まいと魔法とお姫様

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ゆいぽん 1221:2015/08/08(土) 12:19 ID:FcM

「サラと魔法とお姫様」の続編です。よろしくお願いします!

2:ゆいぽん 1221:2015/08/08(土) 12:45 ID:ZWA

では
登場人物
月山まい
主人公。もう1人の魔法使い。クールで大人っぽい中学2年生。妖精のメーラをぬいぐるみと間違えて持って帰ってしまう。サラに憧れている。サラのことは三星先輩、サラ先輩と呼ぶ。一人称は「うち」「あたし」「アタイ」
メーラ
魔法の国の妖精でまいのパートナー。ツンデレで冷たい。ミリーが好き。ミリーと一緒にいるため人間界に来た。サラのことをサラダおばさんと呼ぶことがある。
三星サラ
魔法使い。前向きで明るい高校1年生。まいの憧れ。
ミリー
サラのパートナー。
野山みき
まいの友達でまいの幼なじみ。普段は優しいが怒ると怖い。
秋名ななか
元ルファンナ。ルヴァンナの最高傑作として生まれた。今は普通の女の子で高校1年生。サラのクラスメート。
ルヴァン
ルヴァンナの本来の姿。高校1年生。学校では外国人ってことになっている。

3:ゆいぽん 1221:2015/08/09(日) 19:07 ID:Eg.

まいの外見
黒髪でショートヘア。普段着は星柄のズボンを履いていて、紫色のTシャツを着ている。変身すると髪は青になり長いポニーテールになる。そして服装が白と青が混じったワンピースを着ている。

4:ゆいぽん 1221:2015/08/09(日) 19:42 ID:EQs

魔法の国
ピオラ
女王様の娘で二人目の女王。次なる王女で娘のラーズを大切に見守っている。
ラーズ
ピオラの娘で魔法の国の王女。プリンが好き。今度は新たな悪魔タウンのボス、ミジャに一生、喋ることができない魔法をかけられた。
悪魔タウン
ノーラム
悪魔タウンの魔法使いでミジャの部下。性格は前昨のマーシュみたいな感じ。口が悪い。
ミジャ
悪魔タウンの新たなボス。魔法の国の時間を止めた。そしてラーズを一生、喋られなくした。そしてルヴァンナを操った。

5:ゆいぽん 1221:2015/08/09(日) 19:48 ID:JKU

魔法の国、お城
女王、ピオラは子供を生んだ。
赤ちゃん「ちゅぱちゅぱ」
ピオラ「これが、わたくしの娘。王女、誕生ですわね。可愛らしいですわ!この子の名前はラーズにしましょう。よろしくお願いね!ラーズ」

6:ゆいぽん 1221:2015/08/10(月) 02:56 ID:m6Q


メーラ「どうやら、新しい王女が誕生したみたいだわ〜」
ミリー「メーラ!」
メーラ「ミリー!最近、忙しいのね…」
ミリー「まだ人間界にやり残したことがあるミリー。しかも別れは辛いミリー」
メーラ「そうね。今日も人間界に行くのね」
ミリー「ミリー。ミリーはまだサラとしたいことがあるミリー」
メーラ「そう。分かったわ!」
ミリー「じゃあ人間界に戻るミリー」
メーラ「ええ!」
ミリーは行った。
メーラは寂しそうな顔をしている。
メーラ「ミリー………。そうだ!私も人間界に行けば!……………でも、女王様は行かせてくれるかしら。聞いてみよう!」
お城
メーラ「女王様!入りますね!」
ピオラ「どうぞ」
メーラ「女王様………」
ピオラ「何ですの?メーラ」
メーラ「あの………人間界に行ってもよろしいでしょうか」
ピオラ「どうして?」
メーラ「その………会いたい子がいて…………」
ピオラ「今はダメです」
メーラ「(プー!)そんな〜。どうかお願いします〜」
ピオラ「いけません!」
メーラ「どうか、どうか、お願いしま〜す〜!」
ピオラ「いけないと言ったらいけません!せめて王女の誕生パーティーが終わってからにしなさい」
メーラ「(ムー!)冷たいんですから………」

7:ゆいぽん 1221:2015/08/10(月) 03:19 ID:cpM

第1話「2人目の魔法使い、誕生」
人間界、朝、外
ある日、普通のクールな中学生、月山まいが歩いて学校に登校していた。
女の子1「月山さんかっこいいよね!」
女の子2「超クールなんですけど!」
女の子3「あのオーラ………」
女の子たち「ステキ〜」
まいはみんなに投げキッスをした。
女の子たち「キュン〜♪まい様〜!」
まいは中学校ではとても人気である。
校門
まい「みき!」
みき「まい〜!」
まいは走った。
まい「おはよ!」
みき「おはよう!」
まい「行きましょう」
教室、昼休み
まいは本を読んでいた。
まい「なるほどね〜」
すると女の子たちがまいの机の前に来た。
女の子1「あの、まい様!」
まい「ん?」
女の子たち「キャー!」
女の子2「何の本を読んでいるのですか?」
まい「ああ!ちょっと難しい本を読んで、勉強してるのよ」
女の子たち「えらい!さすが、まい様」
まい「う〜ん………」
女の子3「分からない所があるのですか?」
まい「いや、大丈夫よ。私なら平気よ。難しい所もなんとかなるわ」
女の子たち「ひゃ〜!」
まい「遊んで来なさい」
まいは学校では女王みたいな存在。
夕方、外
まいが歩いていると、サラが通った。
まい「今のは、三星先輩!?」

8:ゆいぽん 1221:2015/08/11(火) 03:28 ID:dBA

サラが通り過ぎた。
まい「三星先輩かっこいいなぁ…。あんなふうになりたい!」
魔法の国
ラーズが生まれて数カ月たった。
お城
メーラ「もう人間界に行ってもいいですよね!女王様」
ピオラ「はあはあ………」
メーラ「女王様?何焦っているのですか?」
ピオラ「ラーズが大変ですの!!」
メーラ「え?ラーズ様が?一体どうしたんですか?」
ピオラ「それが、何度も話しかけてもラーズが………ラーズが………ラーズが喋ってくれないのです!」
メーラ「ラーズ様が!そうだったんですか!」
ピオラ「これは………」

9:ゆいぽん 1221:2015/08/13(木) 18:57 ID:gPc

ピオラ「そして、魔法の国の時間が止まってしまったのです。誰かに魔法をかけられているのでしょう」
メーラ「それは大変!どうしましょう!」
ピオラ「魔法使いです………。魔法使いの力で魔法は溶けるでしょう」
メーラ「(ミリーにも会いたいし、私が行くしかない!)女王様、私が行きます!」
ピオラ「大丈夫?」
メーラ「はい!おまかせください!」
ピオラ「はあ〜、本当はラーズの誕生パーティーまで待ってほしかったのですが、仕方ありません。魔法使いを探しに行ってください」
メーラ「あれ?でも魔法使いはあのサラがいるのでは?」
ピオラ「2人目を見つけてほしいのです。サラさんだけでは多分、上手くいかないと思います」
メーラ「分かりました!(よーし!ミリーに会いに行くぞー!)」
メーラは飛んで行った。
ピオラ「メーラ、お願いよ」
人間界、外
メーラ「よーし!ミリーの家に出発!」
メーラはサラの家を見つけた。
メーラはサラの家に入った。
(カチャ)
メーラ「ミリーいるかな?」
メーラはサラの部屋に入った。
サラとミリーがいた。
メーラ「ミリー!」
メーラはサラの机の横に来た。

10:ゆいぽん 1221:2015/08/13(木) 19:17 ID:gPc

ミリーは気づいた。
ミリー「メーラ!」
サラ「あっ!メーラ久しぶりじゃん!」
サラもメーラに気づいた。
メーラ「あなたに会いに来たんじゃないわ!ていうか、サラダおばさんも年取ったわね〜。白髪がいっぱい生えているわよ!」
サラ「失礼ね!何回も言うけど、私はサラダおばさんじゃない!私はサラよ!いい加減、名前覚えてよね!」
メーラ「はいはい、サラダおばさん」
サラ「ムカ!」
メーラ「私はミリーに会いに来たのよ!」
メーラはミリーに抱きついた。
サラ「もう一生イチャイチャしとけ!」
ミリー「メーラどうしたミリー?」
メーラ「それがね、女王様に娘ができたのよ」
ミリー「ピオラ姫様に!?」
サラ「娘が!?」
メーラ「ラーズ様というんだけど、ラーズ様が喋らないの」
ミリー「ミリー!?」
メーラ「そして、魔法の国の時間も止まってしまったんだって」
サラ「それは大変じゃん!」
メーラ「だから新たな魔法使いを探しているのだけど…」
サラ「そうなんだ…。私も協力するよ!」
メーラ「本当?ありがとう!サラダおばさん!ミリー!」
サラ「だから違うって!私はサラ!サ・ラ・よ。覚えてよ!」
メーラ「ってことでミリー♪」
メーラはミリーに抱きついた。
ミリー「メーラ」

11:ゆいぽん 1221:2015/08/13(木) 19:50 ID:FcM

サラ「もう一生、抱きついとけ!」
メーラ「ということで、私は人間界にしばらくいます!やった!ミリーと一緒よ!」
ミリー「メーラ…」
メーラは飛んで行った。

メーラ「美しく〜♪妖精の中で一番、美しいレディ〜♪その名は〜メーラ様です〜♪美しいレディは〜♪魔法使いを探しに〜♪冒険に行きます〜♪美しいレディのメーラ様が〜絶対に〜魔法の国とラーズを〜♪取り戻す〜♪きゃはっ。はあ〜、歌ってスッキリした〜!」
その時、まいが下を通った。
メーラ「あれ?あの子から何かを感じる。あの子を追いかけてみよう!」

12:水子:2015/08/23(日) 21:41 ID:DGQ

『サラと魔法とお嬢様』から読ませて頂きました。
えっと、良いお話何ですが、
「!」と「!」が混ざっている所が
有るので、そこら辺を「!」か「!」の方にするか、
どちらかに決めた方が良いと思いますよ!
アドバイスですが、嫌でしたらやらなくても良いですよ。
続きを楽しみにしてます!頑張ってください。

13:ゆいぽん 1221:2015/08/23(日) 23:10 ID:FcM

アドバイスありがとうございます♪やってみますね!

14:ゆいぽん 1221:2015/08/24(月) 06:43 ID:Eg.

校門
まいが来た。
まい「おはよう!」
みき「おはよ!」
みきがいつものように校門で待っていた。
空からメーラも来た。
メーラ「何?この建物」

15:ゆいぽん 1221:2015/08/24(月) 16:06 ID:gPc

メーラは下を見た。
メーラ「あの子よ」
メーラはまいを見た。

みき「行こ」
まい「うん」
まいとみきは歩いて中に入った。
メーラも中に入った。

16:つ旦:2015/08/24(月) 20:40 ID:va.

ストーリーは独創的ですが、地の文が生き生きしていないので
背景の描写や動作の描写を少し詳しく書いた方がいいのでは?

17:ゆいぽん 1221:2015/08/25(火) 14:32 ID:KGA

そうですね!もっと詳しく情景とかも書いた方がいいですね。アドバイスありがとうございます♪頑張ります!

18:ゆいぽん 1221:2015/08/30(日) 17:53 ID:dBA

学校の中に入った。
まいたちが教室へ入った。
それをメーラが覗いていた。
まい「おはよう」
女子A「まい様だ〜」
まいは席に座った。すると女子たちがまいの席に集まった。
女子B「まい様おはようございます」
女子C「いつも尊敬しています!頑張ってください!」
まい「ええ、そう言ってくれると嬉しいわ。ありがとう」
まいは笑顔になった。
女子A「キャー!まい様にありがとうって言われたー!」
メーラ「あの子、人気ね。まあ、この美しいレディのメーラ様には叶わないけどね!」
まいは本を出して読んだ。
メーラ「ふ〜ん、本が好きなのね〜。まあ、私にはクールすぎるわ!私には負けるけど…ね」
すると先生が扉を開けて教室に入った。
まいは本を直した。
先生「みなさん、おはようございます。ホームルームを始めますよ」
メーラは先生も見ていた。
メーラ「ステキ〜、キレイな人〜。あっ!な、何よ!私!フンっ、私の方が何倍もキレイよ!あれ?何か、忘れてるような…。あっ!そうだったわ!目的はあの子よ!」
メーラはまいを見た。
先生「では、ホームルームを終わります」
(カチャ)
先生は扉を開けて教室を出た。
メーラはじっとまいを見つめている。

19:ゆいぽん 1221:2015/08/30(日) 18:11 ID:cWE

メーラ「やだ!これじゃ私、変態みたいじゃない!でも、やっぱり、あの子から何かを感じる。あの子が、魔法使い?」
すると、まいは扉を開けて教室を出た。
まい「図書室で本でも借りに行こうかしら」
まいは図書室に向かった。
メーラ「あっ!待ちなさいよ!」
メーラはまいを追いかけて図書室に行った。
図書室
まい「どれにしようかしら…」
まいは本を探している。
メーラ「大人しい子ね。まあ、私には大人しすぎるわ。でも、あの子は魔法使いかもしれない」
まい「あっ!これなんて面白そう!」
まいは本を見つけて借りた。
まい「よし!教室に戻ろう!」
まいは図書室を出た。
メーラ「今度はどこ行くのよ!」
メーラも図書室を出た。
メーラ「はあ…はあ…疲れてきちゃったわ」
メーラは低い位置で飛んでいる。
メーラ「待ちなさいよ〜……」
そして、まいは教室に入った。
メーラ「はあ…はあ…」
すると、男子生徒が歩いていてメーラとぶつかった。
メーラ「きゃあ!」
メーラは床に落ちた。
すると、今度は生徒に蹴られた。
メーラ「いやー!」
メーラはまいの教室に入った。
まいは扉を閉めた。
メーラ「はあ…はあ…、もう…ダメ…はあ…はあ…疲れた…ちょっとだけ…休ませて…はあ…はあ…」

20:ゆいぽん 1221:2015/08/30(日) 18:30 ID:.KA

メーラは床で目を閉じた。
そして…
夕方、夕焼けが登っていた。
メーラ「ん〜!よく寝た」
メーラは背伸びをした。すると、まいが教室にいた。
まい「よし、終わった。帰ろう」
まいは当番の仕事をしていた。
まいは歩いて教室を出ようとした。
すると、まいは床を見てメーラに気づいた。
まい「あれ?こんな人形、落ちてたっけ?」
まいはメーラを持った。
まい「それにしても、可愛いわね〜、この人形。私が貰いたいぐらい。貰っていいのかな?」
まいは放送室に行って放送部の先生の所行った。
まい「あの、ちょっと放送してもいいですか?」
先生「どうしたの?」
まい「人形が落ちていて…。あの、ちょっと放送させてください!」
先生「わ、分かりました」
(ピー)
まい「マイク、セットONね!よし!」
(ピンポンパンポン♪)
放送が流れた。
まい「お帰り中のみなさん、落とし物がございます。これは自分の!って思った人は職員室までに来てください!あっ!落とし物は赤い人形です。よろしくお願いします!」
(ピンポンパンポン♪)
放送室
まい「ちょっと放送下手だったけど、いいよね」
先生「いいのかい!」
まい「いいのですよ!」
先生(放送、下手すぎだな。この人…)

21:ゆいぽん 1221:2015/08/30(日) 18:47 ID:Eg.

先生はまいをじっと見た。
まい「何ですか?」
先生「いや、何でもありません」
まい「人来ないわね〜。じゃあ、これうちが貰ってもいいのかな?よし!じゃあ、この人形はうちが貰おうかな!」
メーラ「私は人形じゃないわ!」
まい「きゃあ!人形が喋ったー!」
先生「えっ?」
まい「あ、いや、何でもありません。さようなら!」
先生「あ、うん。何だったんだ?」
まいはメーラを連れて家に帰った。
まいの部屋
まい「あなた、誰?」
メーラ「私はメーラよ!」
まい「そうなの、よろしく。私はまいよ。で、どうして喋れるの?」
メーラ「私は魔法の国という所から来た妖精よ!ちなみに妖精の中でもとっても美しいレディよ!あなたもかっこよく、人気のようだけど、やっぱり私には叶わないわ!なぜなら、このメーラ様よ。メーラ様より美しいレディはいないわ!」
まい「魔法の国?聞いたことのない名前ね」
メーラ「あのね、今、魔法の国が大変なことになってるの」
まい「どうしたの?」
メーラ「魔法の国は時間が止まって、魔法の国は動かなくなってしまったの。そして魔法の国の女王、ピオラ様の娘、私たちからしたら王女、ラーズ様が言葉を喋らなくなったりしたの」
まい「それは大変ね。でも、私にどうしろと?」

22:ゆいぽん 1221:2015/08/31(月) 13:03 ID:fxQ

メーラ「魔法使いになりなさい!あなたから何かを感じるもの」
まい「魔法使い?ごめんなさい。私は危ない者にはなりたくないわ。可哀想だけど…」
メーラ「何よ!なってくれてもいいじゃない!私の国が大変って言うのよ?協力しなさいよ!」
まい「でも、どうやって?」
メーラ「あれ?どうやってなるんだっけ…」
まい「(ズコー!)知らないの?」

23:ゆいぽん 1221:2015/08/31(月) 17:42 ID:whA

メーラ「確か、ドリームストーンという石で変身することができるって聞いたことがある。でも、それらしきものがないわ!」
まい「そうなの。でも、その石ないんだし、なれないよね」
メーラ「…」
メーラは黙っている。
まい「じゃあ、ごめん。魔法使いになってあげたいけど、そんな石、聞いたこともないし、危ない戦いはしたくない。しかも、魔法使い他にもいるんじゃないの?」
メーラ「ムカっ。あのさ、その石がないからって諦めてどうすんのよ!私の国がこのままでもいいのね!ラーズ様がずっとこのままでもいいんだ!確かに魔法使いはいるけど、あの子たちだけじゃ心配だからって探しに来たのに!呆れたわ!あなたなら、魔法使いになってくれると思っていたのに…」
まい「でも、その石がないと魔法使いになれないんでしょ?それじゃどうしようもないじゃん!」
メーラ「だからって!こんなの……ありえないよ……。何がクールで大人っぽいよ!全然ダメダメの意気地なしじゃない!」
まい「ごめん……」
メーラ「私の国、救ってくれないんだ………」
(バーン!)
まい「何の音?」
外に出た。建物が崩れていき、人々が逃げている。
ノーラム「ハッハッハッハ!私の力、喰らうがいいじゃん!」
サラ「これは一体、何?」

24:ゆいぽん 1221:2015/08/31(月) 20:52 ID:ZWA

ミリー「とりあえず変身するミリー!」
サラ「ええ、サラマジカル!」
サラは変身してノーラムの所へ走った。
サラ「あ、あいつは………」
ミリー「新しい部下、ノーラムだミリー。力はマーシュよりも強力ミリー」
サラ「そうなの?でも絶対、負けられないよ!」
ノーラムはまっすぐ走って来るサラに気づいた。
ノーラム「魔法使いか、ちょうどいい。遊んでやろう!はあ!」
ノーラムは魔法で風を起こした。
ノーラム「タイフーン!」
サラは奥へ吹き飛ばされた。
サラ「きゃあー!」
ノーラム「フッ、私の力に叶うものはいねーんだよ。どんどん吹き飛ばされてしまえ!タイフーン!タイフーン!ビックタイフーン!」
大きな風で建物がどんどん崩れていく。
まいは走った。
まい「どうなってるの?」
メーラ「これは全部、悪い部下、ノーラムのせいよ!ノーラムを止めなきゃ、これは元に戻らないわ!」
まい「止めたいけど………どうすればいいの?」
メーラ「そうだった!変身するにはドリームストーンが必要なのよ!」
まい「でも今はないから変身できないんだよね?」
まい、メーラ「どうすればいいの!?」
すると、まいは止まって上の空を見た。

25:ゆいぽん 1221:2015/08/31(月) 21:12 ID:ZWA

あ、書き忘れが。
ノーラムは空にいる。
メーラ「まい、どうしたの?」
まい「あの子、1人で戦ってる」
まいはじっと空でサラとノーラムが戦っている姿を見ていた。
メーラ「あれが魔法使いよ。あの子は魔法の国が大変な時、助けてくれた。あれが魔法使いなの」
まい「助ける……」
ノーラム「ビックタイフーン!」
ノーラムはまいの所までに風を起こした。
まい「わあ!」
サラはまいに気づいた。まいの近くに行った。
ノーラム「ウォータータイフーン!」
ノーラムは風と水をまいにかけようとした。するとサラがまいを庇ってバリアを出した。
サラ「はあ!」
ノーラム「何っ!」
ウォータータイフーンの魔法が消えた。
サラ「大丈夫?」
サラはまいの方を向いた。
まい「あ、はい。あなた誰なの?」
サラ「その話は後。早く逃げなさい」
まい「はい、ありがとう」
まいは走って公園の方へ走った。
まい「どうしよう。うちだって、うちだって!魔法使いになって元に戻したい!」
すると、まいは突然止まった。
メーラ「まい?」
まいは崩れた建物を見た。
まい「建物が崩れたら、みんなが困るの分かってるのに、うちだけ逃げてばっかで何もできない。このままじゃ学校が崩れて、みんなも大変なことになる」

26:ゆいぽん 1221:2015/08/31(月) 21:39 ID:FcM

まい「うちがなんとかしなきゃ!でもどうすればいいの?分かんないよ。分かんないけど、あの子は戦っていて、うちだけ逃げるなんて……。もう我慢できない!うち、元に戻す!」
まいは走ってノーラムの所へ戻った。
メーラ「まい、待って」
メーラはまいを追いかけた。

サラ「はあー!」
ノーラム「フンっ」
ノーラムは光線を出した。
サラ「きゃあ!」
サラは倒れた。だが立ち上がった。
サラ「まだまだ…」
サラは走った。
サラ「はあー!」
サラは魔法を使ってノーラムの近くに来た。
ノーラム「何回やったって同じだ!」
サラは目を大きく開いた。
サラ「きゃあー!」
ノーラム「もういい加減諦めたら?」
サラ「諦める?何を言ってるの?街が大変なのに諦めるわけないでしょ?」
サラは立ち上がって光をためた。
サラ「やあー!」
サラは魔法を使った。だが、何回攻撃しても通用しない。サラは何回も倒れた。
ノーラム「諦めろつってんだよ!」
ノーラムは強力魔法をかけようとした。すると
まい「やめなさーい!」
ノーラム「誰だ!」
まい「私はまい、普通の中学生よ!人をここまで傷つけるなんて……」
ノーラム「なんっだと!?普通の人間のくせに、えらそうにするんじゃねーよ!」

27:ゆいぽん 1221:2015/08/31(月) 21:58 ID:E5E

ノーラムは魔法をまいにかけた。
サラ「逃げてー!」
まい「逃げれない。私は絶対元に戻すよ!」
ノーラム「ふざけてんじゃねーよ!」
まい「どうしよう…」
ノーラム「ハッハ!愚か者め!」
すると空からドリームストーンが落ちてきた。
まい「これ何?」
メーラが来た。
メーラ「それは…ドリームストーンよ!」
まい「えっ?これがドリームストーン?」
メーラ「そうに違いないわ!」
ドリームストーンが光った。
まい「あれ?」
メーラ「まい、まいマジカルと叫んでみて」
まい「え?」
メーラ「いいから早く」
まい「わ、分かったわ!」
まいはドリームストーンを握った。
まい「まいマジカル!」
まいは魔法使いに変身した。
まい「何?この格好」
メーラ「まいは魔法使いになったの」
まい「え?」
サラ「新しい……魔法使い……」
まい「で、どうすればいいの?」
メーラ「とりあえずあいつを倒して」
メーラはノーラムに指を指した。
まい「は、はい!」
まいは走って魔法を使った。
まい「えい!」
ノーラム「何っ!ま、負けるかぁ!」
まい「やあー!」
まいは魔法をどんどん使った。
ノーラム「ぎゃあ!」
ノーラムは倒れた。
サラ「あの子すごい!よし!」
サラもまいの所に来た。
サラ「一緒に戦いましょう!」
まい「ええ!」

28:ゆいぽん 1221:2015/08/31(月) 22:15 ID:8Ss

まい「やあー!」
サラ「はあー!」
2人は魔法で雷と風を落とした。
ノーラム「ぎゃあ!」
ノーラムは風に吹き飛ばされ、雷で痺れた。
ノーラム「こ、こうなるなんて!」
サラ「じゃあ、とどめと参りますか!」
まい「ええ」
2人は力をためた。
サラ、まい「はあー!ダブルマジック!」
ノーラム「何だ?ぎゃあー!」
ノーラムは消えた。
ノーラム「覚えてろー!」
2人は魔法で建物を元に戻した。
そして2人は笑顔になった。2人はまだ魔法使いになったままだ。
まい「あの…助けてくれてありがとう。あなたは誰なの?」
サラ「ヒミツ♪」
サラは風を起こして消えた。
まい「えへっ」
まいの家、部屋
まい「ねえ、メーラ」
メーラ「何?まい」
まい「さっきはその……ごめん。あの、メーラたちの国の平和、一緒に守ろうね!」
メーラ「本当?一緒に守ってくれるの?」
まい「ええ、だから、ここにいて」
メーラ「はあっ!べ、別に嬉しくないんだから!勘違いしないでよね!」
まい「はーい。これからもよろしくね、メーラ」
メーラ「よろしく…」
1話終わり

29:ゆいぽん 1221:2015/08/31(月) 22:23 ID:eCo

1話で使った魔法を紹介します。
タイフーン
風を起こす魔法
強さ、47
ビックタイフーン
タイフーンの進化した魔法。大きな風を起こす。
強さ、97
ウォータータイフーン
水と風を一緒に起こす魔法。
強さ、88
ダブルマジック
まいとサラの2人の強力魔法。コンビネーションが必要。
強さ、100
以上

30:ゆいぽん 1221:2015/09/01(火) 20:03 ID:EKI

第2話「憧れの三星先輩」
朝、まいが学校へ登校していた。すると、その途中、高校1年生のサラ、ななか、ルヴァンが登校をしていた。
まい「三星先輩だ」
メーラが鞄から顔を出した。
メーラ「サラ!」
サラはななかたちと話しているため気づかなかった。
メーラ「あぁ…」
まい「仕方ないよ。お話中なんだし」
メーラ「ええ」
教室
みきがサラ、女子たちと話していた。
みき「ねえ、みんな。昨日さ、建物が崩れたり大変なことになったのよね。でも誰かが助けてくれて元通りになったの。ありがとうってお礼を言いたいのよね。でも元通りにしてくれたのが誰だか知らなくてさ〜」
まい(それ、うちのことだ)
みき「ねえ、まいは誰が元通りにしてくれたか分かる?」
まい「わ、分からないわ」
みき「そうよね…」
まい(もう目の前にいるよ)

31:ゆいぽん 1221:2015/09/03(木) 23:04 ID:8Ss

みき「会ってみたいな〜。もし会えたらサイン欲しいな!ねっ、まい」
まい「あ、そ、そうだね」
先生が教室に入って来た。
まいは席に座った。
先生「みなさん、おはようございます」
そしてホームルームが終わって先生は教室を出た。
メーラ「まい、あの人誰?」
まい「先生よ」
メーラ「せんせん?」
まい「先生よ。まあ、可愛いしいいか」
メーラ「あの人、せんせんっていうのね。まあ、キレイな方じゃない?私ほどはないけど」
まい(違うけどね…)
夕方、下校中、外
夕焼けがキレイに登っていた。
まいは歩いていた。
するとサラに会った。
まい「み、三星先輩!?」
サラはまいに気づいた。
サラ「まいちゃん!頑張ってる?」
まい「はい!」
サラ「夕焼け、キレイだね」
まい「そうですね」
サラ「まいちゃん、覚えてる?私たちが初めて会った時のこと…」
まい「はい、あの時は忘れません」
それは、まいが小学2年生の頃のことだった。
まいが塾で忙しく、走っていた時、ある日、小さいサラとぶつかって、サラは転けてしまった。
サラ「痛いよ〜!」
まいは泣いているサラに気づいた。
まい「あの…大丈夫?」
サラ「うん、大丈夫だよ!あなたは痛くないんだね!」
まい「そういうことないけど…」

32:ゆいぽん 1221:2015/09/03(木) 23:21 ID:Eg.

サラ「あなた、すごい!」
まい「そうかしら…あんま気にしてないよ」
サラ「そうなんだ〜」
サラは立った。
サラ「あなた名前は?」
まい「え?月山まい」
サラ「へえ〜、まいちゃんっていうんだ!私は三星サラ!よろしくね!よし!友達、増えたよー!」
まい「よろしく。あれ?何か忘れてる」
まいは塾だったのを思い出して
「じゃあ、また」
と言って走って行った。
サラ「可愛い子」
サラはニコニコした。
現在
サラ「あの時は本当にありがとうね!」
まい「いやいや、こちらこそ」
サラ「ねえ、もしよければ私の家来る?」
まい「はい!」
サラ「まず両親に言って来てごらん」
まい「はい」
まいは走って戻って来た。
まい「はあ…はあ…いいって言ってました」
サラ「(早っ)そう、あんまりムリしないようにね」
まい「はい…」
サラ「(大丈夫かな?)じゃあ行こうか」
まい「はい」
そしてサラの家に着いた。
サラ「ななかとルヴァンとね宿題やってたんだ」
まい「そうなんですね」
サラ「でも、なかなか終わらなくてさ〜。まいちゃんは終わった?」
まい「はい」
サラ「へえ〜、毎日やるってえらいね」
ミリーが鞄から出た。
ミリー「それが当たり前ミリー」
サラ「何よ!プンプン!」

33:ゆいぽん 1221:2015/09/03(木) 23:37 ID:JKU

ミリー「だいたい、ちゃんと宿題やらないのが悪いミリー!」
まい「あれ?この人形、何ですか?」
サラ「ああ、この子はミリー。魔法の国という国から来た妖精だよ!」
メーラ「なんですってー?ミリーが…ミリーが…」
メーラがまいの鞄から飛び出した。
メーラ「ミリーがいるの?」
メーラはミリーを見つけた。
メーラ「ミリー!会いたかったー!」
メーラはミリーに抱きついた。
ミリー「もうメーラ」
まい「あれ?2人共、知り合い?」
メーラ「ミリーとは幼なじみよ」
メーラはミリーにほっぺをすりすりしている。
ミリー「メーラ…」
サラ「メーラったら何してんのよ!気持ち悪いわよ!」
メーラ「いいでしょ?」
サラ「もう!」
まい「あの…三星先輩、メーラ知ってるのですか?」
サラ「うん!」
まい「へえ〜、あれ?ちょっと待てよ〜。(あの女の子と三星先輩、似てるよね。2人共、確か妖精がいたし…。いや、まさか、そんなはずはない)」
サラ(何してるの?)
まいはサラをじっと見つめた。
サラ「な、何?」
まいはまだじっと見つめる。
まい「怪しい……」
サラ「え?」
まい「(聞いてみよう)あの、三星先輩」
サラ「何?」
まい「あの…昨日ですね、実は大変なことが起こったの知っていますか?」

34:ゆいぽん 1221:2015/09/11(金) 23:40 ID:gPc

サラ「ああ!知ってるよ!大変だったよ」
まい(三星先輩なのかな?)
サラ「どうしたの?」
まい「いや、なんでもありません(怪しい……怪しすぎる…)」
サラ「さあ中入ろうよ!」
まい「はい!」
まいとサラは中に入った。

35:ゆいぽん 1221:2015/09/14(月) 17:13 ID:8js

サラの部屋
サラ「みんな、新しい子連れて来たよ」
ななか「新しい子?」
ルヴァン「誰なの!早く出しなさいよ!」
ななか「まあまあルヴァン。落ち着いて」
サラ「その新しい子っていうのがこの子!」
まいが部屋に入った。
ルヴァン「何!」
ななか「もうルヴァン。全く暴れたりする癖は元からあるみたいだね」
まい「月山まいです。よろしくお願いします」
ななか「ふーん、まいっていうのね。よろしくお願いしますね〜」
ルヴァン「何よ!とても素直な子じゃん!で?あんたは何しに来た?もしかして私から宿題教わりたいとか?ダメダメ!宿題は自分でやらなきゃ意味ないよ!」
サラ「いやいや宿題は終わってるよ」
ルヴァン「へえ〜、まあサラよりはえらいかな」
サラ「何よ!」
ルヴァン「だってそうでしょ?」
サラ「プー!」
ルヴァン「よろしくね!私はルヴァン。さっきはすまなかったよ。マジでごめん。私さ、ああいう癖があるんだよな〜」
ななか「おお!ルヴァンが素直に謝ったよ」
ルヴァン「失礼よ!」
ななか「あ!ゆっくりして行ってくださいね!私はななかだよ。よろしくね!」
まい「2人共よろしくお願いします」

36:ゆいぽん 1221:2015/09/14(月) 18:25 ID:Eg.

サラはお茶を継ぎに部屋を出た。
(カチャ)
サラが部屋に入った。
サラ「お茶をどうぞ」
ルヴァン「これもう女子会になってね?」
サラ、ななか「うんうん!」
ななか「私たち宿題をやりに来たのにね」
サラ「いつの間にか女子会になってるね」
ルヴァン「なんかー、つまんね。他にさゲームしない?」
ななか「ルヴァン、ダメダメ!宿題しに来たんでしょ?」
ルヴァン「私、宿題終わったけど」
ななか「よし!私も終わった。後はサラだけだね」
サラは一生懸命やっている。

37:ゆいぽん 1221:2015/09/15(火) 00:15 ID:gPc

ルヴァン「ちゃんとやってれば宿題早く終わってんのにな」
ななか「焦ってるよ」
ルヴァン「早くしてよ!サラー」
サラ「ちょっと待ってよ〜!」
ルヴァン「後、1秒だけ待ってやる!1!はい!終わって!」
サラ「ちょっと1秒早すぎ」
ルヴァン「後でやればいいでしょ?」
サラはルヴァンに引っ張られた。
そして部屋を出た。
ななか「まい外出ようか」
まい「はい」
まいたちも部屋を出た。

ルヴァン「ねえ、サッカーしない?」
ななか「いいよ」
サラ「サ、サ、サッカー!?」
まい「もしかして三星先輩サッカー苦手ですか?」
サラ「そうなんだ」
まい「(可愛い)私は自慢ではありませんが運動できますよ?」
ルヴァン「ウッソだぁ〜、そんなわけないじゃん。全くありえねーっつーの」
まい「じゃあ勝負しますか?私、本気でやりますよ」
ななか「まいの本気モード見てみたい!」
ルヴァン「じゃあ私も本気を出そう」
ななか(ヤ、ヤバい!)
ななかはまいに近づいた。
まい「どうしたんですか?秋名先輩」
ななか「ルヴァンの本気モードは怖いんだよ。暴れ出したりするから危険なんだよ」
まい「暴れ出しすって…」
ルヴァンが怖そうな顔で笑った。
ルヴァン「おい!早くこっち来んかーい!あなたが私に勝てる確率…」

38:ゆいぽん 1221:2015/09/15(火) 22:36 ID:8Ss

ルヴァン「0.000%なの!勝てるかしら?」
まい「負けませんよ」
ルヴァン「面白いじゃん!かかって来な!」
まい「そちらからどうぞ、ルヴァン先輩」
ルヴァン「もちろん、ななかもサラもしてくれるでしょ?まさか、ここでサッカー苦手です!なんて言わないよね?」
ルヴァンはサラたちに向かってウィンクした。
サラ(に、逃げれない。仕方ない、やるしかない…みたいだね…)
サラはため息ついた。
ななか「楽しそう!やっちゃうよ!」
ななかは笑顔。
ルヴァン「始めるから、覚悟してなさい」
サラ、ななか「ひぃ〜!」
ルヴァン「じゃあ始めるから」
ルヴァンはキーパーになった。
ルヴァンは笛を鳴らした。
(ピー!!)

ノーラム「あの2人、もう少しで支配できたのに邪魔しやがって、絶対許さん!」
すると何か気配を感じた。
ノーラム「そこにいるのは誰だ!ビッグタイフーン!」
ノーラムは風を起こした。
ノーラム「はあ…はあ…。出て来い!」
すると猫のような速さで謎の少女が飛んで行った。
ノーラム「はあ…はあ…」
サラの家、外

39:ゆいぽん 1221:2015/09/16(水) 15:11 ID:EQs

まいはボールを蹴った。
サラがまいを追いかけた。
ななかもまいを追いかけた。
まいは走ってルヴァンの所にボールを蹴った。
ルヴァン「やあー!」
ルヴァンは止められなかった。
(ピー!)
ルヴァンは笛を吹いた。
ルヴァン「この勝負、まいの勝ちさ」
まい「まあ、このくらい当然のことです」
ルヴァン「ムカっ」

ノーラムはまいを探している。
すると、まいを見つけた。
ノーラム「いた!魔法使い、今日こそはお前を…」

40:ゆいぽん 1221:2015/10/10(土) 21:15 ID:eCo

そしてノーラムはまいの所に近づいた。
メーラが気づいた。
メーラ「まい!」
ノーラム「魔法使い…次こそはやっつけてやる!覚悟しろよ!」
まい「…」
サラ「かかって来なさい!」
まい「三星先輩…」
サラ「サラマジカル!」
サラは変身してノーラムの所へ走って行った。
まい「あれ?あの子、この前の…。あれ?み、三星先輩!?」
メーラ「まい!そんなこと言ってる場合じゃないわ!」
まい「あ、うん!ま、まいマジカル!」
まいは変身した。
まいは走らない。
メーラ「何してるのよ!まい!」
まい「あっ!」
サラ「はあ〜!ファイアーアタック!」
ノーラムはファイアーアタックをかわした。
ノーラム「ビッグタイフーン!」
サラはビッグタイフーンに当たった。
サラは倒れた。
まい「三星先輩!もう許さない!」
まいは力をためた。
まいは走ってノーラムにパンチやキックをした。
ノーラム「うわぁ!」
ノーラムは倒れた。
サラは目を覚まして体を起こした。
サラ「まいちゃん!私も許さない!」
サラも力をためた。
サラも走った。
サラ「ファイアーアタック!」
ノーラム「ああっ!」
サラ「行くよ」
まい「はい!」
サラ、まい「マジカルストーン!」
ノーラム「わあ!覚えてなさい!魔法使い!」

41:すずか◆1o:2015/10/31(土) 10:18 ID:TYs

こんにちは!すずかです!
ゆいぽんさんの作品をいつも読んでます!
とっても面白いです!続きを頑張ってください!
いきなりコメントしてすみません!><;

42:ちゅど〜ん:ちゅど〜ん

ちゅど〜ん

43:ゆいぽん◆F. 1221:2015/11/01(日) 01:40 ID:dBA

好きとか嫌いとかは人の自由でしょ?それはあなたが決めることではありません。吐きそうなら見なければいいじゃないですか。
すずかさん
ありがとうございます!頑張りますので、よろしくお願いします

44:ちゅど〜ん:ちゅど〜ん

ちゅど〜ん

45:友梨:2015/11/01(日) 15:25 ID:OJQ

乱入失礼します。気になるコメントがあったので。

>>44
そんなコメント打つなら見なきゃ良いじゃないですか?
この小説を書いているゆいぽんさんに無能と言っていますが、あなたが無能だと思いますけどw
それに言っていい事と悪い事もあるのにあなたはそれを知らないんですか??www
あなたのコメントでゆいぽんさんが嫌な気持ちになってると思います。
楽しんで小説を書いている人の気持ちも考えて下さい。

長文失礼しましたm(__)m


ゆいぽんさん)小説楽しみにしてますね!!(=^_^=)
魔法系の小説好きなので……………(-^〇^-)

46:ゆいぽん◆F. 1221:2015/11/01(日) 17:16 ID:Eg.

ありがとうございます!頑張りますのでよろしくお願いします!

47:ゆいぽん◆F. 1221:2015/11/01(日) 17:23 ID:E5E

ノーラムは消えて行った。
サラとまいは元に戻した。
まい「まさか三星先輩があの魔法使いだったなんて、びっくりです」
サラ「私もびっくりしたよ!これからは一緒に魔法の国を救おうね!」
まい「はい!ありがとうございます」
ルヴァン「結構、楽しかったよ!また来なよ!遊んであげるから」
ななか「また遊ぼうね」
まい「もちろんです」
サラ「またね〜」
まいはサラたちに手を振って帰って行った。
2話終わり

48:ちゅど〜ん:ちゅど〜ん

ちゅど〜ん

49:ゆいぽん◆F. 1221:2015/11/01(日) 18:04 ID:FcM

2話で使った魔法を紹介します
ファイアーアタック
炎の魔法。炎の玉を作って相手に投げる
強さ、85
マジックストーン
サラとまいの合体魔法。クロスさせて相手に攻撃する
強さ、1022

50:あき:2015/11/01(日) 18:05 ID:/4I

おわww本人登場!!!

51:ゆいぽん◆F. 1221:2015/11/01(日) 18:15 ID:8js

キャラ紹介
南音ゆめ
不思議な少女。魔法使いなのかは不明。ミジャと何か関係があるのか…
見た目、紫色の三つ編み。普段着はオレンジ色のワンピース

52:友梨:2015/11/01(日) 18:15 ID:OJQ

>>50
もはや荒らしwwwww
あなたが無能でしょwwwww

53:あき:2015/11/01(日) 18:16 ID:/4I

>>52
関係ないのでてきたし(笑)

54:あき:2015/11/01(日) 18:18 ID:/4I

頭お花畑いっぱいだね( ^ω^ )

55:あき:2015/11/01(日) 18:23 ID:/4I

ある意味コメディ小説いっぱいあるwww

⚪︎記号読みにくい
⚪︎台本書き読みにくい
⚪︎状況よくわからん
三行目までよみ今に至る

おまwwwどうしようもない様な駄文は
チラシの裏にでもかいとけ

56:ゆいぽん◆F. 1221:2015/11/01(日) 18:30 ID:Rns

3話「不思議な少女、ゆめ」
朝、外
まいは学校へ行っていた。その時、誰がまいの後をついていた。
教室
ホームルームが始まった。
先生「おはようございます」
生徒「おはようございます!」
先生「今日は転入生が来ます!」
生徒「え?誰?」
(ガラガラ)
扉を開けた。そして歩いて黒板の前に立った。
先生「転入生の南音ゆめさんです」
ゆめは無表情で挨拶した。
ゆめ「南音です…よろしく…」
先生「南音さんの席は…月山さんの後ろが開いているから月山さんの席の後ろに座って」
ゆめはまいの席の後ろに座った。
まい「月山まいです」
ゆめ「南音ゆめです」
ゆめは無表情で正面を向いた。
まい「(大人しい子…)」
先生「では、これでホームルームを終わります!」
昼休み、廊下
まいはゆめを見つけて歩いているゆめに話しかけた。
まい「南音さん、こんにちは」
ゆめ「月山さん…こんにちは…」
まい「どこに行ってるの?」
ゆめ「別に行くとこないし廊下を歩いているだけ…はあ…つまらない…」
まい「うちが学校を案内するよ」
ゆめ「別に今はそんな気分じゃないから…」
ゆめは無表情のまま、真っ直ぐ歩いて行った。
まい「不思議な子」

57:すずか◆1o:2015/11/01(日) 18:32 ID:7Ek

あきさん、酷いです!!
勝手に張り込んで来て、悪口ばっかり言って…
ゆいぽんさんの気持ちにもなってください!!
そういうあきさんは、どうなんですか?
自分の小説も書かないくせに、そんなこと言わないでください!!(怒ってます。本当に!)
ゆいぽんさん、気にしないで、小説を書いてください!
応援してます!

58:ゆいぽん◆F. 1221:2015/11/01(日) 18:34 ID:cpM

すずかさん
ありがとうございます!

59:ゆいぽん◆F. 1221:2015/11/01(日) 18:47 ID:ZWA

ゆめ「つまらない…何?ここ…」
メーラは考え事をしていた。
まい「メーラどうしたの?」
メーラ「気のせいか、あの子…どこかで見たことあるんだよね」
まい「へ?もしかして魔法の国から来たとか?」
メーラ「それは知らないわ」
まい「そう…」
夕方
夕日が昇っていた。まいは帰っていた途中、サラに会った。
まい「三星先輩ー!」
サラ「まいちゃん!どうしたの?」
メーラが鞄から飛び出してミリーを見た。
メーラ「ミリー!」
メーラはミリーに抱き付いた。
サラ「ちょ、メーラ!何してるのよ!」
まい「三星先輩…ミリーちゃんって男なんですか?女なんですか?」
サラ「ミリー?ミリーは女だよ!」
まい「女!?ダメ〜!女がいちゃいちゃしたらダメでしょ?カップルじゃないんだから!」
メーラ「何よ!まい」
まい「メーラ女がダメだよ!もう、いちゃいちゃするの禁止!」
メーラ「何よ!それ!」
サラ、ミリー「あはは…」
大きな煙が出た。
まい「メーラ、ダメだよ!」
メーラ「何よ!私もミリーのラブラブを邪魔するつもり?」
まい「だから、それをやめなさいよ!」
サラ「こりゃ大騒ぎだ」
時間が経った。
まい「それで話は変わるのですが…」
サラ「うん」
まい「今日、転入生の女の子が来たの」

60:きらきら:2015/11/01(日) 18:50 ID:/4I

>>57
うはwwまーた信者きたよwwww

61:ちゅど〜ん:ちゅど〜ん

ちゅど〜ん

62:あき:2015/11/01(日) 18:53 ID:/4I

名前がかわった??何故に??www

63:すずか◆1o:2015/11/01(日) 19:01 ID:7Ek

あきさん、これ以上小説に悪口を書くのはやめてください!
ゆいぽんさんが傷付きます!!
って言うか…何か恨みでも有るんですか?
私もこれ以上書くと小説の邪魔になるので、書きませんが逃げただの言わないでください!
失礼ですよ!勝手に割り混んで来て…
もう見るだけにします!
書きすぎると、小説を書くのを、邪魔しちゃうから…(二回目)

64:ゆいぽん◆F. 1221:2015/11/01(日) 19:04 ID:whA

サラ「へえ〜」
まい「名前が南音ゆめさんっていうのです」
サラ「へえ〜」
ミリー「ゆめ?何かどっかで聞いたことがある名前ミリー」
サラ「ミリー知ってるの?」
ミリー「いや、何かどっかで…気のせいミリね!」
サラ「そう…仲良くなれた?」
まい「うーん…何か無表情なんです」
サラ「無表情?」
まい「はい…不思議な女の子で…」
ゆめが通った。
ゆめ「月山さん…何してるの?」
まい「あの子です」
ミリー「あれ?どっかで見たことあるミリー」
メーラ「でしょ?でも思い出せないの」
ミリー「わたしもミリー」
ゆめはミリーとメーラを見た。
ゆめ「誰?」
まい「ああ!妖精のメーラと…」
サラ「ミリーよ」
ゆめ「メーラ…ミリー…妖精…?くらだない生き物……」
メーラ「あんた!失礼ね!誰がくらだない生き物ですってー!」
ゆめ「あなたたちは私の国を壊した極悪人……」
メーラ「何を言っているの?極悪人じゃないわよ!」
ゆめ「私…ゆめっていうらしいの…」
サラ「いうらしいって、あなたの名前、知らないの?」
ゆめ「知らない…誰かにゆめって言われたの…だから私はゆめっていう名前らしいの…でも南音っていう名前でも呼ばれていたらしいの…だから私の名前は南音ゆめっていうらしいの…」
まい「へえ〜」

65:ゆいぽん◆F. 1221:2015/11/01(日) 19:06 ID:JKU

すずかさん
感想とかアドバイスは邪魔にはなりません。なので、また感想書いてほしいです。よろしくお願いします!

66:ちゅど〜ん:ちゅど〜ん

ちゅど〜ん

67:あき:2015/11/01(日) 19:08 ID:/4I

えwwまたリアルだ…

68:ちゅど〜ん:ちゅど〜ん

ちゅど〜ん

69:あき:2015/11/01(日) 19:09 ID:/4I

いいや、いいネタになったよww

70:あき:2015/11/01(日) 19:10 ID:/4I

愚痴板にもいた!!!!!!

71:ゆいぽん◆F. 1221:2015/11/01(日) 19:16 ID:ZWA

サラ「ゆめちゃんね!よろしくね!」
ゆめ「よろしく…あなた…名前は?」
サラ「私は三星サラ」
ゆめ「三星さんね…もう…私は帰るよ」
まいとサラは手を振った。
すると風が吹いていてゆめは消えた。
サラ「不思議な子だったな…」
すると夜になっていた。
サラ「やばっもう帰らないと!じゃあね、まいちゃん」
まい「さよなら、三星先輩」
まいは家へ帰った。
まい「南音さん…少し元気がなかった」

72:ゆいぽん◆F. 1221:2015/11/01(日) 19:47 ID:ZWA

ゆめ「ミジャ様は私を生み出してくれた…ノーラム…あの魔法使いの魔力は強力らしい…」
ゆめ「ユメームアーモ」
ゲートを開き、悪魔タウンへ行った。
ゆめ「ミジャ様」
ゆめはミジャの所へ行った。
ノーラム「お前は誰だ!」
ゆめ「私は南音ゆめ……ミジャ様」
ミジャ「ゆめか…あの2人はどうだ」
ゆめ「あの2人は私とミジャ様の邪魔をしようとしています」
ミジャ「そうか…あの役立たずルヴァンナめ〜!!」
ゆめ「ミジャ様、落ち着いてください。あんな2人は本当に魔法使いなのでしょうか…あんなの弱すぎです…私なら簡単に倒せる…」
ミジャ「待て!ゆめ。お前は魔法使いではない…」
ゆめ「魔法使いって何?くらだないです。こんなくらだない世界は支配して滅ぼしましょう…」
ミジャ「お前は分かっている。さすが我が戦士だ」
ゆめ「任せてください」
ミジャ「分かった。お前に任せよう」
ゆめは行ってしまった。
ミジャ「ノーラム!お前はゆめの付添いを頼む」
ノーラム「はあ?なんで私が?」
ミジャ「文句を言うな!」
ノーラム「ちぇ〜分かりましたー」
ノーラムはゆめに付いて行った。

73:ゆいぽん◆F. 1221:2015/11/01(日) 19:55 ID:whA

朝、校門
まいとみきが歩いていた。すると、ゆめが隣で本を読みながら歩いていた。
まい「あっ!南音さん」
みき「南音さんだ〜!南音さ〜ん!!」
みきはゆめの所に走って来た。
ゆめ「みきさんね…おはよう…月山さんも…」
まい「お、おはよう」
みき「おはよう!!元気ないね」
ゆめ「別にそんなことないわ…」
まい「……」
ゆめは行ってしまった。

74:すずか◆1o:2015/11/02(月) 09:39 ID:YhQ

今日は、喘息で学校を帰されたので見に来ました・・・
ゆいぽんさん、なら、小説を書いたら見に来ますね!
コメントしない時が有りますが、そこは見てるだけって思ってくれたら嬉しいです!
(って言うかいつも見てます・・・はい。)
あきさん、NANNANDESUKA-!IITAIKOTOGAARUNARASIKKARITOIIMASHOUYO-!SONNANIWARUKUTIBAKKARIITTENAIDE!!
(ローマ字で書きました!間違ってないかな?)

75:ゆいぽん◆F. 1221:2015/11/02(月) 10:58 ID:whA

すずかさん
ありがとうございます♪嬉しいです。よろしくお願いします

76:ゆいぽん◆F. 1221:2015/11/02(月) 11:10 ID:8Ss

みき「南音さん、どうしたんだろう?何か悩みでもあるのかな?」
まい「みき行こう」
みき「あ、うん」
2人は中に入った。
教室
ゆめ「おはようございます……」
無表情で挨拶して席に座った。
まい「おはよう」
ゆめ「おはよう……月山さん」
まい「大人しいんだね」
ゆめ「そうかしら?何も気にしてないけど……」
女子「まい様〜」
まい「ん?」
女子「本をどうぞ」
まい「ありがとう」
ゆめ「それはよくないと思うわ」
女子A「南音さん!?」
女子B「何がよくないのよ!」
ゆめ「分からないの?それは自分がしなきゃいけないことだと思う…」
女子A「何よ!」

77:ちゅど〜ん:ちゅど〜ん

ちゅど〜ん

78:ゆいぽん◆F. 1221:2015/11/03(火) 12:15 ID:whA

まい「みんな、ありがとう。でも南音さんの言う通りよ。それは自分でやらなきゃ」
女子「分かりました!まい様!」
女子たちはゆめを見た。
女子「ふんっ」
女子たちは教室を出た。
ゆめは本を読んだ。
まい「南音さん、ごめんね」
ゆめ「どうしてそんな大人っぽくするの?」
まい「大人っぽい?そんなに大人っぽいかな?」
ゆめ「くらだない……」
まい「え?」
ゆめ「何でもない」
ゆめはまた本を読み始めた。
夕方、外
まいは帰っていた。
メーラ「何よ!あの子!」
まい「メーラいいよ」
すると、まいの後ろにゆめがいた。
メーラ「まい後ろ」
まいは後ろを振り向いた。
まい「南音さん」
ゆめ「月山さん…」
まい「南音さんも帰っているの?なら一緒に帰ろう?」
ゆめ「帰るわ……」
ゆめの後ろに黒いものがついて来た。黒いものから出てきたのはノーラムだった。
ミジャが空に移った。
ノーラム「まだですか?」
ミジャ「まだだ」
ノーラム「えー?まだですか?」
ミジャ「だからまだだ」
ノーラム「ふぇー?まだですか〜?」
ミジャ「まだだと言っている。いい加減にしろ!」
ノーラム「ごめんなさい」
ミジャ「私が合図する」
ノーラム「分かりました」
まい「南音さんって苦手な物ある?」

79:すずか◆S.:2015/11/03(火) 18:51 ID:21k

ゆいぽんさん、続きが気になるです!(ゆめの事が)
あと、これからはあんまりコメント出来なくなるかもです…
あきさん、だから、何だって言うんですか!!
単に、ローマ字で書いただけですがー?
まぁ、どうでも良いですね。
何でもかんでも悪口しか言えないんだから…ねー?
そんな事より!!偉そうにしてるけど、そんなに偉いんですか?
人の悪口言う程、自分の小説が上手って言いたい訳?
じゃあ、書いてみてくださいよ!!
私は、小学2年生だけど、ローマ字だけは一人前ですからねー
これは、パソコンでやってるんですよ〜
ママのを使ってですよ?
どうだ凄いだろー!(凄くありません。)
一つ言いますが、そんなに偉いんですか?
偉くて勉強も出来るんだったら、人に言って良い事と悪い事って知ってますよねー?
なら、何で人に悪口ばっかり言うの?
教えてくれよ!(言葉使い)
何でですかねー?
偉そうに言うぐらいなら、それぐらい分かりますよね?
少しは人の気持ち考えろやーっ!!(うるさい)
ゆいぽんさん、長文すみませんでした!!

80:ゆいぽん◆F. 1221:2015/11/03(火) 18:57 ID:cpM

ゆめ「分からない…」
まい「ないの?」
ゆめ「分からないの……」
まい「分からないんだ。うちは苦いものかな?」
ゆめ「苦い…もの…?」
まい「後あったかな?」
ゆめ「やはり、あなたはつまらない人間ね…」
まい「南音さん!?」
ゆめはノーラムに気づいている。
ゆめ「あなた…倒そうかな?」
ゆめから黒い闇のようなものが出た。
ミジャの声が聞こえた。
ミジャ「ノーラム今だ」
ノーラム「やっと来ましたか!任せてください。ダークフォーム!」
すると暗闇になった。
ゆめは人差し指を上に上げた。
すると雷が落ちて来た。
まい「きゃあ!」
ゆめ「魔法使い……消えなさい…」
まい「消えたりしないもん!まいマジカル!」
まいは変身した。
雷がまた落ちて来た。まいはバリアを貼った。
まいはノーラムを見た。
まい「ノーラム!!やはり、あなたの仕業ね!ブルーフラワー!」
青い花びらの風吹が出た。
だが、ゆめがバリアを貼った。
まい「南音さんって魔法使い!?」
ゆめ「私は魔法使いじゃない…」
まい「じゃあ、なんで魔法を使ってるの?」
ゆめ「これは魔法じゃない…」
まい「え?」
ノーラム「魔法使い、消えな!ウォータータイフーン!」
まいは倒れた。
まい「きゃあ!」

81:ゆいぽん◆F. 1221:2015/11/03(火) 18:59 ID:Rns

すずかさん
見ていただくだけでも嬉しいです。ありがとうございます

82:ゆいぽん◆F. 1221:2015/11/03(火) 19:18 ID:gPc

ゆめ「これを使って」
ゆめはダークカードをノーラムに渡した。
ノーラム「ダークカード!」
ゆめ「それはダークレイ……強力な力を持っているわ」
ノーラム「じゃあ!ダークレイよ!」
ダークレイが出た。すると、ゆめからどんどん闇が出てきた。
そして、ゆめはダークレイを動かした。
ダークレイはまいを踏み潰そうとした。
まい「きゃあ!」
メーラ「まい〜!!」
ダークレイは足を上げた。するとマジカルカードが落ちて来た。
まい「これは…」
メーラ「マジカルカードよ!それはリリー・アンジェよ!リリー・アンジェは正義よ!強力な力を持っているわ!さあリリー・アンジェで対抗よ!」
まい「うん!マジカルカード!リリー・アンジェ!」
するとマジカルカードからリリー・アンジェが出て来た。
ゆめの闇はどんどん強くなり、ダークレイにも闇が出た。
ダークレイは闇魔法を使った。
まい「負けないで!」
まいから光が出た。
するとリリー・アンジェにも光が出て、大魔法を使った。
するとダークレイは倒れてダークカードに戻った。
まい「リリー・アンジェ!」
リリー・アンジェ「リリー」
リリー・アンジェはノーラムに大魔法をかけた。
ノーラムは消えて行った。
ノーラム「魔法使い、覚えてなさいよ!」

83:ゆいぽん◆F.:2015/11/03(火) 20:22 ID:8js

ゆめ「……負けた」
まい「南音さん!あなたは一体」
ゆめは無表情で帰って行った。
まい「……」
悪魔タウン
ゆめ「ミジャ様、ただいま…」
ミジャ「ゆめか…よくやった」
ゆめ「あれは魔法使いではありません。倒すのなんて簡単です」
ミジャ「それではよろしく頼む」
ゆめ「はい…」
人間界
まい「南音さんは何者なのかな…」
メーラ「まい…」

84:ゆいぽん◆F.:2015/11/05(木) 17:17 ID:8Ss

まい「南音さんって魔法使いじゃないのに魔法を使っていたよね?でも南音さんは魔法じゃないって言ってた。じゃあ魔法じゃないのなら何だろう」
メーラ「謎の子ね」
まい「今度、南音さんに聞いてみよう」
メーラ「まい無着しないでよ!」
まい「大丈夫よ」
3話終わり

85:ゆいぽん◆F.:2015/11/05(木) 17:24 ID:JKU

3話で使った魔法を紹介します

ダークフォーム
場所を一気に暗闇にしてしまう闇魔法
強さ、120

ブルーフラワー
青い花吹雪を散らせる魔法。意外と強い
強さ、126

86:ゆいぽん◆F.:2015/11/05(木) 17:44 ID:fxQ

4話「ゆめは何者!?」

まいとみきは学校に登校していた。
みき「まい!昨日のドラマ見た?推理ドラマ『犯人はあなた!』あらすじは探偵と助手。いわゆるシャーロック・ホームズとワトソンの存在の2人組が事件を解いていくって話」
まいは真剣な顔をして歩いていた。
みき「まい?どうしたの?」
まい「ううん何でもない…」
みき「で、見た?」
まい「何を?」
みき「もう聞いてなかったの?ドラマだよ!ドラマ!」
まい「見たよ」
みき「どうだった?」
まい「面白かったんじゃない?」
みき「じゃない?って!あなたが見てたんでしょ?」
まい「ああ…面白かったよ」
みき「ふ〜ん」
その時ゆめが通った。
みき「南音さ〜ん!」
ゆめは無表情で入って行った。
みき「南音さん相変わらず無表情だね〜」
まい「うん…そうだね…」
みき「ん?まい?どうしたの?」
まい「少し考え事をしていて…大丈夫よ」
みき「本当に大丈夫?さっきから真剣な顔しちゃって」
まい「大丈夫大丈夫」
みき「本当?じゃあ入ろう」
廊下
ゆめ「ノーラム頼みがあるの」
ノーラムがゆめの黒い闇から出て来た。
ノーラム「ちぇっなんであんたの言うことを聞かなきゃいけないんだ!お前が聞く方だよ!」
ゆめは無表情で進んだ。

87:ゆいぽん◆F.:2015/11/09(月) 19:42 ID:whA

ノーラム「おい!何だよ?あ?ただなんであんたの言う通りにしなきゃいけないのかって思っただけさ。おかしいかい?」
ゆめ「仕方ない…ミジャ様のご命令よ…私じゃないもの…」
ノーラム「チッ分かってるよ!ミジャ様のご命令なら仕方ないけど…こいつムカつく!」
ゆめ「うるさい…そういうのがつまらない…」
ノーラム「何だよ!!お前の言う通りにすりゃいいだけだろ?チッお前の言いなりっていうのがムカつくんだ」
ゆめ「言う通りにしなければ…あなたが地獄に落ちるだけ……」
ノーラム「お前に言われたくねぇ」

88:ゆいぽん◆F.:2015/11/17(火) 17:06 ID:cWE

ゆめはそのまま歩いた。
「今度こそ倒す……」
夕方、廊下
まいが帰っていた途中、ゆめと会った。
「南音さん……(よし何者か調べるために……)南音さん一緒に帰ろう」
ゆめは振り向いた。
「いいわよ……」
「じゃあ一緒に帰ろう!」

夕焼けがキレイに昇っていた。
「夕焼け……キレイだね」
ゆめはうなずいた。
2人は歩きながら話した。
「南音さんってどこから来たの?」
「とても暗い底から」
「へえ〜どんな所なの?」
「暗くて静かな所」
「へえ〜」
2人が歩いていると月が出て夜になった。
「夜になったね」
ゆめが止まった。
「ねえ……あなたはどうして私に話しかけるの?」
「どうしてって……う〜ん……分からないな」
「そう……」
2人はまた歩き始めた。
「世界平和って何?世界平和して楽しいのかな?ただ人々が傷付くだけ……世界平和なんてくだらない……世界平和したって……この世界は守れるけど人々は守れないかもしれない……そんなくだらないことなんてやめようよ。もう平和のために戦うのもやめたら?」
まいが止まった。
「なんでそんなこと言うの!?」
「平和なんて……くだらないから」
「くだらなくないよ」
「平和はくだらない……平和はくだらなくないっていうあなたも…」

89:ゆいぽん◆F.:2015/11/17(火) 17:27 ID:dBA

「くだらないのよ」
ゆめから闇が出て来た。
「ノーラム今だ」
「はい!」
ノーラムが闇から出て来た。
「負けない!まいマジカル!」
まいは変身をした。
「いっつもいっつも邪魔をして……うるさいんだよ!」
ノーラムが走ってキックした。
「スパイシーマジック!」
まいは魔法を使った。
ノーラムはバリアを貼った。
まいは走ってパンチをしてバリアを壊した。
「ファアーミュード!」
まいはまた魔法を使った。
「わあ!」
ノーラムは倒れた。するとノーラムから闇が出て来た。

「何あれ」
するとノーラムは立ち上がって再び走ってパンチをした。
まいから光が出た。
「ブルーフラワー!」
「ダークライン!」
2人の魔法がぶつかり合った。するとノーラムの闇が強くなり、まいが吹き飛ばされた。
「きゃあ!」
煙が出た。
「とどめを……」
「分かってるっつーの!ダークカードよ!ダークレイ!」
ダークレイが出て来た。そして、ゆめがダークレイを操った。
ダークレイはまいに向かって大魔法で攻撃をした。
メーラがそれを見ていた。
「まい!!」
するとバリアが出た。
「誰だ!?」
するとサラが出て来た。
「もう大丈夫。フラリーヴァ」
すると、まいが起きた。
「何これ、すごく落ち着く」
まいは起きた

90:ゆいぽん◆F.:2015/11/17(火) 17:51 ID:cWE

まいは立って光が出た。
「まいちゃん行くよ!」
「はい!」
まいはノーラムに向かって走った。そしてパンチした。ノーラムもパンチした。
「ブルーフラワー!」
「甘い!」
するとブルーフラワーを避けた。
「はあ!フラヴィ!」
サラが横から魔法を使った。
「効かないんだよ!」
ノーラムはバリアを貼った。
「マジックストーン!!」
ノーラムはバリアをもっと大きくした。
「それが効くと思っているのか!愚か者めが〜!!ウォータータイフーン!」
ゆめが動いた。
「ダークレイ!」
ダークレイはウォータータイフーンと一緒に大魔法を放った。すると2つの魔法が合わさった。
「よし、まいちゃん!」
「はい!」
「マジカルカード!ホワイトエンジェル!」
するとマジカルカードからホワイトエンジェルが出て大魔法を止めた。そしてホワイトエンジェルも大魔法を放った。
「ホワイトエンジェル〜!!」
するとホワイトエンジェルの大魔法がダークレイに当たった。
ダークレイはダークカードに戻った。
「クソ〜!覚えてろよ〜!!」
ノーラムは消えた。
ゆめから闇が消えた。
「今日はこのぐらいにしてあげる」
ゆめは空間を作って消えて行った。
「本当に不思議な子。結構何者かは分からなかったな」

91:ゆいぽん◆F.:2015/11/17(火) 18:06 ID:EKI

「私も調べてたの」
「見つかりましたか?」
「何も」
「謎の多い子だわ。それとサラ先輩!ありがとうございます!」
「うん!どういたしまして」
サラとまいは一緒に帰って行った。
4話終わり

92:ゆいぽん◆F.:2015/11/17(火) 19:34 ID:ZWA

4話で使った魔法を紹介

スパイシーマジック
大量の火を相手に当てる魔法。
強さ、180

ファアーミュード
大きいダイヤモンドの形を作ってそこから光線を出す魔法。
強さ、180

93:ゆいぽん◆F.:2015/11/17(火) 19:43 ID:m6Q

フラリーヴァ
疲れた体を癒やすことができる回復魔法。
強さ、182

フラヴィ
白い光線を出す魔法。
強さ、185
ダークライン
闇の光線を出す魔法。
強さ、180

94:ゆいぽん◆F.:2015/11/17(火) 21:22 ID:E5E

5話「まいとみき」

まいが学校へ登校していた時、みきが来た。
「まい〜!おはよう!」
「おはよ、みき」
2人はいつものように仲良く登校していた。すると、ゆめが来た。
「おはよう!南音さん!」
みきはゆめに挨拶をしたが、ゆめは無表情のまま行ってしまった。
「南音さんっていつも無表情だよね、ねっまい」
まいは真剣な表情で考え事をしていた。
「まい?どうしたの?」
「いや何でもない」
回想
「世界平和なんてくだらない」
現実
「まい行こう」
「うん」
まいとみきは走った。
教室
まいは本を読んでいた。
だが、ゆめのことが頭でいっぱいで本もすらすらと読めなかった。
授業の時も勉強すら頭に入らない。
給食の時も給食が口に入らず、ずっとゆめのことを考えていた。
昼休み
まいはみきと一緒に廊下を歩いた。
「まい大丈夫?今日のまい暗いし固いよ?」
「うん……大丈夫……」
「ねえ今日、家に遊びに行くって約束したよね?」
「うん」
「絶対来てね」
「うん」
まいとみきは歩き続けた。
夕方、外
まいは1人で帰っていた。
まいの家
「ただいま!」
まいの母は料理の準備をしていた。
「あら?今日はみきちゃんの所に行くんじゃなかった?」
「うん……」
母は心配してきた。

95:ゆいぽん◆F.:2015/11/17(火) 21:41 ID:EQs

「まい暗いけど大丈夫?」
「うん……」
「じゃあ行ってらっしゃい」
「お母さん……」
「何?」
まいは倒れた。
「まい!大丈夫!?まい!」
まいの母はまいを部屋に運んだ。
「ゆっくりしなさい」
「うん……」
まいは目を閉じた。
「南音ゆめ……」
回想
「世界平和なんてくだらない」
現実
「世界平和……」
みきの家
「まい遅い……」
みきの母の声が聞こえた。
「そうですか、それはゆっくり休まれた方がいいですね。分かりました」
「ママどうしたの?」
「まいちゃんが体調不良で今日は来れないんだって」
「ええ〜!今日、来るって約束したのに……今日はみんなでパーティーしようと思ったのに!」
夜、まいの部屋
まいはまたゆめのことを考えて眠れなかった。
「眠れない……」
どれだけ目を閉じても眠れなかった。
メーラが起きた。
「まいうるさい。眠れない」
「ああ……ごめんね……」
「やっぱり気になるのね、あの子のことが」
「うん。あの子のことを考える思うように動けなくて……」
「考えなければいいんじゃない?」
「考えてしまうの」
「そう」
悪魔タウン
ノーラムとミジャが話していた。
「ノーラム、ゆめはどうだ」
「全然ダメです。ミジャ様のご命令なら仕方ないけど、あいつのご命令を」

96:ゆいぽん◆F.:2015/11/17(火) 21:55 ID:whA

「聞かないといけないなんて……めちゃくちゃストレス溜まります!何とかしてください!」
「黙らんか!それは私に逆らっているのと一緒だぞ?」
「ええ〜!それになんで大体、あいつと一緒じゃなきゃいけないんですか?あっ!まさか1人じゃ怖いからあいつをご命令したとか?」
「うるさい!文句を言うな!私は悪魔タウンの王だぞ?はあ〜ルヴァンは役に立つと思ったのに全く役立たずではないか!そうだ、それは……」
「出た、ミジャ様の思い出話」
「うるさい!とにかくお前はゆめの命令を聞けばいいだけだ。それにゆめのおかげでお前とダークカードは強くなっている。あの力がなければお前たちはどこかに吹き飛ばされているだろう。ゆめがいてくれたから強くなれるんだろうが」
「まあ、それはそうだけど」
「なら、ゆめの命令を聞くのだ」
「ええ〜!」
「うるさい!聞けと言ったら聞けばいいのだ!お前は私の命令を大人しく聞いてればいい!」
「ちぇっ分かりました〜」
朝、外
まいが登校していた。みきと会った。
「みき、おはよ」
みきは無視して歩いて行った。
「みき?どうしたの?」
「あっち行ってよ!約束したのに簡単に破って……私とあんたはもう友達じゃないもん!どいて」
みきはまいを素通りして行った。

97:ゆいぽん◆F.:2015/11/17(火) 22:23 ID:ZWA

まいは悲しい表情になり、みきを見ていた。
「みき……」
教室
みきは席に座っていた。まいがみきの席に来た。
「みき」
みきは顔を横に向けた。
「みき……」
「まいなんか知らない!」
「そんな……」
昼休み
まいはまた、みきに近づき、みきに話かけた。
「みき」
みきは無視した。
「みき」
「みきみきうるさい!もう話かけないで!友達じゃないし!まいなんか大嫌い!!」
まいは悲しい表情になった。
みきは行ってしまった。
まいから涙が出た。
「みきを傷付けた」
メーラが出て来た。
「まいは悪くないわよ!あの子が勝手に怒ってるだけだから気にしなくていいわよ!あの子が友達じゃないって言うんだったらこっちだって友達じゃないもん!」
「メーラ、みきは悪くないよ。悪いのは私だよ。私は絶対にパーティーに来るって約束したのにそれを破ったから、みきを傷付けた。どうすればいいの?」
みきは図書室で本を読んでいる。
「昔はちゃんと来てくれたのに……約束は守ってくれたのに……」
その時、ゆめが来た。
「闇の声……」
「南音さん!どうしたの?」
「おいで……」
すると、ゆめから闇が出て来てノーラムが出て来た。
「ノーラム!」
「お前に言われなくても分かってるっつーの!ソブファラジャー」

98:ゆいぽん◆F.:2015/11/17(火) 22:43 ID:KGA

「きゃあ〜!」
みきは痺れた。
そして倒れた。
「さあ来い!魔法使い!」
廊下
「騒いでる……」
まいは図書室を見た。
「あっちからだ!まいマジカル!」
まいは変身しながら天井へ上がって行った。
図書室
「アハハハハ!!」
すると青い花吹雪がいきなり出た。
「ブルーフラワー!!」
「わあ!」
ノーラムは倒れた。まいが天井から降りて来た。
まいはみきを見た。
「みき!!大丈夫!?」
「無駄だよ。そいつは麻痺してるからさ。ずっと触ってると、あんたにも移っちゃうよ」
「ノーラム!よくも……」
ノーラムから闇が出た。
ゆめがダークカードを出した。ダークカードをノーラムに投げてノーラムは受け取った。
「これ何だよ」
「それはプランディアね、苦しめることができる。その蛇みたいな体でね」
「ほほう、なかなかいいダークカードじゃないか。お前も役に立つな。早速使おう。ダークカード!プランディア!」
ダークカードからプランディアが出て来た。
そして蛇のような体でまいの体を締めた。
「苦しい……」
「友達なんてくだらない……そんなくだらないもの作ったて無駄よ。友達は本当にくだらなくてつまらないものよ」
「そんなことはない」
「あるわ。私は絶対に作らない。何が友達よ」

99:ゆいぽん◆F.:2015/11/17(火) 23:02 ID:dBA

「友達をバカにしないで!友達はくだらなくない!」
「じゃあ実際に聞いてみるわ」
ゆめは手をみきに当てた。
「答えて……友達はくだらない?」
「くだらない……」
「友達なんて必要ある?」
「必要ないわ」
「そんなことな……」
「黙って……」
ゆめはまいを吹き飛ばした。そしてプランディアがまた苦しめた。
「きゃあ〜!」
「この子は言ってたわ。あんたなんか友達じゃないって。あなたはこの子の気持ちを考えていないもの。そりゃ嫌われるよ」
まいの体がもっと締められた。
「きゃあ!」
「友達なんて必要ないの。友達友達うるさいあなたには消えてもらうわ……プランディア!やって」
プランディアから闇が出て、まいをぐっと締めた。
「きゃあ〜!」
すると少しみきが動いた。
「まい……ううん私はまいなんか嫌いだもん!まいなんか友達じゃない!」
「きゃあ〜!」
みきは目を開いた。
「もう我慢できない!もうやめて!」
「あなた……この者が嫌いだったんじゃないの?」
みきは泣きながら答えた。
「だってまいは幼なじみだもん!」
過去
公園、まいとみきが幼稚園の頃のこと、みきは幼稚園の子たちが遊ぶ所を見ていた。
「やっぱり無理!」
みきは逃げていた。その時まいとぶつかった。
「あなた大丈夫?」

100:ゆいぽん◆F.:2015/11/17(火) 23:17 ID:8js

「あたちはみき。あにゃたは?」
「私はまい、よろちくね」
「……」
「…ん?どうちたの?」
「ごめんなちゃい!!」
みきは逃げた。
「逃げたらダメ!!」
「だって……友達になりたいけりょ、なかなかなれないんだもん……しょれにみんな入れてくれないし」
「じゃあ遊ぼう!!」
「え?」
「一緒に遊ぼう!!」
「遊ぶって」
「つまり……」
まいはみきを追いかけた。まいはみきをタッチした。
「次はみきちゃんがおに〜!」
「やったな〜!」
小学生の時
「まい〜!私のお家に来ない?」
「行く〜」
「じゃあ行こう!約束だからね!」
「うん!」
「呼んだらいつも来てくれた」
現在
「だから……まいを傷付けないで!悪いのはまいだけじゃない。ただ来れなかっただけで怒った私も悪かった」
「邪魔……ノーラム!」
「2人まとめて倒してやる!プランディア!」
プランディアが来た。
するとマジカルカードが落ちてきた。
「それはファランよ!とにかく出して」
「マジカルカード!ファラン!」
マジカルカードからファランが出た。ファランは大魔法を使った。
「ファラン!!行け〜!」
ファランの大魔法はプランディアに当たり、プランディアはダークカードに戻った。
「またもや失敗か〜!」
ノーラムは消えた。
「あなたの力……見せて」

101:ゆいぽん◆F.:2015/11/17(火) 23:23 ID:JKU

「もらった……」
ゆめは歩いて図書室を出た。
「やっぱり気になる。南音ゆめは何者!?」
夕方、外
まいはみきと歩きながら喋っていた。
「まい、ごめんね。ただ来れなかっただけであんなこと言って」
「ううん、うちも悪いから。約束って言ったのにごめんね」
「夕焼けキレイだね」
「うん」
「一緒に帰ろうか」
「そうだね」
まいとみきは仲直りをした。
5話終わり

102:ゆいぽん◆F.:2015/11/18(水) 20:11 ID:8Ss

6話「メーラの誕生日」
朝、サラの家、サラの部屋
サラはベッドで寝ていた。サラはベッドから起き上がった。
「ミリーおはよう……はあ〜」
サラはあくびをした。ミリーはカレンダーを見ていた。
「ミリー?何してるの?」
「あ、サラ!おはようミリー。今日は……」
まいの家、まいの部屋
「メーラ?」
メーラもカレンダーを見ていた。
メーラは笑顔だった。
「どうして笑顔?」
「あっ!まい!別に笑顔じゃないし?」
「そう?ニヤニヤしてたけど……」
「関係ない!それより早く学校の支度しなさいよ!」
「もうできてるよ?」
「じゃあ寝ていれば?」
「もう起きるよ」
「じゃあ朝ご飯でも……」
「もう食べたよ?」
「あんたは支度するの早すぎなの!何でもないから」
「何か……怪しい」
「こっち見ないでよ!」
まいは本を読み始めた。
「じゃあ本読んでるね」
「ええ、いい?絶対見ないでよ!」
「うん……」
まいは本の方を見た。
3分後
メーラはまだカレンダーを見てニヤニヤしている。まいはやっぱり気になるのでこっそりメーラに近づいた。
メーラは気づいて背中で隠した。
まいは横に行った。
「もう!見ないでよ!」
メーラは炎を吐いた。
「きゃあ〜!」
まいはベッドに寝込んだ。
まいの母が呼びかけた。

103:ゆいぽん◆F.:2015/11/18(水) 20:24 ID:cpM

「まい〜!もう時間よ〜早く行きなさーい」
「メーラ行こうか」
「今日は行かない」
「なんで?」
「行かないって言ったら行かないの!」
「そう……分かった」
まいは鞄を持って家を出た。そして歩いた。
「今日のメーラ変だったな〜」
みきが走って来た。
「まい〜!おはよう」
「みき、おはよ」
すると前に老婆がいた。
老婆が倒れていた。
「大丈夫ですか?」
老婆がふるえていた。するとガラガラな声で言った。
「水を……水を……誰か水をくれ……」
「どうしよう!水……水……あっ!」
まいは鞄の中を見て水筒を取り出しカップにお茶を継ぎ、老婆に渡した。
「はい、どうぞ」
老婆はお茶を飲んだ。
「上手い。どうもありがたや、ありがたや。お礼にりんごをあげよう。そのりんごはおいしいよ」
「ありがとうございます」
老婆は行ってしまった。
その老婆の正体はゆめだった。だが、まいたちは気付かなかった。

104:ゆいぽん◆F.:2015/11/19(木) 21:32 ID:8Ss

まいの家
メーラはまだカレンダーを見ていた。
「今頃ミリーは何しているのかしら?この美しいレディの私のためのプレゼントはどんなのかしら?」
メーラはウキウキが止まらなかった。
メーラはミリーのプレゼントを想像していた。
回想
ミリーが来た。
「メーラ誕生日おめでとうミリー」
「まあ嬉しいわ」
「これを渡すミリー」
ミリーはネックレスを渡した。
「キレイ……」
「でしょ?美しいミリー。でもこのネックレスが美しくったって、あなたの美しさは変わらないミリー。メーラ好きミリー」
「そんな恥ずかしいわ」
現実
「な〜んちゃって〜やだ〜ミリーったら。ミリーは女だけどね〜」
メーラは赤くなっていた。

105:すずか◆1o:2015/11/19(木) 23:33 ID:Cw6

こんばんは!
また来てみました!
久しぶりに見てみたので、気になっていた所も読めて嬉しかったです!
第6話の、メーラはこれからどうなるのか……楽しみです〜!
それに、ゆめの事がますます気になりました!
これからも更新頑張ってください!
たまにしか来れなくてすみません!><;

106:ゆいぽん◆F.:2015/11/20(金) 16:17 ID:EQs

すずかさん
ありがとうございます!また書きますのでよろしくお願いします。

107:ゆいぽん◆F.:2015/11/20(金) 16:42 ID:m6Q

サラの家、部屋
ミリーは花や貝殻や三つ葉などでネックレスを作っていた。
「これじゃダメミリー」
するとまた花などがたくさん取れた。
「わあ!失敗ミリー」
ミリーは花などを拾って付け直した。
学校、教室
まいは席に座って考えていた。
「(どうしてメーラはカレンダーを見ていたのかな?)」
みきが来た。
「まい?どうしたの?」
「いや何でもない」
「そう……」
「みき、りんごもらったけど……」
「もらってていいんじゃない?」
「うん……」
ゆめは教室の扉の所でまいを見た。
「やっぱり……あの子は邪魔。消さなければ……」
夕方、まいの家
「ただいま」
まいが帰った。
まいは部屋に上がった。
まいの部屋
「メーラただいま」
まいはドアを開けた。

108:ゆいぽん◆F.:2015/11/20(金) 18:11 ID:EQs

メーラはまだカレンダーから目を離していない。
「ねぇ、朝からずっとカレンダー見てるけど、どうしたの?今日、何かあるの?」
メーラはカレンダーに夢中で声が聞こえていなかった。
「ねぇ、メーラ」
メーラはまいの方を向いた。メーラは悲しそうな表情をしていた。
「メーラどうしたの?」
「何にもない!見ないでよ!」
メーラは小声で言った。
「ミリー……来てくれなかった……」
「メーラ?」
サラの家、サラの部屋
「ミリー何してるの?」
またネックレスの飾りが取れた。
「ダメだ〜!上手くいかないミリー」
サラは飾りを拾った。
「手伝うよ」
サラも飾るのを手伝った。

109:ゆいぽん◆F.:2015/11/20(金) 22:31 ID:JKU

「サラ……ありがとうミリー。サラは優しいミリー」
「そんなことないよ。今日はどうしたの?」
「実は今日は……」
まいの家、まいの部屋
「あっ!そういえば……」
まいはりんごを出した。
メーラはまいの方を向いた。
「りんごがどうしたの?」
「今日おばあさんが倒れていたのを助けたら、おばあさんからりんごをもらったの」
「へぇ〜」
「でも何か触った感じが変なの」
「あっそ」
「何よ!その反応!」
「そんなことどうでもいいの!あっち行ってよ!」
「何よ!りんご返した方がいいかな?って相談を……」
「うるさい!あっち行って!」
「分かったよ!もう知らない!」
まいはベッドの中に入った。
「はあ〜ここにいたって何も落ち着かない」
メーラはカレンダーを持って飛んで行った。
それをまいは気づいた。
「メーラ……」
ミリーが来た。
「まい!」
まいはミリーに気づいた。
「あっ!ミリー!どうしたの?」
「あれ?メーラはどこ行ったミリー?」
「メーラとは喧嘩してメーラが出て行ったの」
「出て行った〜!」
「どうしたの?」
「実は今日は……」
5分後
「そうなんだ。だからメーラはずっとカレンダーを見ていたんだね」
「メーラもカレンダーを見ていたんだミリーね」
「うん。じゃあ私もパーティーに参加」

110:ゆいぽん◆F.:2015/11/20(金) 22:46 ID:cWE

「するよ」
「ありがとうミリー。じゃあ、それまでメーラには内緒ミリー」
「分かった」

メーラはカレンダーを見た。
「ミリーは忘れているんだ……今日は私の……」
ゆめが来た。
「可哀想……今日はあなたの大切な日なのに誰もお祝いしてくれないなんて……誰もあなたを相手にしてくれない……」
「あなたは……」
ゆめから闇が出た。
「そんな人たち、やっつけようよ……そんな誰も相手にしてくれない人はいらない。そんな人たちがいるだけであなたは闇に落ちる……いやならやっつけて終わりにしてあなただけの世界にしよう……」
「いや!あんたの言う通りにするわけないでしょ?」
「でもこのままじゃ、あなたは相手にされないままよ。私はいっぱい祝ってあげる」
ゆめは花を出した。
「おめでとう……」
メーラに花を渡そうとした。
「いや!絶対に受け取らない!あなたなんかに祝ってもらわなくて結構よ!」
メーラは逃げた。ノーラムがゆめから出て来てノーラムは瞬間移動をした。
「お前は誰も相手にしてくれない辛い人生を送りたいのか?いやなら来た方が念のためだ。一緒に魔法使いを倒そう……」
「いや!あなたたちなんかに協力なんてしない!私はあなたたちに興味がないの!大体、まいとか他の人」

111:ゆいぽん◆F.:2015/11/20(金) 23:01 ID:Eg.

「にも興味はないの!私が来た目的はミリーに会いに行きたかっただけ!」
「じゃあなんであの魔法使いの所にいるの?」
「……それは」
「ほら言えないだろ?」
まいの家、部屋
「ミリ?まい、そのりんごはどうしたミリー?」
「これはおばあさんからもらったりんご。何か、このりんご変なの」
「そうミリか」
「りんご食べる?」
「いらないミリー」
「じゃあ切って来るわ」
まいはりんごを持って台所の所へ降りて行った。
まいの部屋
3分後
まいが戻って来た。
「切って来たよ。いただきます」
まいはりんごを食べた。
「おいしい」
すると、まいの様子がおかしくなった。ミリーが気づいた。
「まい!?どうしたミリー?」
「何かクラクラする……」
まいは倒れた。
ミリーがりんごを触った。
「これ毒りんごミリー。大変ミリー」
ミリーは考えた。
外、公園
ノーラムはメーラを追いかけた。
「誰か助けて〜!」
「なあ?誰も助けに来ないだろ?お前は可哀想なやつだ。お前はほっとかれているんだよ」
「そんなことない!」
「お前の好きなミリーだって相手にしていないだろう」
「そんなっ」
メーラは止まってぼーっとした。
ノーラムは後ろから来た。
「うふふ、覚悟してくれよ?何も苦しいことはない」

112:ゆいぽん◆F.:2015/11/21(土) 11:10 ID:Rns

「バルーン!」
風船が出てメーラの所に向かった。
「きゃあ!」
すると風船にメーラが閉じ込められた。
「何するのよ!離して!」
「大人しくついて来た方がいいわ……行くよ……ユメームアーモ……」
黒い空間が出た。ゆめとノーラムがメーラが閉じ込められている風船を持って飛び移った。
悪魔タウン
「ミジャ様……世界の支配の邪魔となる者を連れてきました」
「ゆめ……ご苦労だ。お前」
お前とはメーラのことである。
「何よ!」
「私の支配を邪魔しようとしているな。魔法の国もラーズも助かると思っているのか?」
「もちろんよ!私は絶対に助ける!」
「だが無理だな。お前に私の支配は止められないだろう。お前は邪魔だ。まずはお前から片付けよう」
「そんなっ」

113:ゆいぽん◆F.:2015/11/21(土) 11:59 ID:EQs

「正直言ってお前の大切な日なんてどうでもいいんだよ。ダークスター」
すると闇の星がメーラの所に向かった。メーラは逃げた。
「きゃあ〜!」
すると後ろにノーラムがいた。
「お前は逃げられないんだよ!助かりたければ邪魔をするな!」
ノーラムはメーラを持った。
「きゃあ!離しなさい!」
「お前が邪魔をするからだ」
ミジャがまた魔法を使った。
「ノーラム、そのままそいつをつかんでいろ」
「ははっ」
「ダークファイアー!」
すると紫色の炎、闇の炎の玉がメーラの所に向かった。メーラの周りには闇の炎が広がった。
「きゃあ〜!」
そして闇の炎の玉がメーラに当たった。
「きゃあ〜!」
ジューと音がし、メーラは丸焦げになって倒れた。
「いい加減、諦めろ。お前には私を止めることなどできぬ。ラーズも一生喋れないだろう。なぜ、お前とミリーは止まらなかった?私は魔法の国の時間を止めて世界を滅ぼすんだ。何度やっても無駄だ。なぜならば、お前は魔法使いがいないと何にもできないからだ!もう私に逆らうな」
「そんなこと……ないわ。私が来た目的はミリーに会いに来たのもあるけど、魔法の国やラーズ様を救いに来たのも1つの目的よ!」
「何度言えば分かるのか?生意気なんだよ!ダークフォース」

114:ゆいぽん◆F.:2015/11/21(土) 12:17 ID:8js

すると黒い馬がメーラの所に走って来た。黒い馬は闇の玉を口から吐いた。
「きゃあ!」
メーラは倒れた。
「負けないわ」
メーラは立ち上がった。すると黒い馬が突進して来た。
「きゃあ!」
メーラはまた倒れた。
「負けないわ……負けないわ!!」
「フフ……届くはずないだろ。愚か者めが!」
ダークフォースはまた闇の玉を吐いた。
するとバリアが貼ってあった。
煙が出た。ミジャが気づいた。
「何だ!?何が起こった」
「これ以上、メーラを傷付けたら許さないんだから!」
煙からサラが出て来た。
メーラが起きてサラに気づいた。
「サラ……」
「メーラ大丈夫?」
「ふんっ別にあんたに助けてもらわなくて結構よ!でも、ありがとう」
「メーラは私たちがいないと何にもできない?そんなことないわ!メーラは1人で立ち上がろうとしているわ!これ以上、メーラをいじめないで」
「魔法使い……邪魔だ。消せ」
「ははっ」
ノーラムはサラに走って来てパンチをした。サラもパンチをした。
「はあ!」
「おりゃあ!」
2人は離れた。
ノーラムが魔法を使った。
「ウォータータイフーン!」
サラは高く上に飛んだ。
「アップル!」
するとりんごが出てノーラムの所に向かった。そしてりんごに閉じ込めた。

115:ゆいぽん◆F.:2015/11/21(土) 12:34 ID:whA

「うわぁっ」
「仕上げはこれよ!マジカルカード!ホワイトエンジェル!」
するとホワイトエンジェルがマジカルカードから出た。
「ならばこっちも……」
ゆめはダークカードを使った。
「ダークカード、ウェーブ」
するとダークカードからウェーブが出た。ウェーブから闇が出た。
ホワイトエンジェルはウェーブとノーラムの所に向かった。
「ホワイトエンジェル〜!!」
するとホワイトエンジェルは大魔法を使った。
するとウェーブも大魔法を使った。ホワイトエンジェルから光が出て2つの魔法がぶつかってウェーブの魔法を押し込んだ。そしてウェーブはダークカードに戻った。ホワイトエンジェルはそのままノーラムの所に向かった。すると黒い馬がホワイトエンジェルを島避けた。
だがホワイトエンジェルの光で黒い馬も倒れ、ミジャの所に戻った。そしてノーラムの所へそのまま走った。
「そう簡単に……消えてたまるか!」
ホワイトエンジェルがノーラムに当たった。
そしてホワイトエンジェルはマジカルカードに戻った。
サラはミジャたちの方を見た。
「あなたたちには負けない!魔法の国とラーズは救ってみせる!ラリーム!」
サラは魔法で悪魔タウンを人間界の公園に変えた。
するとミジャの姿がな

116:ゆいぽん◆F.:2015/11/21(土) 12:48 ID:Rns

見えなくなった。すると、ゆめが立っていた。
「あなたは何者なの?」
ゆめは無視して無表情で公園を出た。
「メーラ大丈夫?」
「ええ、ありがとう。サラダお・ば・さ・ん」
「何ですって〜!何回も言うけど私はサラダおばさんじゃな〜い!」
ミリーが出て来た。
「メーラ!」
ミリーは慌てた。
「ミリー!どうしたの?そんなに慌てて」
「まいが大変なんだミリー!」
「大変!?」
「そうなんだミリー!ちょっと来るミリー!」
ミリーは急いで公園を出た。メーラやサラたちも一緒に走ってミリーについて行った。
まいの家の前に来た。
「はあ……はあ……」
サラは息継ぎをした。
(ピンポーン)
サラたちはインターホンを押した。
まいのお母さんが出た。
「まいちゃんはいますか?」
「いるけど……あの子変なの。急に倒れてしまって……」
「上がっていいですか?」
「ええ」
サラは中に入り、玄関で靴を脱いだ。
「お邪魔します!」
サラは急いでまいの部屋に上がった。
サラはドアを開けて中に入った。
「まいちゃん!!」
サラはベッドで寝ているまいの所に行った。
「まいちゃん!!まいちゃん!!しっかりして!まいちゃん!大丈夫!?」
「……」
まいは起きなかった。
「まいちゃん……」
どれだけ揺さぶっても……

117:ゆいぽん◆F.:2015/11/21(土) 13:04 ID:E5E

起きなかった。
「そんな……まいちゃん……どうすればいいの?」
サラはテーブルに置いてあるりんごを見た。
「何?このりんご」
「これは毒りんごミリー」
「毒りんご!?まるで白雪姫だ」
「白雪姫って何ミリー?って、そんなこと言っている場合じゃないミリー!」
「あっ!そうね、どうすれば……」
ミリーが本を出して本を見た。
「本なんて持ってたんだ」
「あっ!あったミリー!まいを元に戻す方法が!」
「どんな方法?」
「それは魔法の国にあるドクナオリという薬草を取りに行くミリー。これしか方法はないミリー。ただし時間が決まってあるミリー」
「時間!?」
「それは2時間ミリ!」
「2時間!?」
「どうするミリー?行くミリー?」
サラはまいを見た。
「………うん行くよ。まいのためだもん。メーラはどうする?」
「行くに決まってるわ!」
「よし、みんなで行こう!」
「おー!!」
「じゃあ、あのクローゼットの中に入るミリー」
「うん!」
サラはクローゼットに入った。
終わり

118:ゆいぽん◆F.:2015/11/21(土) 13:27 ID:EQs

7話「ドクナオリを巡って……」
前回のあらすじ
今日はメーラの大切な誕生日。だが、メーラの誕生日にまいが毒りんごを食べて倒れてしまった。まいを起こすためにサラたちは『ドクナオリ』という魔法の国にある薬草を取りに行くことにして魔法の国に向かった。
魔法の国
サラが落ちて倒れた。
「大丈夫ミリー?」
「うん、全然平気」
サラは起き上がった。
「魔法の国……久しぶりに来た」
「でも見るミリー」
サラは見た。すると妖精たちが動かなくなっていた。
「これはヒドい……」
「魔法の国は止まってしまったミリー。ただ動けるのは女王様とラーズ様だけミリー。でもラーズ様は言葉が喋れなくなったミリー。全部ミジャのせいだミリー。ミジャがルヴァンを操ったという話も聞いているミリー」
「それはヒドい。早く魔法の国もラーズ様も救わなきゃ!後、女王様ってピオラ様のことだよね?」
「ミリー」
「ええ」
「ねえ、ミリー。そのドクナオリって魔法の国のどこにあるの?」
「それは分からないミリー。ドクナオリはいろんな所で見つかるミリー。砂漠だったり、南極だったり、危険な森だったり……」
「ドクナオリ……恐るべし……」
「あははっサラダおばさんは怖がりなのね〜」

119:ゆいぽん◆F.:2015/11/21(土) 13:38 ID:EKI

「だからサラダおばさんじゃないってば!」
「けど、ドクナオリは見つかりにくいみたいだミリー」
「もし2時間過ぎてしまったらどうなるの?」
「ドクナオリは消えてまいは一生寝たままミリー」
「そんなのいや!ドクナオリを取りに行こう!」
「まずは花畑に行ってみるミリー」
「うん!」
魔法の国の花畑
ひまわりやマホコスモなど花がたくさんあった。
「ここら辺を探すミリー」
「うん!」
サラとメーラは花畑の中に入り、ドクナオリを探した。
ドクナオリは青紫色をしていてギザギザの葉が付いていた。

120:ゆいぽん◆F.:2015/11/21(土) 14:00 ID:fxQ

サラたちは一生懸命探した。
「なかなか見つからないわ」
「あった〜!」
サラがドクナオリに似ていてギザギザの葉が付いている葉を採った。
「サラ……それは違うミリー。それはただの雑草ミリー」
「へえ〜」
「それに青紫じゃないミリー」
「そうか」
サラは花を触ったがギザギザしていて青紫色の薬草はなかった。
「ない……」
「じゃあ次、行くミリー」
「うん!」
サラたちは次の場所へ行った。次は暗い洞窟の中に入って行った。
「ここにもドクナオリはあるらしいミリー。探すミリー」
「本当にあるの?何も花とか見えないよ?それに狭い」
「でも本には書いてあるミリー」
「じゃあ探すわよ」
サラたちは壁を触ったり床を触ったりした。
「何か仕掛けとかあるのかな?」
サラは歩いてみた。すると床が引っ込んだ気がした。
「今、何か踏んだような?」
すると奥から大きな手が転がって来た。
「きゃあ〜!」
サラたちは走って逃げた。
「はあ…はあ…」
サラは手を壁に付いた。すると洞窟の穴が開いて花畑が見えた。
「こんな仕掛けがあったミリね。ここはさっきの花畑とは違うミリー。探すミリー」
「了解!」
サラたちは洞窟の奥の花畑に行ってドクナオリを探した。

121:ゆいぽん◆F.:2015/11/21(土) 17:59 ID:JKU

だが、それらしきものはなかった。
「ここにもないみたい」
「じゃあ次行くミリー!」
次は砂漠に来た。
砂漠は日がカラカラと差してあり、地面は砂ばかりであった。サラたちは汗をかいた。
「暑い……」
「砂漠だから当たり前ミリー」
「本当にここにドクナオリってあるの?」
「本ではあると書いてあるミリー。探すミリー」
「でも暑すぎて苦しい」
「我慢するミリー」
「あなたたちは平気でも私は暑いの!ねえ今、何分経ってる?」
「今は30分ミリー」
「ええ〜!もう30分!?」
「頑張るミリー。まだ大丈夫ミリよ」
「うん!だけど……はあはあ……暑い……暑すぎる……」
するとオアシスが移った。
「オアシスだ〜!」
するとオアシスは消えた。
「幻!?あっ!」
サラには青紫色でギザギザな葉のドクナオリが見えた。
「あれは……ドクナオリ」
だがドクナオリは消えた。
「消えた〜!!」
サラは倒れた。
「サラ!大丈夫ミリー?」
「しっかりしなさいよ」
「分かってるよ」
サラは少し立って歩き続けた。
「妖精はいいよね?私も妖精になりたいよ」
すると砂地獄が起きた。
「何これ」
「砂地獄だミリー」
「砂地獄!?」
砂嵐が吹いてサラたちは吸い込まれそうになった。
「きゃあ〜!!吸い込まれる〜!!」
そして砂の穴に

122:ゆいぽん◆F.:2015/11/21(土) 18:19 ID:gPc

入りそうになった。
サラたちはきつくなるほど上がったがどれだけ頑張って上がろうとしても砂地獄の吸い込む威力がすごくて下がっていった。
「きゃあ〜!!」
そしてサラたちは砂地獄に吸い込まれた。
今度は寒くて風が強く、吹雪が吹いている所にサラたちは倒れていてサラたちは気がついて起き上がった。
「ん?ここどこ?」
気がつくとサラたちは北極にいた。
「今度は寒い」
サラは震えた。
「ここにもドクナオリはあるらしいミリー」
「そう……今、何分経った?」
「1時間経過ミリー」
「そんな〜」
「でも大丈夫ミリー。後1時間あるミリー。頑張るミリー」
「うん」
悪魔タウン
ノーラムが出て来た。
「やっぱりいたか」
「この私があんな魔法くらいで消えるわけないです」
「だろうな。おい、ゆめ」
ゆめが出て来た。
「あいつら愚かな魔法使いのためにドクナオリを取りに行っているみたいだ。邪魔してやれ」
「はい……」
「今あいつらは北極にいるみたいだ。私が送ってやろう。フッ!!」
すると風が吹いてゆめたちを北極に送った。
「行くよ」
「あんたに言われなくても分かってるっつーの!」
ノーラムはゆめに付いて行った。
一方、サラたちは歩き続けた。
「寒い……凍るぐらい寒い……」

123:ゆいぽん◆F.:2015/11/21(土) 18:41 ID:KGA

「本当にここにあるの?」
「あると書いてあるミリー。これいちいち説明する必要あるミリー?」
「本当に書いてあるの?じゃあなんでどれだけ探しても探してもないわけ?その本間違えて買ってるんじゃない?」
「そんなことないミリー」
「本当かな」
「ミリーがウソを言うわけないでしょ?」
「何よ!」
そしてずっと南極を歩き続けた。
「止まるミリー!」
サラたちは止まった。
「ここら辺にあるみたいだミリー」
「じゃあ探しましょう」
だが花や植物は見えず、ただあるのはスノーフラワーだけである。
「ないよ?」
するとゆめたちはサラたちを見つけた。
「あそこにいるのは……」
「魔法使いと妖精だな」
「邪魔してあげる……」
ゆめから闇が出た。
そして、ゆめたちはサラたちの所に向かった。
サラたちが探している時、ドクナオリに似たものが奥にあった。サラたちは奥に走って行った。するとそれは落とし穴でありサラたちは雪の落とし穴に落ちた。するとノーラムとゆめが顔を出した。
「フフっいい気味だな、魔法使い。お前らが愚かで助かったよ」
「あなたはノーラム!ゆめ!」
「あのりんご食べたの……愚か者ね……」
「まさか、りんごをあげた老婆ってあなたのことだったミリー!?」
「正解……」

124:ゆいぽん◆F.:2015/11/21(土) 18:58 ID:8js

メーラが勢いよく言った。
「あなた魔法使いじゃないって言ってたじゃない!」
「そう……私は魔法使いじゃない……」
「じゃあ、なんで老婆になったり悪魔タウンに行けたりするの?」
「知らない……」
「魔法じゃないの?」
「魔法じゃない……ユメームアーモは魔法ではなく私の……とにかくあなたたちは終わり……ノーラム」
「任せとけ!ウォータータイフーン!」
「もう!サラマジカル!」
サラは変身した。
「もう、こんなことしている場合じゃないんだからね!」
「ドクナオリなんて取らせないぜ?」
すると穴の底にまた落ちた。
「きゃあ〜!!」
そして次は暗い所に来た。
サラが気がつくとそこは暗くて静かな森であった。
「ここは森?」
「どうやらここにもドクナオリはあるみたいだミリー」
「もう……どれだけ探せばいいの?」
するとゆめとノーラムも気がついた。
「魔法使い……絶対に取らせないぜ?」
「取るんだもん!」
「だが大丈夫か?もう30分経過だぞ?」
「そんなっこのまま……ずっと、まいちゃんは眠ったままなの?」
「もう諦めろ!魔法使い!」
「そう……諦めが肝心」
「私たちは諦めないよ!絶対にドクナオリを見つけ出す!」
「できるの?」

125:ゆいぽん◆F.:2015/11/21(土) 20:23 ID:8js

「もう時間だよ?きっとできない……」
「できる!私たちはまいちゃんを助けるんだから!邪魔しないで!マジカルカード!ホワイトエンジェル!」
するとホワイトエンジェルがマジカルカードから出て来た。
「ならばこっちも……ノーラム」
ゆめはノーラムにダークカードを渡した。
「ダークカード!ウェーブ!」
するとダークカードからウェーブが出て来た。
ウェーブは大魔法を使いホワイトエンジェルも大魔法を使った。
「探すわよ!」
「もう時間がないミリー」
すると後ろからノーラムとウェーブが追いかけて来た。そしてサラとノーラムがぶつかった。
「きゃあ!気をつけてよ」
「お前もだろうが〜!!」
サラは目を覚ました。
「あれ?青紫色でギザギザの薬草……見つけた!ドクナオリを見つけた!本物だ!」
「早く取るミリー」
そしてドクナオリを取って帰ろうとした。するとノーラムたちが島避けた。
「ここから先へは行かせん!」
「マジカルカード!ファフィ!」
するとマジカルカードからファイルン・フィディが出て来た。そしてホワイトエンジェルとファイルン・フィディは大魔法を使った。するとウェーブはダークカードに戻り、ノーラムたちに当たった。
だが倒れなかった。
「魔法使い……そんな魔法には」

126:颯:2015/11/27(金) 16:59 ID:iks

 風邪をひいていました。遅れて本当にすみません。

 さて前作の続編となる今作も読ませていただきました。相変わらず所々にギャグセンスが光っていて面白かったです。というわけで途中で書き方を変えていたことも踏まえて感想を述べさせていただきます。

 まず感じたのはやはり面白さ。これはピカイチですね。しかし私の力量不足かもしれませんが、前作と同様に面白い以外によい感想が出てきません……。
 さらに感じたのは『まい』を初めとする、物語に出てくるキャラクターや、『魔法の国』『主人公達の町』『悪魔タウン』といった物語に出てくる舞台の設定が全く活かせていないという点です。

 おそらく色々なキャラ設定をしているのだとは思いますが、まず例として、いつ。どこでという舞台説明の部分を見ると『夕方、廊下』『夜、まいの部屋』という書き方をされています。
 これではただ単語を並べただけです。物語として広がりません。この最低限の単語から文を繋げていきましょう。

・夕方っていつ? 4時? 6時? 季節によっても変わる。
・夕方なら学校はどう変わっている? 窓から夕日が入っているのか? それに対して登場人物はどう思っている?
・廊下はどんな感じ? どんな廊下?
・廊下で他の生徒はどうしている? 他の生徒に対して登場人物は手を振ったりするの?
・まいの部屋ってどんな所? 部屋はキャラの性格が出る。
・散らかっている? ファンシー? その部屋を使ってる人はどんなモノに興味があってどんな物を大切にしているの? そしてそれに対して他の登場人物はどう思っている?

 というところまで考えて話を膨らませないといけません。
(考えて、キャラや舞台と関係なければ書きません)

 だれが。に関してもそうですね。
キャラクターの名前だけで姿や服装がほとんど書いていません。
服装は話によって変わるでしょうし、キャラの姿や形、行動や顔などは常にころころ変わります。
 驚いたり。傷ついたり。笑ったりと、そんな単純な言葉では表せない表情や行動があるはずなのです。

「Bの魔法に、Aは驚いた。魔法が当たり、Aは傷ついた」
 これではキャラや魔法に何の意味も無くなってしまいます。
「Bが放った虹色の魔法を見たAは目を見開き、ぐがぁあぁああ! という絶叫を上げる。そのまま虹色の濁流に飲み込まれたAは、着ていた黒いローブ(服)を散り散りにしながら壁に叩きつけられた」
 と、このレベルまで膨らませて、初めて物語が広がってゆくのです。

 特にこの作品にはゆいぽん様が思いついた素敵な妖精や、魔法が沢山登場しています。
だからこそ私はそんな妖精や魔法の姿をユニークな表現で書いてもらいたいです。

 名前や会話だけではなくて。
当たり前と言いたげない真顔だったり。ドヤ顔だったり。怒って髪が逆立ったりする妖精や、
サラやホワイトエンジェル等々の放つ魔法が一体どんな色で、どんな姿で、どう相手にダメージを与えているのか……ゆいぽん様の想像力ならきっと書けるはずです!

 そしてキャラたちの感情をもっとリアルに書いてあげて下さい。
時間が迫って困ったり、それは違うと怒ったり、助けたいと願ったり。
単純な言葉では説明できないキャラたちのココロを、まいやサラの目に映っているセカイを……めいいっぱい書いてあげてほしいなと、読んでいてそう思いました。

127:匿名:2015/11/27(金) 19:58 ID:E5E

ありがとうございました。気をつけて書いてみますね!

128:すずか◆1o:2015/12/12(土) 22:17 ID:8wc

ゆいぽんさん、続きを読んでみました!
アドバイス何ですが…
☆☆☆は主人公
○○○は敵のキャラ
「○○○は☆☆☆の魔法に当たり、傷付いた。」って言うのではなく「☆☆☆が魔法を出す。その魔法は、虹色の色をし、とてもキラキラしていた。その魔法が、○○○に当たり、近くの体中を傷だらけにしていた。」
とかって書く方が良いと思います!
続き、頑張ってください!

129:ゆいぽん◆F.:2015/12/12(土) 23:37 ID:ZWA

すずかさんもアドバイスありがとうございます。頑張りますのでよろしくお願いします!後プリキュア知ってたらもしよければ二次創作板のアートプリキュアで感想やアドバイスを書いてくれると嬉しいです。二次創作板では台本書きになっていますが、よろしくお願いします!

130:すずか◆1o:2015/12/18(金) 19:02 ID:mhQ

分かりました!感想は出来ないかもしれないですが…見てみますね!


書き込む 最新10 サイトマップ