お嬢様3人姫と貧乏娘5人組

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:レモンミルク:2015/09/02(水) 21:30 ID:hnA


あらすじ
ここは私立花園学院高等部。
花園学院創立者の玄孫,花園薔子が仕切る学院で薔子の命令で貧乏娘5人を呼び集めた理由は?しかしそれは・・・・


登場人物

花園薔子(はなぞのしょうこ)
私立花園学園の創立者,花園清平の玄孫
わがままで生意気でプライド高いお嬢様
名前の由来は
「美しい薔薇のように綺麗に咲き誇る娘になってほしい」と父がつけた。
貧乏育ちの5人の少女達に不満を持つ。

九条鷹音(くじょうたかね)
九条国際財閥会社のご令嬢
フランス生まれのアメリカNY育ち
薔子の父と鷹音の父は幼少期から顔見知り。

藤堂真里奈(ふじとうまりな)
代々から続く藤堂貴族家のご令嬢
母親は有名プロ女医である。
結構意地悪でキツい性格である。

5人組
結城彩華(ゆうきあやか)
中村美凰奈(なかむらみおな)
前田希夢(まえだのぞむ)
佐藤英里紗(さとうえりさ)
森本麦穂(もりもとむぎほ)

2:レモンミルク:2015/09/02(水) 21:36 ID:hnA


あらすじ
私の世界はすべて私の世界
私はここの学園の女王様と言われる器。

しかし私にはいらない5人の貧乏女
結城彩華,中村美凰奈,前田希夢
佐藤英里紗,森本麦穂

そう,あたしのすべては美しさを

3:レモンミルク:2015/09/06(日) 15:25 ID:hnA


あたしは結城彩華,15歳
あたしの家の周りは皆貧乏である。
親友も家族も

貧乏仲間の親友は
中村美凰奈,前田希夢,佐藤英里紗,森本麦穂

美凰奈「彩,今日のお弁当はなあに?」

彩華「今日ね?じゃーん,ステーキ弁当」

美凰奈「すごいじゃん」

彩華「なんて?豚肉だよ,安い安い」

美凰奈「あたしなんておにぎりと緑茶のみ」

英里紗「私なんて梅干しと白米のみ」

希夢「あたしなんて購買の安いたまごサンド1つ」

麦穂「うちなんてめざしと玄米」

彩華「なんて,何でうちら,死ぬほど貧乏やっとるのに花園に入れたんか?」

美凰奈「不思議よね?」

ガラァ

「またぁ〜貧乏集団」

彩華 「薔子」

薔子「私のことはプリンセスと及び,私はこの名門私立花園学院の玄孫なの」

いつも自慢気にいう生意気姫

薔子「エリザベス,お腹が空いたわ,購買でキャビアクッキー買ってきてよ」

薔子「あんたよ,英里紗」

英里紗「あたし?エリザベス?」

英里紗は薔子のいうとおりキャビアクッキーを買いに行った。

鷹音「お姫様,お茶をご用意しました」

薔子「あらっ?もう?」

鷹音「今日はお姫様の好きなマカロンとベリーベリータルトケーキとマドレーヌです」

薔子「マドレーヌはいつも鷹音が持ってきてくれるんですの?」

鷹音「私の父はパティシエですの」

真里奈「今日のお紅茶はローズハーブティーですわ」

薔子「ローズハーブティー,好きですわ」

真里奈「うれしいですわ,私は紅茶が好きなほど好きですわ」

薔子はとりまきお姫様に囲まれてあとにした。

4:レモンミルク:2015/09/12(土) 09:22 ID:hnA


あたしの家族は14人.あたしぬいて13人
(長女はあたし),男3.女5

祖父,結城龍太郎(ゆうきりゅうたろう)(68)

祖母,結城佐和子(ゆうきさわこ)(65)

父,結城龍(ゆうきりゅう)(35)

母,結城もえ(ゆうきもえ)(40)

叔母,結城清香(ゆうききよか)(28)

叔父,結城龍馬(ゆうきりゅうま)(22)

長男,結城詩龍(ゆうきしりゅう)(19)大1

次男,結城龍輝(ゆうきりゅうき)(18)高3

次女,結城紅梨(ゆうきあかり)(14) 中1

三男,結城龍也(ゆうきりゅうや)(10)小4

三女,結城明日香(ゆうきあすか)(8)小2

四女,結城杏柚実(ゆうきあゆみ)(7)小1

五女,結城愛里紗(ゆうきありさ)(3)幼稚園児

あたしは結城彩華,15歳

彩華「ただいま,母さん」

もえ「おかえり,彩華」

彩華「今日は何な?」

もえ「今日は麦飯と具なし味噌汁ともやしと豆腐の塩炒めとかぶの梅漬けよ」

彩華「また,かぶの梅漬け?」

もえ「そうよ,私達の家は裕福じゃないんだから」

・・夕飯・・

長兄「漬物嫌い」

祖父「好き嫌いはいかん,あんたも立派な男だからいかん」

頑固なじいさんだけど優しいお祖父ちゃん

長兄「・・・・」

ピンポン

もえ「はーい」

ガチャ

彩華「薔子様」

薔子「私は花園薔子と申します」

彩華「・・・・」

真里奈「それにしても貧民そうよ」

鷹音「それに食べ物も家族も貧民そう」

薔子「これ,失礼ですわ,まぁ,事実でしょうよ,私と貴女様と住む違いなのよ」

鷹音「薔子様はお優しいのですから」

薔子「いきますわ」

彩華「何に来た?」

真里奈「薔子様に対して」

鷹音「貧民の雄叫び?」

真里奈「わかりますわ」

・・・・

英里紗「えっ〜,薔子達が来た?」

彩華「うん,馬鹿にしに来た」

美凰奈「最悪だね?うちはあいつら嫌い」

彩華「あたしならいいけどうちの家族に対して言われるのが嫌い」

麦穂「私も同じことだよ」

希夢「わたしもイラつくよ」

英里紗「うちは本当嫌い」


真里奈「まだ,お嬢様に対して悪口?」

鷹音「優しいのはお嬢様ですわ,世間知らず」

英里紗「ボスは?」

真里奈「エリザベス?ボスは失礼ですわ?女の子なら言葉を丁寧に」


書き込む 最新10 サイトマップ