今まで沢山の奴を嫌ってきた、でもね、あんたが一番大嫌いだ

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 ▼下へ
1:藍色◆KY:2017/01/10(火) 14:35


「……お前みたいな、いつも私が一番不幸だって被害妄想してる奴が一番嫌いなんだよ!!」

息一杯吸い込んで、叫んだ。

「私だって!!お前が大嫌いだ!!」


私の事なんて誰もわかんない?
同情ならやめて?

被害妄想しちゃって、偉くもないのに。




>>0002

2:藍色◆KY:2017/01/10(火) 14:38


暴言注意。
この小説では>>0001のような内容が含まれておりますので、心が病んでる人は見ないことを勧めます。
この小説を見て、慰めではなく、前向きになれる人が増えることを祈ってます。

3:藍色◆KY:2017/01/10(火) 14:52




1


私の友達、千夏。
中学校入学時から、エスカレーター式に高校二年生になった今日に至るまで、ずっと仲良くしてきた私と千夏。
元々地味な少女の千夏は、私以外の友達と上手くやりあえずに居た。

ある日聞いてしまったのだ。

「千夏ってウザくね?」

ウザくねーよくそ、と口の悪い私は小さく呟いたが、よかった、聞かれてないようだ。
悪口を言おうものなら潰すがモットーの私は、悪口の拠点となっていた女子トイレに突進しようとした。
……次の瞬間に、次の言葉を聞いて時は止まった。

「千遊と良く一緒に居るけどさ、千遊も正直ウザそうに接してるよねー」
「わかるまじそれー」

千遊、私の名前。
千夏と似た名前で、中学校のときにはチユチナって呼ばれてた。
私も千夏が嫌い?ふざけんなって。
でたらめしか言わないこいつらに無性に腹が立った私は、近くのゴミ箱を蹴り倒しながら教室へ向かった。

放課後の教室で、千夏が待ってる。
今日も一緒に帰って、勉強して、弟とTV見て、風呂はいって飯くって寝て起きて、
そんな実行もしない計画を、

私は教室で千夏が泣いているのを見るまで考えてた。
千夏がいじめられてるなんて、知らなかったんだもん。


新着レス 全部 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
掲示板スレ一覧サイトマップ長文/一行モード検索Twitter シェアする?RSS