珈琲のあの一杯

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:すず ドゥフフ :2016/07/06(水) 22:17

こんにちは!
スズです!
今回は、恋物語が書きたくて作りました!
全くの初心者ですが、許してください。
では、ルールーは、荒しが来たら、スルー、悪口は、言わないで下さい。

ざっくり言うと、
上京したばっかりのココアが、カフェでコーヒーを飲んでると、男性に当たり・・・

登場人物は、道背心亜。19歳。大雑把。

鈴木友太 20歳。
心亜の同じ会社の人。

です。また出ます。

2:すず 本当? :2016/07/06(水) 22:29

心亜side
(心亜)今日も良いことないなぁ。

ーからんー

反射的に後ろを振り替えると、どっかで、見たことあるような?

(友太)スミマセン。コーヒー一杯下さい!

(店員)わかりました!

彼は、窓側に座った。

(心亜)あの!カステラを下さい!

(店員)わかりました!

(心亜)・・・♪

携帯をいじりはじめて・・・5分が経過した頃・・・

タッタッタ

バチャン!

(友太)・・・!ごっごめんなさい!大丈夫ですか?・・・ふきます!ふきます!

(心亜)いや、いいですよ!

(友太)でも!

(心亜)本当にいいんです。

(友太)でも・・・ハンカチ位は・・・

と、彼は、ハンカチを貸してくれた。

スッ

(心亜)え?

(友太)僕の電話番号。これ、返す用の

何で!普通に渡せちゃうのかなぁ?

タッタッタ

(心亜)・・・

言葉を失った。


書き込む 最新10 サイトマップ