さぁ、ゲームのはじまりだ

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:HOZUMI☆:2016/10/16(日) 10:03



1人の男の子が、やって来た。


その子がやって来た場所は、「___遊園地」


そして、そこには大人は誰もいない。


子供だけだ。

男の子と同じ歳くらいの子供たち。



「あなたたちには、ゲームをしてもらいます」

アナウンスされた言葉。


子供たちは“ゲーム”と言う言葉に反応する。













さぁ、ゲームのはじまりだ…










【さぁ、ゲームのはじまりだ】 HOZUMI,作

2:HOZUMI☆:2016/10/18(火) 21:56


ここは、「“王様”遊園地」

この王様遊園地に集まっているのは、子供だけ。

大人は誰1人いない。

変わっているかな?

変わっている方が面白いよね。


クククク…

3:HOZUMI☆:2016/10/20(木) 07:00

紹介が遅れたね。
僕は、管理人みたいな感じの人だよ。
あぁ〜。
社長でもあるかな。

まぁ、この遊園地を仕切っている人。

これからは、管理人ってことにしよう。

「今日、君たちに集まって貰ったのは他でもない、君たちにゲームをしてもらうためだ」

僕のアナウンスが、遊園地全体に響き渡る。


子供達の目には、楽しみが映っている。


「そんなに楽しみなんだね。じゃあ、僕の楽しみを君たちにあげるよ。クククク」

僕の声は、独り言となり、消えていった。

4:HOZUMI☆:2016/10/21(金) 22:15


「今から、命令するゲームをして下さい」

僕の声が遊園地に響き渡る。


「まずはじめに、2人ペアになって貰います」


「何それ、ゲームじゃないじゃん」

僕のアナウンスに不服そうな子供達の声。


まだまだダネ〜


確かに今のままじゃ、ゲームじゃないが、これから始まるんだよ。

「それでは次に、そのペアと一緒にお化け屋敷に入って、その中で、ゲームをしてきて下さい」


「なんだ普通じゃんか。つまんないの」

またもや、不服そうな声。


そして…

「もう帰ろ」



次々と言い出し、この遊園地を出ようとする。


でも…


ガチャン。


「あ、開かない…」


そう。この遊園地は、もう出れないのだ。


「残念だけど、ここからは出られません。ここからは出たければ、私の命令に従い、ゲームをクリアして下さい」



子供達の顔には、不安と恐怖が現れる。



「その顔、ホント、ソソるよ」

僕の笑い声が、この部屋に響いた。


「クククククッッ」

5:HOZUMI☆:2016/10/22(土) 18:07



〜第三者目線〜




「とにかく、ペアを作り、お化け屋敷に入って下さい」

子供達は、恐怖を感じながらも次々とペアを組み、遊園地に入って行く。




だが、1人。

1人だけ、その場に立ったままの男の子がいる。
その男の子は、管理人が何を言おうと、表情を変えなかった。

常に、無表情だ。





皆がペアを組み、お化け屋敷に入って行く。

だが、この男の子だけ、残ってしまった。



管理人の計算では、余りは出ないはずなのだ。
だが何故か、余りが出てしまった。


どうしてだろうか。



管理人にとって誤算だ。




それも、この後に大きな影響を与えてしまうのだ。

6:HOZUMI☆:2016/10/23(日) 22:14


〜管理人目線〜



何故、余りが出てしまうのだ。

僕の計算では、誰も余らなかったのに。

どういうことだ。

どうなっているんだ。

この遊園地には、決まった人しか入れないのに。


入れていないのに。



落ち着け。

落ち着け。

おちつけ。

オチツケ。
オチツケ。



呪文のように何度も何度も自分に言い聞かせた。



「残った男の子は、今から携帯に送る場所に来てください」


携帯は、この遊園地に入る時に全員持っているか確認している。

招待状に持ってくるよう伝えたから。




余ったあの子に招待状を持っているか聞かなければならない。


その為に彼をここに呼び出す。









だが、その考えが吉と出るか凶と出るかは分からない。


いや。
そもそも僕は、吉や凶など考えていなかった。



ただ、招待状を持っているか確認することしか、頭になかった。



この考えが、僕の残りの時間を左右することになると言うのに…

7:時雨(ナンシー)◆YQ:2016/10/25(火) 17:04

凄く面白いです!更新頑張って下さいね!応援してます!

8:HOZUMI☆:2016/10/25(火) 21:09

>>7
ありがとうございます!!

時雨(ナンシー)♦YQさんのこの一言、とても嬉しいです!!

9:時雨(ナンシー)◆YQ:2016/10/25(火) 21:20

>>8
いえいえ〜(・ω・)これからも頑張って下さいね!

10:HOZUMI☆:2016/10/31(月) 19:51

>>8
はい!!

11:HOZUMI☆:2016/10/31(月) 19:51

間違えました…

12:ピンク (ノ ゜Д゜)ノdice4:2016/10/31(月) 22:20

面白いです!頑張って下さい!応援してます!

13:HOZUMI☆:2016/10/31(月) 23:17

>>12
ありがとうございます!!

14:HOZUMI☆:2016/11/05(土) 23:40

コンコン。


僕がいる部屋のドアが鳴った。


「呼ばれたものです」

『どうぞ』




入って来たのは、1人残っていた男の子。




『僕は、ここの、管理人』

『では、早速、名前を教えてもらおうか』




「あ…僕の名前は……」



この男の子は何を黙っているのだろう。


自分の名前ぐらい言えなくてどうする。




『まぁいい。君は、ここの招待状を持っている?』


「はい」


『じゃあ、持って来て』






男の子は僕の方に歩いてくる。






でも、僕は何故、彼に「持って来て」と言ったのだろうか。

別に「見せて」でもよかった。



何故言わなかったのだろうか。









この事を、とても後悔するのは僕がもう、この世界にいない時だろう…。














グサッ。




「さようなら…ククッ」

15:HOZUMI☆:2016/11/14(月) 19:26


〜第三者目線〜

グサッ。



部屋に響いた音。

これは何を表しているか。

それは…


人を殺したことを表している。





部屋には、赤い液体を流し倒れている人とそれを見下すようにナイフを持って立っている男の子。


男の子の顔には笑みが。


とても無邪気な子供の顔をしている。





「今から死ぬ人に名前なんか名乗るわけないじゃん。それと俺、招待状なんか持ってないし」



男の子の声は誰にも届きはしない。




「それにしても、人を殺す快楽は忘れられないなぁ〜。ククッ」


もちろん、こんなの言葉も…

16:ピンク:2016/11/14(月) 19:59

>>15その子、怖っっどんな展開なってくか楽しみ〜

17:HOZUMI☆:2016/11/14(月) 22:30

>>16ありがとうございます!!


書き込む 最新10 サイトマップ