雨の日の…

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:黒猫:2016/02/07(日) 16:55 ID:AcM

何となく書きたくなったのでかき始めます。コメントしてくれたら嬉しいです!
登場人物
*愛沢 夕
主人公 高校1年生 バレー部マネ
*黒田 鉄
高校3年生 バレー部主将

何故バレー部だって?思い付かなかったんだy((

2:黒猫:2016/02/07(日) 16:57 ID:AcM

私と貴方が出会ったのは雨の日。
貴方と出会った瞬間その雨でさえ、一瞬”晴れたように思えた。
きっと…これは___。だけどその太陽も
雨に打ち消されるんだ

3:黒猫:2016/02/07(日) 17:03 ID:AcM

私愛沢 夕は高校1年生。今は部活の紹介を見ている。今日は雨だ
正直ピンッとくるものなんてない。帰宅部に入って家でグータラしてるか。なんて思って、職員室へ向かう__が
なんと、職員室で聞いたのは「あー帰宅部?もう部員がいっぱいだから他の部活を選びたまえ」だと。
ふっざけんな!このハゲ
他にいい部活なんてない。と思い廊下をわたる。雨が降っているので警戒しながら歩いていた。__が束の間
『うぇい!!!??』
変な声と共にふっとんだ(転んだ)スカートはめくれていない。他の人もいない。よかった、、と思い立ち上がるか
『うぉっい!?』
焦っていたせいか、また滑って転ぶ
変な声がまた出たようだ
「プッククww」笑い声が聞こえる…まさか!?
そこには“人がいた

4:黒猫:2016/02/07(日) 17:09 ID:AcM

カァァァと頬が熱くなるのが分かる。転んだのを見られていたのだ。
「大丈夫wwか?w」
心配しているようには全く見えない。強がって一人で立ち上がろうともするが転ぶ。
「おいwwいい加減やめろw俺が死ぬわww」
なんていってる知るか。バカヤロー。
『大丈夫です!!』
私は怒鳴った。
「おいおい、そんなに怒るな。って悪かったな;」
『まぁ、いいですけど…。』
「へへっ、サンキュ。お前部活は?」
『愛沢 夕です!!部活は決まってません』
お前と言われたのに腹がたった
「ッ〜愛沢!あ、俺は黒田 鉄な。なぁお前…じゃなくて愛沢」
『何ですか。黒田先輩』
「バレー部のマネやんね?」

5:あやや:2016/02/09(火) 20:37 ID:eyU

面白い!
うちも小説書いてるんだ〜♪
【恋愛記録物語】【恋愛記録物語2】
宣伝になってるけど、コメ下さい(笑)
続き待ってます!
先輩に誘われてか!いいなぁ!


書き込む 最新10 サイトマップ