ラブライブ! 百合短編集

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:じゃじゃん:2015/11/14(土) 15:30 ID:Icg

新参者のじゃじゃんと申します。

特にことりちゃん攻めが好きです。
意外とムッツリっぽいことりちゃんが大好きです。

この時点で嫌悪感が湧いた方、そもそも百合が嫌いな方は閲覧をお控えください。

2:じゃじゃん:2015/11/14(土) 16:04 ID:Icg

【ことうみ】 

海未「全く穂乃果は……。しっかりしてください!」

穂乃果「エヘへ、ごめんごめん。海未ちゃん、今日だけコレ貸して?」

また穂乃果ちゃんだ。
今日は一体何を忘れたんだろう?

海未「仕方ないですね。今日だけですからね?」

穂乃果「わーっ! 海未ちゃんありがとう!」

そう言って海未ちゃんは穂乃果ちゃんに資料を渡して、穂乃果ちゃんは教室を飛び出した。

海未「ことり? どうしたのですか、ボーッとして」

ことり「あっ……ううん、何でもないよ! 今日もことりは元気です!」

にっこりといつもの笑顔を作ってみせる。

海未「そうですか。もうこんな時間ですし、一緒にお昼を食べませんか?」

ことり「え? ことりでいいの? 穂乃果ちゃんは?」

海未「穂乃果は生徒会の仕事です。さっき、「先に食べてて」って。さあ、中庭に行きましょう」

……また、穂乃果ちゃん。海未ちゃんはそんなに穂乃果ちゃんが好きなの?
もちろん、ことりだって穂乃果ちゃんの事は好きだけど……。

海未「ことりのお弁当はいつも美味しそうですね」

海未ちゃんが、ことりのお弁当に目を向ける。

ことり「エヘヘ、ありがとう♪海未ちゃんのお弁当も、和風で美味しそうだよね」

海未「え、そうですか?」

褒められて、海未ちゃんの頬が赤く染まる。
……可愛いなぁ。

穂乃果「海未ちゃ〜ん、ことりちゃ〜ん! お待たせ〜」

お昼のパンを持って、穂乃果ちゃんが走ってきた。
……もう少し、海未ちゃんとお話したかったのに……。

海未「穂乃果、またパンですか?栄養バランスを考えて食べないといけませんよ」

穂乃果「平気だよ〜♪ ね、ことりちゃん!」

ことり「う、うん……」

ことりは、こう言うのが精一杯でした。
嫌だ嫌だ嫌だ。
なんで海未ちゃんは穂乃果ちゃんの事ばかり気にするの?
どうして、ことりじゃないの?

ことり「……ごめんね。ちょっとお腹痛いから、保健室行ってくるね」

穂乃果「え? 大丈夫!? 一緒に行こうか?」

ことり「ううん、平気だよ。ありがとう」

そう言って、中庭を後にした。

         続きます

3:じゃじゃん:2015/11/14(土) 16:50 ID:Icg

養護教諭「とりあえずコレでお腹を暖めてね。ごめんね、これから出張で。辛くなったら職員室に行ってね」

ことり「はい」

そう言うと、先生は保健室を出ていった。
すると同時に、体温計がなった。

ことり「37.4か……。微熱っぽいなぁ」

微熱……あの曲を思い出しちゃうな。

ことり「こーとしの夏のにおい〜」

穂乃果ちゃんにばかり、優しい海未ちゃん。

ことり「いーつもとーは、違うみたい」

穂乃果ちゃんにばかり、厳しい海未ちゃん。

ことりだって、その優しさと厳しさが欲しいの。
留学の時だって、止めてくれたのは穂乃果ちゃん。
海未ちゃんは、ことりが留学しちゃっても良かったのかな?

分からないよ。海未ちゃんが。
海未ちゃんは、ことりが好きじゃないの?

穂乃果ちゃんはいいな。
海未ちゃんだけじゃない、ц'sのみんなからも好かれてる。
あの気難しいにこちゃんだって、穂乃果ちゃんの事、きっと好きだよ。

ことり「……こんな事考えたって、仕方ないのにね」

少しだけ笑ってみる。
でもその笑顔は、凄く醜いものだったと思う。

ことり「……もう嫌」

??「失礼しま〜す」

ん、この声は……希ちゃん?

希「あれ? 先生いないんかな?……あれ? ことりちゃん?」

隠れていたつもりだったのに、希ちゃんに見つかってしまった。

ことり「希ちゃん、具合悪いの? 先生なら出張に行っちゃったけど……」

希「いや、ちょっと……。あの授業はウチには合わないんや」

何か苦手な授業だったのかな?
ちょっとだけ笑っちゃった。

希「あとカードが、保健室に困ってる子がいるって、ウチに教えてくれたんや」

ことり「困ってる……子?」

ことりの事かな?
……どうしよ、希ちゃんに相談してみようかな。

希「ことりちゃん、何か困ってる事があったら、ウチに話してみ?」

ことり「……うん」

ことりは希ちゃんに話してみる事にした。 
          続きます


書き込む 最新10 サイトマップ