暗殺教室 〜勘違い→告白〜

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:鈴原 杏莉◆jS.:2016/04/13(水) 23:16 ID:iFg

スレ主・杏莉です❣
このスレのテーマは、
“勘違い→告白”です。男女どちらからの告白でも良く、小説は自由投稿です❣よろしくお願いします。

2:鈴原 杏莉◆jS.:2016/04/13(水) 23:18 ID:iFg

ちなみに、このスレのルールは
・荒らし・なりすましはなし!
(無視するので無駄ですが)
・テーマは“勘違い→告白”ですが、その後の恋愛小説でもいいです。

3:あやや◆dA:2016/04/13(水) 23:20 ID:eyU

あーんりっ!スレたてたんだ〜!

4:鈴原 杏莉◆jS.:2016/04/13(水) 23:44 ID:iFg

とりあえず、最初は前ひな書いてみます。

前原side
ん?教室から女子達の声が聞こえる。なに話してんだ?
「ひなたちゃんひなたちゃん、いつ告白するの?」
「へっ?無理無理。あいつ絶対私の事女としてみてないもん」
「そおかな?私は結構脈アリだと思うんだけどな〜。」
「ありえないって。それ。」
聞いた限りだと岡野に好きな奴がいて、そいつについて話してるらしい。岡野に好きな奴か…。誰だろ?磯貝とか?いや、片岡が応援してるんだったら磯貝じゃないなら、誰なんだ?このクラスでイケメンっつったら俺と磯貝だけど、俺ではないな。俺、女たらしって呼ばれて嫌われてるもんな。だったら告って玉砕したほうがすっきりするのかもしれないし、告るか。岡野が教室から出てきた後を狙ってできるだけ自然に声をかけてみた。
「岡野っ」
「なに?女たらしクソ野郎」
ほらな。やっぱり嫌われてる。
「岡野はさ、俺の事嫌いなわけ?」
「き、嫌いじゃないけど…」
この返答は予想外
「岡野…俺…岡野が好きだ。他に好きな奴いるのは知ってるけど…じゃ、頑張れよ」
「バカ。やっぱりバカ」
「え?なんつった?」
「バカって言ったの。私が好きなのは前原なのに気付いてないし、頑張れよなんて言うし」
「え⁉じゃあ岡野が好きな奴って俺⁉」
「そうだよ。バカ」
心臓飛び出るかと思った。
「マジか」
それで悩んでた俺って…バカみてぇ
「あのさ、前原。これからは、ひ、陽斗って呼んでもいい?」
「いいぜ。ひなた。」
「…ありがと、ひ、陽斗…//////」
マジで、たまに来るこのデレは心臓に悪い。ひなたは本当はすごい可愛いから、すこし心配だな。

5:鈴原 杏莉◆jS.:2016/04/13(水) 23:46 ID:iFg

あやや
うん!
2個目かな?1個目は磯メグ・カル愛要素多めだし、ここならあんまりカップリングかぶらないかなって思って。特定の苦手な人は飛ばせばいいし。あややもなんか書く?

6:鈴原 杏莉◆jS.:2016/04/13(水) 23:47 ID:iFg

はっ、5の文主語が足りてないや。
2個目かなっていうのは、暗殺教室のスレでは2個目かな?っていう意味だよ。

7:あやや◆dA:2016/04/14(木) 00:14 ID:eyU

そっか!!

私はねぇ…恋愛だったら渚カエか千速ぐらいなんだよね〜

8:鈴原 杏莉◆jS.:2016/04/14(木) 01:22 ID:iFg

あやや
私も渚カエと千速好きだし、このスレでも出そうかな?あややも書く?

9:鈴原 杏莉◆jS.:2016/04/14(木) 02:22 ID:iFg

渚カエ書くよ❣

茅野 カエデside
「渚、私渚が好き。だから渚、私と付き合って」
みなさんこんにちは、茅野カエデです。
なんと私は、好きな人ー潮田 渚ーが告白されているシーンに遭遇してしまいました。しかも告白してるのは他校の子で、可愛くて胸も大きい女の子です。涙出そうだしバレる前に逃げよう。 そうして逃げていたら…なんと渚が気付いてたのか追いかけて来てくれたの。
「渚の…渚のバカーーーー!ウワアァァン」
「バカってひどいなぁ。茅野、なんで泣いてるの?」
「渚…?さっきの女の子と付き合うんじゃないの?」
「優香の事?僕は優香よりも好きな女子いるし断ったよ?」
「渚…私、渚の事が好き」
「僕もだよ。茅野、僕と付き合って?」
「うん…//////私で良ければ、よろしくお願いします」
「こちらこそ…//////」
「渚、大好きだよ。」
「うん。僕も茅野の事大好きだよ。」
「…あのさ渚、私は渚の事渚って呼んでるんだから渚も私の事カエデって呼んでくれない?」
「はいはい、わかったよ。カエデ。」
「//////」

10:オタクメガネ:2016/04/14(木) 22:21 ID:.x.

来てみました。

11:オタクメガネ:2016/04/14(木) 22:22 ID:.x.

小説上手いですね。

12:鈴原 杏莉◆jS.:2016/04/15(金) 19:08 ID:iFg

オタ
ありがと!どのカップリングが見たいとかある?

13:玲 ce12:2016/04/15(金) 19:23 ID:emg

杏ちゃん来たよーあと....
渚カエありがとう!!
ありがたき幸せ!!

14:玲 ce12:2016/04/15(金) 19:28 ID:emg

あとオタクメガネさん!
オタクメガネさんの事
タメ口でいいですか??
オタメガって呼んでもいいですか??

15:鈴原 杏莉◆jS.:2016/04/15(金) 19:42 ID:iFg


来てくれたんだね!
渚カエ今度は渚が勘違いするやつ書こうか?

16:玲 ce12:2016/04/15(金) 19:44 ID:emg

*゚Д゚)*゚д゚)(*゚Д゚)オォォ...杏ちゃんお願い!!ありがとう!!

17:鈴原 杏莉◆jS.:2016/04/15(金) 20:26 ID:iFg


あのさ、お風呂はいってたら別のアイディア思い浮かんだから、そっち先に書くね。

18:玲 ce12:2016/04/15(金) 20:37 ID:emg

OK

19:オタクメガネ:2016/04/15(金) 21:55 ID:.x.

オタメガOKです。いいですね。タメOKです。カル愛が大好きです。

20:鈴原 杏莉◆jS.:2016/04/16(土) 21:03 ID:iFg

いつの間にかデータ消えちゃってたから今から昨日書くつもりだったの書くね。

21:あやや◆dA:2016/04/16(土) 22:31 ID:eyU

私退散〜

22:鈴原 杏莉◆jS.:2016/04/16(土) 23:30 ID:iFg

カル愛&渚カエ
カエデside
「ねーねー茅野ちゃん。さっき渚と奥田さんが2人で校庭に出てったんだけど気にならない?」
え…?渚と奥田さんが?
「え、うそ⁉ちょ、行って来るねカルマ君」
「俺も気になってたし行くよ」
校庭
「何の話してるんだろう…?」
「しっ、静かに。2人にバレちゃうよ」
「あの、好きです。」
「うん、僕も前から奥田さんの事気になってたんだ。」
え…?うそ…渚が奥田さんを…?というか、奥田さんって渚の事好きだったの…?隣にいるカルマ君を見ると、やっぱり驚いてるというか悲しげというか曖昧な表情をしている
「いこっか…茅野ちゃん」
「そうだね…カルマ君」
そして廊下
「おかえり…渚。奥田さんとお幸せに…」
そう言ったら何だか涙が出てきた。
「茅野、何言ってるの?あっ…もしかして、奥田さんと話してたこと聞いてたの?そして何で泣いてるの?」
「グスッ…渚、私渚の事が好きだよ。奥田さんと付き合うのは知ってるけど、私の気持ちちゃんと知って欲しかったの。ごめんね。迷惑だったよね。」
「迷惑なんかじゃないけど?」ギュッ
え?え?ちょっと待って…全然状況についていけない。
「え、ど、どうしたの…急に。奥田さんと付き合うんじゃないの?」
「僕、奥田さんと付き合わないけど?さっきの話は、奥田さんが告白する勇気が出ないから、予行練習に付き合ってただけだけど…僕が好きなのは茅野だし」
「え、そ、そうなの?」
「うん。改めて、これからよろしくね、茅野」
「私こそ、改めてよろしくね。渚」
カル愛 カルマside
「奥田さん、渚と仲良くね。」
違う…俺が言いたいのはこんなことじゃない。
「ふぇ⁉どうしてそのことを⁉でも私渚君とは付き合いませんよ⁉渚君には茅野さんがいますし…それに私には他に好きな人が居ますし…」
「え⁉渚と付き合わないの⁉マジで⁉じゃあ好きな人って誰⁉奥田さんが好きな人が渚じゃないなら、俺諦めないよ?」
「諦めないってどういうことですか?」
「だーかーらー、俺は奥田さんの事が好きなの。いい加減気付いてよ。でもまぁ、好きな人に告白するの、頑張ってね。」
「…そうですか。じゃあ頑張りますね。カルマ君、私はカルマ君の事が好きです。」
「え、俺⁉奥田さんが好きなのって俺⁉」
「はい。渚君には告白の予行練習に付き合ってもらってただけですよ?」
マジか…じゃあ何も知らないで勘違いした俺って超カッコわりーじゃん。ま、奥田さんと付き合えることになったしいいか…。

23:玲 ce12:2016/04/17(日) 00:41 ID:emg

凄い....凄すぎだろ!!!
面白いいいいいい!!渚!カエデ!お幸せに!!
カルマと奥田さんも!!

24:鈴原 杏莉◆jS.:2016/04/17(日) 00:47 ID:iFg

また今度前原と同じパターンで渚編書くね

25:鈴原 杏莉◆jS.:2016/04/17(日) 00:47 ID:iFg


前にも言ったけど、リクとかあったら言ってね。書くから。

26:玲 ce12:2016/04/17(日) 00:54 ID:emg

もう杏ちゃんは神に近い存在にしか思えなくなってきた!
ありがたき幸せ!!
あとリクは杉神とかできるかな??
最近杉神もはまったんだ〜けど1番は渚カエ・渚あかだよ〜(。・ω・。)
もう一つ
渚あかにできるかな??
未来系でお願い!!

27:鈴原 杏莉◆jS.:2016/04/17(日) 01:45 ID:iFg


杉神ね。OK❣
未来系って事は渚あかは芸能界に復帰したあかりと渚で…って事でいいかな?
神に近い存在って…そんなんじゃないって…

28:鈴原 杏莉◆jS.:2016/04/17(日) 01:47 ID:iFg


それか渚あかは同じ高校に進学した2人…とかでもいい?

29:玲 ce12:2016/04/17(日) 01:51 ID:emg

杏ちゃん
全然いいよ!!
できるのが楽しみーーーーー

30:玲 ce12:2016/04/17(日) 01:56 ID:emg

ごめんこれは間違え....
私はどっちでもOkだよ!!むしろどっちも書いてほしい!!
お願いします杏ちゃん!!

31:お香◆kk:2016/04/17(日) 01:58 ID:nNU

来たよっ!

私も渚カエとカルカエ書く〜(((o(*゚▽゚*)o)))

32:鈴原 杏莉◆jS.:2016/04/17(日) 02:01 ID:iFg


OK
お香
これから香って呼んでもいい?香が書く渚カエとカルカエ楽しみにしてるよ!

33:玲 ce12:2016/04/17(日) 02:08 ID:emg



私も香って呼んでもいいかな??
渚カエは楽しみにしてるよ!!

34:玲 ce12:2016/04/17(日) 02:10 ID:emg

ごめん間違えて出した書きかったことは

はじめまして玲です!!
(上には私って書いてあるけど僕って使う方です)
呼びタメ口でいいかな??
あとは同じ
よろしく!!

35:鈴原 杏莉◆jS.:2016/04/17(日) 02:20 ID:iFg

んじゃ、玲のリク1個目杉神書くよ*\(^o^)/*
杉神の場合〜神崎さんの勘違い〜
神崎side
教室の隅でカルマ君と渚君と杉野君が話してる。何を話しているのかな?
「杉野さー、そろそろ告れば?」
「無理だって、緊張してうまく話せないのにいきなり告白なんて」
「あーあー杉野はピュアボーイだねー。ふつーに気持ち伝えるだけなんだし、言って来いって。振られても、俺らが慰めてやるし」
「振られる前提なのかよ!まあ確かに俺じゃ釣り合わないけどさ」
「でもだからって後々後悔したくないでしょ。」
「まあな。よし、俺、告白してみるよ!」
「頑張れ!」「ガンバ!杉野!」
何やら、杉野君が誰かに告白をする後押しみたい。聞きたくない話を聞いてしまった。私は昔から男運が悪かったけど、今回は失恋するのか。やだなぁ。それにしても、杉野君は誰に告白するのかな?そんなことを思っていたら…
「か、かかか神崎さん!は、話があるんだけどい、いいかな?」
杉野君が話しかけてきた。
「いいよ。私からも話があるの。グラウンドに移動してくれる?」
「え?う、うん」
そして校庭
「杉野君、私から話していい?」
「ど、どどどうぞ」
「杉野君、私、杉野君の事が好きです。じゃあ告白頑張ってね。これだけ伝えたかったの」
「ええええええ⁉神崎さんが俺を?お、俺も神崎さんが好きです。俺と付き合ってください。」
「す、杉野君が好きなのは、私なの⁉じゃあ、こちらこそ、よろしく」
「よ、よろしくお願いします。」
びっくりした。失恋すると思ったから告白したのに、両想いだったなんて。でもすごい嬉しい。

これで杉神は終わり!杉野の勘違いの方が良かったら言ってね。それならそっちも書くから。

36:鈴原 杏莉◆jS.:2016/04/17(日) 02:22 ID:iFg


渚あか1個目は〜同じ進学先で勘違い〜にするね。芸能界復帰は後でで

37:玲 ce12:2016/04/17(日) 02:26 ID:emg

*゚Д゚)*゚д゚)(*゚Д゚)オォォ...面白いいいいいい!!
杉神いいねー
あと渚あか楽しみだーーーーー!!!!

38:鈴原 杏莉◆jS.:2016/04/17(日) 03:05 ID:iFg

渚あか1作目書くね!
渚あか〜同じ進学先の2人〜
あかりside
はあ…見てられない。何が見てられないかって?E組の時はいつも隣にいた渚が女の子に囲まれてることだよ。渚は高校に入ってから髪を切って背もすごく伸びてカッコよくなって、成績もいつも学年1位で、おまけに優しいから急にモテ出した。バレンタインの時、渚を応援することに決めたから告白してないから、渚には彼女がいない。学年の女子のほとんどが渚を狙ってるっていう噂もある…やっぱりあの時渚に告白すれば良かった。今からでも遅くないけど、渚にもし好きな人がいたら…と思うと勇気が出ない。今日は中学時代みたいに一緒に帰って聞こうかな?
「渚、久しぶりに一緒に帰らない?」
「うん、いいよ。茅野。あ、もう茅野じゃないんだった。これからなんて呼べばいい?雪村じゃちょっと違和感あるよね。」
「茅野でもいいよ。渚はさ、好きな人とかいるの?」下校しながら出来るだけさりげなく聞いてみた。とは言っても渚にはバレバレなのかもしれないけど。
「好きな人?いるよ。そういう茅野はどうなの?」
「そっか。私もいるよ。ね、渚の好きな人って誰?」
「茅野こそ、誰が好きなの?」
あーもー、渚が好きな人は私じゃないんだろうけど、言うしかない。バレンタインに言えなかった事、今言おう。
「わ…私の好きな人は…渚だよ。バレンタインの時も本当は本命だったんだ。でも目標に向かってまっすぐな渚の邪魔はしたくなかったから言わなかった。私は言ったよ。で、渚の好きな人は?」
「僕の好きな人は、今僕の目の前にいる、茅野だよ。だからバレンタインにチョコ貰った時、すごく嬉しかった。全然邪魔なんかじゃないよ。茅野が隣にいてくれたから僕は変われたんだよ。」
「てっきり別の人が好きなんだと思ってた。渚にお似合いなのは、別の人だから」
「そんな事ないよ。言ったでしょ。僕は茅野のおかげで変われたんだよ。救われたんたま」
「救われたのは私の方だよ。渚のお陰で私は今ここにいるんだから。触手の時、助けてくれてありがとう、渚。」
「そんな大した事したつもりはないよ。あかり、これから改めてよろしくね」
ふ、不意打ちで名前呼びされたからびっくりしたよ。
「こちらこそ、これからよろしくね、渚」

1作目終了!こんなんでいい?

39:玲 ce12:2016/04/17(日) 07:30 ID:emg

*゚Д゚)*゚д゚)(*゚Д゚)オォォ...面白いいいいいいいいいいいよよ!!!!!!!!
全然平気!!

40:鈴原 杏莉◆jS.:2016/04/17(日) 09:31 ID:iFg


一昨日書こうと思ってた〜渚の勘違い〜も近いうちに書くね

41:お香◆kk:2016/04/17(日) 11:13 ID:nNU

玲・杏莉
いいよー!香もタメもオッケー!私も玲、杏莉って呼ぶね!

42:鈴原 杏莉◆jS.:2016/04/17(日) 12:14 ID:iFg


OK

43:玲 ce12:2016/04/17(日) 12:25 ID:emg


ありがとう〜ヽ(*´∀`)ノ

44:オタクメガネ:2016/04/18(月) 19:17 ID:.x.

杏莉さん小説面白いです。天才ですね。

45:鈴原 杏莉◆jS.:2016/04/19(火) 19:32 ID:iFg

オタ
あはは、ありがと。久し振り!

46:鈴原 杏莉◆jS.:2016/04/19(火) 20:34 ID:iFg

磯メグ書くね!
磯貝side
「ねえねえみんな!好きな人いる?」
…この声は、中村か?
「…どうしたの?急に」
「いやさー、暗殺ばっかで恋愛あんまりしてないなーって思って。」
「なるほどね〜」
「まあ改まって聞かなくても、カエデとメグと凛花とひなたにはいるけどねー」
は⁉片岡、好きな奴いるの?誰だ⁉
「でさでさ、メグは好きな人とどうなの?最近は」
「…べ、別に普通だよ。でも前より話すようになったかも」
最近片岡と話すようになった奴っていったら…前原か?岡野とかと話してるときに話題に入ってくるし。
しばらく教室の前で立ち止まっていると…
「磯貝?どうしたんだ?そんなとこで立ち止まって」
前原が声を掛けてきた。
「…前原…俺はお前を殺す…」
「…は⁉ど、どうしたんだ⁉冗談だろ⁉理由くらいは教えてくれ!」
「実はな…さっき…(以下略)」
「はぁ⁉片岡が俺を?ありえないって。だって俺、片岡に恋愛相談されたし。それに俺が気になってるのは…その…片岡じゃなくて、お、岡野だし」
「ふーん、じゃあ片岡の好きな奴って誰なんだ?」
「それは言えないが…本人に告って聞きゃーいいじゃねえか」
「…わかった。当たって砕けてみるよ」
「おう!俺も伝えてみるぜ!」
放課後
今日は学級委員の仕事があるから教室に残っている。
「あのさ、片岡…」
「何?磯貝君」
「俺、片岡のことが好きです」
「え、磯貝君が私を?」
「うん。だからさ、片岡の好きな人、教えてくれない?」
「…私の好きな人は…磯貝君だよ。だから、すごく嬉しい…」
「え⁉片岡の好きな人って俺⁉」
「うん。これからよろしくね、磯貝君」
「こ、こちらこそよろしくお願いします」
はあ、後で前原に謝っとこ。まさか片岡の好きな人が俺だったなんて…

47:鈴原 杏莉◆jS.:2016/04/20(水) 21:27 ID:iFg

礒メグ編の時の前ひな書くね
前原side
磯貝が、片岡に告白した。
それはつい昨日のことだ。
俺もそろそろ覚悟決めなきゃな。ま、あいつの恋愛対象に俺は入ってないんだろうけど…
「岡野!」
「何?」
「磯貝がさ、片岡に告白したんだよなー」
「そうなの?メグにおめでとうって言わなきゃ」
「だから俺もそろそろ覚悟決めて好きな奴に告ろうかなって思ってるんだよ」
「ふーん、誰に?」
「興味薄いな。お前は俺のこと嫌いなわけ?」
「き、嫌いではないよ…」
「じゃあ、俺のこと好き?」
「なんでそんなこと聞くわけ」
「俺が、岡野の事好きだから。」
自然と言葉が出た。こんなタイミングじゃなくて、もっとちゃんと伝えるつもりだったのに…
「は?前原が私を?新手の冗談か何か?」
「冗談なんかじゃねーよ。本気だ」
「えーーーーっ!前原が私を?それ、本気で?」
「さっきから本気だっつってんだろ。」
「そっか…じゃあ返事するね。…私も前原のことが好きだよ!」
「え、マジか。恋愛対象として見られてないと思ってた。」
「は?そんなのありえないし。確かにあんたはタラシだし口悪いけど…あんたのことは結構前から意識してたし。」
ひなたside
ギュッ
何⁉びっくりして最初状況についていけなかったけど、前原に抱きしめられていることがわかった。
「ちょ、いきなり何すんのよ!やっぱあんたってクソタラシ!」ガンッ
あ、ビックリして回し蹴りしちゃった。
「俺何も悪いことしてなくね?」
って言ったら倒れた。
「わー、大丈夫⁉ゴメン、ビックリしてつい…でも好きだよ、前原」
とつぶやいたのが聞こえてたのか、倒れてる前原の顔はなんだか幸せそうな笑顔だ。あーあ、私、こいつにベタ惚れなんだなー、こんな顔でさえ愛しく感じるんだから。

48:鈴原 杏莉◆jS.:2016/04/25(月) 20:03 ID:iFg

磯メグ書く!
磯貝side
「あの…磯貝先輩、私と付き合ってください!」
「ごめんね、俺好きな子いるから」
「そう…ですか。わかりました。グスッ…」
タッ!その子は走って逃げてしまった。帰ろうと思って曲がり角を曲がろうとすると、聞き慣れた声がした。
「でさーあいつってば…」
「そうなの?意外かも」
「いや実はそれがさー…」
片岡⁉片岡が、男子と仲よさげに話しながら歩いている。もしかして彼氏…⁉その可能性も充分ある。彼女はイケメグと呼ばれているが女の子らしいところがいくつもある。それに俺以外の男も気付いたと思うと複雑な気分だ…
「磯貝君?何してるの?」
「渚⁉実はだな…ちょっと見てくれ」
「うん…片岡さんと男子が仲よさそうに歩いてるね」
「だろー?あいつ、彼氏かな?」
「うーんどうだろう。もういっそ本人に告白して聞いてみれば?触覚が垂れ下がってるよ磯貝君。」
「あ、本当だ。はあ、それしかもう方法はないよなぁ」
「頑張ってね、磯貝君」
「ありがとな、渚」
「別にいいよ、お礼なんて」
「じゃーなっ」
「じゃーね磯貝君」
翌日 学校
「磯貝君、おはよう」
片岡に朝一番に声を掛けられた。
「片岡、おはよう。放課後話があるから教室に残ってくれない?」
「いいよ」
「サンキュー」
その後の授業はあまり集中出来なくて殺せんせーに何回か注意された。それでも集中出来なかったけど。
放課後
ついにこの時が来た…
「片岡ってさ、彼氏いる?」
「え、彼氏はいないよ?」
「じゃあさ、好きな奴っている?」
「それは…いるよ//////」
「それって昨日一緒に歩いてた奴?」
「昨日の見てたの?誠は違うよ、ただの従兄弟」
「そうなんだ…俺さ、片岡のことが好きだ。片岡の好きな人教えてくれない?」
そう言ったら彼女の顔は真っ赤になった。
「…磯貝君が私を…?わ、私も磯貝君が好きだよ」
「…片岡の好きな人って俺⁉マジで⁉」
「う、うん…」
「じゃあこれからよろしくな、メグ//////」
「うん、こちらこそよろしく…悠馬君//////」
「//////」「//////」お互い赤面してしまった。
「なんか恥ずかしいな…」
「そうだね…」
「なあメグ」
「ん?」
「帰ろうか」
「そうだね。」
下校の間もたくさん話せてよかったな。
もっとメグのこと好きになった。
メグ(突然の告白で驚いたけど悠馬君が私を好きだったなんて…帰る途中沢山話せて嬉しかったな…もっと好きになっちゃった…)

49:鈴原 杏莉◆jS.:2016/04/26(火) 15:40 ID:iFg

玲のリク 渚あか
あかりside
「渚、おはよっ!」
「おはよう、あかり」
中学の頃と変わらないやりとりをする。変わったことといえば私が中学卒業と同時に茅野カエデを卒業して雪村あかりに戻った事、そして渚と付き合っている事くらいだ。渚は、長かった髪を切った。そして高校に入ってから背も伸びたから男らしくなって、モテるようになった。
「ねえ渚、渚は私のどこが好きなの?」
ふと疑問に思ったことを聞いてみた。
「あかりの触手が暴走したことあったじゃん?」
「うん」
「その時は尊敬に近い感情だったかな…そんな過酷な状況でよく笑っていられたなって。演技とはいえ。意識し始めたのはバレンタインにチョコ貰った時からかな?隣にいてくれたお礼って言ってたけど、それで卒業も間近に感じてきて、高校に入ったらどんな風になるかなって…それで、一年間隣にいてくれたあかりが隣にいなくなるのは嫌だなって思って…その理由を考えたら僕があかりのこと好きだからなんだって答えが出て…ってこれは好きになったきっかけだね。好きなところは…全部かな?」ニコッ
ボッ!頬が熱い。きっと今耳まで真っ赤なんだろうなー
「あかり?どうしたの?」
天然…
「自分で聞いておいてなんだけど、恥ずかしいね…」
「そう?あかりこそ、僕のどこが好きなの?」
「私も言わなきゃダメ?」
「僕も行ったんだしあかりも言わなきゃ不公平だよ」
恥ずかしかったから、渚の耳元で囁いた。
渚も真っ赤になっている。
『私も、渚の全部が大好きなの!』

50:玲 ce12:2016/04/26(火) 18:19 ID:emg

ヤッベッゾ(*´Д`*)ヤッベッゾ(*´Д`*)ヤッベッゾ(*´Д`*)ヤッベッゾ(*´Д`*)ヤッベッゾ(*´Д`*)ヤッベッゾ(*´Д`*)ヤッベッゾ(*´Д`*)ヤッベッゾ(*´Д`*)ヤッベッゾ(*´Д`*)ヤッベッゾ(*´Д`*)ヤッベッゾ(*´Д`*)ヤッベッゾ(*´Д`*)
僕死にそう!!!
萌え死ぬ!!萌え死ぬ!!!

ヤッベッゾ(*´Д`*)ヤッベッゾ(*´Д`*)
(*´ノi`)・:∴・:∴・:∴・:∴(*´ノi`)・:∴・:∴・:∴・:∴(*´ノi`)・:∴・:∴・:∴・:∴

51:玲 ce12:2016/04/26(火) 18:19 ID:emg

杏ちゃんありがとう〜ありがたき幸せ!!!!!!
神様!!仏様!!杏様!!
ありがとう!!!!

52:鈴原 杏莉◆jS.:2016/04/26(火) 20:11 ID:iFg


高校生編の渚あかで、高校に入ってからモテ始めた渚にあかりが自分のどこが好きなのか聞く登校中の話になったけど、これで良かった?

53:玲 ce12:2016/04/26(火) 20:48 ID:0tQ

杏ちゃん
いいに決まってるよ!!
ってかマジでありがとう〜ヽ(*´∀`)ノ

54:鈴原 杏莉◆jS.:2016/04/26(火) 21:54 ID:iFg


良かった〜
今度はシチュエーションとかのリクもしてくれれば書くからね!

55:鈴原 杏莉◆jS.:2016/05/02(月) 16:07 ID:iFg

「倉橋、頼まれていたものができたぞ。今回は、音声も拾えるようにした」
「ありがと〜イトナ君。じゃあ放課後に早速使う〜」
「わかった」
放課後
「ねえねえカエデちゃーん、メグちゃーん、ひなたちゃーん、桃花ちゃーん、凛花ちゃーん、奥田さーん、出来たってー」
「本当⁉じゃあ今からちょっとテスト走行させてみよ」
「うん、そうしよそうしよ!」
こうしてイトナ2号のテスト走行が始まった
「ん?男子がなんか話してるみたいだねー、あんなとこで何やってるんだろ〜?」
「男子だってスカートの中身見ようとしてたし、聞いてもいいんじゃない?」
「そうだね、バレない程度に近づけて」
「うん」
『君達の近状報告を聞かせてくれないかい?』『このメンバーで集まらせたって事はやっぱりそれかよ竹林』『当然だろう、で、どうなんだい?』『じゃあ報告会するか。俺は絢乃と付き合い始めたぞ』『前原君も絢乃狙い?僕も付き合い始めたよ』『渚もか!』『綾乃ってさ、可愛いし明るいし元気だけど、本当はすごく弱くて、守ってあげたくなるんだよねー』『それ、わかる!』『でしょ?』
「…ん?話に出てくる絢乃って子は、二股かけてるの?」
「そうみたいだね…でもなんか2人共絢乃ってこの話で盛り上がってるよ」
「本当だ…なんでだろ?って茅野さんとひなた?大丈夫?」
「うう…渚ぁ〜…」「絢乃って誰よ…」
ブラックな空気を身にまとった2人
「ねえ岡野さん、2人で絢乃って子探してみない?」
「そうだね、茅野っち…2人で見つけて1回殺そうか…」
「うん…二股…しかも渚と前原君をその相手に選んだ事を後悔させてあげよう…」
「うん」
『千葉は萌だろ?』『ああ、いつも強がりだけど本当はすごく弱くて寂しがりやなところとかすごい好きだな…』
「千葉に好きな人⁉萌って誰よ…1回撃つわ」
「凛花ちゃん、本物の銃はやめよう…?」
「ごめんそれは無理だわ。1回撃たないと納得がいかないから」
「凛花ちゃん、落ち着いて〜」
『岡島は…聞くまでもなく奈々だろ?』『まあな』『意外だなーお前が奈々狙いなんて。巨乳好きだからてっきり亜美だと思ってた』『いやいや、奈々はフワフワしてて可愛いし、俺の好みのタイプドンピシャなんだぜ』『そうだったのか⁉まあ木村は亜美だろ?磯貝も』『まぁ…しっかり者だし、綺麗だし、優しいし…ね』『ああ…上目遣いとかマジで破壊力スゲーよな』『ああ…』『で、その御目当ての亜美とはどうなんだ?』『まだ告白できてない…』『磯貝と同じく』『お前ら、ヘタレだなー』『…悪かったな』『ところで、カルマはどうなんだ?美耶と上手くいってるか?』『んー?俺はそろそろ結婚を考えてるよー?』『もうかよ!でも俺も考えてる』『俺も』『みんな結局そうなのかよ!』

56:鈴原 杏莉◆jS.:2016/05/02(月) 16:07 ID:iFg

今回のは少し長編で、まだまだ続くよ!

57:玲 ce12:2016/05/02(月) 17:05 ID:emg

これ....絶対ゲームだwww
男用のwww
渚お前までやるとは思ってもいなかったわーーwwww

58:玲 ce12:2016/05/02(月) 17:05 ID:emg

続き気になって仕方ない!!
頑張って!

59:鈴原 杏莉◆jS.:2016/05/02(月) 17:33 ID:iFg

ネタバレになるけど正解ww
前どっかのサイトで女子バージョンあげられてて、男子バージョン書きたくなったの。結末は違うけどね

60:鈴原 杏莉◆jS.:2016/05/06(金) 16:10 ID:iFg

「け…結婚⁉」「嘘…」「…こうなったらやることはひとつよね…」「うん」「じゃあ行こっか」「はい」
渚カエ
「…渚っ!ちょっといい?」
「何?茅野」
「絢乃って誰…?」
「…茅野…あの会話聞いてたの?」
「…ごめん聞いちゃった…で、誰?」
「竹林君がスマホゲーム見せて絶対やれって言うから一部の男子がやることになったんだけどこれが結構ハマっててさ…みんな自分の好みのタイプがいたのが理由だと思うけど」
「好みのタイプ?」「みんなリアルに好きな子とにてるキャラがいるからね」「渚も?」
「うん」「それ誰?」「茅野も鈍感だね」「それ渚には言われたくないよ!でも教えて誰?」「…茅野だよ」「え、わ、私⁉」「うん。ところで僕が鈍感ってどういうこと?」「…わ…私が渚のこと好きなのを全く気付いてなかったからだよ…」
前ひな
「前原…話があるんだけどいい?」
「おー、何だ岡野」
「絢乃って誰?渚と二股かけられてんの?」「…何で岡野がそれを知ってるんだ?」
「盗撮未遂のお返しに盗聴したの。質問に答えて前原」
「絢乃はゲームキャラだよ。竹林がギャルゲーやれやれってうるさくてよー。ってか盗聴⁉」
「は…ゲームキャラ⁉そうなんだ…勝手に失恋って決めつけて勘違いしてた私達バカみたい…」
「失恋?」
「あっ…」
「どういうこと?岡野が誰に失恋したと思ってたわけ?俺は質問に答えたんだからお前も答えろよ」
「う…墓穴掘った…あーもー言うよ!前原、私は前原のことが好き!これでいい?」
「へー岡野が俺をねー」
「うっさい!忘れなさい!」
「返事聞かなくていいのか?」
「返事くれるわけ?じゃお願い」
「じゃあ言うぞよく聞け。俺も岡野が好きだ!」
「!嬉しい…よろしくね!前原!」
「おう、よろしくな!ひなた!」
「…バカ陽斗…」

61:鈴原 杏莉◆jS.:2016/05/06(金) 16:31 ID:iFg

礒メグ
「…磯貝君…亜美って誰…?」
「片岡…何でそのことを⁉まあそれは後で聞こうかな。亜美は、ゲームキャラだよ。竹林がオススメだって言うから一部の男子でやってみてたんだよ。でも俺はリアルでも好きな子に告白できてないけどな…」
「…そうなんだ…磯貝君がリアルで好きな人って誰?」
「…片岡だよ」
「え…磯貝君が私を⁉…私も磯貝君が好きだよ。よろしくね、悠馬君!」
「あ、ああ、よろしくな!メグ!」
木桃
「ねえ木村…亜美って誰のこと?どういうこと?」
「なんで矢田が亜美のこと知ってるんだ?」
「盗聴したの。で、どういうことかな?」
「いい逃れる術はなさそうだな…亜美は竹林がやれやれ言ってきたギャルゲーのキャラだよ。俺、本当に好きな子は他にいるしな」
「本当に好きな子?」
「あぁ…矢田、俺はお前が好きだ」
「それ本当⁉私も木村が好きだよ」

62:玲 ce12:2016/05/07(土) 19:03 ID:emg

おおおおおおおおおおおおお/////////////
渚カエがとうとう結ばれる!!!!!!
さーほかのペヤはどうなる!!!!!
続き気になって仕方ない!!!

63:鈴原 杏莉◆jS.:2016/05/07(土) 22:48 ID:iFg

あと残ってるのはカル愛と千速と岡倉だよね
岡倉はあんまないけどカル愛と千速は王道なのが残ったなーって感じする

64:鈴原 杏莉◆jS. (;`・ω・)つdice3 ♪( ´▽`):2016/05/16(月) 16:44 ID:iFg

さて、書きますか!一気に書けるかな?
カル愛
「か…カルマ君っ…」
「あれ、奥田さん?どうしたの〜?」
「あの…美弥さんってどなたですか?彼女…なんですか?」
「んー、なんで奥田さんがそのこと知ってるのー?」
「皆さんに誘われて悪いことだとは思いましたが、盗聴しました」
「あー、これはいい逃れる術はなさそうだねー。竹林がさー、ギャルゲー見せてやれやれってうるさいからさー、やることになったんだよねー」
「そ…そうだったんですか。カルマ君は、現実に好きな人、いますか?」
「いるよー、でもなんで奥田さんがそんなこと聞くのー?」
「私がカルマ君のことが好きだからです」
「んー、友達としてってこと?」
「友達としてなら、そんな質問しませんよ?」
「えー、じゃあ奥田さんは俺の事が異性として好きってこと〜?」
「そうなりますね」
「俺も奥田さんが好きだよ、奥田さんと同じ意味でね」
「そうだったんですか⁉」
「うん、なのに奥田さんすごい鈍いんだもん」
「それは…」
千速
「ねえ千葉…」
「なんだ?速水」
「萌って誰のこと…?」
「ああ…もしかしてあの会話聞いてた?」
「いいから答えて」
「…萌はどっかのツンデレスナイパーさんに似てるギャルゲーのゲームキャラだよ、竹林が男子に強要してきたんだけどみんな結構ハマってな…」
「…はぁ…なるほど…みんなそうなのね…そうとも知らずに告白しに行って…まあ成功してるだろうけど…ってかどっかのツンデレスナイパーさんって私のこと?」
「はぁ⁉告白⁉」
「みんな結婚の話に動揺して告白しに行ったわよ」
「で、なんで速水はここに?」
「察しなさいよ!私はあんたに告白しに来たわけよ」
「速水が⁉俺に⁉」
「そうよ、まあ萌が現実にいないんだったら、気長にいけるわね」
「返事、今してもいいか?俺も速水が好きだ」
「は…千葉が私のこと好きって聞いてないわよ。まあでも…ありがと」
デレた

65:鈴原 杏莉◆jS. (=゚ω゚)ノ ―===≡≡≡ dice2 ♪( ´▽`):2016/05/16(月) 16:52 ID:iFg

これで最後、岡倉!
「岡ちん、奈々って誰のことかな〜?」
「く、倉橋⁉なんでそのことを…」
「盗聴したから〜」
「盗聴⁉」
「うん、スカートの中覗きの仕返しに。で、質問に答えてくれるかなー?」
「奈々は…竹林が男子に強要してきたギャルゲーのキャラだ。俺は竹林のように二次元に恋愛感情ねーけどな」
「そうなの⁉安心したー」
「なんでだ?」
「秘密ー」
「そうか。あ、そうだ倉橋」
「んー?」
「俺、倉橋のこと好きだ」
「本当⁉ありがとー。私も岡ちんのこと好きだよ〜」
「それは冗談か何かか?」
「そんなわけないじゃん、本気だよ〜」
「そうか、ありがとな」

これで一応このシリーズは完結。また新しいの書くよー。あ、でも後日談は書くかも

66:ちづる◆sc :2016/05/17(火) 19:06 ID:U3w

入ってもいい?
小説面白い!

67:鈴原 杏莉◆jS.:2016/05/17(火) 21:03 ID:iFg

ちづる
いいよ♪

68:ちづる◆sc :2016/05/17(火) 21:32 ID:U3w

ありがと〜♪
ヨロシクね!

69:鈴原 杏莉◆jS.:2016/05/17(火) 22:23 ID:iFg

よろしく♪


書き込む 最新10 サイトマップ