ぷよキャラが○○だったら?

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:マジマジ hat:2016/08/05(金) 21:06

ぷよキャラがあんなことやこんなことをしたらどうなるだろうという想像して自分たちで作ってみようというものです!
だれでもok!

2:マジマジ hat:2016/08/05(金) 21:19

例えば「りんごが魔法使いだったら?」
りんご「私魔法少女あんどうりんご!魔法使いの見習いってとこです!!」

みたいで…小説みたいに続けていきます

3:マジマジ hat:2016/08/06(土) 05:55

誰か来てくださ〜い(〒_〒)

4:アミ:2016/08/06(土) 11:26

はじめまして!!アミです!!
入ってもいいですか??

5:マジマジ hat:2016/08/06(土) 11:28

うわぁ〜やっときてくれた〜(〒_〒)
もちろんオーケーですよ!!!!

6:マジマジ hat:2016/08/06(土) 11:32

2のときにかいたやつを小説にしました!

きゃあ〜!!!たすけて〜!!!
りんご「誰かの叫び声がしたような…よし!行ってみよう!」


とりあえずここまで!!

7:アミ:2016/08/06(土) 11:33

つづき気になります〜〜

8:マジマジ hat:2016/08/06(土) 11:52

つづきです!

りんご「う〜ん…ここら辺のはずだけど…

アミティ「あ、りんご!丁度良かった!」
りんご「ア、アミティ!どうしたんですか?」
アミティ「実はラフィーナが誰かに操られて…」
ラフィーナ「ふふふふふ…」
りんご「えっ!またですか?それはエックスの原因でなったけど今回は誰がやったんですか?」
アミティ「う〜んそれが分かんないんだよ」
りんご「え?誰も?無理なんですか?」
アミティ「うん。皆分かんないって…」
りんご「私がやってみます!!」
ラフィーナ「か、体が動きませんわ…」
りんご「しばらく動かないようにしますよ!」
ラフィーナ「…………」
りんご「今の内に…」
アミティ「どう?」
りんご「これは分かりづらいです…」
アミティ「そんな〜!!」
りんご「でも1つ言えることは…心の奥に何かいるということで…」
アミティ「どうするの?」
りんご「ラフィーナの精神の中に入るしか…」
アミティ「え!ラフィーナの精神!?」
りんご「行きますよ!」
アミティ「え!ちょっ!ま…」

きり悪いですが一旦ここまで!

9:アミ:2016/08/06(土) 11:54

うわぁ〜すごいです!!
今度書いてみます!!↓
「まぐりん」か「シェアル」で…

10:マジマジ hat:2016/08/06(土) 11:56

今思ったんですが…これ小説作るだけだと思うんですが…………
気のせいですか?

11:マジマジ hat:2016/08/06(土) 11:56

あ、あとまぐりんでお願いします!

12:アミ:2016/08/06(土) 12:01

了解です!時間かけますね!!
遅くなると思いますが…オーケーならコメントお願いします!

13:アミ:2016/08/06(土) 12:07

10のコメントで…
気のせいです…(多分

14:マジマジ hat:2016/08/06(土) 13:28

ですよね!!あっ!つづきになります↓

アミティ「ここがラフィーナの精神世界…」
りんご「はい。今のところ異常はなさそうですね」
アミティ「?どういうこと?」
りんご「精神世界は周りの明るさによって変わります、つまり今は普通なので」
アミティ「異常なしと…」
りんご「そういうこと!ですが…」
アミティ「何かあった?」
りんご「誰かが私を追いかけてるような気がするんですが…」
アミティ「えっ!だ、誰なの?」
りんご「…………」
アミティ「りんご?」
りんご「やっぱりあなたがラフィーナを操ってたんですね………」
???「フフフ…流石ですね…私の気配を感じるのは…」
りんご「正体を現れしたらどうですか?」
どくりんご「フフフフフ……」
アミティ「えっ!り、りんごがふた、2人!?ど、どういうこと!?!?!?」
りんご「ア、アミティ…落ちついて下さい……それよりなんであなたが!」
どくりんご「りんご…あのこと覚えてますか?あの約束を」
りんご「約束ってあの」
どくりんご「そう…私たちの約束を」
りんご「いいでしょう…ここで決着をつけましょう!アミティ!先に行ってラフィーナを正気を戻してきてください!」
アミティ「うん!」
どくりんご•りんご「いざ!勝負です!」

アミティ「ラフィーナー!!!!!」
ラフィーナ「フフフフフ…また来てくれたんですの?」
アミティ「ちょっ!ちょっと待って!」
ラフィーナ「問答無用!!ですわ!フォルトx10シ、(省略)シエルアーク!!」
アミティ「やめてラf…うわーん!!!」
ラフィーナ「あら?あなたの腕はそれくらいですの?」
アミティ「り…んご……」
ラフィーナ「これでトドメですわ!!………どうして、どうして倒したくても倒せないんですの……」
アミティ「それは…あたしと友達だからだよ…アクセルx3ばばばばよえ〜ん!!」
ラフィーナ「………ありがとアミティさん………」
アミティ「ラフィーナ!?どこ!?」
ラフィーナ「また明日会いましょう……」
アミティ「……これで良かったのかな?はっ!そうだ!りんごは!?りんご〜!」

りんご「はぁ…はぁ…はぁ…」
どくりんご「あなたはそれくらいしか出せないんですか?まぁ少しは強くなりましたね…でも私には勝てませんよ…フフフ…」
りんご「ねぇどくりんご!あなたはそんなことをする人だったんじゃないでしょう!」
どくりんご「…私はあの人に言われたの」
りんご「えっ!まさか…」
どくりんご•りんご「エコロ…/エコロ!?」
りんご「…どくりんご…エコロはどこにいるの……」
どくりんご「わた……しの……な…」
りんご「どくりんご!?しっかりしてください!!」
エコロ「あ〜気持ち良かった!どくりんごちゃんのなか魔力で満ち溢れていたよ!」
りんご「エコロ!!」
エコロ「りんごちゃん!」
りんご「エコロ……今すぐどくりんごを……戻してください………」
どくりんご「りんご………やめて………あなたまで被害を受けるわけには……」
エコロ「君は黙ってな!!魔力がない君には相手になる必要ないよ!イーミッテーション!!」
どくりんご「……さようなら…りんご…」

次で最後になると思います!長くてすみません!

15:マジマジ hat:2016/08/06(土) 17:22

すみません間違いがありました
ラフィーナを正気を戻すではなくラフィーナを正気に戻すです!ではつづき(多分最後です!

どくりんご「……さようなら…りんご…」
りんご「パーミテーション!!!」
どくりんご「りんご!なぜ…」
りんご「さっきの勝負まだ終わってませんよ!それに私とあなたはドッペルゲンガー的存在ですから………」
どくりんご「……この勝負私の負けです」
りんご「いいえ!引き分けです!!」
どくりんご•りんご「…………アハハ」
どくりんご「さてと………」
エコロ「ギクッ!!!」
どくりんご「どくりんご!!!!」
エコロ「ぐはっ」
りんご「エコロ…行きますよ!」
どくりんご•りんご「ははははは/にゃはははは」「パパパパーミテーション!!」
エコロ「いたいなーーー!!」
りんご「やった!」
どくりんご「完璧DEATH!」
りんご「それじゃあ…またいつか…」

アミティ「りんご!!」
りんご「もう終わりましたよ!」
アミティ「それじゃあ帰ろうか?」
りんご「そうですね……」

どくりんご…また会いましょう!

end

16:Ami:2016/08/06(土) 22:20

変えました!↓
   アミ→Ami
まぁ特に変わらないからいいですね…
それにしてもマジマジさんすごいですよ!
こっちはもう少しかかりそうです…(〒_〒)

17:マジマジ hat:2016/08/06(土) 22:24

かまいませんよ!!!
それにしても………あまり来ませんね〜………まあ最初よりマシですが…………
アmゲフンゲフンAmiさんありがとうございます!!!!!

18:Ami:2016/08/07(日) 15:04

まぐりんが喧嘩したとき…

り「まぐろくんのばか〜!!!!」
ま「ちょっ!3DS投げないで〜★」
り「なんで教えてくれなかったんですか!」ジワッ

ここで切ります!!

19:マジュ◆lE:2016/12/02(金) 21:48 ID:6.c

トリップつけたら〜?


書き込む 最新10 サイトマップ