」

 静寂な夜に、一羽の黒い蝶が舞い降りた。
 

35:レモンπ:2015/04/08(水) 17:32 ID:CS2

今回V章は怪盗マスカレードに関する話です
毎回奇数章は怪盗マスカレードの話にしようと思っています。


NEW character file

レストレード ♂♀
DATA
ワトソンと同じ、天才にしか見えない黒いコウモリ。
自称天使ではないが、ワトソン同様死神。
現在姿が見えるのは璃香と怪盗マスカレードのみ。

ちなみに名前はシャーロックホームズのG・レストレードより

36:レモンπ:2015/04/09(木) 22:00 ID:CS2

 授業が終了し、教室は騒めいてとてもうるさかった。
 私は特にやることがなく、とても暇で退屈だ。
 それほど綺麗でもない外の景色をぼんやり見据えた。

「おい、璃香!」
 暇なのでパリーポッターを机に広げて眺めていた時だ。
 唐突にワトソンが焦った声で叫んで、私の方に飛んできた。

「何よ、今丁度いいところなのに……」
 私はブツクサ文句を言ったが、ワトソンは聞こうとせず、一方的に話始めた。
「さっき廊下で、僕と瓜二つの黒いコウモリを見つけたんだ!」
「ワトソンと瓜二つの……黒いコウモリ……?」
 私はパリーポッターの表紙をパタンと閉じると、ワトソンはさらに私に近寄ってくる。
「同じ…………死神の気配がする……」
 ワトソンは深刻そうな表情で、動揺を抑えきれない様子だった。

「なにか……まずいことでもあるの?」
「大アリだ!この世で死神は6匹いる。それぞれの世界の死神はその土地を護る使命がある。
 僕の持ち場はアジア。どこか一匹死神が統治しないと、その土地の治安が悪くなる」
 ワトソン曰く、治安の悪化(戦争や飢饉)は死神の統治の怠りによるモノらしい。

「な……っ!?じゃあその土地が危ない!」
 私は大きな声で叫び立ち上がったため、周りが一斉に此方に視線を向けた。
「えっと……何でもないですっ」
 私は恥ずかしさのあまり、教室から飛び出して行った。

37:レモンπ:2015/04/12(日) 13:36 ID:CS2

 一応ワトソンの言っていた職員室に行ってみると、確かに黒いコウモリが居た。
 黒いコウモリの隣には少女が立っている。

「誰だろ……私みたいに、死神が見える子なのかな?」
「あぁ、多分そうだろうな」
 ワトソンは警戒しながら黒いコウモリを軽く睨みつけた。
 黒いコウモリも此方の視線に気づいたのか、少女と共に私達の方へ視線を向ける。

「何だお前。お前も死神か?」
 (しゃべった……)
 黒いコウモリは忌々しいモノを見るような目で私達を睨んだ。

「君は死神だろう?ココにいると他の場所の統治ができないじゃないか」
「安心しろ。ヨーロッパに式神を残してきた。俺の魂を半分に分離し、式神に移したのだ」
 ワトソンはヒステリックに言い、黒いコウモリは言ってのけた。

「俺はレストレード。死神だ。お前だな?アジアを統治している最大の死神、ワトソンとは……」
 ワトソンは返事をする代わりに小さく頷く。

「私はもう行っていいかしら?用事があるので」
 レストレードの隣に居た少女は冷酷でゾッとする様な声で言った。
 そして彼女はレストレードを引き連れて職員室をあとにした。

38:レモンπ:2015/04/12(日) 15:30 ID:CS2

 私は去っていく彼女の背中を見届け、暫く呆然としていた。
「……戻ろうか」
 私は声をかけると、ワトソンは警戒した表情で考え込んでいる。
 私はワトソンの邪魔をしない様、そっとワトソンの前を横切った。

 
 教室に入ると、私の隣の席は人が集まってごった返していた。
「ねぇ、どこ住み?」
「どっから来たの?」
「部活は何入る?」
 男女問わず、読書をしている彼女を邪魔するように取り囲んでいた。

うわぁ、なになにっ!?何の騒ぎ?」
 私は自席に着こうと、人垣をかき分けて無理やり進む。
「知らないの?璃香。貴方の隣の席の子、転校生じゃない」
 愛凛がふぅっと溜息をつき、私の隣の席に視線をやった。

「あ……あれっ?あなたは……」
 そこに座っていた少女は、さっき職員室でレストレードを引き連れていた少女。
 もちろんレストレードも机の上にいた。 
 転校生でしかも同じクラスだったんだ……

39:レモンπ:2015/04/12(日) 15:34 ID:CS2

新character file

偉理 姫亜 Erari Himea ♀
DATA
レストレードを引き連れる謎の少女の転校生
愛凛と並んで学園の成績は優秀で、身体能力も高い。
肩にSの傷跡が残っている
璃香と同じく新聞部に所属した。

40:レモンπ:2015/04/12(日) 15:35 ID:CS2

ちなみに偉理姫亜の名前の由来は探偵小説の
『エラリー・クイーン』より拝借

41:レモンπ:2015/04/12(日) 19:34 ID:CS2

 転校生の紹介のHRも終わり、放課後に入った。
 いつもに増して新聞部は賑やかで、宴会状態だ。
 
「こんにちは」
 元気の無い声で扉を開けると、机の上にお菓子が並んでいる。
「うっわ、なんですか、この騒ぎ」
「部長が留守だし取材もないから、偉理さんの入部祝いに宴会だ!」
 副部長の秀真が紙コップに入ったコーラを乾杯しながら言った。
「……えっ?偉理さんが新聞部に?」
 私はワトソンと顔を見合わせ、同時に部室を見回した。
 
 姫亜は部室の隅の椅子に座って読書をしている。
 レストレードも同じく読書をしていた。

42:レモンπ:2015/04/12(日) 19:45 ID:CS2

 結局、特に姫亜とレストレードと接触の無いまま宴会は終わってしまった。
 帰宅してテレビをつけると、とんでもない騒ぎが起きていた。

「怪盗マスカレード・レディからの予告状!今夜0時論鈍宝石店のダイアを盗む!」
 私はチャンネルを切り換える手を止め、画面を食い入るように見つめた。
「怪盗マスカレードが……予告を!?」
 
 彼女は一体何のために怪盗業を……?
 そして父とはどういう関係……?
 
 謎が交錯する、父と怪盗のカンケイ

「今夜、また怪盗マスカレードを待ち伏せて、父さんとの関係を……ッ」
「やめなさい!」
 鞄を持つ手を、ワトソンによって制止された。

「何で?そんなの私の勝手でしょう?」
「危険すぎる。それに…………君は知らなくていい真実だ」
 その声は叱りつける様な声でもなく、ただただ虚しい声だった。
 ワトソンは歪んだ表情で「任務が……」と微かに呟いた。

「やっぱり貴方は何か知っているのね?」
 私が問い詰めると、ワトソンは首を大きく振った。

43:レモンπ◆.M:2015/04/12(日) 19:56 ID:CS2

V章終了後、番外編を挟みますー
乞うご期待!(期待には答えられません)

44:レモンπ◆zI:2015/04/12(日) 20:01 ID:CS2

character fileぷち
たまーに出てくる重要性のないキャラです

秀真 燕路 Hozuma Enji ♂
DATA
新聞部副部長2-Zクラス所属
陽気な性格で、締切間近でも大量の原稿を放ったらかし。(30枚ためてることも)
しかしなぜか締切までノルマはクリアしているという、ある意味謎な少年

45:レモンπ◆zI:2015/04/12(日) 20:02 ID:CS2

ちなみに秀真燕路の名前の由来はは
シャーロックホームズの花婿失踪事件の登場人物『ホズマ・エンジェル』より拝借

46:°氷華°◆d6 kanomiyu:2015/04/12(日) 20:17 ID:YuM


さきほどは.ありがとうございます(''*
凄い大人っぽい小説書いてますね((感動
才能ぁりますね...  凄いです...((感動

47:レモンπ◆zI:2015/04/15(水) 18:05 ID:CS2

氷華さん、コメントありがとうございます!嬉しいです♪
お……大人っぽい!?才能ある!?そんな、寝言は寝ていって下さ))殴

48:°氷華°◆d6 kanomiyu:2015/04/15(水) 22:14 ID:YuM


氷ちゃん。でも氷華でも良いので呼んで下さい(o'`o*

寝言などわざわざ思ってもないことを口にするの本当にたいぎぃので思ってもないことは言いませんよ((

49:レモンπ◆zI:2015/04/18(土) 13:03 ID:CS2

本当ですか!?Σ(°д°)ありがとうございます!
では氷ちゃんって呼ばせて頂きます♪

50:レモンπ◆zI:2015/04/18(土) 13:10 ID:CS2

 ワトソンは暫くして溜息をつき、呆れた様に言った。
「もういい、好きにしろ。保証はしない」
「言われなくても、分かってる」
 私は憤りを抑えながら冷酷な声で返した。
 

 論鈍宝石店は警備員が隙間なく配置されていて、とても近づけない。
 警備員の周りにはマスカレードのファンが大勢いて、ますます接近不可。
 
「心配するな。マスカレードは必ず冥桜ビルの屋上に来る」
 ワトソンは冥桜ビルを見上げながら言った。
「なんで?」
「あそこはハンググライダーで逃走するには絶好の場所だからさ!」
 ワトソンは宝石店をあとにし、冥桜ビルへ向かった。

51:レモンπ◆zI:2015/04/18(土) 13:17 ID:CS2

 冥桜ビル屋上の駐車場。
 人影は疎らで、車の台数も少なく、風も弱い。
 確かにパラグライダーなどで飛ぶには絶好だろう。

「誰かい……」
「何の用だ?」
 璃香は背後からの低い声にハッとし、振り返ってみた。
 すると、案の定、ワトソンの言った通り……

「怪盗……マスカレード……!」
「ご名答」
 彼女はまるでこの時を待っていたかのように落ち着いている。
 余裕の笑みまで浮かべて。
 
 肌寒い冷酷な風が二人の頬を掠める。
 対立する白(真実)と黒(偽り)――……
 満月が雲に隠れ、天空は漆黒に閉ざされた。

52:レモンπ◆zI:2015/04/18(土) 13:23 ID:CS2

「貴方……私と……私の父と……一体どういう関係?」
 曖昧な答えを許さない、強い口調で問い詰めた。
「別に何も?貴方との接点も、君の父上との関わりは無い」
「何故あの時……」
「あれは譫言だ。気にするな」
 
 あれだけ意味深長な発言だったのに、あっさり譫言で片付けた。
 嘘……嘘よ……

「貴方、何のためにこんな事をしているの?」
「金に目が暗んだ……というような馬鹿馬鹿しい理由ではない」
 彼女は帽子を深くかぶり直した。

「警察をからかって楽しんでいる愉快犯?」
「それも違う。一つだけ言っておこう……これは私の意思ではない、とね」
 彼女は静かに言い残すと、マントを翻した。

「……っ」
「それではさようなら」
 目を開けると、もうパラグライダーで彼女は飛んでいってしまった。
 漆黒の闇夜に身を潜めて……

53:レモンπ◆zI:2015/04/18(土) 13:34 ID:CS2

W章 〜heat up!〜

 翌日、何も収穫が無いまま平穏な日々が続いた。
 色々彼女に尋問したい事は沢山あるが、中々問い詰めることが出来ない。
 学校のテストも刻々と近づいてくる。

「何かニュースやってないかなぁ」
 適当にチャンネルを変えていると、異変に気づいた。
「うわ、どのチャンネルも同じニュースばっかり……!」

『今朝、ハリブッドスターの最須田芽亜さんが誘拐されました。
 返して欲しければ身代金1億を出せ、とのこと。このことに関して警察は……』
 
「最須田芽亜が誘拐!?」
「どうやらそのようだな」 
 ワトソンは顔を顰め、テレビの画面を食い入るように見つめた。

54:レモンπ◆zI:2015/04/18(土) 13:36 ID:CS2

NEW character file

最須田 芽亜 Mosuta Mea ♀
DATA
ハリブッド映画によく出演する中学生女子。
何者かに誘拐された。

名前はシャーロックホームズに登場する
『メアリー・モースタン』より

55:°氷華°◆d6 kanomiyu:2015/04/18(土) 16:04 ID:YuM


>>49
いぇいぇ('`*
考えてる小説が大人だね!!!!感動

れ-ちゃんって呼んでも良い??

これからも読ませてもらうね('-'*
タメで良いよ!!

56:レモンπ◆zI:2015/04/19(日) 18:22 ID:CS2

じゃあれーちゃんで!>▽<ノ
ありがとう^^

57:レモンπ◆zI:2015/04/19(日) 18:29 ID:CS2

 学校ではそのニュースが大騒ぎになっていた。
 愛凛は週刊誌を机に広げ、その周りに女子が集まっている。
「まじかぁ、芽亜ちゃん好きなのにぃーっ!無事でいてくれぇ!」
 男子女子共にぎゃあぎゃあわめいている。

 璃香は友達の広げた週刊誌をチラッと見た。
「……えっ……?」
 そして食い入るように見入った。

「ねぇっ、この写真の背景、近くの廃工場の倉庫に似てない?」
「「「「ええぇっ!?」」」」
 私は隣にいた愛凛に言ったつもりが、大勢の人が寄ってきた。

「確かに似てるけど……」
「廃工場の倉庫なんてどこも同じようなもんだし」
 半ば男子は呆れたように言った。

「璃香、大体なんで君が廃工場倉庫の壁なんて知っているんだ?」
 ワトソンが少し不審そうに聞いてきた。
「前、友達の猫がそこに迷い込んじゃって……その時に見たわ」
 私は答えた。

「ともかく、もしその可能性がとすると……」
「えぇ、ちょっと確認するだけなら……」
 
 私は放課後廃工場の倉庫へ足を運んだ。
 

58:レモンπ◆zI:2015/04/19(日) 18:33 ID:CS2

 廃工場の倉庫は施錠されていたが、簡単に針金でピッキング出来た。
「ふふ、私って天才ー!なんか怪盗みたい」
(※璃香が天才な訳ではなく、壊れかかっていたので案外誰でも出来る)
「でも前猫を探していた時は鍵なんて……」

 重い鉄製の扉を開けると、中には鉄パイプや部品が散らばっていた。
 殆ど埃をかぶっていて、長年放置されているようだ。
 
「誰もいないみたい……やっぱりここには……」
「んーっ!」
「「!?」」
 背後から濁り曇った高い声が聴こえる。
 
「まさか……っ!?」
 鉄パイプとドラム缶の後ろには――……

 

59:ミリー ミリー:2015/04/19(日) 22:12 ID:cNA

瑠香やっぱり天才ですよ!

60:レモンπ:2015/04/21(火) 00:34 ID:CS2

ミリーさんありがとうございます!
瑠香は一応天才なんですねw(死神見えてる時点で)
これからも瑠香とワトソンの活躍にご期待下さい!

61:レモンπ◆zI:2015/04/23(木) 18:26 ID:CS2

「んーっ!」
 茶色いガムテープで口を封じられ、呻いている少女。
 ドラム缶の狭間に括りつけられていた。
 縄できつく縛られ、身動きがとれない状態だ。

「やっぱりあの動画は……っ!」
「もたもたしている暇はないぞ、誘拐犯が戻ってくる前に縄を解け!」
 ワトソンが璃香を促す。
 
「大丈夫?」
 縄を解き、ゆっくりガムテープを剥がした。
 彼女の口の周りに酷い跡が残っている。
 かなり長時間ガムテープを貼られていたと思われた。

「はぁっ……はぁっ……ありがとう……あなたは一体何者?」
 彼女は涙目になりながら瞬きし、璃香を見た。
 この少女――只者ではない……?

「何者……って……普通の中学生、宝務璃香よ。さぁ、ここから早く出ないと!」
 ドラム缶に座り込んだ芽亜に手を差し伸べ、立ち上がらせる。
 
 璃香は芽亜の手を引いて、廃工場から駆け出した。
 

62:レモンπ:2015/04/27(月) 15:54 ID:CS2

「と……とりあえず交番に行こう!」
 2人は廃工場から400m程離れた交番に向かった。

「すみません、あの……!」
 交番の担当者は警察かと疑うかのごとく、いびきをたてて熟睡している。
 愛用のアイマスクとクッションを持ち込み、寝る前提での出勤だ。

「あの!」
「う……わ!」
 璃香が怒鳴りつけると、鼻提灯が割れて飛び上がった。様に見えた。

「は……はいなんでしょう……って貴方は……!」
 警官は眠い目をこすり、芽亜を凝視した。
「悪いな、どうやらまだ寝ぼけているようだ……」

「違います!本当に最須田芽亜です。監禁されていたのを助けてもらったんです」
 芽亜は警官と璃香を交互に見ておどおどしながら言った。
「本当か!?すぐに警察庁と親族に連絡致します!」

63:レモンπ:2015/04/27(月) 16:01 ID:CS2

 その後、2人は事情聴収を受けた。
 若い女性の刑事が2人に暖かいココアを差し出し、優しい口調で言った。
 コトンとマグカップの置く音がした。

「では、本題に入るわね。まずは最須田さんから」
「はい」
「貴方は犯人の顔を見ましたか?体格などの特徴を覚えている限り言ってもらえないかしら?」
 穏やかで、話しやすそうなトーンだ。
 芽亜は躊躇う事なく全て言った。

「顔は……覆面をしていたのでよく分かりません。声も変声器かなんかで変な声で……
 体格はガッシリした男の人です。背も高いです」
「ありがとう。次に、貴方はいつ、どんな風に監禁されたの?」
「撮影の帰り、車まで行こうとしたら背後から口を塞がれて……短い距離だったのでボディーガードをつけて いませんでした」

 女性刑事は頷きながら手帳にメモをとっていた。
 それと同時にワトソンも紙に何かを書き込んでいる。

64:レモンπ:2015/04/27(月) 16:10 ID:CS2

「次に宝務さん」
「あっ……はい」
 私は少し戸惑いがちにおどおどしていた。
 堂々と、ハッキリ話せばいいものを……

「何故、貴方は廃工場に監禁されていることを知っていたのですか?」
「テレビで見た監禁動画の背景……壁にスプレーで『☆』の落書きがあったんです。それがここの廃工場と同じ落書きがあったので、ちょっと様子を見に……」
 刑事は少し警戒した様に顔を顰めた。

 中学生にしては、鋭い洞察力と行動力ね――……

「それで、案の定最須田さんが監禁されていました」
 最後の方は小声になって掠れてしまっていた。

「ありがとう。他に変わったことは?」
「あ……私一度前に廃工場に行ったんです。その時は鍵なんてかかって
 いなかったのに、今日来たら鍵がかかっていました。でも壊れかけていたので私でもピッキングできるくらいでしたけれど」

 ピッキング――……!?

 ますます刑事は璃香を不審に思った。

65:レモンπ:2015/04/29(水) 02:04 ID:CS2

前回V章後に番外編の告知をしましたが
W章後に変更します
番外編は森亜恭二がメインの才能開花!

〜4.5章 教授の憂鬱〜

閲覧して頂ければ幸いです^_^

66:レモンπ:2015/04/29(水) 14:19 ID:CS2

 刑事は事情聴取を終え、自分のデスクに戻った。

「あの……本当にありがとう」
 芽亜はおずおずと頭を下げて言った。
「別に、大丈夫だから」
 私は頭を上げるようにはにかんだ笑顔で言った。

 それから芽亜の元に数十人のボディーガードが来てリムジンに乗せられた。
「よければ宝務さんもご一緒に……」
「いえ、結構です。私は自分で」
 これ以上芽亜と関わると厄介だ。
 私は逃げる様にその場を立ち去った。

67:レモンπ:2015/04/30(木) 19:47 ID:CS2

 それから数日後、廃工場は閉鎖されて警察が立ち入っている。
 テレビで私の事も放送され、学園でも騒ぎになっていた。

「ちょっと璃香!最須田芽亜を助けたって本当!?」
「あぁ……うん」
 曖昧に頷きながら、群がる人集りを避けようとした。

「宝務が言ってた背景って、本当だったんだなー」
 誰かが関心したように言う。

「でも璃香無事で良かったー」
「うん、でもまだ犯人は捕まっていないみたい」
 現場には証拠もあまり残っておらず、捜査は困難なようだ。

「璃香、何か引っかかる事がある。もう一度あの廃工場に行こう」
 ワトソンが警戒したように呟いた。
「無理よ、警察が封鎖して入れない。姿が見えないワトソン一人で行けば?」
「……あぁそうする」
 ワトソンは璃香に背を向けて言った。

68:レモンπ:2015/05/03(日) 22:03 ID:CS2

 ワトソンは一人で例の廃工場へ向かった。
 
 工場にはkeep outの黄色いテープで封鎖され、立ち入りが出来ない。
 正面にはかなりの数のパトカーも停まっている。
 即に何人かの刑事や鑑識が出入りしており、アメリカの警察も立ち入っていた。

「エライ騒ぎだな……ん?」
 ワトソンは廃工場の正面玄関を見た。

 砂で薄く今にも消されそうな、足の痕跡。
 幸い警察の保護が適切だったので、足跡は消えずに残されていた。

「おかしい、足跡が一つしかない!工場に入った痕跡はあるのに出た足跡が無いなんて」
 もしも彼女を監禁するなら、足跡は二つ残るはず。
 しかしここには一つしか存在しない。
 仮に担いで連れてきても、廃工場を出た時の足跡が残るはずだ。
 璃香達が駆けつけた時には誰もいなかったため、後から廃工場を出たと考えるのが自然。

「つまり……廃工場には別の出口が有ると言うことか!」
 ワトソンは廃工場へ入っていった。

69:レモンπ:2015/05/04(月) 20:34 ID:CS2

 事件当時からドラム缶やその他の配置は一切変えられていない。
 ワトソンは睨みつけるように周りを見回した。

「怪しいところは……ここなんか……どうだ?」
 羽を器用に使い、深緑色の煤けて潰れた古いドラム缶を押しのけた。

「ビンゴ!分かりやすいな」
 ドラム缶の下に穴があり、かなり深く大きい。
 大人一人は祐に入れそうだ。

 ワトソンは口角を釣り上げ、ニヤッとした。
 そして穴の中へ飛んでいった。

「なるほど……ここから廃工場へ出られるな」
 穴は廃工場の下水道管に繋がっている。
 下水道管からは泥の付いた足跡が残されていた。
 


書き込む 最新10 サイトマップ