妖怪ウォッチ物語

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:妖怪ウォッチ運営者:2015/12/13(日) 14:10 ID:RRg

★人物紹介★
 
 天野ケータ
小学5年生
装備:妖怪ウォッチ
   妖怪ウォッチプロトタイプU

 ウィスパー
自称妖怪執事
装備:妖怪ウォッチ零式(腹の中)

 ジバニャン
地縛霊
装備:チョコボー(腹巻きの中)

*.・あらすじ・.*
3人がいろいろな事件を
解決していく物語。
見てくれたら嬉しいです。
お話が終わるごとにコメ欄を
出しますので、そこに
コメントして下さると光栄です。

※荒しは来ないで下さい。
 本当に来ないで下さい。

2:妖怪ウォッチ運営者:2015/12/13(日) 14:47 ID:RRg

第1話
ーレジェンド秘密基地ー

ブ:困った…実に困ったでござる…!

イ:ブシニャン…どうしたんだい?
  らしくもない

ブ:イケメン犬…

山:そうだぜ、言ってみろよ

シュ:ああ!なんでも聞くぜ!

ブ:山吹鬼…!しゅらコマ!!
  ……はたして言っていいのか…
  …あああ、言えないでござる!

ネ:ブシニャンの悩んでること、
  ネタバレするとね〜………

ブ:やめるでござる!!!

ネ:………………。

う:言うクマ!隠し事はダメって
  プシニャンが言ったクマ!!!

ブ:……!もっともだ……クッ!
  みんな…よく聞くでござるよ!
  レジェンド…レジェンドチームが
  消えるかもしれないでござる…!

『ええええええッ!!?』

イ:どういうことなんだい!?

ブ:実は………………



日の神:うーん…

しもべ:どうしましたか、日の神様

日の神:いやぁ〜、最近オレのことを
    倒しに来る強者達がいてさ〜
    低辺妖怪はいいんだけど〜、
    ブシニャンとか、いわゆる
    レジェンドで倒しに来る
    奴らがいるんだよね〜………
    このままじゃオレの仲間が
    みんなやられちゃうんだよね
    だから何か対策考えないと…

しもべ:ならば…レジェンドを消す…
    というのはどうでしょう?

日の神:う〜ん、山吹くんには
    お世話になってるんだけど…
    まあいっか〜!よし!
    そうしよう!!



ブ:……とのことだ

山:なぁにぃぃ!!?日の神の奴ぅ!

花:遅れたぞ〜

ブ:はな開爺………

花:ああ、大丈夫じゃ、話はすべて
  ネタバレリーナから
  聞かせてもらったわい!

シュ:…で!その…俺達はいつ……?

ブ:いつ襲ってくるかは
  わからないでごさる………

イ:じゃあいったいどうすれば…

う:困ったクマ〜

ブ:やはりあやつらに頼むしか…!



          続く

3:匿名さん hoge:2015/12/13(日) 19:16 ID:iFs

スレ建ておめ!
頑張れ〜

4:妖怪ウォッチ運営者:2015/12/13(日) 20:30 ID:RRg

ありがとうございます

5:妖怪ウォッチ運営者:2015/12/17(木) 18:24 ID:RRg

一方そのころ・・・

ケ:平和だねぇ〜
ウィ:平和でウィスねぇ〜

ケータ達はそよかぜヒルズの
ひょうたん池の周りを散歩していた。

ヒュルルルルルル〜ゥ・・・・・

ウィ:・・・!ケータくん危ない!!
ケ:え・・・?

ドカーーーーーーン!!!!!!


書き込む 最新10 サイトマップ