ポーカーフェイスの笑わせ方

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧キーワード▼下へ
1:なつはぁ〜◆1w:2018/06/13(水) 00:33

はい。小説は下手くそですが作ります。是非感想くれると嬉しい()
>>2 注意
>>3 登場人物

2:なつはぁ〜◆1w:2018/06/13(水) 00:34

注意
※語彙力無
※ザ・下手

3:なつはぁ〜◆1w:2018/06/13(水) 00:35

(主)矢野 和樹(ヤノカズキ)
ムードメーカがー。亜沙の事を笑わせようとして付きまとっている。好き⁇

直野 亜紗(ナオノアサ)
天然。とにかく天然。
小さくて可愛い。勉強もスポーツもそこそこ出来る。ポーカーフェイスの達人。

佐原小波(サハラコナミ)
亜沙の親友。優しい。
マサミツが気になっている。

後藤雅充(ゴトウマサミツ)
和樹の親友。
小波が気になっている。

4:なつはぁ〜◆1w hoge:2018/06/13(水) 00:36

【つねる】

「はよ…」朝の何故かどんよりとした空気の教室に俺の声が漏れる。
重いランドセルを机にドスンと置いて朝の支度を始める。
「よ、おはよ」そう声を掛けてきたのは雅充だった。「あぁ、はよ」俺は返事を返す。雅充はにやにやと笑いながら机の前に回る。「朝から元気ないねぇクラスのムードメーカーさんや」
「朝はやる気おきねぇよ…」口答えをしながら朝の支度を終わらせる。

__ガラッ__

教室の扉が開く音がする。反射的に振り返った。「…おはよ」そう言いながら無表情で入ってきたのは亜沙--…
俺はランドセルを後ろのロッカーに置き、亜沙の机の所へ行く。「よぉ、おはよ」「あ、カズ、はよ」亜沙はなんの抵抗もなく黙々と朝の支度をする。
俺は構ってもらえないのが嫌なのか変な気持ちになる。

ムィーン
「いたた、、何」俺は亜沙のほっぺたを横にのばす。そんな亜沙を見ながら俺は険しい顔つきでまたのばす。
「いたいって、、やめろー」亜沙が小さな力で俺の手を払いのける。
(こいつ…こんなことやられて何思ってるのか本当に読めねえ…)俺は小さくため息を吐くと渋々自分の席に戻る。
雅充が駆け寄ってきた。
「お前さぁ亜沙の事好きなん?」にやにやと笑いながら俺に聞く。ぶっちゃけそうだか正直に言うと後がめんどくさい。「いいや、仲のいい奴だと思ってる」「ふーん。つまんねえの」何を期待してたのか。雅充も席に戻って行く。好き、かぁ…あのポーカーフェイスの表情さえ読み取れれば俺を気にしてくれるか。
朝のチャイムがなる。授業の始まりだ。


新着レス 全部 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS