私の現実*リアル

葉っぱ天国 > 短編小説 > スレ一覧 [書き込む] 共有 シェアする? ▼下へ
1:リリカ@恋歌◆JA:2017/08/09(水) 17:52

短編を書いてく所です!
色々放置してるかもですが、がんばります!

2:リリカ@恋歌◆JA:2017/08/09(水) 17:57

『自慢の姉!?』

登場人物

薄井 明日菜
七瀬の掃除場の、4年生。
七瀬に敵意を持っている。
姉は、薄井真白。

高嶺 涼
明日菜の親友。
七瀬の事が特別嫌いではない。
むしろ、憧れている。

薄井 真白
明日菜の姉。
前々のお悩み相談委員会の委員長。

玉井 七瀬
今年度のお悩み相談委員会の委員長。
明日菜の掃除場の班長。

3:リリカ@恋歌◆JA:2017/08/09(水) 17:58

*ちなみに*

薄井明日菜は、本編のお悩み相談委員会!に今後登場する人物です!
小説板に書いてるので、読んでくれたら嬉しいです!

4:リリカ@恋歌◆JA:2017/08/12(土) 20:23

『自慢の姉!?』

1,はじめまして

はじめまして、薄井明日菜と言います。
小説板の方で知っていてくださったら、嬉しいです。
では早速ですが・・・。
本編を読んでくださってる方なら、わかりますよね?
私・・・。


玉井七瀬のコトがだいっきらいです!

さてさて。
どうしてこう言うかと言うと。
事は、私のお姉ちゃんが卒業する前にさかのぼるの!

5:リリカ@恋歌◆JA 『スキナノカナ』大好き!:2017/08/22(火) 20:03

2,お姉ちゃんの願い

「明日菜!今日、忘れ物してないわよね!」

朝っぱらから可愛い妹に怒鳴りつけてるのは、可愛げのない私の姉───薄井真白です。
これでも、お悩み相談委員会という委員会の委員長らしいけど・・・。
妹の私から言わせてもらいます。
お姉ちゃんは、そそっかしい!
そのため、お母さんはお姉ちゃんの忘れ物が無いよう、しっかり者の私に確認させているのです。

「大丈夫だよ〜」

お姉ちゃんは、私をキッ、と睨む。

「絶対よね!?」

おお怖。

6:リリカ@恋歌◆JA 『スキナノカナ』大好き!:2017/08/23(水) 13:00

お姉ちゃんは学校では、優しいらしいけど、家では私に当たってばかり。
でも、ほんの時々、小物を買ってくれるから嬉しい。
いわゆる、ツンデレ!

・・・とまあ、私はお姉ちゃんをリスペクトしてる。

学校でも家でも、委員長でも何でもデキるお姉ちゃんだもん!

そんなある日。

「明日菜・・・」

なに?
お姉ちゃんは真剣そうな、(珍しい)表情で言った。

「明日菜、私のお悩み相談委員会を継いで」

・・・私の頭、完全にフリーズ。
お姉ちゃん、なんて言ったの??
お姉ちゃんは苛立ったように、

「だぁかぁらぁ!私のお悩み相談委員会、継いでって!」

お悩み相談委員会!?
何それ!?

「宝津小のみんなの、お悩みや相談を解決するの!・・・人の役に立つって、ホント嬉しいし、誇りになるよ」

最後の方、お姉ちゃんは微笑んで言った。
私には、お姉ちゃんは心からお悩み相談委員会をしているのが、誇りなんだろうなぁと映った。

「姫小路柚乃華さんにも、頼んどいたから、2人で頑張って」

姫小路柚乃華さん・・・???

「姫小路柚乃華さんは、4年生で・・・あぁーっ!」

お姉ちゃんが突然、絶叫。
ど、どうしたの!?

「4年生って委員会立ち上げられないんだった〜〜!」

・・・お姉ちゃん、ドンマイ。

「じゃあ、今年はお悩み相談委員会、無いって事〜!?」

お姉ちゃんはがっくりと、肩を落とす。
お姉ちゃん、かわいそう・・・・。


書き込む 最新10 サイトマップ