カゲロウデイズ 107 *小説*

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:百音 あかさたな:2016/05/07(土) 01:55 ID:Yy6

ウチがかきまくります!最近カゲプロ減ってる気がするので、あえて書くということで...
ジャンルは全部(メカクシ団、CP、過去編とかです)

百合系、BL(?)などは、書けません。というか書きたくないです...
ホモォ...などには目覚めておりませんので。

じゃあスタートー!

2:百音 あかさたな:2016/05/07(土) 02:00 ID:Yy6

※若干漫画、小説と内容がかぶったり、話をオリジナルで書く場合があります。




NO.1_シンタロー アヤノ

3:百音 あかさたな:2016/05/07(土) 02:10 ID:Yy6




―....、....。

誰かが自分に語りかけている様な声がする。
しかし、その声は、かなり小さく聞き取れない。
―なんだ...?誰かいるのか...ー


意識がぼんやりしている。眠い...



「...ゃ...、ぉ...ぃ..ゃ、..にぃちゃ...、お兄ちゃん!!!」
「はっ...!?」

慌ただしくベッドから起き上がると、目の前には、妹ー桃の姿があった。

「....んだよ 桃か...焦って損だな...」

「焦って損...? お兄ちゃん今何時だと思ってるの...(怒」
「あ"?今は....ああああああああ!?!?!?」

時計の針は、7時半を指している。
今から、着替えて、飯食ってとなると、かなりマズイ時間だ。

「桃!母さんに、飯は要らないって言っといてくれな!!!」
「えっお兄ちゃん!?」

俺は、急いで制服に着替え、家を出た。












ーしかし、本日は、悪夢の様な事件があったわけで....ー


書き込む 最新10 サイトマップ