二次創作

既存の作品のキャラクターを使った小説を投稿するための掲示板です!

  1. 1:マリオ「姫がまたいないんだが」クッパ「え、ワガハイじゃないけど」パート2(69)
  2. 2:ウルトラマン:接近遭遇篇(1)
  3. 3:【ウルトラマン】ペルソナ使いのウルトラマンなようです【ペルソナ】(3)
  4. 4:幻想郷で生き抜くには酒しかない。(42)
  5. 5:ジゴサタ〜地獄の沙汰もお前しだい〜(2)
  6. 6:いみちぇん!小説書こう!!(だれかきてください)(80)
  7. 7:魔導ぷよ〜シェウィ小説〜(83)

マリオ「姫がまたいないんだが」クッパ「え、ワガハイじゃないけど」パート2(69)

1 ピーナッツ:2018/02/15(木) 18:42 ID:R3c

レスが1000を超えたので、新しく立てました。ぼくさん、わたかずさん。続きはこちらでお願いします。コメントは↓でお願いします。

https://ha10.net/test/read.cgl/yy/1518686488

荒らしは受け付けてないので、他をあたってください。

69 匿名さん:2020/01/28(火) 18:26 ID:6eI

待ってましたよ僕さん!!!今度5か月とか空いたらヨッシーの餌になる呪いをかけました!(?!)

名前 メモ

全部読む/最新50

ウルトラマン:接近遭遇篇(1)

1 ポグバター伯爵:2020/01/21(火) 23:16 ID:OGs

Log:2066.7.10.Antarctic Syowa Station

_『彼』はその後どうだ?

_相変わらずです。生理的反射は確認できず、脳波もフラット……『彼』が人間ならば、ですが。何しろ、生物であるかさえ分からないのです。手足と頭のある巨大な有機構造物。『彼』が目覚めない限りは……目覚めればの話ですが……この地球の常識において、それ以上の判断は致しかねます。

_……解析を急いでくれたまえ。事によっては……



「"あの計画"も、世迷い言や道楽では終わらないかもしれん。」

名前 メモ

全部読む/最新50

【ウルトラマン】ペルソナ使いのウルトラマンなようです【ペルソナ】(3)

1 未確認飛行物体◆tA hoge:2020/01/16(木) 23:48 ID:.d2

初スレ立て。
至らないとこ多いですがよろしくお願いします。
ペルソナとありますが世界観なだけです。
多分単発になります、ごゆるりと。

3 未確認飛行物体◆tA:2020/01/17(金) 17:24 ID:.d2

 緑溢れる、人の気配のない世界。そこに彼らはいた。
 巨大なシャドウ……宇宙怪獣と戦うはウルトラマン。そして地面のシャドウの群れは、三人の青年が担当した。
「マッカーサー!」
 雨宮が叫ぶ。雨宮の背後に立つのはアメリカ軍の軍服のようなデザインの悪魔……ペルソナだ。
【アギラオ】
 中程度の炎は相手の牽制に役立ったようだ。
「しゃあっ!ロンメル!!」
 狐の面を被ったナチ風のデザインのペルソナ、ロンメルが銃を構えた。
【ワンショットキル】
 銃撃を一発。砂漠の狐とよばれた名を冠する彼だ、伊達ではない。
「喰らえ、極星光波手裏剣!」
 一方、ウルトラマンゲルグは、その青い肉体からエネルギーを手裏剣型に固め、極星光波手裏剣を放射した。巨大な怪獣と戦闘をしている。
「フナサカヒロシ!」
 そして間藤が叫び、そして相手に指を指す。
【マハガル】
 疾風属性の全体攻撃が敵を襲う。疾風の刃が敵を裂き、血潮が舞い散る。その血潮を浴び、間藤は笑みを浮かべた。

名前 メモ

全部読む/最新50

幻想郷で生き抜くには酒しかない。(42)

1 依夢◆1s:2019/09/17(火) 16:52 ID:wOE

見たことない場所だ…どこや…
スマホも圏外…山って言っても
家からそう遠くないのに…なんで?

42 依夢◆1s:2020/01/16(木) 23:18 ID:rNo

とにかく、話はそれからだ、と阿求に言われ、今は森を抜け鈴奈庵の前にいるのだが、風情のある引き戸に出でいる札には、 "本日 臨時休業" との文字。

しかし。そんなものはいとも気にせず、霊夢さんはガラガラと無造作に、引き戸を勢いよく開ける。

「お邪魔するわね、小鈴ちゃん。」

「おーい、いるか〜?」

霊夢さん、魔理沙さん2人の掛け声に小鈴ちゃんは気がついたようで、奥からパタパタと軽い足音が聞こえてきた。

「すみません、今日は臨時休ぎょ…って、霊夢さんたちか、どうしたんですか?」

威勢はいいけれど、礼儀正しい、元気さを感じる声も、その客が私たちだと気づくと、一気に落胆した声になる。

これは、友達だから気が抜けると思われていると喜べばいいのか、ただ単にがっかりされたのか、正直どんな反応をすれば良いかまだわからない。

「ちょっと用事よ、小鈴、ここに殺生石の伝説が書いてある本があったでしょ。それを貸して頂戴。」

阿求に言われ、小鈴ちゃんはどこだっけ?なんて呟きながら沢山の本や雑誌が並ぶ棚を漁り始めた。

適当に棚に手をかけ、本を見てみると、違和感を覚えた。
いや、その本が変だった、というわけではなく、この幻想郷に似つかわしくない、そう感じる本。どちらかと言えば、
"外の世界" にあるような…

「そりゃあ、外来本だな。外の世界から流れてきたもんだ。」

ふと、後ろから元気な声が投げられた。
そっか。だから見たことあるような雑誌なんだ。改めて店内を見回すとなんだか知っているような本が沢山あるような気がする。

「それにしても、鈴奈庵が休業なんて、何があったの?」
霊夢さんはパラパラと小説のような本を斜め読みしているようだった。

「え?ああ、ほらね、今それこそ殺生石で世間は賑わっているでしょ?それでお父さんが今店を開いても誰もこないだろうって。」

やはり、ここでも石を警戒しているようだった。

その時、小鈴ちゃんが言った。

「あったわ!これよ。」

名前 メモ

全部読む/最新50

ジゴサタ〜地獄の沙汰もお前しだい〜(2)

1 アマテラス:2020/01/13(月) 23:38 ID:Ajo

暗い、不気味な場所私はいた。
どこだろう。私は何をしていたんだろう。
…あぁそうだ。真中先生の姉の真中レオナとか言ったっけ。アイツに殺されて…え?あれ?じゃあなんで私生きているの?
「目覚めたか?」
声がした方を見ると、髪の長い人がいた。綺麗な顔だけど女?男にも見える。
「ニノスだ。獄界選罰長官…閻魔大王みたいなものだ。これからお前のいく世界を決める。」
「は、はぁ…」
地獄だったら舌抜かれたりするのかな…
「煉獄。」
「れんごく?」
「あぁ。地獄よりも軽い罰を受ける世界だ」
地獄じゃないならまだマシかな…?
「っていうかまだ頭が整理できないんですけど…」
「はァ?【説明中】」
「えーとつまりここはあの世の入り口であなたは閻魔大王みたいな役職で私は煉獄という世界に堕ちるということですね?」
「まァそゆこと。しっかしお前若くして死んだのにすっごい死に方しとるな」
うっ…まぁ池沼野郎に殺されたとか、ね…
「面白い_「適任やもな」タイミングも良い」
「?」
適任?タイミングも良い?
「堕獄番号GO3876256110よ」
ニノス王はニヤリと笑いながら言う。
「地獄で…ある「仕事」をやってみぬか?刑期短縮の特典がつくぞ」

2 アマテラス:2020/01/13(月) 23:39 ID:Ajo

ゴトちゃんが新人説を推してるので新人=ゴトちゃんでいきます!

名前 メモ

全部読む/最新50

いみちぇん!小説書こう!!(だれかきてください)(80)

1 のの◆ds:2019/08/02(金) 07:53 ID:uWc

いみちぇん!の小説かいていこう!!
と、いうことでどんどんかいてください!
私も、かいてみたいですが、へたなので考え中です、、、

みんなで、たのしい、おもしろいスレッドにしよう!

80 のんのん ◆AQ:2020/01/13(月) 21:16 ID:en.

メモるのかー納得です!!そういえば、占ツクールでおんなじはんねのヒトいるけど、それってあやあや??  …違うかw

名前 メモ

全部読む/最新50

魔導ぷよ〜シェウィ小説〜(83)

1 SW:2016/05/15(日) 22:02 ID:Jdg

魔導ぷよのシェウィ小説です。

ルール
・誹謗中傷を始めとする荒し・なりすまし等etc禁止
・頻繁には来られないので、亀書き込みとなります
・文力なしなので、小説になっているかどうかもかわりません
・シェアル派又はDシェDアル派立入禁止
・新派はもちろん、新旧両方とも好きな人も立入禁止
・私自身が旧固定の為、旧しかありません
・私自身がシェウィ固定の為、シェウィはあってもウィシェはありません
・私自身がCP固定の為、リレーは行いません
・CPはNL・BL・GL混在なので雑食系の方のみOK
・GLの部分はシェリウィ(女体化シェリー×ウィッチ)のみです
・アルルの扱いが酷いのでアルルファン、Dアルルファン、リリスファン、ワルルファン立入禁止

*ジャンル的には古いのですが葉っぱルール上、ルール違反にはならないジャンルのスレです。
これはゲームが原作でコンパイル時代の旧作の魔導ぷよ(1989年〜2001年)は既にシリーズも終了し、会社も2002年に倒産しております。
現在は魔導はD4Eから復刻版が出ており、旧ぷよもセガから発売中の「セガ3D復刻アーカイブス」シリーズに収録されている為、問題のないスレです。
ある意味魔導の前身である魔導師ラルバ(1988年〜1990年)もD4Eより発売中の「DSRe」シリーズの#01に収録されています。
続けてコンパイル作品(DS収録作品含む)のゲームも現在D4Eのコンステ内にて既にDL配信中です。

*この小説を読む前に「用語解説」→「魔導ぷよについて」→「シェウィやその他CPについて色々」を最初に必ず読んで下さい。
余談・雑談が含まれている上、長文失礼になっておりますが、あらかじめご了承お願い致します。
設定とCPを知らない(又は誤認している)ファンも多数いる為、イチから説明しないとトラブル・混乱etcが巻き起こるのは言う間でもないので。
旧作の魔導ぷよはファン層によって設定とCPに対する認識がバラバラなので、イチからの説明だとどうしても長文になってしまうのです。
ウィキですら間違った箇所があった時があったと言う話も聞いていますので、過去に何回か訂正・修正された可能性はあると思います。
私自身はその時実際に見たワケではないのでその話が本当かどうかは知りませんが、ファン層によって認識がバラバラなのを考えますと、どちらの可能性も否定は出来ないと思います。
当時の元コンパイル社員ですら設定を把握していない(又は既に誤認)1部の社員がいたと言う説もあるせいか、ピクシブ百科事典でさえ旧作の魔導ぷよに関しては所々間違った箇所がありますので。

*「魔導ぷよについて」内、「シェウィやその他CPについて色々」内には批判的書き込みも含まれております。
これは設定やCPを知っているファンと知らない(又は誤認している)ファンとの間でのトラブル・混乱etc対策の為、葉っぱルールに従った正当な理由での書き込みです。
シェアル派の荒し対策の目的もあり、シェアル派の荒し等etc自体は葉っぱルール通りにスルーすればいいだけの話ですが、何も書かないと荒し等etcだけでは済まない問題が起こるのは言う間でもないので。
その問題とは設定とCPを知らない側(又は誤認している側)のファンの人がシェアル派の言うことを既に本気で間に受けている人もいるからです(事情説明なしだと信用しないのは言う間でもないので)。

*二次創作スレ一覧を確認したところ古いジャンルであるスラダンスレが既に立っている為、旧作の魔導ぷよでも問題がないと判断致しました。
もしもスラダンスレを始めとする古いジャンルのスレが立ってなければ、一端サポート掲示板又はメールにて質問・問い合わせetcをするべきかどうかを正直考えたところです。

とりあえず、今日のところはこの辺にて失礼致します。
次回ここに来た時に「用語解説」を書く予定です。

83 SW:2020/01/11(土) 23:07 ID:xig

シェウィ小説本編
今回はAWSでウィッチ視点です。
アルル→シェゾ×ウィッチとなります。
オリキャラ登場。


「囚われのお姫様(第3話)」

次の日―
今日は店は休業。
この日、私は薬又は魔法薬の材料を採取する為にとある森に出掛けていた。
ここはその森の湖付近、ここに咲く花や草の中には薬又は魔法薬の原料となるものも幾つかある。
辺り一面に水が広がり、その周囲には草花が生い茂っている。
私は服の袖を捲り上げ、土や泥で手を汚しながら原料となる花や草を集めては、それを袋の中へ分けながら入れていく。

ウィッチ「今日のことろはこれでOKですわね。」

全ての材料を採取し終えた私は湖の水に手をつけて、土と泥で汚れた手を洗う。
手を洗い、濡れた手をハンカチで拭き終えると丁度、聞き覚えのある男性の声が2つ聞こえてくる。

シェゾ「話とは何だ?」
???「実は、僕も貴方の助手になりたいんです。」

私は声が聞こえてくる方向に足を運ぶと、そこに居たのは銀髪で黒ずくめの美男と黒髪で純白の僧侶服を纏った美男の2人。
シェゾともう1人はこっちの世界とは別の異世界の住人であるインキュバス(同姓同名)だった。
ラグナスさんと同じ世界の人間であり、ラグナスさんと同じく時の女神の配下であり、ラグナスさんの仲間の1人。
神官だけれども魔導にも長けており、彼もまた時の女神の命令で現在は私達の世界に滞在中。
こっちのインキュバスさん(同姓同名)は品方向性かつ紳士な男性、上品かつ古代和風な顔立ちの美男。
私は息をのみ、なるべく気配を察知されないように気を付けながら、自分の身長よりも大きな雑草の影に隠れて2人の様子をこっそり見る。

シェゾ「生憎だが、神官はお断りだぜ。」
インキュバス(同姓同名)「貴方がお望みなら時の女神を裏切り、神官を辞めても構いませんが?」

シェゾは闇の魔導師としての威厳を崩さず冷たく言い放っていますけれども、インキュバスさん(同姓同名)は愛想良く振る舞っていますわね。
一体、何を考えていらっしゃるのかしら?

シェゾ「何を企んでいる?」
インキュバス(同姓同名)「実は、先月アルルちゃんと別れました。」

インキュバスさん(同姓同名)が切り出したのはアルルさんとの別れ話、破局の経緯については2人が異母兄妹であることが発覚したから。
父親は私達の世界とあっちの世界の人間との混血で、インキュバスさん(同姓同名)自身は母親が父親のことが好きで生んだ子供だそうだと語った。
インキュバスさん(同姓同名)とアルルさんは現在交際中で晴れて恋人同士になったのも束の間、その頃は互いに異母兄妹であることを知らなかったと真面目な顔で言い出してきた。


第4話へ続く

名前 メモ

全部読む/最新50

次のページ>>

スレ立てフォーム

題名:
名前: メモ:

スレッド一覧フォローサイトマップ▲上へ

最近のスレッド / 掲示板一覧
  1. ウェディング★プリキュア!(4)
  2. マギアデイズ ーネロと愉快な仲間たちー 誰でもいいから来てください!(9)
  3. 「参加型」逃走中(誰か来て下さい!)(32)
  4. 茅野カエデ 記憶喪失!(69)
  5. ライブにて すとぷり小説(12)
  6. *二次創作ノート*(2)
  7. ジョジョ二次創作ss書きます(9)
  8. 逃走中みんなで作ろう(61)
  9. 名探偵コナン オリジナル最終回 みんなも書いて行ってね!(5)
  10. こちらパーティー編集部! 好きな人〜雑談OK☆(189)
  11. 『猫ショウ』は『不老不死の少女』と出会う(32)
  12. エネちゃん受けの小説書きませんか? (5)
  13. 衛宮士郎のやり直し(53)
  14. 学園アリス 棗と転校生が蜜柑の取り合い!(264)
  15. フェアリーテイル ナツルーグレルー小説10!(218)
  16. フェアリーテイル ナツルー、グレルー恋愛小説2(947)
  17. 悪魔の妹 〜フランドールの過去〜(14)
  18. ドーリィ♪カノン 二人のヒミツ(23)
  19. >>スレッド一覧

[サイトマップ]

★新しくスレッド(話題)を作る