お隣同士の話

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:SHIKI@鈴木さんL(>ω<)(。&◆WU:2015/08/07(金) 19:52 ID:vY.

御堂 慧×静間 星

2:SHIKI@鈴木さんL(>ω<)(。&◆WU:2015/08/07(金) 20:26 ID:vY.

PROFILE!!!

御堂 慧 (みどう けい)
6月8日生まれ A型 20歳

モデルで俳優。好物はトマトと苺、イケメン
金持ちマンションの最上階、5001号室に住んでいる。
料理が苦手。


静間 星 (しずま せい)
9月7日生まれ O型 17歳

服飾の専門学校生。好物は桃
慧のとなりに住む、はぐらかすのがうまい
無自覚美人で無防備
家事が得意

3:SHIKI@鈴木さんL(>ω<)(。&◆WU:2015/08/07(金) 20:36 ID:vY.

こんちばんわー

作者ですー

慧くんと星ちゃんのイラストをですね
描きます

できたら載せるので
楽しみにしててください
(期待はしないでください画力はありんこ以下です)

4:SHIKI@鈴木さんL(>ω<)(。&◆WU:2015/08/07(金) 21:48 ID:vY.

春。星は両親の転勤をきっかけに
ひとり暮らしを始めることにした。

幸か不幸か
実家は「金はあるけど愛はない」みたいな家だったから
父親が高級マンションを与えてくれた。

マンションは
1フロアに2部屋あるらしく、星のが新しく入る最上階は
すでに1部屋埋まっていた。

荷物の整理も無事終え
お隣さんにあいさつしようと
星はインターホンを押した。

「…はい?」

しばらくすると機嫌が悪そうな
男の人が出てきた。

「あ、この度隣に引っ越してきました。静間です、よろしくお願いします」

「ふーん…ところで静間さん?君何歳?」

「えーっと…17歳ですけど」

「俺のこと見たことない?御堂 慧っていうんだけど」

「すいません、ありません」

「もうちょっと頑張らないとなー」

慧は手で顔を覆って
しゃがみ込んだ。

「ところで、御堂さん。さっきから焦げ臭いにおいが…」

「え?あ、料理してたの忘れてた」

「すみません。私が長話しちゃったから…代わりに作ります。おじゃましますね」

「え、あーうん(いいのかこれ…?)」

星と慧は家の中に入って行った

5:SHIKI@鈴木さんL(>ω<)(。&◆WU:2015/08/07(金) 22:20 ID:vY.

「冷蔵庫、開けてもいいですか?」

「あーうん。っていうかさ、それ私服?おしゃれだね。あと、慧って呼んで敬語いらない。
お隣さんなんだから」

「え?そうかなーじゃあ、私のこと星って呼んでね。この服は自作だよーっていうか冷蔵庫の中苺とトマトばっかりじゃん!」

「だって好きだし。あと、俺モデルと俳優やってるんだけど服作れるならバイトしない?」

「へーすごいね。バイトって何すればいいの?」

星は手際よく、ゆでたり焼いたりしている
どうやらパスタを作ってるようだ。

「明日、あいてる?」

「え、うん。たぶん」

「じゃーうちに来て。あー俺たぶん寝てるから…ハイ、鍵ついでに起こして。
あ、できた?トマトソースパスタ?うまそう!いただきまーす」

「ええええええええ、いやいや鍵はちょっと…貰えないよ、うん」

「大丈夫。俺お前のこと信頼してるし一目惚れしたっぽいから」

慧は少し恥ずかしそうに
頬を赤らめた。

「へー…って!?何さりげなく重大なことカミングアウトしてんの!?今日は遅いからもう帰る!!」

「おー明日10時に起こしに来てねー」

星は
バタバタと慧の部屋を出ていった。

6:SHIKI@鈴木さんL(>ω<)(。&◆WU:2015/08/09(日) 19:31 ID:vY.

イラストです。
あのですねー大変申し訳ないんですけど

私の画力では慧がイケメンにならない!これではただのちょっと派手なモブだ!

ということに気付きまして(笑)
星ちゃんだけ描かせていただきました(;´・ω・)

http://fast-uploader.com/file/6994671758832/

こういうのは置いといて


http://fast-uploader.com/file/6994671659440

http://fast-uploader.com/file/6994671695408/

http://fast-uploader.com/file/6994671821676/


こんな感じです。
あー見れなくなってるーっていうときは
コメントくれればうれしいです(*ノωノ)

7:SHIKI@鈴木さんL(>ω<)(。&◆WU:2015/08/09(日) 21:42 ID:vY.

「どうしようこれ…」

翌朝、8時14分。
星はリビングで慧の部屋のカギと向き合っていた。

「とりあえず、私が行かないと慧は起きれないってことなんだから…起こしに行くのが正解?」

考えることが嫌いな星は
ひとり首を傾げた。

「…行くかー」

星はあきらめたように
ため息をつき着替えて部屋を出た。

8:SHIKI@鈴木さんL(>ω<)(。&◆WU:2015/08/11(火) 22:50 ID:vY.

カチリ。
緊張しているせいなのか音がやけに大きく聞こえた気がした。
星はドアを開けて中に入る。

「…おじゃましまーす……えっと、確かリビングのとなりが寝室だったよね。」

星が寝室へ入ると
クイーンなのかキングなのかわからない
大きなベッドの中で兵ネイに体を丸めて眠る慧がいた。

「起こさなきゃ。慧―――!起きて起きて!10時過ぎたよーーーー!」

星は慧のベッドの上に飛び乗った。

「ぅおっ!?…あ、星じゃん。来てくれたんだ。っていうか昨日より元気じゃん?」

「あー昨日はなんか緊張してたから。こう見えて人見知りなんだよー」

星は「えへへー、見えないでしょ」と言いながら微笑んだ。
その瞬間、慧の胸がときめいたのは言うまでもない。

「ところでバイトって何するの?あ、朝食作るよ。…はぁーしょうがないからもう苺のパンケーキだよ!
何でこんなにたくさんあるの!!」

「え?そんなの決まってんじゃん。好k「好きだから、でしょ?」

「ふふっわかってんじゃん。」

「で、バイト。何すればいいの?」

「あ、そうそう。俺の専属デザイナーならない?社長には話通してあるんだけど」

「え!?本当に!?デザイナー!?私が?慧!ありがとう!!!!」

星はソファに座っていた慧に駆け寄り
思いっきり抱き着いた。

「え、ちょ、ななななな何!?」

慧は顔を真っ赤にした。

「ううん。慧、ほんっっっっっっとうにありがとう!」

そう言って星は
ニコッと笑って見せた。

9:なつな◆xM:2015/08/11(火) 23:28 ID:rw2

SHIKI@鈴木さんL(>ω<)(。&◆WU 様

どーも。やっぱ貴方様の小説は最高ですね。面白いです。
完結できるよう頑張ってください。

10:SHIKI@鈴木さんL(>ω<)(。&◆WU:2015/08/11(火) 23:41 ID:vY.

>>9 なつな様

お褒めいただきありがとうございます(*ノωノ)
まだ前作も完結してないですしね(笑)どっちも完結できるように頑張ります




お知らせ

すみません…
明日から家族旅行で(嫌d((ry)3日間ほど
全く更新ができません。
本当にごめんなさい

11:SHIKI@鈴木さんL(>ω<)(。&◆WU:2015/08/15(土) 12:53 ID:vY.

ご報告☆

帰ってきました!楽しみにしててくださった皆さんすみませんorz
3日間もお休みしてしまったので今日はたくさん更新できたらいいなと考えています(*ノωノ)

家族がいたのでいやいや言いつつ、岩手県を満喫してまいりました(笑)
いいところですね!個人的には田舎の景色が結構好きです。
私が住むのは住宅街なので、見渡す限りのみどりは憧れるものがあります。

そんな感じの旅行でしたが何よりの喜びは
「田中君はいつもけだるげ」の4巻をゲットできたことです(笑)
いやーあれは面白いです。
「だるくて眠い」略して「だむい」
流行りますよ!流行語大賞の有力候補ですよ!(笑)

だいぶ余談でしたが今日から更新再開しますので
よろしくお願いします。




SHIKI

12:SHIKI@鈴木さんL(>ω<)(。&◆WU:2015/08/15(土) 21:54 ID:vY.

「じゃー行くか。履歴書は車の中で書けばいいし。」

「う、うん。」

「なに?緊張してるの?大丈夫。社長怖くないしーちょっと変だケド…」

そんな話をしながら2人は家を出た。
慧のマネージャーが運転する車に乗り、
星は一生懸命に履歴書を書いていた。

「へー。星って帰国子女だったんだ。」

「え、あーうん…ハーフなんだ。この髪の毛も地毛。」

「そうだったんだー。外国って面白い?」

「…まぁまぁだよ」

星はそう言うと少し俯いた。

「なに?どうかした?」

「いや、別に?何でもないよー」

慧は明らかに様子がおかしいことにすぐ気が付いた。
けれど本人がはぐらかすので無理に聞き出すのはやめた。

車内にあいまいな空気が流れてから数分で
車が止まった。
どうやら慧の所属する事務所に着いたようだった。

13:SHIKI@鈴木さんL(>ω<)(。&◆WU:2015/08/17(月) 21:46 ID:vY.

「おはよーございまーす。社長、昨日言ってたデザイナー連れてきましたー」

「あーうん、入っていいよ。…で?どんな子なの…ぎゃーーーーーーーー可愛いいいいいいいいいいい!」

社長は星を見るなり
抱きついた。

「どうしたの!?こんなかわいい子どこで見つけたのよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!こんなにかわいい子なら
 デビューさせちゃいたいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!ねぇ!デビューする気ない???????」

「え、えと…あの…そういうのよくわからないし…それに、デザイナーの仕事ができると聞いてたんですけど…?」

社長は星の肩をがしっとつかみ
顔を近づけた。

「大丈夫!慧とデュエットで歌手デビューしちゃえばいいんだよ!あと、一人でタレントとかやって!
 それで、その時着る衣装を、自分でデザインしてるっていうことで絶対売れるわ!何よりかわいいし!」

星は困ったように慧のほうに視線を向けた。
それに気づいた慧はにこっと笑って

「いいんじゃない?デビューするのも。やってみると意外に楽しいよ。テレビに映ってる自分を見るのも結構面白いし。」

と言った。
星はそれに少し興味を示した。
それに素早く気づいた社長はまた、性に顔を近づけ早口でしゃべった。

「いい?いいわよね!?きゃー美男美女デュエットの誕生よ〜!明日デビュー会見しましょ。
あー明日は会議か。じゃー明後日!予定開けといてね!二人とも!」

「「は〜い」」

そんな感じで
話が予期せぬ方向に進んだ。

14:SHIKI@鈴木さんL(>ω<)(。&◆WU:2015/08/17(月) 22:10 ID:vY.

その夜。
星の部屋から何かが割れる音がして、慧は家を飛び出た。
星の部屋のカギはあいていて、慧は悪いとは思ったが勝手に部屋に入った。

「星!?大丈夫かお前…?」

星は南向きの窓の前に立ち尽くし
足元には花柄のカップが落ちた衝撃で割れていた。

「ううん。何でもないから、えっと…ちょっと具合悪いからもう寝たいんだ。心配してくれるのはうれしいんだけど…」

「ダメ。俺、星を一人にさせておけない。寝室どこ?しっかりつかまってて。」

そう言って慧は
星をお姫様抱っこして寝室へ向かった。

15:SHIKI@鈴木さんL(>ω<)(。&◆WU:2015/08/19(水) 19:38 ID:vY.

更新できてなくてすみません!
今からちゃんと書きますが、ちょっと雑談させてくださいね。

女子の皆さん!プリクラ撮りますよね!!撮りまくりですよねwww
実は今日、宮城県のとある駅になんと!小学生の時からの心友(卒業と同時に千葉県にお引越し)と、遊びに行ってきました!
で、何か、商店街みたいなメインストリート?みたいなところに、二人でなんちゃって制服で行ったんですよ!!
そしたらゲーセンの二階にコスプリがあって…

しかも衣装代「無料」!

撮りまくりですよw
ところで皆さん、どの機種が一番好きですか?
今日私が気に入ったのは

「Shirayuki」と、「RURBAN LIFE」

です。そして以前から好きだった、

「FASHION is M」の進化っていうかそんな感じの「FASHION is M 02」っていうのが出てました☆

そこで「この機種おすすめ―」とか、「こんな感じのポーズだといいよー」とか、「こんな感じに盛るといいよー」とかとか、教えてくれるとうれしいです(笑)

お店によって異なると思いますが
「Shirayuki」はCGカーテンの後ろに隠れたりすることはできませんでしたが、「RURBAN LIFE」はできましたよ!

今日は制服(なんちゃって)←カッコの中身大事です。w
だったので、「制服でぇと💛」とか姫浴衣のコスを着て、「浴衣でぇと💛」なんてのもよかったです。
スタンプや一発落書きもいいですが、今は割と手書きがブームっぽいです。
それでも結構私はスタンプが好きですw
私たちは「恋仲」なんて手書きしたりもしましたw

女の子同士でも「でぇとなう💛」って描いてもかわいいし
今はやりの二人で一つのハートを作るのもカップルじゃなくてもいいですよね。

帰宅したのが7時だったんですが(笑)
楽しみすぎるのも問題ですね(;´・ω・)

時々こういう小ネタを挟みます(笑)
日記版にスレを作ったらいいか考えたのですが、毎日書くわけでもないのでここに書かせていただきました。
時々こういうことを書くこともお許しください。

そういえば皆さんがなんちゃって制服を着るときは、ネクタイ派ですか?リボン派ですか?
また、ブラウスの上に着るベストやカーディガンは黒ですか?白ですか?それとも別の色?
私は今日は、黒のカーディガンにネクタイでした!

その辺も含めて「こんなのいいよー」って感じの教えてくれると嬉しいです(*ノωノ)
小説の感想もお待ちしています!

16:SHIKI@鈴木さんL(>ω<)(。&◆WU:2015/08/19(水) 19:45 ID:vY.

あ、付け足しです。

とあるたい焼き屋さんでかき氷を頂いたのですが…

「そこの定員さんが、神対応!」

っていう印象がありました。店先の掃除をしつつ客寄せをし、
お客様が入ると同時に店に入り注文を聞き、すぐ商品を出してくれます。
しかも店先で私が早く食べ終わったので、ごみを持って友達を待っていると…

「お客様、もしよろしければそちら(ゴミ)お預かりいたします」

超神対応でした!
かき氷もおいしかったです!

時々作者の私生活が気になった方、どんどん質問もお待ちしています!

小説のキャラへの質問はもちろん、
作者自身の生活の興味を持ってくれる人がいてくださったらうれしいです(笑)

今日何した?

っていう感じで
タメ口呼び捨て、あだ名。
何でもオッケーです。

…でも悪口はメンタル弱いからやめてほしいかな(笑)

以上です
長文失礼いたしました。

17:SHIKI@鈴木さんL(>ω<)(。&◆WU:2015/08/19(水) 20:51 ID:vY.

「はい、ついたー。星?お前の具合がよくなるまで、俺ここにいてもいいかな?」

慧が聞くと
星はこくこくと小さく首を縦に振った。

「そっか。でも、お前休まなきゃいけないから俺はリビングにいるな」

星はまた小さく
首を縦に振った。

_______________

「はぁー気になる…」

リビング。
慧は一人、ライトグリーンのソファの座っていた。

「なんで窓の近くでコップを落とす…?」

慧の頭の中はすべてさっきのことが占めていた。
窓の方をおびえた様子で見る星が頭から離れないのだ。

18:ハゲ◆Kow hoge:2015/08/20(木) 00:25 ID:QfU

お久しぶりっつー( ´ ▽ ` )ノ
康だったハゲですです!
久しぶりに葉っぱ来てるよ〜
話面白いね!この調子で頑張れ!(((o(*゚▽゚*)o)))
僕(今一人称僕ですw)美術板とか
呟き板によく出没するんで!
よし!それだけだ!また来るぞ!ふははははははh((殴
さらば!

19:SHIKI@鈴木さんL(>ω<)(。&◆WU:2015/08/21(金) 11:40 ID:vY.

>>18

ハゲ


荒らすなーww
なんなんだよぉぉぉぉぉぉぉ

感想はうれしいけどなんでそんなに上から目線なんだよー

20:SHIKI@鈴木さんL(>ω<)(。&◆WU:2015/08/24(月) 15:01 ID:vY.

ごめんなさい…
この続きが思いつかない…

もうちょっと考えさせてくださいね(;´・ω・)

21:ハゲ◆Kow hoge:2015/08/25(火) 02:19 ID:QfU

>>20
( ^ω^ )<ファイトー

22:SHIKI@鈴木さんL(>ω<)(。&◆WU:2015/08/25(火) 02:29 ID:vY.

お前もこの時間まで起きてんのかw

23:ハゲ◆Kow:2015/08/25(火) 02:44 ID:QfU

( ^ω^ )<うぃっす

24:SHIKI@鈴木さんL(>ω<)(。&◆WU:2015/08/25(火) 03:58 ID:vY.

4時ですw

25:ハゲ◆Kow hoge:2015/08/25(火) 06:54 ID:QfU

>>24
ファ( ^ω^ )なにしてんのwww

26:SHIKI@鈴木さんL(>ω<)(。&◆WU:2015/10/15(木) 18:32 ID:vY.

本当に本当にごめんなさい。
ちゃんと書きます。
なので…

私のことは嫌いでも、小説のことは嫌いにならないでください!

ホント、すみません

27:SHIKI@鈴木さんL(>ω<)(。&◆WU:2015/10/25(日) 21:45 ID:vY.

≪すみません。○○side型に変えます≫

『慧side』

とりあえず、窓の方に寄ってみる。
特に何もなくて、夜景が見えるだけ。

そして、俺も変だ。
今まで具合がよくなるまで一緒にいてもいい?
なんて言ったこともないし、正直女って鬱陶しい。

でも今回は、あっちが人を寄せ付けない雰囲気というか…
親しそうに見えて一線を引かれてる感じ。
「ここからはプライベート」
みたいな。

そんなことを思いながら星のわったカップを片付ける。

星の部屋初めて入った…
引っ越したばかりとはいえ、無駄なものがなく、
一角を除いて、清潔感がある部屋だった。

除いた一角には
布やハサミ、針などが散乱していて
ミシンに布がかけっぱなしだった。

夢中だったんだろうな…

そんなことを思いながらカップの片付けを続けた。


書き込む 最新10 サイトマップ