天体観測。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:酸素◆O2:2015/10/03(土) 00:08 ID:kE.



――――星空を見つめている横顔に惹かれた。
笑うときに視線を下げる癖も、そのときに見える
長い睫毛、通った鼻筋にも惹かれた。

何より、星を語る時の星が映っているような輝く瞳に私は惹かれていた。
「星って良いだろう?」
最後にいつもそう付け加えて目を細めて笑った。

星になんか興味はないけど、貴方が語るなら好きになれる。
「そうですね」
そんな本心を隠しながら今日もその言葉に私は頷く。

✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄

どうも酸素こと飽き性です、恐らくすぐ放棄すると思うけど
続けていけたらいいなーレベルで立ててしまいました。
甘ったるい青春を書きたい!!
天体ってなんか憧れませんか??

文化部だからこそある青春があるはずきっと。

気軽にコメください。
恐らく1ヵ月くらいは毎日更新する予定です。

2:酸素◆O2:2015/10/03(土) 17:07 ID:kE.


春はどこか憂鬱だ。

私は高校の部活動掲示板の前でそう思いながら
部活動勧誘のチラシを眺めていた。

外に設置されているからか春風でチラシがめくれていて、
中には風で飛んだ部活動のチラシも地面にあった。

部活動が多すぎるのか、もしくは掲示板が小さいのか、
それとも用紙が大き過ぎるのか分からないくらいに
部活動掲示板は部活動勧誘のチラシで埋まっていた。

ぼんやりと眺めていると一つの部活動のチラシが目に止まった。
特に目立つという訳でもなく、他の部活と違う点は
剥がれかけているぐらいだ。

ただ紙に大きく丁寧に書いてあるその文字に目を引いた。
「『天文学部。新入部員大歓迎』
……いかにも人がいなさそう」
そう吐き捨て、私は校舎へ踵を返そうとした。
星になんて全く興味もないし湧く気もない。
すると後ろからやけに暗い声が聞こえた。

「……だってそれ、僕しかいないしね。部員」

ゆっくり私が振り向くと、後ろにいた彼は指を掲示板に向ける。
「これは、どうも……」
私がそういうと彼はどうも、とだけ返し
剥がれかけのチラシを貼り直していた。

鬱陶しそうな長い前髪に黒縁の眼鏡、
色白の肌に長い睫毛と高い鼻。
きっと彼は“勿体ない人”だ。
そう思うだけで私は口にせず、掲示板をあとにした。

3:酸素◆O2:2015/10/05(月) 13:26 ID:kE.


華の女子高生、だなんて世間は言うが
稀に私のような例外もいる。そこには華なんて何処にもない。
その華がないという理由だけで嫌がらせもされる。

「高柳さんってさー暗くない? 」

教室のドア一枚挟んで聞こえた女子の陰口大会。
話題に出されていたのは丁度私だったようだ。
ドアにかけたその右手を引っ込め、背を向けてしゃがみ
私は耳を澄ませた。
「分かる、男にモテようとクールぶってるとか?」
「それはないない。あんなのにモテ期とか無理でしょ」
甲高く品のない笑い声が聞こえる。

残り少ない昼休みも潰れるな、なんて思って
陰口大会が幕を閉じるのを待っていると“勿体ない人”が目の前にいた。
彼は私に目線を合わせてしゃがみこんでそっと私に聞く。

「何、虐められてるの? 」

透き通っていて優しい声色だったが核心をついた質問だった。
「分からないです」
私がそう答えると、彼はつまらなそうにへえと呟く。
「確かに君は暗いし、可愛げもないね」
「……さっきから何なんですか」
ピクリとも表情も声のトーンも変えずに私が問うと
「部員の勧誘ってことにしておく」
といい強引に私にチラシを持たせると彼は立ち上がり、
足早に私の元を去った。
くしゃくしゃになったチラシを広げると掲示板の時とは
少し違ったチラシだった。
字もずっと丁寧で一文だけこう付け加えられていた。

「『貴方の居場所を作ります』……ね」

鐘が昼休みが終わることを告げている。
ドアの向こうに聞こえる声は既に静まっていた。

4:酸素/更新遅れました◆O2:2015/10/13(火) 02:13 ID:kE.

まだ学校が始まったばかりだからかその後は
掃除と今後の説明をしてその日は帰宅だった。
ホームルームの時間に担任は部活動の話に入る。

「――部活動についてだが、一年は強制入部だ。
土日挟んでもう月曜には仮入部始まるから
今から考えておけよー」

そういうと先生が帰宅と言い残し日誌を持って教室を出た。
生徒は適当に二人から三人ほどの組を作って帰っていく。
何となく一人ぼっちの教室で貰ったチラシを広げてみた。

「『四階第一理科室でやってます』……」

何となくふらりと私は荷物を持って廊下を歩いた。
上級生が大掃除を頑張ったのか床と壁は年季が入ってる
割には綺麗で、特に床は上靴だと滑りやすかった。

慣れない校舎を彷徨いながら四階へと上がり、第一理科室を見つけた。
古い木製の看板と白い塗装がされている引き戸はボロボロで
ドアの磨りガラスの部分には内側から黒いカーテンの
ようなもので覆われて戸を開けるまで全く何があるか
検討もつかない。
一応礼儀として軽く二回ドアを叩いた。

「……失礼します」

小さな声でそう言いながらドアを開けてその間から
顔を出し中を覗いた。
真っ暗で、このドアから射し込む光しか光がない。
私はドアを閉め、手探りで前へ進んだ。
人体模型、机や椅子、望遠鏡のような大きな物は
何となく分かるようになってきた。

慣れてきたと同時に突然がさっと自分以外の何かが動く音がする。
側にあった机の下に潜りこみ息を潜めた。


書き込む 最新10 サイトマップ