暇なときになんか書きたいな・・・

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:うたうさぎ:2016/10/07(金) 21:02

題名どおり暇なときになんか書いていこうかなっていうとこです。
とくに意味もないのでスルーでおkです。
久々に葉っぱきたからルール忘れてるかも…

2:うたうさぎ:2016/10/07(金) 21:05

誰も信用できない
誰も頼る人がいない
家族も、彼氏も、友達も
今私は何のために生きているんだろう…

3:うたうさぎ:2016/10/07(金) 21:11

高校生のころ、私は友達も多くて
人気もある方で、皆とバカやって過ごしてた。
女子高に通っていた理由
「男嫌い」
これがあって中学のころはなかなか友達もできなかった。
それでも、同じ部活の先輩に恋をしたことはあった。
でもやっぱりクラスの男子は好きになれず
必要最低限の会話しかしないで卒業した。

4:うたうさぎ:2016/10/07(金) 21:15

やっと男子のいない女子高に入学して、
友達がたくさんできて、禁止であったアルバイトもこっそりして、
お金には困らないし、友達と帰りに寄り道なんかして、
とても充実した毎日を過ごしていた。
もちろんときにはケンカしたこともあったけど、それも
今となってはいい思い出で。
途中、中学のころ好きだった先輩に告白もしてみた。
結果は玉砕してしまったわけだけど・・・
それでも友達がいれば平気だった。

5:うたうさぎ:2016/10/07(金) 21:22

プライドなんてない友達の中、本当の素の自分がいた。
そんな楽しかった高校生活はあっという間に過ぎていき、
バカな私は誰でも受かるような専門学校に入学した。
就職はまだ遊びたいから却下、大学なんて行けるところ
ないし、無難な選択だったと思った。思っていた。


専門学校では、20人クラスの4人が男子で、その他は皆女子。
そこまで不満もなかった。
だけど。
私はすっかり今までの生活に慣れてしまっていて、
友達の作り方なんて忘れてしまっていたんだ…

6:うたうさぎ:2016/10/07(金) 21:26

自己紹介では素の自分なんて出せるわけもなく
すごい自分を偽った自己紹介をした。
いずれクラス皆で友達になるんだろうななんて
簡単に考えていた。
最初は一人でお弁当食べたりしてたけど、
徐々に話しかけてくれる人もでてきて、
人数は多いけど8人グループの友達ができた。

でも、何か違う…
高校のときみたいにはしゃげない。
窮屈な気持ち。
まだ皆素を出し切れていないだけなんて
思って日を過ごした。

7:うたうさぎ:2016/10/07(金) 21:31

それでも最初に抱いた窮屈感は消えることなく
日々が過ぎた。
友達がクラスの男子に好きな子がいると聞いて
全力で応援した。
お泊りしたり祭りに皆で行ったり、その子の写真を撮っては
友達にあげたりしてた。
友達は私を一番の友達なんて言ってくれているときもあった。

私にはずっと続けていたアルバイト先の男の子から告白されて
彼氏ができた。いつかダブルデートなんて話してた。

でも、その友達は振られてしまった。
あんなに頑張っていたのに私まで悲しくなって、一緒に泣いた。

8:うたうさぎ:2016/10/07(金) 21:37

振られて次の日、その子から電話がきた。
「クラスの子に告白された」って。
私はその男の子に相談されていた。
『実はその友達のこと好きなんだ。でもあいつは好きな人がおる
だから俺は身を引いて応援する』
なんて切ない相談をされていた。
私はその男の子がクラスで一番絡みやすくて好きだった。
だからよくその男の子と話してた。
だからこそ、振られた友達と、その男の子が付き合ったら
私的には嬉しかった。
そんな風に思っていたときの電話で、やっと想いを
伝えられたんだと少し嬉しかった。
でも、振られたばっかの友達はすぐにOkなんて返事をしないだろうって思ってた。
あれだけ好きな人がいたのにすぐに心変わりなんてしないだろうって
思い込んでた。

9:うたうさぎ:2016/10/07(金) 21:40

でも、その次の日にその2人は付き合った。
今までの私の応援はなんだったんだろうって思いと、
やっと2人とも幸せになれたんだなっていう思いで、
なんとなく複雑な気持ちになっていた。
それでも、今の2人を応援していた。

2人とも大好きだったから、ずっとそんな2人と
今までの関係で入れると思っていたのに、
世の中は甘くないんだって思い知らされた。

10:うたうさぎ:2016/10/07(金) 21:45

その日をきっかけに、私はその男の子と
話すことが少なくなった。
今までは結構絡んでいたのに。
友達の目を気にして話せなくなってしまった。
それでもたまには話すわけで、話してるときに
友達の視線に気が付いた。
もしかして一緒にしゃべってるのが嫌なのかな?嫌なら
私は話さないほうがいいのかな。
そう思ってさらに話さなくなった。

でも、何が気に入らないのか、その友達は私に冷たくなった。
私の言うことをちゃんと聞いてくれなくなった。
なんで。どうして。
こんなこと初めてでどうしていいかわからない。
その友達は皆の中心にいた子だったから、
皆も空気を察したのか、私に冷たくなった。
笑い話は、必ず私のことをバカにした時だけ。
今までもバカにされたことはあったけど、
度が過ぎている。

11:うたうさぎ:2016/10/07(金) 21:50

でもなぜか、彼氏に相談はできなかった。
告白されてすごく大事にされていると思っていた彼氏。
たまたま携帯を彼氏が寝ているときに見てしまった。
facebookやラインの女の子との会話。
『俺、浮気してみたいんだよね!』
『体見せて!』
『付き合わない??』

見た瞬間涙がでてきた。
つらくてつらくて、仕方なかった。
なんで?どうして?
今までの関係はなんだったの?
そんな思いでいっぱいで。
それでも、彼氏が起きて、すぐにはいうことが
できなくて。
バイトの先輩に相談した。

12:うたうさぎ:2016/10/07(金) 21:53

浮気されたらどうしますか?
なんて、浮気されたことがあきらかにわかるような
話しだったけど、そんなのどうでもよくて。
私達はバイト先では公認のカップルだったから
先輩はすぐに察して、
「あいつ浮気したの?」
って心配してくれた。
そして、これはちゃんと言うべき。って
言われて、その日のバイト、彼氏を避けまくってたから、
明らかに態度がおかしいって気づいた彼氏が質問攻め。
だから夜に話した。
「浮気したいの?」
って

13:うたうさぎ:2016/10/07(金) 21:56

彼氏は少し動揺してて
「なんで?」
なんて聞いてきた。
「携帯みたの」
って言ったら理解したらしく、話しがしたいといって、
バイト終わりに向き合って話した。
彼氏は泣きながら謝って、悩んだあげく、
私は許してしまった。
それからは順調に進んでると思ってたのに…

14:うたうさぎ:2016/10/07(金) 22:03

彼氏がまた携帯を隠すようになった。
友達からは、一回浮気した相手は絶対に
治らないって言ってたの思い出して、またかって思った。
再び彼氏と話し合い。
前みたいに内容を残してなくて、本当のことがわからずじまい
で、結局そのままにしてしまった。
私の中は今ぐちゃぐちゃで、何も考えられない。
誰に相談すればいいんだろう。
誰を信じていいんだろう。
わからない。わからないけど、生きていかなきゃいけないんだ。


書き込む 最新10 サイトマップ