ハニワ!二次元創作!何でもOK

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧キーワード▼下へ
1:なな:2018/09/21(金) 17:24 ID:OQo

ハニーワークスさんの二次元小説をみんなで書きましょう!
リレーでもいいし、一人でハニワの二次元小説完結してもいいし、何でもOK!です。
だけど、アンチ、荒らし、悪口などはやめてください!
ハニワに関することなら何のお話でもいいですよ!
私も、書き込みに来ます!
どうぞよろしく!
あと、できたら書く前に私(スレ主)に報告よろしくお願いします!
たくさんの応募、待ってます!!

2:なな:2018/09/21(金) 17:24 ID:OQo

よろしくね!

3:なな:2018/09/22(土) 21:39 ID:OQo

すみません!!
早速、書き込みたいと思います!!

かちかちとゲームソフトの操作する音が室内に響き渡る。
高校三年生の夏。普通、受験生の二人は勉強をしないといけないが地元の推薦なのでそこらへんは楽でいい。
「天光ってまだ悩んでんのか?」
虎太郎が口を開く。雛に負けじと指を動かすが、雛に負けゲーム機をその場に置いた。
「うん。大学行くか、女優一本で行くか・・・。迷ってるって。」
天光 このはというのは、本名天光故乃葉。雛や虎太郎の友達で世界が注目する「実力派女優」だ。演技の腕前はもちろん。最近のドラマでは孤児や幽霊、13人の兄弟を育て上げるお姉ちゃん役など幅広くキャラクターを演じ分けている。バラエティーでは、滑らかな滑舌と完璧なコミュ力で老若男女の視聴者の心を鷲掴みにしている。そして最近では歌手活動も行っている。
透き通るような綺麗な歌声と、依存してしまいそうな不思議な音色を併せ持つ。
前にハリウッドでも取り上げられスケジュールは立て込み大忙しの女優なのだ。
だけど彼女も高校生。進路のことで悩んでいた。虎太郎や雛、ありさや柴けん、幸大と一緒の大学へ行きたいのだが、どうしても仕事はやってくる。仕事のために高校卒業後は、女優業に専念するという道も考えていた。
「天光ってなんで女優やってんだろうな。」
最近、虎太郎の口からは故乃葉のことばかり。友人として心配してるんだろうと思う反面もしかしたら今は故乃葉が好きなんじゃないかという不安が雛の心に積もっていた。
虎太郎から告白されたのは実質「高校2年の春」だ。
(その前にも曖昧な言葉が多数見受けられたが・・・・)
その日の前日、修学旅行で虎太郎が「好きな人はいますか?」と問いて来た。そのせいで今まで考えないようにしていた「虎太郎が私のこと好きなのかも・・・。」という不安とずっと好きだった「恋雪先輩」に対する思いに揺れ雛は「私好きな人がいるの。ずっと好きなの」と答えた。
それは多分今まで好きだった恋雪先輩の事だ。今まで恋雪先輩にフラれた時からずっと笑わせてくれた虎太郎の気持ちに応えられなかった自分を恨み雛はひっそりと涙を流していた。そして気まずくなった雛は虎太郎を避けていた。しかし体育館裏でうずくまっていた雛を見つけ出し隣に座ってこう言った。
「ずっと変わらないよ。誰かを好きでいても。やっぱり好きなんだ。大好きだこれからも!」
と言ってくれた。そして耳打ちで「待ってるからな!」といい、いつもの満面の笑みを浮かべた。そこからちょっとずつ虎太郎を意識するようになった。今も曖昧な関係で二人はいる。
雛もまだ虎太郎に対する気持ちは恋とは言い難かったが雛は一つだけ確認した。
「ねぇ。虎太郎。まだ私のこと好き?」
虎太郎は急に火傷したように耳まで真っ赤に赤く染めそっぽを向いた。雛は確信した。今はまだ実ってないこの気持ちもいつか実り虎太郎に対する思いができたら伝えよう。あの時のヒーローだった虎太郎のように。でも今はまだ・・・・。虎太郎に耳打ちをして言った。「いつか伝えるね。それまではまだ笑わせてくれる?いつだって」
虎太郎は真っ赤になりながら頷いた。雛も鼓動が鳴る。その日は蝉が鳴り響く暑い日だった。

雛×虎です!
意見、感想、よろしくお願いします!

4:なな:2018/09/23(日) 11:45 ID:OQo

すみません!紹介が遅れました!
天光 胡乃葉(あまみつ このは)とはオリキャラです!
まず彼女のプロフィールについて書きますね。
誕生日  11月4日 
星座   蠍座
学年   高校一年生
身長   159cm
血液型  B型
部活   演劇部
呼び名  このは、天光、このはちゃん
家族構成 兄(櫟)妹✖3(蘭、胡桃、紅葉)
好きな人 望月蒼太
こんな感じです。
芸能界で女優を勤めている彼女は、もともとあった才能と、努力家な性格で芸能界で大きな功績を残す。(仕事ぶりは小説を。)
しかし、過去に6歳で母を亡くし、金遣いの荒い父と一緒に暮らすが借金まみれで食費もままならない環境で育ってきた。
兄が20歳になると(このは、9さい(小3))父は新しい女を作り出て行く。
兄は一生懸命に働くが、残った莫大な借金とともに3さい離れた三つ子の妹たちを支えていくには限界だった。
そこでこのはは、オーディションのチラシを見て受ける。そこで開花した才能は瞬く間に業界で知られあっという間に売れっ子役者になった。
しかし、自分の学費、食費、妹たちのお金・・・・。
兄も婚約者はいたが、妹たちを支えるために仕事だけを頑張っていたのでこのはの勧めで結婚する。
兄もいなくなり、ますます仕事量が増加したこのはは、学校で友達もいなくなり中学でいじめを受けてしまう。そこで助けてくれたの望月蒼太(もちた)
そこからこのはの恋が始まるが、もちたが好きなのは、学年の美少女早坂あかりだった。
それを知ったこのはは、深い絶望に陥るが決死の覚悟で告白をする。
しかし、結果は惨敗。だけど、もちたは優しく笑顔を向けてくれる。
『このはさん。一緒に帰りませんか?』
頬を染め、帰りを誘ってくれたのは同級生の山本 幸大だった。

幸大はこのはが好きという設定です。
皆さんの小説にも登場させていいですよ。
長々と紹介、失礼しました。
(上のは小説じゃなく紹介文です!)

5:なな:2018/09/23(日) 11:46 ID:OQo

いつか、このはの小説も書きたいな〜。

6:いちご :2019/01/03(木) 11:07 ID:oqM

私も書いていいですか?


新着レス 最新10 使い方 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かきシェアする?