私の恋は奇跡の色

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧キーワード▼下へ
4:カルマ◆NI:2018/05/05(土) 20:59

プロローグ

「ふぁ…」

朝の6時。私は小さなあくびをして起きる。
カーテンを開けると、真っ青な青空。太陽が光を差している。

おっと…自己紹介を忘れていました。私の名前は、雨宮 円香。今日から小学6年生です。目立つことが特に苦手です……

「おはよ…」

私は眠い目を擦りながら、リビングへ向かい、家族に挨拶をする。
ドアを開けると、コーヒーの香ばしい香り、トーストの匂いが部屋に広まる。

「あら、円香おはよう。そろそろ一樹を起こしてくれる?」

お母さんはにっこりと、私に挨拶をすると、お兄ちゃんを起こすようにと頼まれ、また階段を上る。
私のお兄ちゃんの雨宮 一樹。中学3年生。こんな静かな私に優しくしてくれます。読書好きの私に本を貸してくれたりしてくれます。

「お兄ちゃん。起きてよ〜」

私はお兄ちゃんの体を優しく揺すりながら起こす。
すると、お兄ちゃんは素直に起きる。

「あら、今日は早いわね。早くご飯食べなさい。」

お母さんはみんなに呼び掛けると、お父さんとお兄ちゃん、私は椅子に座る。
私は「いただきます」をすると、最初にトーストを食べ始めた。

「今日は確か、2人とも学校なんだよな?」

「うん。入学式の準備とかでいろいろと忙しいよ。」

私は苦笑いをしながらトーストを食べる。

食べ終わると、さっそく身支度をきちんとする。
今日はカーディガンを着ておこう。髪も一本に纏めて結ぶと、家を出た。


続きを読む 全部 <前 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS