1:名無し:2015/4/30(木)2:06

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:名無し:2015/04/30(木) 02:06 ID:HBA

ある書き込みから始まる
少しだけノンフィクション
ほとんどフィクション
そんな感じの小説です

多分

2:名無し:2015/04/30(木) 02:39 ID:HBA

桜咲く日、始業式。
私達は二年生になった。

新しい教室へ向かうとき誰しも教室間違えないかとか友達はもう来ているのかとか
不安を抱えているだろう。
私、山田夕陽も同じく不安を抱えながら教室へ向かっている。

間違えないようにクラス名簿を十回位見直しても尚、不安は消えず
少しゆっくりとした足取りで階段を上って行く。
緊張しながら二年三組の教室に入る。
……どうやら間違ってなかったようだ。

幸い友達ももう来ていて私はとても安心した。
とたんに教室に入る為だけにこんなに緊張する自分が馬鹿らしく思えてきた。

3:名無し:2015/05/09(土) 17:38 ID:8zg

放置していた…今日の夜に続き書きます


書き込む 最新10 サイトマップ