オトコのカンケイ。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:あんど:2016/05/20(金) 23:36 ID:B9o

めっちゃ前に違う名前で同じ小説書いてました…
少し設定変えて最初からもう一回やってみます!

2:あんど:2016/05/20(金) 23:43 ID:B9o

登場人物

☆阿山 馨-あやま かおる-☆
★金子 友一-かねこ ゆういち-★
☆三浦 雄介-みうら ゆうすけ-☆
★北川 もえ-きたがわ もえ-★

3:あんど:2016/05/21(土) 00:01 ID:B9o

○阿山 馨

暑い体育館で、汗を流して走る。
ボールをつきながら、俊敏に動く。
そしてシュートを決めて汗をぬぐいながらコートを出て行く…。
すべての動きがかっこいい。あー、かっこいい…。

「馨ーっ!ぼさっとしてんじゃねーよバカ!」
先輩の声にハッと我に返った。
「すいませーん!」
「最近何だよ。ぼーっとしてさ」
バレーボールを脇に抱え、先輩が俺のところへやってきた。
「あ…寝不足です」
「ちゃんと寝ろよ!」
「は、はい」
仕方なく視線を内側へ戻し、ボール拾いを再開した。
…にしても、まさか恋をするとは思わなかった。

ひとつ年上の高校二年生、バスケ部の三浦雄介さん―。
気持ち悪いなんて言わないでほしい。言われなくても分かっている。
男の子に恋をするなんて…。

まだ俺もバレー部に入って一ヶ月だから、あんまり三浦さんのことは知らない。だけど、分かるのはモテモテだということだ。
バレー部とバスケ部は体育館をネットカーテンで半分に仕切っている。そのカーテンからいつも三浦さんを見ている。
恋だということに気づいたのは一週間ほど前だ。ドキドキした。最初は自分が嫌になった。だけど三浦さんがかっこいいのには変わりなかった。

だから、気持ち悪いなんて言わないでほしい。
俺、結構本気だ。


書き込む 最新10 サイトマップ