今日も今日とて仮面を付けて

葉っぱ天国 > 短編小説 > スレ一覧 ▼下へ
1:閖時雨◆YQ ナンシー:2016/10/30(日) 18:55

閖時雨です。つまらない小説ですが、
感想、アドバイスよろしくお願いします。

・荒らし禁止(来てもスルー)
・なりすまし禁止

>>2  人物紹介
>>3  小説開始

2:閖時雨◆YQ ナンシー:2016/10/30(日) 19:30

人物紹介

・西宮 千春 (にしみや ちはる)
主人公。ネガティブで人付き合いが苦手。家族全員他界していて、それが原因で学校では仮面を付けるように。

・蒔伊 悠埜 (まきい ゆうの)
千春の唯一の親友。千春と同じく学校では仮面を付けていて大人しい性格。病弱。


主なキャラクターは以上です。
多分増えますが………。

>>3  小説開始

3:閖時雨◆YQ ナンシー:2016/10/30(日) 19:53

「はぁ…………」

ぼーっと窓の外を眺める私_____西宮千春は、『月曜日』という一週間で一番憂鬱な一日の一番憂鬱な時間帯、『朝』と闘っていた。私は脳内で可愛らしくデフォルメされた自分と、朝を表す可愛らしい太陽のイラストが戦っている映像を、想像していた。

「あ……、千春。おはよ………」

「……あぁ…。おはよ、悠埜」

怠そうな声で挨拶をしてきた彼女の名は、蒔伊悠埜。私と悠埜は親友だ。
__え?何故かって?じゃあ、今から説明しよう。


____それは遡ること、三年前_

4:閖時雨◆YQ ナンシー:2016/10/31(月) 19:59

ー過去 三年前ー

「お母さん………?お父…さん…?」

_14歳、秋。目の前の棺には、安らかに微かな笑みを浮かべた家族が眠っていた。

「ッ……何………で…?」

死因は出血死。私が友達と呑気にカラオケに行っている間、「久しぶりのデートだ」なんて言って外食に行った。その時、車で軽いレストランのような所に行こうとしていたらしい。その道中、左折しようとした瞬間、一トンはあるという荷物を積んだ大型トラックが__________

__私は自分を責めた。あの日私がカラオケなんて行かなければ…。そしたら外食なんて案すら出なかったっていうのに…………。
本気で死のうかと思った。縄に首を掛けた。でも、本当に死ぬ勇気なんて私には無く、生きている_______

ー学校ー

私は、学校で『仮面』を付けることを決意した。家族の死を、誰にも話さなかった。心配かけたくなかったから。
友達に話したらきっと『悲劇のヒロイン』扱いされ、気を使われ、気まずくなってしまう。_そう、思ったから。

__そんな折、ある少女に出会った。
私と非常に似た境遇の_______

5:閖時雨◆YQ ナンシー:2016/10/31(月) 21:14

「転校生の蒔伊悠埜さんです。皆さん、仲良くしてあげて下さいね」

その少女こそが後の親友、蒔伊悠埜だった。彼女も家族を亡くし、『頼れるお姉さんキャラ』の『仮面』を付けている。

6:閖時雨◆YQ ナンシー:2016/10/31(月) 21:15

>>5
短くてごめんなさい。

7:閖時雨◆YQ ナンシー:2016/11/01(火) 16:42

さて、この蒔伊悠埜という少女について話そうか。彼女は、『本当』の『悲劇のヒロイン』なのだ。4歳という幼子だったにも関わらず、両親が他界。兄弟はそのショックから自殺。その時からもう心を閉ざし、仮面を付けているのだという。病弱で、ちょくちょく貧血で保健室に運ばれる。
_始まりは私からだった。自分と似た境遇の子だ。親近感があった。

「ね…ねぇ、蒔伊さん」

そう話しかけると、チラリと此方を見て、

「……………………何?」

と、やたら透き通る声で言った。

「ゆ…悠埜ちゃんって…呼んでも良いかな…?」

「…………ゅぅ……ぃぃょ」

そう小さな小さな声で呟いた。あまりにも小さすぎて聞き取れず、

「えっ…ご、ごめん、もう一回言って…くれる?」

「悠埜で良い」

つまり彼女は、『悠埜』と呼び捨て良いと言ってくれているのだ。ようやく理解した。

8:閖時雨◆YQ ナンシー:2016/11/01(火) 16:49

容姿の説明をしていなかったので今。

西宮 千春
茶色のツインテール。エメラルドグリンの瞳。制服はきっちり着るタイプ。

蒔伊 悠埜
青みがかかった銀色のセミロング。右目は透き通る青い瞳だが、過去に何かあったらしく、左目は真紅。制服のリボンは付けず、紺色のセーター着用。

9:閖時雨◆YQ ナンシー:2016/11/02(水) 21:01

「まぁ、仲良くしようね!悠埜!」

「………………ぅん」

凄く小さな声だったので、最初、「ん」と言ったのかと思ったが、「うん」と言ったのだと分かった。少しだけ、頬を赤く染めていた_____

      ◇◆◇◆◇◆

*悠埜side*
いきなりでびっくりしたけど…。先ず、誰だっけ?自己紹介されたんだけど………。西宮…千春?だった気がする。まぁ、違うかもだけど。でも…『友達』か。悪くないかもしれないな。___そういえば、今までずっと心を閉ざしてたんだった……っけ?皆からいじられて、全部全部ウザくなったから、引っ越した……筈。私の記憶は曖昧だなぁ、と思う。あの日以来、何にも興味を示さなかったからなぁ、私。…………まぁ、これも多分なんだけど。千春は私とは正反対なタイプだ。
マントを翻し、堂々と赤い超高級な絨毯を踏みつけていく王様のような人間。それに対して私は、何処にも居場所がなくて、ただ使われていく『だけ』の…奇跡なんて起きない哀れなシンデレラってとこ?まぁ、どうてだって良いけど。

10:閖時雨◆YQ ナンシー:2016/11/02(水) 21:04

ごめんなさい、小説板にもスレッドを立てるかもしれないので、此方の更新が遅くなるかも知れません…。スレ立てるとはまだ決まってませんが(^_^;)

11:閖時雨◆YQ ナンシー:2016/11/02(水) 21:05

>>9
誤字
最終行目
まぁ、どうてだって良いけど。
     ↓訂正↓
まぁ、どうだって良いけど。

12:閖時雨◆YQ ナンシー:2016/11/03(木) 11:39

「シンデレラ………ふっ…ぴったりじゃん」

「…?悠埜、どした?」

思わず思っていることが口に出たらしい。これは『多分』じゃなくて、『無意識』だから気付かなくてもしょうがない。慌てて訂正しようとした。

「う、ううん、何でもな_____」

13:閖時雨◆YQ ナンシー:2016/11/03(木) 11:46

「何でもない」そう言おうとした。

「がっ……あっ……かはっ…」

発作…………?私は病弱。学校ならいつも貧血で済むのに………?
_そう、私の本当の病気はただの発作なのだ。それも極々稀なのに__?年に三回くらいなのに………。

「ッ…………!」

苦しい。ただそれだけ。

「悠埜!?悠埜!しっかりしてよ!」

薄れ行く意識の中で、千春に呼び掛けられたのは確認できた。あぁ、優しい奴なんだな_________。

14:閖時雨◆YQ ナンシー:2016/11/03(木) 11:46

少し迷っていますが、多分スレ立てするので、更新遅くなります…。
ご了承下さいませ。

15:閖時雨◆YQ ナンシー:2016/11/03(木) 12:16

すみません、やっぱり書きません。
考えていたキャラクターは、
こっちで出します。

16:閖時雨◆YQ ナンシー:2016/11/03(木) 12:32

*千春side*
「だっ…、誰か…!」

悠埜が倒れていることに気付いている生徒は居なかった。男子は朝練、女子も運動部の子達は朝練に行っていた。朝練がない生徒達も、購買に行ったり、グラウンドでサッカーしたりと、教室に居る者は『その時』は居なかった。尚、以上に該当しない生徒は、まだ学校に来ていない。その時、誰かの声が聞こえた。

「おはようございま__って、西宮さん…と………蒔伊さん!?どうしたんですか!?」

教室に入ってきたのは、楓・ティファニーさん。

「ティファニーさん……!」

私はすがるような目で彼女を見つめた。そうだ、彼女は保健委員だから、助けてくれるかもしれない………!

「ティファニーさん…!助けて…!」

「西宮さん………えぇ、分かりました。連れて行きましょう」

ティファニーさんは、悠埜の身体を抱え、保健室へ小走りで行った。

「はぁ………」

そう溜め息をつくと、ティファニーさんが戻ってきた。

「ティファニーさん?どうしたの?」

「あの、西宮さん……。『ティファニーさん』じゃなくて、『楓』で良いですよ」

「…じゃあ私も、『西宮さん』じゃなくて、『千春』で良いよ」

楓は少し微笑むと、行ってしまった。

17:閖時雨◆YQ ナンシー:2016/11/03(木) 12:33

新キャラ紹介するのは少しお待ち下さい。

18:閖時雨◆YQ ナンシー:2016/11/03(木) 13:09

・楓・ティファニー (かえで)
千春と悠埜のクラスメイト。保健委員でしっかり者。イギリス人の母親と日本人の父親とのハーフだが、産まれた時から日本に居たため、日本語しか喋れない。母親も日本に住んで何年にもなるので、日本語は完璧。

19:閖時雨◆YQ ナンシー:2016/11/03(木) 13:11

楓・ティファニー
【容姿】
橙色のショートヘアーに黄色い目。制服はリボンをきちんと付け薄茶色のベストを着て、腕捲りをしている。

20:閖時雨◆YQ ナンシー:2016/11/03(木) 17:42

ー保健室ー
「発作ね」

「発作…………………?」

私は、美人先生こと保健の先生の言葉に耳を疑った。

「…千春。私、クラス全員の病気や持病に関するデータがまとまってる資料、持ってますけど……要りますか?」

「…!ホント!?要るよ!ありがと、楓!」

ー数分後ー
ガラッと、保健室のドアを勢いよく開ける音がした。見ると、楓が例の資料を手に、息を切らしながら立っていた。

「ち………ゲホッ…。千春…、持って…来ましたよ……ハァ……ハァ…ゲホッ」

「あありがとう楓…!!そ、それより大丈夫…!?」

私は持って来てくれたことに涙目になりながら随分疲れている楓に問いかけた。

「大丈夫……ですよ…ゲホッ…保健室から…職員室まで……………割と…離れているので……………ゴホッ…疲れ…ましたがね………ふふ…」

楓はそう言って、乾いた笑みを浮かべた。

「絶対大丈夫じゃないでしょ…。と、とにかく休んで!」

楓を支えて、先生の近くまで連れていく。

「あらぁ、ここから職員室までって、そんなに離れてたっけぇ?」

「そりゃ先生は毎日毎日通ってるから苦じゃないでしょうけど、めちゃくちゃ離れてますよ!?」

「はいはい、とりあえず椅子にでも座らせておいてあげてねぇ」

先生の甘ったるい声に少々の苛立ちを感じつつも、一先ず楓をその辺にあった椅子に座らせる。全力疾走で職員室まで行ってくれていたのか、感謝せねば。

21:閖時雨◆YQ ナンシー:2016/11/03(木) 17:43

>>20が長ったらしいですね…。
以後気を付けます。

22:閖時雨◆YQ ナンシー:2016/11/03(木) 17:45

あと>>20の千春の台詞
「あありがとう楓…!!」
で、「あ」が一つ多いのは、感激しているという描写ですので、突っ込まないで下さい…。

23:閖時雨◆YQ ナンシー:2016/11/03(木) 18:33

続き明日書くかもです
そろそろ仮面の話に移るのでご安心を。

24:閖時雨◆YQ ナンシー:2016/11/04(金) 19:06

ー数日後ー
悠埜の体調もすっかり良くなり、また普段通りの生活に戻った。どんなことがあっても、悠埜と私は親友だ。お互いを傷付け、お互いを助け合って過ごしている。__え?何故かって?そりゃあ、悠埜と話す時だけは、気兼ねしない。つまり、仮面を外して、会話することが出来る。私は自分で言う程ネガティブなので、暗い性格の悠埜と話が合うのだ。

「はぁ……………」

話は変わるが、今日は何故かとても機嫌が悪い。今日は生理でもなければ嫌なことがあるわけでもないというのに…。さっきから溜め息が出続けている。

(あ〜イライラするな〜!)

声に出すと何かと問題なので(周りの反応的に)、心の中で思うことしか出来ない。出来ることなら大声で叫んでやりたいが、それも無理。
__こんなネガティブなことを考えている自分にも腹が立つ。

「………………チッ」

私は知らず知らずの内に舌打ちしていた。

「はぁぁ………………………」

心なしか、胃がキリキリと痛む気さえする。気のせい……………か?









_____だがそれが




気のせいではなかったということに




気付くのは





そう遠くないのであった_____。

25:閖時雨◆YQ ナンシー:2016/11/04(金) 19:06

あぁ、どんどん変な話に………。

26:-Hinata-◆HQ:2016/11/04(金) 19:10

閖時雨〜文才を私→(σ・з・σ)ゲッツ 
に分けてくれないかい?


面白いね〜すっっごい面白いね〜
頑張ってね〜

27:閖時雨◆YQ ナンシー:2016/11/04(金) 22:08

>>26
ありがと〜………って、文才?無いから無理よ〜♡面白い!?お世辞は抜きよ〜♡

28:閖時雨◆YQ ナンシー:2016/11/05(土) 10:57

「……う…うぅ………ん……」

やっぱり痛い。胃が痛いと思ったのは気のせいではないのか。
ガタッ
私は、いつも気にする周りの反応を無視して、勢いよく机から立ち上がった。そのまま猛ダッシュで廊下を駆け抜けていく。目指すはトイレ。
_____だがここで問題発生。

「あぁぁぁあぁぁぁぁ!!!……あ」

…………しまった。大急ぎで駆け抜けていたせいで、何処かに仮面を落としてしまったようだ。つい大声を出してしまった。

(どうしよう、どうしよう………!)

とにかく今は気にしていてもしょうがない。トイレの個室のドアをバン!バン!と煩く開け閉めした。

ー数分後・廊下ー
「はぁぁぁぁぁ……………」

今から教室に戻ると思うと憂鬱だ…。きっと誰かがさっきの叫び声を聞いた筈…いや、聞いたに違いない。

ー教室ー
「西宮…さん…………」

誰かに声をかけられ、反射的に肩をビクリと動かした。

29:__*陽絶月牙*◆zg:2016/11/06(日) 18:07



ナンシーやっぱ上手いねぇ

30:閖時雨◆YQ ナンシー:2016/11/06(日) 19:02

>>29
あら有難う♡


新着レス 全部 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
掲示板スレ一覧サイトマップ長文/一行モード検索Twitter シェアする?RSS