探偵チームKZ事件ノート♪2

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 1- 101- 201- 301- ▼下へ
1:アイス:2016/11/07(月) 05:37 ID:8x2

やっほー
スレ作ったよー!
探偵チームKZ事件ノート♪
の続きです!
条件は同じだよ〜

275:花鈴 ごめんなさい。:2017/01/30(月) 18:07 ID:hUs

ごめんなさい。
当分、このスレに顔出せません。
少しだけ抜けます。
ごめんなさい🙏

276:杏:2017/01/30(月) 18:23 ID:.RA

花鈴»そっかぁ〜・・・
戻ってくるの待ってるね!!

277:杏:2017/02/02(木) 17:31 ID:VyM

昨日上杉の誕生日だったぁぁぁあぁ!!ごめん上杉ぃぃ(¶д¶)
2月1日、上杉13歳の誕生日おめでとう!
これからもツンデレ楽しみにしてるよ〜ww  
~追伸~
もっとツンデレのデレを見せてほしいナァ〜〜〜〜(´∀`)

278:アイス:2017/02/10(金) 21:43 ID:ZVg

みんな!お久っす!
あのね、予定が変更してさぁ、来れるようになったよ!!!
超超超嬉しかった!!
小説も前の続けるつもり!
(!)多くなっちゃったけど、嬉しくて…!
こればっかりは仕方ないよね☆

279:アイス:2017/02/10(金) 21:52 ID:ZVg

あ、そうそう
始めてのお方はこれからよろっス☆

280:アイス◆P2:2017/02/10(金) 22:03 ID:ZVg

小説更新!…わすれてるかなぁ?

「…………」
ん?
何だこの視線は?
上杉くん?
え、何で私のんな目で見られなきゃなんないの?
「………………」
「ぁ、ぁの、ぅ上杉くん?」
きょどっちゃったし!
ヤバイ
涙でそう。
「ねえ、どうしたの?」
「…………………」
「…………(何か喋ってよぉ〜」
あ、視界がゆがむ。
この空気の中にいるこの怖さ。
尋常じゃないよ。

281:アイス◆P2:2017/02/10(金) 22:15 ID:ZVg

「あのさ、」
上杉くんが口を開く。
ビク!
「へ、へい!あ、はい!」
う、
かぁぁぁぁ
恥ずかしい……、
恥ずかしいよさっきのはぁ!
「どうした?」
「や、えっと、ぅぇ………が………」
「ん?」
「う、上、杉くんが、こ、こわ…く、て…」
「怖い?」
「だって」
だって、だって無言でこっちジトーッて見て
くるし……!
そう言おうとした時。
「おい!お前らいい加減にしろ!つーかさっ
きとか全然喋ってなかったくせに、なにずっ
と二人でいるんだよ!彩!!こいつとは話すな!」
そんな、ストーキング行為犯←(なんか変だよ?日本語が)が、大声出しながらこっち来た。

282:杏:2017/02/12(日) 17:28 ID:VyM

アイス、久しぶり〜!!
来れるようになったの?良かったね!
これからもヨロシクね!

283:イチョウ◆.Q:2017/02/13(月) 19:15 ID:hOg

ふぉおおおおおひゃっほおおおおおおおぃあやああ(
まずしばらく来れてなくてごめん。
あと花鈴またね!戻ってきてね!
それと相変わらずアイスは小説がうまいね!
あと上杉誕生日おめでと。

なんか小説内容は浮かんでるけど没になりそう…。
今日は宿題早めに終わったから出すねー。
ちなみにあのプロローグ?の何日か前の設定だよ。

若武Size
今日は黒木から電話があって、それで会議をすることになっている。
いつもの席を見ると、小塚が座っていた。
俺はその隣に座り、小塚に話しかける。
「なぁなぁ、今日の授業無駄に簡単じゃなかったか?」
俺と小塚は前の前の時間、同じクラスだった。
小塚はうなづく。
「うん、なんでだろうね。」
ちょっと悩んだところに上杉と黒木が来た。
それからすぐ、七鬼と美門とアーヤもやってきた。

気力無くしたから一旦切るね((殴

284:アイス◆Uc:2017/02/22(水) 22:16 ID:5C.

わぁぁぁー!!
二人とも、お久!

いっちゃん、上手とか…
よせよ、照れるじゃんか^///^

はぁ、新しい人とも早く仲良くなりたいぜ☆

285:アイス◆P2:2017/02/24(金) 20:03 ID:Lxc

ショウセツデース ミテクダサーイ

********************
「んもう!志織うっさい黙ればか!大体ね、
遅いっていうけどあんたが勝手に勝負しかけ
て、その説明も下手でさ、自業自得じゃん、
本当黙って。あと、上杉君には本当のこと言
ったし、他のにも言っとくつもりだから。言
わせてくれなかったら上杉君に言ってもらう
よう頼んどくし?それに、今回の私の仲間達
はすっごいんだからね!少なくとも、“あの
人”達の中には紛れられるんだから!絶対不
自然じゃないわ」
ハァハァ……
馬鹿だ私。酸欠。ヤバイ
あ、上杉くんの前だった!
「おい、立花?大丈夫か?息継ぎしてなかっ
たよな」
「あー…」
あはは……
「あのなー彩はさ、キレたら勢いが止まるま
でずっと正論かつ、地味にダメージがくる言
葉をつらつら並べんだよ」
聞き取るのに毎回どんだけ苦労するものやら
と、このストーカーは言っている。
まあ、否定は出来ないんですけども。
怒らせてんのはそっちだし?正論ならいいじ
ゃんねぇ?
志織が苦労しようが知らないし。例えそれが
私のせいだとしても、やっぱり根本的なのは
志織だし。

286:イチョウ◆.Q:2017/03/02(木) 19:42 ID:1GA

いやっふー!イチョウだぜ☆

アイスの小説おもしろい!
そしてアーヤ可愛いw

287:杏:2017/03/03(金) 20:38 ID:Jkk

いやっふー!杏だぜ☆
ん?パクってるって?パクってないパクってn((殴
はい、すみません。パクりました
イチョウごめん!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜皆さすがだね!何でそんな話が書けるんだ・・・(°д°)

288:アイス◆P2:2017/03/08(水) 17:38 ID:n6s

いや、いやいやいやいや。
あなたたち二人は、何をおっしゃっておるんでござんすか。
私を褒めても、何も得はせんぞ。

まぁ、アーヤが可愛いことと、他の人たちが小説上手なことには賛成でござるがな。

289:DJクリスタル:2017/03/08(水) 18:41 ID:dT6

こんにちは 入ってもいいですか                                  皆さん小説とても上手いですねクーちゃんと呼んでも構いません 

290:アイス◆P2:2017/03/08(水) 19:55 ID:n6s

こんにちは〜
是非是非お願いします!
タメで言ってもいいですか?私はいいです。
むしろ大歓迎です。
クーってよんでもいいですか?

291:羽花:2017/03/10(金) 20:00 ID:7Lg

こんばんは〜
羽花『うか』です〜((*´∀`*)
この、スレはいってもいいですか?
KZ歴3年の新人ですが、よろしくお願いします〜
返事を、お願いしますー
あ、いちおうプロフかいときます


名前: 羽花 うか (偽名)

年齢:10〜14

趣味:KZを、読むこと

KZの惜しキャラ:もっちろん、上杉様ですわwツンデレ、最高(w)↑↑


よろしくでっす☆

292:羽花:2017/03/11(土) 08:23 ID:7Lg

あ、はいっていいかの許可もらってないですけど、
私のかってな希望

あかりs!!!
『恋の魔女は知っている』
続き、やってください〜\(°∀°)/パアア
あれ、続きがずっと、きになって…
★⌒(´∀`*))
{殴りつつある=殴ってOK}

勝手なお・も・い・こ・み★

他の方々のも
ヤバイよ×∞なほど、おっもしろいので
続き、よろしくお願い致します



あ、『学校の都市伝説は知っている』
の、内容 少しだけどわかりましたよ
(⊃^∀^⊂)ムギュ
えっと、ですね

293:魔綺麗 長くなり、誠にすmません:2017/03/11(土) 09:45 ID:7Lg

若武が、KZリーダーを辞める宣言をする(?)ような感じらしぃ
間違ってたら、ほんっとにごめんなさい (((((((((mー ーm)
スmマセン←間違え情報だったら。w


なんだかんだ言ってながくなり。
誠にすみませんでした、




あ、羽花から魔綺麗にかえます

〜プロフ、かきなおし〜


名前:魔綺麗(みれい)

年齢:10〜14


好きなKZメンバー:もっちろん上杉様
((ツンデレ、最高w↑↑↑)

くっついてほしいペア:上杉&アーヤ

って、感じです★
あ、好きな本(小説)は、
KZ・KZD・ぼくらのシリーズ・黒魔女さんが通るくらいかな((まだ、たくさんありますw)
KZ小説なら、『アイドル王子は知っている』が、好きかな。
KZDなら、『青い真珠は知っている』も好きだけど『桜坂は罪をかかえる』の、方が好きかな、
KZDは全巻もってまーす☆KZの方は後少しで全巻そろいまーっす☆★
てな、感じでよろしくお願いしまーす\((●´∀`○)/パッパラ~

294:アイス◆P2:2017/03/11(土) 23:10 ID:n6s

どうもうかさん!
みんな大好きアイスちゃんです!
(あ、サーセンちょーし乗りましたごめんなさい)
まぁ、それはそうとですね、あなたに是非是非入って欲しいです。
だってもう、一押しが上杉くんとかさ、ツンデレ最高とか、超超共感できるんです!
だから、好みが一緒の人には入って欲しいわけなんで、ヨロです☆

295:イチョウ◆.Q 新刊買う予定!:2017/03/12(日) 10:51 ID:1GA

杏>いやいやいやパクリなんかじゃないでしょう!
それは私を無駄に興奮させるための魔法でしょ←
アイス>マジで面白いのにな・・・。
アーヤちゃんさんはやっぱり可愛いよね〜!
クリスタルs>よろしくお願いします(^^)
それじゃクーちゃんって呼ばせていただきます!
魔綺麗s>よろしくお願いします(^^)
私もツンデレ好きじゃーー!w

あとタメでよろです!

296:アイス◆P2:2017/03/12(日) 12:08 ID:n6s

おぉ…いっちゃん……!
私のを面白いなんか言ったら、いっちゃんは「感性がどうかしてる」って言われちゃうぞ!
いいのか!それで!

297:アイス◆P2:2017/03/12(日) 12:12 ID:n6s

あ、そうそう、自動文庫っておもしろいじゃん?
でもね、最近他のにもハマっちゃって〜!
ケータイ小説サイトの「野いちご」と、「魔法のiらんど」なんだけどね、すっごい甘々で、見ててにやけちゃって、クラスの子にキモい、こわいって言われちゃったんだ〜☆

298:アイス◆P2:2017/03/12(日) 19:18 ID:n6s

3

299:アイス◆P2:2017/03/12(日) 19:18 ID:n6s

2

300:アイス◆P2:2017/03/12(日) 19:19 ID:n6s

1......
























0!!!
300だ!祝300だね!

301:魔綺麗:2017/03/12(日) 19:50 ID:7Lg

えっと、いれてくださり
ありがとうございます!
あ、タメOKです☆

アイスsも、上杉押しでしたか…


ツンデレ、最高↑↑↑

あーリアルで、でてきてほしぃぃぃぃ

KZDの『桜坂は罪をかかえる』、
上杉目線で、…………{神×∞}
でした〜*´ġ`*ハァハァ

『青い真珠は知っている』も、おもしろかったですけど
上杉押しの私的には
((超どうでもいいぜっ☆dy若武)→
{あぁ?もう、お前は夢小説にださねぇぞ?}
((怖)
(す、すいませんしたぁdy若武)→
{ふむ。よろしい、}

『桜坂』は神でしたぁ(*´∀`*))

よんでいない方読んでみてください〜

おもしろいですよ((*´∀`)人(^о^*))

では。無駄に長くなりすみません、

あ、300、おめでとうございます

302:魔綺麗 オヤスミ、上杉様…ムニャ:2017/03/12(日) 21:43 ID:7Lg

★超☆どうでもいい情報★


今から地獄の勉強タイムゥ★
で、寝ます。ー ーZzz(爆睡決定)

皆様、上杉様。
いい夢を、おやすみなさい




あ、近々忙しくなければ
小説だそうと思います、
下手ですが。どうぞよろしく…


『金の木馬は知っている』です。

えっと、一応くっつくのは
上杉&アーヤにしています、が!
コメント次第で変える場合がございますので、どんどん、コメント
ください(*´∀`*)

では、長くなりスmマセン

303:魔綺麗 金の木馬は知っている 〜夢小説〜:2017/03/13(月) 19:58 ID:7Lg

えっと。では、夢小説いきます〜


〜彩目線〜

       〜*〜
1 マリンボーダーの罠




「おねぇちゃん、おかえり!」
奈子が、ずいぶんとご機嫌そうに言っ
た。
「ねぇ、この服みて。ママが買ってくれたの、このまりんぼだーを、きるとねっ!ともクンとずうううううっと仲良くできるの!ね、すごいでしょ!」
……どこから、ツッコめばいいのか…
「あのねぇ、まりんぼだー
じゃなくて……マリンボーダー、わかる?」
「へぇ、そうなんだぁ。
あのねっ、ほんとはかわいいピンクのワンピースがほしかったの…
だけどねっ、ママがマリンボーダーの服の方がかわいいし、ともクンとずっと仲良くできるよって…」
ママ……奈子の選んだワンピースが高かったから…マリンボーダーの服にしたのか…奈子、鈍感。
「へぇ、よかったね」

「ね、ともクンかわいいっていってくれると思う?ね、どう?」
あぁ、うるさい
「あー いってくれるんじゃない?」
適当に返事をし、自分の部屋に向かった。
奈子って……鈍感。っていうか
鈍い…
こんな調子で、絶対に女子を敵に回すよね、
あーあ、かわいソ


       〜*〜



はい、題名と全然カンケイない
1話、おわりっ!


では、また更新します!
コメント&感想よろしくおねがいします♪
(*´∀')人(´∀`*)パチン ★HAITTUTI☆
いえぃ

〜次回予告〜
……はあっ!?
どーして、若武の恋のために、協力しなきゃ、いけないのっ!?
うぅ、ついてない…
って、えっ!
私のクラスメートが殺されたっ!?
これは、他人事じゃないっ!
立花 彩、国語のエキスパートとして
がんばります!


2話
若武、またまた恋をする



すいません、下手で……
皆さん、とてもお上手で…
私が小説を書くと…
霞(かす)む……
では、
皆さん、上杉様

おやすみなさいっ!

304:アイス◆P2:2017/03/14(火) 22:33 ID:n6s

えっ!?クラスメイト殺人事件ですと!?
すっごい気になる!
面白いよ(≧∇≦)
若武の、次の相手はアーヤかな?

305:杏:2017/03/15(水) 16:10 ID:Jkk

ひっさしぶり☆ちょっと来てないうちに結構進んでた!!(°д°)
クリスタル、魔綺麗»おっ、新人さんいらっしゃーい♪どうも、小塚の塚もわからなかった杏です。これからよろしくネ!!
クリスタルは、クーちゃん。魔綺麗は、みれいってよんでもいい?

306:杏:2017/03/15(水) 16:45 ID:Jkk

『学校の都市伝説は知っている』ゲットしたゼ☆
若武がKZ脱退したりしてたけど、私は若武のこと信じてたよ〜!!!
若「はぁっ!?信じてなかったじゃな いかよ!」
アハハ、ナニヲイッテイルンデスカ ワカタケクン。
美「あれぇ〜確か、本読みながら『若 武ウザイ!失望した!!』とか言 ってないっけぇ〜 ニヤニヤ」
そ、そんなこと言ってなi
(録音をながす)
『若武マジありえない!うわ〜、信じらんなくなったわ〜』
あ、えっと・・・
スミマセンでしたぁー!!(土下座)
若「(^言^)ニコッ」
すみません、すみません、すみm((殴
ドカッ、ボコッ 
  〜しばらくお待ち下さい〜
若「 (^∀^) 」
美「杏が死んだかどうかは、ご想像に おまかせします」

307:魔綺麗:2017/03/15(水) 17:09 ID:7Lg

杏s!
どうぞー みれいでOKです〜
あ、よびタメもOKですよ〜♪

今日の夜ごろに小説だそうと思います

アイスs、私のダメ下手小説を『面白い』なんて、いってくれるなんて…

あぁ、あなた様は神、神なのですか?
あぁ、アイス(メシア)様に感謝ああああああああああああああああああああ



えっと。では、
都市伝説、読みたい〜
明日、即買います(*^∀^)人(^∀^*)

308:魔綺麗:2017/03/15(水) 20:00 ID:7Lg

小説いきます\(^∀^*) dy魔綺麗



彩目線


2 若武、またまた恋をする


  


       〜*〜


私は秀名にいく準備をして、おべんとうを持ち、
家から出ようとした。
その瞬間に電話がなった

私は電話機のもとへ走って言った。

「はい」
「あ、アーヤ?」
あっ、小塚クンだ
「うん、そうだよ、どうかしたの?」
「あぁ、今日の休み時間にカフェテリアに集合だって」
やったぁ!
最近、集合かかんなかったからなぁ
「おっけい、何かの事件?」
「ん、ちがうみたいだよ。
皆に話したいことがあるらしい、よ」
…なん、だろ
「なん、だろうね」
「うん、僕たちもなんのことかきかされてないんだ」
へぇ
「わかった、じゃね」
私は電話を切った。
何の話だろ。
私は考えながら秀名に向かった。


う、わぁ数学だ……
しっかり集中して聞かなきゃ

あぁ、やっと終わった…
私は立ち上がり、カフェテリアに向かった。
カフェテリアにつくと
いつものように隅の目立たない席に皆が、すわっていた。あ、忍は来てなかったけどね
若武が、私がきたのに気づくと
こっちだ、と言う風に手招きした
私は空いている席に座った。
「よし、皆そろったな。
オレが集合をかけたのはだなっ」
うん、ゴクッ
「オレの恋を、応援してほしい!」
……は?
皆、こんな反応でポカーンと口を開けていた。
始めに口を開いたのは上杉クンで
「おい、若武先生。なんで、俺らがお前なんかのくっだらねー恋を手伝わなくちゃいけねーんだよ」
確かに、なんでだろ
「よく、聞かせてよ」
小塚クンも言った。
「あぁ、それはだな…」
若武はふぅーと大きく息を着くと
「オレが恋をした相手は…ひとつ年上の 加藤 美穂だ。
なんか、カレシもちっぽいんだ
だけど、オレ、美穂のことほとんどなんにも、しんねーんだ…」
なさけなさそうに若武が言った。
それがおかしくて私たちは爆笑してしまった。
「おい、人が真面目にはなしてんだぞ?」
ごめん
「それで、だ。
KZ探偵チームの皆に是非とも調査してほしいんだ」
……………は、ぁ?
「オレ、賛成」
そう言ったのは、黒木クンだった。
「若武先生の恋だぜ、皆で、協力してやろーぜ、それが」
「仲間だろ」
私は心を打たれた。
「私も賛成」
「僕も」
「同じく」
残ったのは上杉クンだけだった。
「多数決で、決まりだな」と、若武が得意そうに言った。




       〜*〜




えっと、2話は終わりませんが
一旦終わり〜
また、明日更新します\(*´∀`*)/

じゃ、上杉様、皆様
おやすみぃ´∀'*

309:アイス◆P2:2017/03/15(水) 23:07 ID:n6s

>>307
えっと、メ、メシア…(・・;)?
え、普通に上手だと思うよ?私なんかよりも

わ、若武…
カレシ持ちに手出すなんて、やるネェ!

310:魔綺麗 金の木馬は知っている 〜夢小説〜 :2017/03/16(木) 19:59 ID:7Lg

ア、アイスs…………
お優しいですね(*^∀^*)
私の方がうまいなんて事ありえないよ
(宝くじジャンボが当たる確率より少ないw)
じゃ、小説いきまーす




彩目線


       〜*〜


2 若武、またまた恋をする




「わかったよ、やるよ」
上杉クンが、なげやりに言った。

「ま、でも若武先生の恋が初恋で終わらないことを祈るな」
上杉クンが、皮肉げにいった

「あ、あぁ?ケンカ売ってんのか?買ってやるぞ、ちょっと、こい」
「あぁ、やってやるよ」
………あぁ、また始まった、
1日1回はやるよね、よくあきないぁ
「おい、ケンカしてる場合じゃないでしょ、調査はやくしないと、とられちゃうかもよ?」
翼、ナイスッ!
若武がはっと、したように
「あ、あぁそうだな
いつ、調査するか…あ!」
な、なにっ!?
「いきなり、大声ださないでよね」
私がにらんでも、それどころじゃないみたいで
「おっ、俺、美穂に家に今週の日曜日誘われてんだっ!」
えっ!
「おぉ、かなり仲いいじゃん カレシいないんじゃね?」
確かに
「いや…見たんだよ…美穂が男と手を組んで歩いてるとこ…」
あぁ、一番見たくない場面、みちゃったんだ……
かわいソ
「ドンマイ、違うかもしれねーよ」
「大丈夫だよ」
「うんうん」
皆にはげまされて
元気を取り戻したみたいで…
「そうだな!
じゃ、俺の友達として紹介するな」
「おい、ところで
何の用事で、誘われてんだ?」
あぁ、そっか
「あぁ、妹に勉強を教えてほしいらしい」
へぇ
「妹は俺たちと同い年だよ、加藤
鈴華」
えっ!?
「えっ!?」

「ん、アーヤどした?」
あ、声に出ちゃってたんだ
「いや…その、鈴華って子……
クラスメートなんだ」

「へえっ、仲いい?」
「いや、あんまり喋んないかな」
「そっか、仲よかったら…
いや、なんもねーや」
若武は、そのままだまっちゃった。
なんだったん、だろ
「ま、とりあえず日曜日これる?」
「私、たぶんいける」
「俺も」
「僕も、たぶん」
「俺、いける」
「いけるよ」
ほっ、皆いけるっぽい
あ、忍って、これるのかな
「あ、忍さそわなの?」
「もう、メール送った、無理らしい」
そっか、残念
「じゃ、俺の家日曜日集合
いちお、勉強道具もってこいよ」
はーい
「じゃ、解散」
やったぁ、久しぶりの調査だぁ!
………でも、若武の恋がうまくいったら…どう、なるんだろ…




       〜*〜



はい!今日はここでいったん終わり〜
面白くないと思いますが、
どうぞよろしく   m(ー ー)m

〜小説更新時間(目安)〜
そんなの、誰も興味ねーよ!dy若武
{少し、だまろうか^∀^((怖)}
ゴスッ
痛ううううう……dy若武
{若武、なぐるとスカッとするなぁ
^∀^}


7:00〜8:00かな


〜お知らせ〜
3/24〜3/27は、
ほぼ、一日中、見てまーす*^∀^*
皆さんもよければ来てください
(誰もいないと寂しいので…///)
じゃ、
上杉様、皆さん
おやすみなさいー Zzzzz

311:魔綺麗:2017/03/17(金) 16:18 ID:7Lg

こんにちは〜
今日の夜はもしかしたら小説更新できないかも…
できたら、出すので、どうぞよろしく
(*´∀')人('∀`*)

312:杏:2017/03/17(金) 16:29 ID:Jkk

この前、言い忘れてた!
5月にKZD発売されるって書いてあったよ!題名は『いつの日か伝説になる』だってさ

313:アイス◆P2:2017/03/17(金) 20:30 ID:q3E

ねえ、KZの本っていま、何冊売ってあるの?“D”も合わせて

314:水希:2017/03/18(土) 15:13 ID:wxk

私も入っていいですか?

315:杏:2017/03/18(土) 17:46 ID:Jkk

今日、卒業式だったぁ〜 泣きそうだったけど、泣くことは避けたぜ!泣くことは私のプライドが許さないからな !!<(`∀´)>
アイス»11冊!まだまだ未熟だ・・・
水希»どうぞ、どうぞ。入っても大丈夫だと思いますよ!! ウェルカム!

316:魔綺麗:2017/03/18(土) 19:55 ID:7Lg

やっほ〜
KZD、出るんだあ*´∀`*
めっちゃ、楽しみぃ
次は誰目線だろ
翼、かな???(予想)
KZDはさー
『青い真珠は知っている』→小塚
『桜坂は罪をかかえる』→上杉様
だよね、KZDは全巻持ってまーす♪
KZDはまだ、2さつしかでてねーよ?dy若武
{^∀^ ゴス}
痛いって、ざけんなっ……ちょ、タンマっ、うわあああああああああああ
dy若武
{^∀^}

よし、小説いくぜぇ(`∀´*)

彩目線


3 日曜日、殺人か?自殺か?

       〜*〜


つ、い、に!
日曜日DESU☆
楽しみだけど…
最高に迷うのは…………

服装っ!
いつもは、何かに備えて動きやすさ重視してるからなぁ

どう、しよ
私はや迷った末に
白いシンプルなワンピースにした。
柄とかはついてなくて赤いリボンがついてるだけ
私はそのコーデに満足し、
しばらくしてはっと、なり、

時計を、みると…………
「あぁっ!時間、ないっ!」
待ち合わせの時間まであと15分しかなかった。
私は大慌てで赤いカチューシャを、つけると
「いってきます!」
の、一言を残して家を出た。

必死にペダルをこいだかいあって
翼より、はやく、くることができた。
「お、アーヤきたな」
…………皆、心なしかオシャレ、してきてる気がするのは私だけっ!?

私が皆をジトーッと見ていると
口をそろえて
「「「「このコーデ、どう?」」」」
はぁ……
私がなんて答えようかまよっていると
「ごめん、遅くなって」
翼がきたんだ。
……翼もオシャレ、してる………

はぁ………
「よし!行くぞ!」
若武が、元気よく言った。
そして5分ほど自転車で行ったところに、美穂の家はあった。
おっきい………

「でけぇ!」
「すごいな、いくらするんだろ」
………すごい、お屋敷みたい…

「…………し!行くぞ!」
若武が震える指でインターホンを押した。
『はい』
女の人の声がした。
「……あっ、あの後藤美穂さんのとっ友達の若武 和臣ですけどっ」
…噛んでるよ、若武。
『ふふっ、美穂だよ、入って』
「あぁ、はうっ」
……クスクス
「いらっしゃい、どうぞ」
出てきたのはとてもかわいい女の子だった。
皆が息をのんだほど、もちろん私も
「あの、後ろにいる皆さんは?」

「あっ、あぁ。
えっと左から、上杉 小塚 黒木 アーヤ、あ、立花な。で」
「翼くんでしょ?しってるよ」
「そ、そうなんだ」

「ねぇ、無駄話やめない?」

ツンと尖った声が響いた。
私達が驚いて振り向くと
「って、立花さんっ!?」

「え、私のこと知ってるの?」

「もちろん!
私、立花さんのこと
ずっっっと、みてたんです!」
え、私なにかしたかな?





       〜*〜



えっと、一旦終わり〜

水希s、ぜひぜひ入ってください〜

私が言える立場じゃ、ないけど…
スレ主のアイスsに聞いてみてください〜(*'∀`*))



じゃ、上杉様、皆さん
おやすみなさい。
いい夢を〜

317:アイス◆P2:2017/03/18(土) 23:56 ID:q3E

水希さん、ぜひぜひお願いします!

魔綺麗さん、いくらスレ主といっても名ばかりだから!私の許可なんか必要ないよ!

318:魔綺麗:2017/03/19(日) 19:24 ID:7Lg

こんばんは〜♪
アイスs»わかりましたぁ*´∀`*
すいません!
あ!皆さん
できれば、
『ゆゆ&tonakai雑談』に来てください〜
スレタイを、見る限りおかしいですが
スレタイ、まちがえました………
(・~・;)いろんな人から批判の声が…

(あ。宣伝になってるわw)
よければ、きてください〜

319:ゆゆ:2017/03/20(月) 17:02 ID:7Lg

あの、最近誰もきてませんね……

320:魔綺麗:2017/03/20(月) 19:23 ID:7Lg

あ、上の私w


魔綺麗です……
偽物ではありません。
ID 7Lgだからね!

すみません……

321:花鈴:2017/03/24(金) 08:00 ID:i2Q

皆さん、おひさです。
IDが変わりましたが、花鈴です。
ヨロです。

322:杏:2017/03/24(金) 11:04 ID:Jkk

花鈴 お帰り〜!

323:花鈴:2017/03/24(金) 11:59 ID:i2Q

ただいまです。

324:桜優紅羽 hoge:2017/03/24(金) 20:31 ID:gdg

名前、変えました、
魔綺麗です。


新着レス 全部 <前100 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS