ホウカゴマエラ

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ほろ酔い:2015/08/02(日) 10:44 ID:8uQ

とある高校生のなんとなくのんびりした至ってスローなライフを自己満足の範囲でお送りします
思い付きをかきためていくどこから読んでも駄作な小説になるけどよろぴくみん。
感想や質問もどんどん書き込み歓迎
自分だけの板ではなく、みんなの板にもしたいでふ

2:ほろ酔い 私がLです:2015/08/02(日) 11:09 ID:ffw

新井「臼井くん、僕は今ものすごく暇だよ。」

放課後、オレンジ色の教室。俺の机に顔を突っ伏した君。居残り課題を仕上げている真っ最中の俺を容赦なく遠慮なく邪魔する君。無論、顔が邪魔だ。

新井「臼井くん、ホラゲしようよ。」

五月蝿い。煩い。うるさい。
そういえば五月蝿いと煩いの違いがあったような気がする。確か五月蝿いは夏目漱石が当て字して作った造語だったとか。心なしか漢字からもどこか文学的なものを感じる。もちろん今俺がやっている数学の課題には、それを生かして解ける問題なぞ存在しないのであるが。

新井「FNACだっけ。あれやろうよ。ねぇー。」

臼井「新井君。君は俺とゲームをやりたいくせしてなんの協力もしないね。本当にやりたいなら直ぐ様その顔をどけて課題にいち早く取り組ませてくれ。........あと、FNAFだよ新井くん。フランスじゃないんだから。」

新井「どっちでもいいよ臼井くん...」

臼井「どっちでもいいっていう言葉は大嫌いなんだ。FNAFはPCホラゲ。FNACはフランスのチェーン店。明らかに別物だ。それをどっちでもいいだなんて。」

新井「英語は難しいわぁ」

臼井「外国語だから。言い方が似てるからどっちでもいいって言うのか君は。日本に来た外国人にアコムとセコムどっちでもいいって紹介する気か君は!!お金欲しいときに防犯対策させるのか君は!!!金が消える一方だよそれこそ!」

新井「悪かったよ臼井くん!ごめんよ!!僕が悪かった。だから落ち着いて!!」

まったく。これだから新井君は。学年エリートのくせに常識が欠けている。話しているときにいちいち気になってしまうじゃないか。しっかり俺が指導してやらないとな。

新井「あ、臼井くん!」

臼井「ん?」

新井「ここの式、+1って書かなくてもいいんだよ!」

臼井「......................どっちでも......いいんだよ...」

3:ほろ酔い 私がLです:2015/08/02(日) 11:53 ID:ffw

帝目線

烏丸「学年ビリのブスが一年で顔面偏差値を40上げて読モオーディションに合格した話」

帝「整形。」

烏丸「正解」

帝「クイズだったんですか」

烏丸「もちろんですよ。漢字の読み方で迷ってテイで通されるケースが多出するミカドさん。」

帝「詳しい解説ありがとうございます、顔面偏差値驚異の80越えを誇るカラスマさん。」

烏丸「いえいえ。顔は生まれつき綺麗だったから仕方ないんですヨット」

烏丸唯(からすま ゆい)。
恐らくもう二度と出てこないであろう下の名前を含めた彼女の名前はこれだ。
性格は不思議ちゃん。何を言い出すか検討もつかない。我ながら彼女と会話を出来ていることに驚く事が今までに何度もあった。血液型はO。誕生日は正月。学校のクラスは俺と同じ1年Z組。いわゆる問題児クラス。

帝「生まれつきっていうのはすごく仕方ない反面、どうしようもないことに苛立ちを覚えます」

烏丸「秀才には誰でもなれますが、天才は生まれつきのセンスです。特に私みたいな美貌もそれに値しますね。」

帝「そろそろ切れますよ烏丸さんっ」

烏丸「そういえば。確かに、うちの牛乳が今日の深夜で消費期限切れですね。飲まなくては。教えてくれてありが唐辛子。」

帝「教えたつもりありません...」

烏丸「いいんですよ。教えられたつもりはありマスカラ。」

帝「勝手な想像はほどほどに」

烏丸「駄菓子菓子、想像無しに幽霊や神は語れません。」

帝「幽霊や神の話をしてません」

烏丸「面倒くさいですね。世の中は。」

帝「あなたと喋るのも面倒くさい。」

烏丸「そうなんですか。今日はせっかく新作の消ゴムで遊ぼうと思ったノミ。」

帝「新品新作の消ゴムで遊ぼうとする人は初めて見ました」

烏丸「ミカドさんの歴史に書き加えておいてくださいな。記念すべき一人目として。」

帝「ふふっ」

烏丸「ついに突然狂い始めましたか。」

帝「いや、烏丸さんがくだらないと思ったので」

烏丸「.........くだらない会話でないとつまらない。」

帝「奇遇ですね。同じこと考えてました。」

烏丸「..土偶ですね。私もでした。」

4:ほろ酔い 私がLです:2015/08/02(日) 12:14 ID:ffw

烏丸目線

烏丸「学年ビリのブスが一年で顔面偏差値を40上げて読モオーディションに合格した話」

帝「整形。」

整形か。面白い反応だな。答えを求めたつもりなんか1mmたりとも無かったけど、ここはあえて一つ正解を与えようではないか。

烏丸「正解」

帝「クイズだったんですか」

烏丸「もちろんですよ。漢字の読み方で迷ってテイで通されるケースが多出するミカドさん。」

帝「詳しい解説ありがとうございます、顔面偏差値驚異の80越えを誇るカラスマさん。」

顔面偏差値そんなにあったのか私は。こんなことを堂々と言われるということは、少しずつながらも帝に近づいている証拠だな。

烏丸「いえいえ。顔は生まれつき綺麗だったから仕方ないんですヨット」

帝 国(みかど こく)。ネタとしては十分に機能する下の名前を含めた彼の本名。 この名前をなんの躊躇いも無くつけた人間を大きな暖かい拍手でたたえたい。性格は普通。性格に普通という表現をするのはとてつもなく失礼であるが、それを承知した上でも普通と表現する。なぜなら話しやすいからだ。我ながら会話を必死に合わせてくれている彼には感謝している。血液型は知らない。誕生日も知らない。あと一つ大きく分かることと言えば、私は彼に恋をしている。

帝「生まれつきっていうのはすごく仕方ない反面、どうしようもないことに苛立ちを覚えます」

烏丸「秀才には誰でもなれますが、天才は生まれつきのセンスです。特に私みたいな美貌もそれに値しますね。」

帝「そろそろ切れますよ烏丸さんっ」

キレると言われたことは何度もあるが、彼が本気でキレている様子を見たことは一度たりとも無い。最近では本気でキレている様子を見てみたいとも思い始めてきた。

烏丸「そういえば。確かに、うちの牛乳が今日の深夜で消費期限切れですね。飲まなくては。教えてくれてありが唐辛子。」

帝「教えたつもりありません...」

烏丸「いいんですよ。教えられたつもりはありマスカラ。」

帝「勝手な想像はほどほどに」

烏丸「駄菓子菓子、想像無しに幽霊や神は語れません。」

帝「幽霊や神の話をしてません」

少しツンとして話す彼なら見慣れているが、求めているのは本気のキレなのだよ帝君。

烏丸「面倒くさいですね。世の中は。」

帝「あなたと喋るのも面倒くさい。」

烏丸「そうなんですか。今日はせっかく新作の消ゴムで遊ぼうと思ったノミ。」

帝「新品新作の消ゴムで遊ぼうとする人は初めて見ました」

烏丸「ミカドさんの歴史に書き加えておいてくださいな。記念すべき一人目として。」

帝「ふふっ」

何故に笑う。

烏丸「ついに突然狂い始めましたか。」

帝「いや、烏丸さんがくだらないと思ったので」

くだらないということは自分でも分かっている。しかし直せないのだ。くだらないことを言っていないと....。

烏丸「.........くだらない会話でないとつまらない。」

くだらないことを言っていないと......消えそうになるから。恐くなるから。暗くなるから。

帝「奇遇ですね。同じこと考えてました。」

同じことを考えていてくれようとする君に、本当の私は教えない。教えてはいけない。
そんな君の笑顔を見れるのだって、私の命がわずかに動いていられる時間だけだから。

烏丸「..土偶ですね。私もでした。」


書き込む 最新10 サイトマップ